木曜日, 12月 1, 2022
Forex Trading MasterClass

FX で知っておきたい キーワード集

FX を利用するときには基礎知識を欠かすことができません。 いくつかのキーワードを理解することで FX への参入が非常に容易 になります。基本的なキーワードをよく理解しておきましょう。

 

チャート

チャートというのは値動きを表した表のことで、一定期間における 値動きをわかりやすく表示したものです。この表示法にはいくつか の種類があり、一般的にはローソク足という一定時間の始値・終値・ 最高値・最安値の 4 項目が一目でわかるように表示されるものを利 用します。

 

テクニカル分析

テクニカル分析というのは簡単に言うとチャートの分析の事を指す 用語です。チャートに対して統計学的な目印(ボリンジャーバンド) や、一定の性質を表す直線ないし曲線を利用した分析(サポートラ イン)などを利用して今後の値動きを予測する方法です。

テクニカル分析にも様々なものがあり、現在の傾向を表す分析指標 や、今後の予想を指し示す分析指標など、数多くの分析技術があり ます。FX 投資を行うときには様々な企業を通じて投資を行う事に なりますが、各企業でこの分析手法が幅広く利用できるようになっ ています。ご自身でどのような分析が非常に使いやすいものと考え るのか、しっかりと把握しておきましょう。

 

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析というのは市場の動向や政治動向による値 動きを分析する手法です。 要人の発言や各国の経済指標などによって投資家や投資企業の投資

 

対象が変動するので、ファンダメンタルズ分析は長期的な市場の動 向を把握するのに役立ちます。FX 会社が提供する情報に注意して 長期的な動向を把握するように心がけておきましょう。

約定 

通過に対して注文を行ったとしても必ず取引が成立し、通過を保有 できるという訳ではなく、注文した通貨ペアに対して取引が成立す る事を約定と言います。 取引数が少ない通貨や、一度に大量に注文を出してしまうと注文し た通貨ペアの全てが約定するわけではなく、場合によっては約定不 成立になってしまうことがあります。

約定した通貨を手放して利益を確定する際にも注文から約定に至る という流れが必要になるので、巨額の投資を行うときには注意して おきましょう。

ロスカット 

FX のような証拠金取引では始めに一定の金額の資金を投入し、そ の資金に対して最大20倍までの取引が可能になっているのです が、この倍率があまりに危険水準に到達している場合にはロスカッ トという強制決済が発生します。

 

証拠金維持率という数値が危険水準に到達したときにロスカットが 発生することになるので、投資を行う際には証拠金維持率を常に意 識しておくことが非常に重要です。

 

スプレッド

スプレッドというのは通貨ペアに対する売値と買値の差額のことで す。買値に対して常に一定の金額のスプレッドが発生するように取 引金額が設定されていて、このスプレッドの分だけ FX 企業に利益 が還元される仕組みになっていて、企業を選定するときには投資を 検討している通貨のスプレッドを調べておくと役立ちます。

 

pips( ピップス )

pips というのは全通貨ペア共通して利用される最小単位のことで、 最小通貨単位の 100 分の1の単位として定義されるものです。日本 円の場合では1円の 100 分の1の金額を1pips と算定されていて、 どの通貨単位でも簡便に比較できるように設定されています。

 

用語を不安視しなくても大丈夫‼︎

 

FX を利用するときには始めの間は様々な用語が飛び交い非常に参 入が難しいものかもしれませんが、デモ取引のような簡易的な取引 を行うことで実際にその用語を理解することができますし、しっか りと理解を深めてから投資に参入することもできます。基本的な用 語をよく理解してから FX に参入してみましょう。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles