Saturday, November 27, 2021
Forex Trading MasterClass

FXスリッページとは何か。トレード中のスリッページを減らす

スリッページは、FX(外国為替)、株式、先物の取引をしていると、必然的に全ての注文に発生します。スリッページというのは、トレードのエントリーや決済の注文時の価格と約定時の価格の差のことです。

スリッページとは何か。

スリッページとは、注文が出された価格と執行された価格とが一致しないことを言います。これは、一般的に動きの速い、ボラティリティの高い市場で起こり、急に起きた予期せぬトレンド転換の影響を受けやすいものです。

価格差は、ロングかショートか、ポジションを開くか閉じるのか、値動きの方向性によって、プラスにもマイナスにもなります。

FXのスリッページ

FXトレードでのスリッページ (または “ FXスリッページ”) は特にボラティリティが高く、流動性が低いときに発生します。しかし、EURGBP, GBPUSDやUSDJPYのような人気のある通貨ペアは一般的に流動性が高く、ボラティリティが低い為、これはあまり人気のない通貨ペアで起こります。

例として、 $0.7026で提示された、非常にボラティリティの高いAUDUSD通貨ペアのロングポジションを持つとしましょう。しかし、注文を出してから注文が成立するまでの間に、$0.7028まで値上がりしている可能性があります。 この場合、予想よりも高いレベルで購入するため、スリッページが発生したことになります。

株取引でのスリッページ

株式取引でのスリッページの典型的な例は、マイクロソフト株のBIDとASKのスプレッドが$109.05から$109.25だとします。マイクロソフトの株価が下がると仮定してCFD取引で5単位ショートしたとしましょう。

しかし、スリッページが発生し、注文が処理されるまでにかかった数秒の間に、株価のBIDが変動し、突然$111.05まで上昇しました。一部の業者では、この注文でスリッページが発生し、ショートポジションの価格が予想以上に悪くなる可能性があります。

オーダーの種類とスリッページ

トレーダーが成行注文を使用するとスリッページが発生します。成行注文は、ポジションのエントリー、決済に使う注文の種類の一つです。  スリッページをなくしたり、減らすために、トレーダーは成行注文の代わりに指値注文を使用します。

指値注文は、希望の価格か、それ以上の価格でしか成立しません。成行注文とは異なり、悪い価格で約定することはありません。指値注文を使う事により、スリッページを回避することができます。 指値注文の欠点は、設定した指値に達した時点で在庫が供給されている場合にのみ機能することです。

ポジションのエントリー

指値注文と逆指値注文(ストップロスと混同しないように)は、ポジションのエントリーに使用します。 これらの注文タイプでは、必要な価格を取得できない場合は、単に取引しません。指値注文を使うと、有利なチャンスを逃すこともありますが、トレードに入ったときのスリッページを避けるという意味もあります。

成行注文は取引に入ることを保証してくれますが、スリッページや予想以上に悪い価格で終わる可能性があります。

理想的には、指値注文または指値注文を使用してポジションを入力できるように取引を計画し、不要なスリッページのコストを回避します。 一部のFX戦略では、市場の動きが速く、取引を開始するために成行注文が必要です。このような状況下では、スリッページを容認しましょう。

ポジションの決済

すでにお金の入った取引に参加している場合、エントリーしたときよりもコントロールが弱くなります。これは、ポジションから素早く抜け出すために成行注文を使用する必要があるかもしれないことを意味します。指値注文を使用して、より有利な条件で決済することもできます。

例として、$99.40でUSDJPYの1スタンダードロットを買いで入り、$99.80で通貨ペアを売るために指値注文を出したと仮定します。指値注文は、誰かがトレーダーに$ 99.80を提供する意思がある場合にのみペアを売りで約定します。売り手は$99.80ドルを手に入れます(需要があればそれ以上)。

ストップロス(価格が不利に動いているときに抜け出す注文)を設定する場合は、成行注文を利用します。これにより、負けトレードからの抜け出すことが保証されますが、必ずしも希望する価格ではありません。

ストップロスリミットオーダーを使用すると、価格が変動しない限り、注文は希望の価格で約定されます。これでは、指定された価格で決済できないと損失が膨らみ続けることになります。 そのため、多少のスリッページに直面したとしても、損失がこれ以上大きくならないように、ストップロスオーダーを使用した方が良いでしょう。

最大のスリッページが発生する時

最大のスリッページは、通常大きなニュースイベントがある時に発生します。デイトレーダーはFOMCの発表などの主要なニュース、企業の決済発表などは避けましょう。大きな動きは、魅力的に見えますが、あなたが望む価格でトレードするのは難しいと感じるでしょう。

ニュースが発表された時に、既にポジションを持っている場合は、ストップロスで、大幅なスリッページが発生し、予想以上のリスクにさらされる可能性があります。

経済指標と企業の決算発表を確認して、影響が大きいとされる発表の数分前や数分後の取引は避けるようにしましょう。

スリッページを防ぐ方法

取引に与えるスリッページの影響を最小限に抑えるには、いくつかの方法があります:

  • ボラティリティが低く、流動性が高い市場でトレードする。
  • 価格が保証されるストップオーダー(逆指値注文)とリミットオーダー(指値注文)をポジションに適用する。
  • 業者がどの様にスリッページを設定しているか確認する 。

FXのような低いボラティリティと高い流動性を持つ市場の取引は、スリッページの影響を受けることを制限することができます。ボラティリティが低いということは価格が急速に変化する傾向が少ないことを意味し、流動性が高いということは、 アクティブな市場参加者が多いことを意味します。

同様に、取引をFXの流動性が最も高い活発な時間帯に制限することで、スリッページの影響を軽減することができます。この時間帯は指定した価格で迅速に注文が約定される可能性が高くなります。

例えば、ナスダックやニューヨーク証券取引所などの米国の主要取引所がオープンしている間、株式市場は最大の取引量になります。同じことがFXについても言えます。FXは24時間の市場ですが、ロンドン証券取引所がオープンしている間に最大の取引高になります。

逆にいえば、夜間や週末など、市場がクローズしている時にポジションを持つと、スリッページが発生しやすくなります。これは、市場か再開すると、クローズ中に行われた発表やニュースの影響で価格が急速に変化する可能性があるからです。

価格が保証された ストップオーダー(逆指値注文)とリミットオーダー(指値注文)を使う

他の種類のストップオーダーとは異なり、保証されたストップはスリッページの影響を受けない為、指定した正確な価格で決済できます。この為市場が逆行した時のリスク管理に最良の方法です。 ただし、他のストップとは異なり、保証されたストップが約定された場合、プレミアムが発生することに注意してください。

一方、リミットはエントリーする時、または勝ちトレードから利益を確定する時に、スリッページのリスクを軽減するのに役立ちます。金融庁の規制を受けている会社、イギリスの金融行動監視機構、またはその他の信頼できる規制当局の規制を受けている海外のFX会社との取引は、指値注文が発動された場合、次で説明するように、事前に指定された価格またはより有利な価格でのみ約定されます。

FX会社がどのようにスリッページに対応しているか確認する

ポジションのエントリーまたは決済する際に価格が変動した場合でも、一部の業者は注文を実行します。推奨されるほとんどのFX会社では、注文管理システムが要求したレベルよりも悪いレベルで注文を満たすことはないため、これは起こりませんが、拒否される可能性があります。

これは、ご希望の価格の両側に許容範囲を設定しているためです。注文を受け取るまでに市場がこの範囲内に留まる場合、要求されたレベルで実行されます 。 しかし、この範囲外に価格が動いた場合は、次の2つのいずれかを行います:

より良い価格に相場が動いた場合、その価格を確実に受け取ることができます。例えば、取引を閉じる前に価格がより有利なレベルまで下落した場合、追加の利益を受け取ることになります。

価格があなたの許容レベルを超えた場合、注文を拒否し、現在のレベルで再送信するように求めます。

スリッページのまとめ

スリッページはトレードをする上で避けて通れない部分です。注文が執行された価格が相場価格を上回ったり下回ったりした場合に発生します。

スリッページは、注文が出されてから業者または取引所で実行されたまでの数秒間に、市場が突然動いたときに発生します。

市場が最も活発な時間帯に取引を行い、流動性の高い市場、できればボラティリティの低い市場で取引を行うことで、スリッページへの影響を最小限に抑えることができます。

スリッページは、以前に予想していたよりも良い価格を得ることを可能にする、肯定的なだけでなく、否定的なことができます。

スリッページは、プラスにもマイナスにも働く時があり、時には予測していたよりも良い価格が得られます。

取引に保証されたストップとリミットを使用することで、スリッページの影響を軽減することができます。

スリッページを減らす方法を理解することはトレードに欠かせない基本スキルです。初心者のためのFXコースに参加して最高の戦略を理解するために時間をかけ、思い切って挑戦する前にFX練習用口座を使って試してみてください。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles