Thursday, August 5, 2021

FXとは?

HomeFXとは?

FXとは何か、それを収益性の高いものにする方法を理解することは、挫折感を感じたりする事もあると思います。それでも、どこからか始めないといけません。 そのどこかがここです。ようこそ!

まず、はじめに、おめでとうございます!あなたはFX (外国為替または通貨)初心者の為の数少ないものに出会いました 。 — 理想的な出発地点にいます。単純化と理論を越えて、FXとは何か、

FXはどのように機能するかを実際に理解するための実践的で詳細をステップごとに紹介しているガイドがここにあります。

FXとは

FOREXは、または外国為替市場、シンプルにFXは、通貨取引の為のグローバルな分散市場です。これには、現在の価格または決定された価格での通貨の売買、交換のすべてが含まれています。外国為替市場は、通貨交換を可能にすることで、国際貿易や投資を支援します。また、2つの通貨間の変動相場や金利などの投機をサポートします。

他の全てのものと同様に、 通貨は通貨で価格設定する必要がある為、 FX通貨は常にペアで表示、取引されます。外国為替(forex)価格はある通貨の他の通貨に対する相対的な動きを表わしているものです。

例えば、 JPY (日本円)の価格の話しをする時、 どのペアを検討しているかによって、他の通貨に対する円の価値を参照しています。 (例: USD/JPY).

FX市場は世界最大の金融市場で、毎日最大で5兆円ほどの取引が 行われています。

FXについて最も重要な3つの事:

ここでは、外国為替(forex)市場について、あなたが知っておくべき3つの重要な事実をご紹介します:

  1. 積極的に取引しなくても、為替市場の多様化が必要とされています。有能な投資家が資産を多様化する必要があるのと同様に、為替変動リスク、FXのトレンド、何が市場を動かしているか学ぶ必要があります。
    2. 為替市場は他の市場に比べて大きな利点があります。レバレッジ取引はリスクがありますが、時間をかけて学び適切なリスクと資産管理ができれば、リスクをコントロールする事ができます。
    3. このコースで学び、実践すれば、FXトレード または FX投資で成功することができます。

#1 積極的に取引しなくても、為替市場の多様化が必要とされています。

まず最初に資産管理をするにあたり、外国為替リスクとFXは何かという認識、何が為替市場を動かしているのか知る必要があります。

嫌でも、あなたは通貨リスクにさらされます。全ての資産は何かしらの通貨建てだからです。例えば、アメリカの投資家の場合を考えてみましょう。 あなたのポートフォリオが日本円建てで上手く行ったとしても、過去数十年では、他の通貨の商品に対してあまり良いとはいえません。なぜなら、私たちは輸入品を使っているので、資産が円の様に通貨が下落している場合、購買力と富が溶けていくことになります。

2012年から2020年までに、日本円は通貨バスケット制(固定相場制)の通貨に対して30%以上下落しています。

こんにちでは、通貨の分散はもはやオプションではなくなっています。政府は歴史的に低い金利を維持していて、通貨とあなたの貯蓄の切り下げとなる様々な刺激策を計画している為、通貨の分散はあなたのポートフォリオにとって不可欠です。そうでないと無茶苦茶になってしまいます。必ずしも強い長期のトレンドに乗るアクティブトレーダーになる必要はありません。慎重な長期投資家が資産を守りながら取引できる方法をいくつか紹介します。

  • 長期保有の投資家にとっても為替の分散が必要です。

したがって、賢い投資家が様々な種類に資産を分散するように、様々な種類の通貨に分散する必要があります。あまりアクティブにトレードしない長期保有投資家にとっても最も有望な通貨建てにポートフォリオの一部を割り当てることによって、資産を守り、増やすこともできます。

ほとんどの外国為替市場の参加者は短期的な投機家ですが、通貨は長期的な運用にも優れています。なぜなら、通貨ペアは株式市場と比較して、より強く、より安定したトレンドを形成する傾向があるからです。なぜでしょう?通貨価格を動かす基本的なファンダメンタルズは、個々の企業のファンダメンタルズよりもはるかにゆっくりと変化するからです。経済全体の相対的成長率を変更する過程で、個々の企業よりも長く複雑な過程があるからです。更に良い事に、株式市場とは異なり、通貨は全て同じ方向へ動くわけではなく、他の市場やグローバルインデックスに対して同じように反応するわけでもありません。実際に一部に通貨は反対方向に動いており、株の空売りに伴う難しさ(あるいは定期的な禁止事項)もなく、弱気の株式市場のヘッジとしても機能します。

#2 外国為替市場は、他の資産市場と比較して非常に大きな利点があります。

通貨の分散を越えて為替エクスポージャーを持つ理由があります。

しっかり調べると、FXはトレーダー、投資家にとって最もやりがいのある投資だと気づくでしょう。FXは短期のハイリスク投資家に支配されていたとしても、両方に適した投資、トレード方法があります:

  1. 長期保有するより保守的なトレーダーは、特定の手法を使いリスクを減らします。
  2. 長期投資家で投資を理解している人は:
    – 資産を増やす為に、安定して、過去の検証から実証されている、長期のトレンドに乗る。
    – 安定した収入を “キャリートレード” から得たり、債券、配当株式、安定した通貨建てなどの他の収入がある。
  • リスク/リワードの可能性が高い

あなたがしっかりした運用方法を知っている場合(ここ重要!)は、FXトレードは他の市場に比べてかなりリスク/リワードが良いです。下振れリスクをしっかりと管理する事ができればFXのレバレッジを利用し、 借りた資金を使って大きなブロックの通貨をコントロールし、その結果、損益を拡大することを意味するので、取引資本が限られている人にとっては、比類のない利益の可能性を生み出します。例えば、レバレッジが25倍の場合、利益も損失も25倍になります。リスクを理解しコントロールし、与えられた状況でどれだけ適切かを知る事は、勝ち組と負け組の差です。 リスクと資金の管理 は、資金と自信を失わずに生き残る為に必須です。

引き続き読むか、またはオンラインスクールに参加して、FXとは何か、どのように機能するのかをイラストとステップごとのガイダンスで学びましょう。

  • 外国為替市場は、他の市場の変化について事前に警告する事が多い

外国為替市場は、他の市場よりも先に状況の変化に反応したり、これから起こりえるトレンドの変化に、価値のある警告を提供します。説明のように、特定の通貨は株式や商品のような“リスク資産” として同じように動く傾向がありますが、債券のように“安全資産”として動く通貨もあります。これらの相関関係が崩れたとき、これも、他の市場の方向転換の警告となる事があります。

  • 空売り規制なし:下落相場でも上昇相場と同じように利益が出せる

流れに逆らうよりも流れに乗る方が簡単なように、トレンド方向に取引する事により簡単に利益を上げる事ができます。株式市場(や他の市場)と異なり、外国為替市場は下落相場でも上昇相場と同じように利益を上げる事ができます。これが外国為替市場の最大の利点ともいえます。

アップトレンドの時は、価格が上昇していくので、ほとんどのトレーダーはロングでポジションを取り、高値で売りたいと考えています。安値で買い、高値で売る、投資をする上で最も基本な手法です。

ダウントレンドの時も、価格が下落し、同じようにトレンドに乗る事で利益が得られます。

  • 他の金融市場との相関性

言い換えると、一部の通貨が株式市場や一部のリスク資産と反対方向に動く為、外国為替には常にどこかに強気の市場があります。これは重要な利点といえます。あとで学習するように、世界で取引されているほとんどの資産は同じように動く傾向があります。例えば、ほとんどの株式市場は関連する指数と同じように動きます。外国為替は、同じ市場の条件下でも、通貨ペアごとに異なる動きをします。株式の空売りの禁止、または規制、ソブリン債券が債務執行になった時に、保険を持っている人の権利を拒否された時でも、利益を得る方法があるという事です。

  • 最もフレキシブルな時間

為替市場は途切れのない24時間セッションで、週5.5日市場がオープンしている為、仕事や家族との時間であまり自由に時間を使えない人でも十分にトレードする事が可能です。

(日本でのベストなトレード時間を見ていきましょう。)

  • 外国為替市場は流動性が高い

流動性が高い市場とは多くの買い手tp売り手がいる市場です。買い手、売り手が多い程、売買時に公正な市場価格を得られる可能性が高くなります。市場に流動性があればある程、乱暴な動きや予測できない動きが起こる可能性が低くなります。

実際、株式市場とは異なり、大口のトレーダーでさえ、主要通貨ペアのプライスアクション  を数時間を超えてトレードするのに苦労します。

最近の1日当たりの外国為替取引高は、約5兆ドルにのぼり、そのうち個人トレーダーは約1.5兆円ドルを占めています。

  • 規制し独占力を持っているところがない

ほとんどの株式市場で、専門家は、最後の手段の買い手と売り手として機能し、スプレッドを制御する単一の存在です。これは、特定の株の買いと売りの価格の差です。理論的には、規制され、価格を操作する為に、力を乱用しないように監視されていますが、専門家はある程度これを回避して高い価格で購入またはより低い価格で販売するように強いることができる時期を知っています。FXは、誰も通貨ペアの価格をコントロールできません。むしろ、複数の取引所や業者があなたと競争しています。中心的な取引所がないことは、規制を複雑かさせますが、競争と価格情報への簡単なアクセスできることは、競争的な価格設定を生みます。

  • スリッページが少ない

スリッページ とは、注文時の価格と約定時の価格の差です。流動性がすくないとスリッページが発生する事が多くなります。例えば、1,000株を$30で購入し、損失を控える為に、$29にストップロスを設定したとします。ただし、買い手が居ない場合は、次の買い注文に達するまで価格に“ギャップ” ができ、損失が大きくなります。

外国為替市場は:
– 1日24時間、週5日フルスピードで動いていて、価格を制御するスペシャリストがいない為、株式よりも大量の取引ができ、スリッページのリスクも少なく取引できます。

  • 少ない資金で始められ、手数料ゼロ

FXトレードは他の市場に比べて圧倒的に少ない資金、コストでスタートできます。 他の市場とは異なり、始めるのに何十万円もの資金を必要としません。なぜなら、FXは通常4%かそれ以下の証拠金で取引できるからです。これにより小さな価格変動で大きな利益が得られます。 理論的には、FXを始めるのにいくら必要かというと $100などの少ない資金でも可能です。ただし、可能であれば少なくても数十万円から始める事で、リスクを軽減し、利益を得る機会も増えます。

#3 あなたにもできます

FXは、以下の事から過度に危険だと言われていますが:

  1. 初心者があまり勉強をせずに、リスクを理解しないでハイレバレッジで取引する為失敗率が非常に高い。
  2. FX業者がレバレッジを使うリスクに対処する十分なトレーニング to dを提供していない。

ですが、リスクを軽減し管理できます:

  • お薦めのFX業者はレバレッジをあなたが対応できる範囲に適切に調整でき、適切な情報を提供している業者です。
  • レバレッジを利用しない場合は、上場投資信託(ETF) や株式市場よりもリスクが少ない。
  • 外国為替取引のリスクを軽減するさまざまな手法や、シンプルで安全アトレードの手法があります。

FXとは何かと理解する事はとても重要ですが、後で詳しくみていきますが、FXで稼ぐ ということは、株式や他の伝統的な市場よりも、特に弱気相場では簡単と言えます。ただ、勉強は必要です。特に、レバレッジを使いリスクをとりながら利益を増やす場合は更に慎重になる必要があります。一般的に使われているものよりも、シンプルな手法を、為替取引で成功出来るように、これから学んでいきましょう。

>>では、はじめましょう!

FXとは – ソース:

1. Foreign exchange turnover in April 2019 – https://www.bis.org/statistics/rpfx19_fx.htm
2. Foreign Exchange Rates – https://www.federalreserve.gov/releases/h10/current/
3. The History of Foreign Exchange  -https://books.google.com/books
4. The FED’s Foray into Forex – https://www.richmondfed.org/publications/research/econ_focus/2017/q2/federal_reserve
5. What is Forex? – https://www.forex.com/en/education/education-themes/trading-concepts/what-is-forex/
6. Trading in foreign exchange (forex) – https://www.esma.europa.eu/system/files_force/library/2015/11/2011-412_1.pdf?download=1
7. Management of Forex Service Provision – https://www.sbv.gov.vn/webcenter/portal/en/home/sbv/fagm/moctafsp
8. What is Foreign Exchange (Forex) – https://www.bcb.gov.br/estabilidadefinanceira/oqueecambio
9. Patterns of Foreign Exchange Interventions – https://www.imf.org/en/Publications/WP/Issues/2020/05/29/Patterns-of-Foreign-Exchange-Intervention-under-Inflation-Targeting-49252
10. Foreign Exchange: A Practical Guide to the FX Markets (a review) – https://www.cfainstitute.org/en/research/financial-analysts-journal/2007/foreign-exchange
11. Foreign Currency Exchange (Forex) Trading for Individual Investors – https://www.sec.gov/investor/alerts/forextrading.pdf
12. Foreign currency exchange (forex) – https://www.investor.gov/introduction-investing/investing-basics/glossary/foreign-currency-exchange-forex
13. Recent Trends in Foreign Exchange (FX) Margin Trading in Japan – https://www.boj.or.jp/en/research/wps_rev/rev_2016/rev16e05.htm/

Accordion #1
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.
Accordion #2
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.
Accordion Title
Accordion Content

- Advertisement -spot_img
Latest Articles