木曜日, 12月 1, 2022
Forex Trading MasterClass

FX 失敗? FXトレーダーが損失を出す理由

かなりの数の外為トレーダーが失敗するという事実はよく知られています。さまざまなウェブサイトやブログでは、FX初心者の70%、80%、さらには90%以上が失敗してやめてしまったとさえ言っています。一流のFXウェブサイトによると、多くのFXトレーダーはそれよりも良い結果を出していますが、FXの初心者トレーダーはまだこの市場で地歩を固めるにはタイミングが難しいということです。以下のリストを確認すると、最も一般的なFX失敗理由をいくつか見ることができ、勝てるトレーダーになるために役立てることができます。

FX 初心者失敗の理由

トレーディングの規律を維持しない

トレーダーが犯す最大の間違いは、感情に任せてトレーディングの意思決定を行ってしまうことです。FXで成功するということは、多くの小さな損失を被りながら、いくつかの大きな勝利を達成することを意味します。連続で多くの損失を出してしまうと感情的に対処するのが難しく、トレーダーの忍耐と自信を試すことができます。

市場を打ち負かそうとしたり、恐怖や貪欲に屈服したりすると、勝利が難しくなり、負けトレードが手に負えなくなります。市場は、打ち負かすものではなく、理解し、トレンドが定義されたときに参加するものです。同時に、少なすぎる資本であまりにも多くの利益を得ようすれば、市場によって動揺させられてしまうこともあります。「市場を打ち負かすこと」という考え方があると、トレーダーは積極的にトレードしすぎたり、トレンドに逆らったりすることがよくあります。

うまく構成されたトレーディング・プランの中でトレーディングを行うことによって感情に打ち勝つことができます。

リスク管理と資本管理の失敗

リスク管理と資本管理は、為替トレーダーとして生き残るための鍵です。非常に熟練したトレーダーでさえも、貧弱なリスク管理と資金管理によって一掃されてしまいます。一番の仕事は利益を上げることではなく、自分の持っているものを守ることです。資本が枯渇すると、利益を上げる能力が失われます。

成功しているFXトレーダーでさえ、一般的に高いパーセンテージの損失取引を経験するので、目標は勝利取引からの利益に比べて損失取引を低く抑えることですので、トレードの50%未満で利益を得ることができます(リスクと報酬の比率が1:3または少なくとも1:2)。

リスク管理とは、利益に対して損失を小さく抑えることですが、資金管理とは、取引1回当たりの損失を合計口座数に対して小さくすることです。全口座の約1パーセントから3パーセントの小さな損失は、生き残ることができ、比較的簡単に取り戻すことができますが、大きな損失はそうではなく、繰り返される大きな損失により、口座とトレードに対する自信を崩してしまいます (FXトレーディングでストップロスを使用する方法を学ぶ)。

リスク管理と資金管理が必須である主な理由はこちらです:損失は利益がカバーする以上に大きな打撃となる。

それは、損切りが自信やモチベーションにダメージを与えるからだけではありません。ドローダウンを被った後は、少額の元金を使って仕事をすることになります。例えば、1,000ドルから始めたとしましょう。10%を失った場合、損失を回復するために残りの900ドルで11%以上を稼ぐ必要があります。15%を失う場合は、1,000ドルに戻るために残りの850ドルでほぼ18%を稼ぐ必要があります。利益を得ることが目標ですが、その達成を阻止するのは損失なのです。

FX初心者の失敗談の多くは、リスク管理や資金管理の乏しさに関連しています。

レバレッジの管理

こうしたミスはあらゆる種類のトレーダーや投資家を悩ませる可能性がありますが、FXに固有の問題がトレーディング・リスクを大幅に高める可能性があります。外国為替トレーダーに与えられた多額の財務レバレッジは、管理しなければならない追加的なリスクを示します。

FXレバレッジは、トレーダーにリターンを高める機会を提供します。しかし、レバレッジとそれに見合う金融リスクは、潜在的な利益を増やすだけでなく、マイナス面を増幅する両刃の剣となります。外為市場では、トレーダーは500:1の比率で口座をレバレッジすることができるため、場合によっては巨額のトレーディング利益をもたらしたり、損失を大きくしたりすることができます。市場は、トレーダーが莫大な量の金融リスクを使用することを可能にしますが、多くの場合、使用されるレバレッジの量を制限することがトレーダーの最善の利益になります。

ほとんどの日本のFXトレーダーは25:1のレバレッジを使い、取引口座の4,000ドルごとに一つの標準的なロット (10万ドル) を取引します。これは、ミニ・ロット (1万ドル) が400ドル、マイクロ・ロット (1,000ドル) が40ドルの口座価値に相当します。利用可能なレバレッジの量は、取引ごとのマージン要件から得られます。FXマージンは、ブローカーを取引上の潜在的な損失から保護するために行う善意の預金です。銀行は証拠金を1つの非常に大きな証拠金預金にプールし、銀行間市場との取引に使用します。取引をしたことのある人なら誰でも、ブローカーが追加の現金預金を要求する恐ろしいマージンコールについてご存じでしょう。それらを得られなければ、さらなる損失を軽減したり、資本を回収したりするために、損失ストップアウトされることになります。

多くのトレーダーがFXで失敗する理由は、トレードのサイズに関連して過小資本されているからです。それは強欲か、またはわずかな資本で膨大な量のお金を管理するという見込みのどちらかであり、それは外為トレーダーにそのような巨大で脆弱な金融リスクを取ることを強制します。たとえば、25:1のレバレッジ(かなり一般的なレバレッジ比率)では、価格の-4%の変化だけで100%の損失になります。そして、たとえ小さな損失であっても、早期に取引から締め出された場合には、全体的な口座残高が減少し、レバレッジ比率がさらに上昇するだけで、問題は悪化します。

低い設立資金

ほとんどの為替トレーダーは、借金を返済したり、簡単にお金を稼ぐ方法を探し始めます。外国為替マーケターは、一般的に、少額の初期資本で大きなリターンを生み出すために、大きなロットサイズと高いレバレッジを使用してトレードすることを奨励します。

ある程度のお金を稼ぐにはある程度のお金が必要であり、限られた資本で短期的に未払いのリターンを生み出すことは可能です。しかし、資本が少なく、レバレッジが高すぎるためにリスクが大きすぎると、市場の浮き沈みのたびに感情的になり、最悪の場合もあり得ます。

少なすぎる資本で取引しないことでこの問題を解決できます。この制限は、わずかな資金で取引を始めたい人にとっては難しい問題です。1,000ドルは、非常に小さな取引(マイクロロット以下)をする場合、FXで始めるには妥当な金額です。そうでない場合は、FX失敗に向かっているだけです。

貪欲さに屈する

トレーダーの中には、市場の動きから最後の一撃をすべて絞り出す必要があると感じている人もいます。外国為替市場では毎日儲かるお金があります。通貨ペアが変わる前にすべての最後のFXピップを取得しようとすると、ポジションを長く持ちすぎて、取引している有益なトレードを失うことになります。

解決策は明確なようです。欲張ってはいけません。まずまずの利益を狙うのはいいですが、多くのピップが存在します。通貨は毎日動き続けるので、最後のピップを手に入れる必要はありません。次のチャンスはすぐそこです。

優柔不断なトレーディング

後悔先に立たず。この状況は、オープンしている取引がすぐには利益にならず、間違った方向を選んだと自覚し始めたときに起こります。その後、トレードをクローズして反転させると、市場は最初に選んだ方向に戻ります。

この場合は、方向性を決めて、それに固執する必要があります。切り替えを繰り返していると、投資資金が枯渇するまでFXアカウントを継続的に一度に少しずつ減らしていくことになります。

FXで大きく失敗してしまうことを避けるために、覚えておいてください:トレンドはあなたの友です!つまり、トレンドを見つけ、限定されたリスクでトレンドに入り、トレンドがリスクにさらされたときに抜け出すのです。

>> 低リスク、高利回りのトレードを認識する方法に関しては、FXトレーディングマスタークラスにご参加ください。

トップまたはボトムを選んでみる

新しいトレーダーの多くは、通貨ペアでターニングポイントを選ぼうとします。彼らはペアをトレードし、それが間違った方向に進み続けると、トレーダーたちはポジションを増やし続け(マーチンゲール法)、今回は必ず逆転します。このようなやり方でトレードすると、最終的には計画していたよりもはるかに多くのエクスポージャーを手にすることになり、非常にマイナスなトレードになります。

トレンドに従ってトレードするのが最適です。10回の試行のうち一つのボトムを正しく選んだと知ったからといって、自慢には値しません。トレンドの変化を考え、新しい向かう可能性のあるトレードを取りたい場合は、トレンド変化の確認を待ちます。

FXポジションを底上げしたい場合は、下降トレンドではなく上昇トレンドで底上げしてください。トップポジションをオープンしたい場合は、マーケットが修正的な動きをしているときにトップを選びます。

間違いを受け入れる

うまくいかないトレードもあります。正しくありたいと思うのは人間の性なのですが、そうでないこともあります。トレーダーとしては、自分が間違っていることもあるということを受け入れ、正しい考えに固執して取引口座を残高ゼロにしてしまったり、壮大にFX失敗してしまうのではなく、次に進む必要があります。

難しいことですが、自分のミスを認めざるを得ないこともあります。間違った理由で取引に参加したのか、それとも計画通りにはいかなかったのかのどちらかです。いずれにしても、間違いを認めて取引を破棄し、次の機会に移るのが一番です。

システムの購入

インターネット上には、いわゆる外為取引システムが多数存在します。(たとえば、MT4インジケーターまたはFX EAの組み合わせなど)。100%正確な為替取引システムを求めているトレーダーもいます。彼らはシステムを買って試し、最終的にはあきらめてしまい、勝つ方法はないと判断します。

FX 失敗まとめ

新しいトレーダーとして、無料でありつける昼食というものは存在しないことを受け入れなければなりません。外国為替取引で勝つには、他の取引と同じように作業が必要なのです。(FX成功のための4つのコアスキルをご覧ください)。評判のよくないマーケターからインターネットで価値のないシステムを購入する代わりに、FX手法、戦略、システムを構築することで成功を見つけることができます。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles