水曜日, 1月 26, 2022
Forex Trading MasterClass

FXの仕組み:FXはどのように機能するのか

FXがどのように機能するのか理解するためには、FXの仕組みを理解する必要があります。すべては通貨ペアから始まり、これは取引に関係する通貨を示します。

  • 気配値では、通貨ペアにはBIDとASK価格があり、業者のスプレッドとBIDとASKの間のピップ数が明らかになります。
  • 通貨ペアを買うにしても売るにしても、常に片方を買い(ロング)、もう片方を売る(ショート)ことになります。
  • 最終的にはトレードが完了して、損益になります。

FXの仕組みをもう少し深く理解することは、取引を設定する準備をするのに役立ちます。FX とは何はすでに知っていると思いますが、FXがどのように機能するかを見てみましょう。

#1 FXの仕組みは通貨ペアから始まります

FXの気配値は常に2つの通貨で構成されており、ベース通貨とクオート通貨(「カウンター通貨」と呼ばれることもあります)で構成された通貨ペアです。 れらのペアは、あなたが取引している通貨を表しています。このペアの1つめをベース通貨、2つめをクオート通貨と呼びます。

よく利用される人気の高いベース通貨には、EUR(ユーロ)、GBP(英ポンド) AUD(豪ドル)、USD(USドル)などがあります。

クオート通貨は、この例のように、一般的なベース通貨の別の通貨を含むどの通貨であっても構いません:

USD/JPY(USドル/円) = 110.00

これは、 USDがベース通貨で、日本円がクオート通貨です。このペアが意味するのは、1ドルが110円の価値があるということになります。

#2 BIDとASK気配値

FX気配値にはBIDとASKがあります。ここでは、FXでこれらの用語の意味を明確にするのに役立つ別の引用です。

USD/JPY = 110.00/03

これは、BIDが110.00で、ASKが110.03という意味です。 通常の状況でのビッドとアスク価格の違いはごくわずかな分数であり、通貨単位の1/100未満です。

FX市場を探り始めたときに思うかもしれませんが、BID価格は通貨ペアを買いたいときに買う価格ではありません。

その代わり、この2つの用語はFX会社の観点から使用されています。業者の観点から、あなたが潜在的な買い手である時、実際の価格よりも少し多く求めるでしょう。例をあげると、あなたはベース通貨であるUSDに興味を持っているので、業者の要求価格ASKで110.03を支払うことになります。

売っていたら、業者のBID価格110.00になります。

これらの用語が混乱する場合は、BIDとASKは業者の観点からのものであり、あなたの観点からでは無い事を覚えておいてください。あなたが通貨を買うとき、業者が求めているASKの価格を支払い、売る時は、BID価格になります。

BIDとASKの違いはスプレッドと呼ばれます。スプレッドは、業者の取引手数料です。

#3 スプレッドとピップス

FXでよく耳にする用語のひとつにピップスがあります。ピップとは単位のことで、為替相場の中では最小の値を表す単位です。例では:

USD/JPY = 110.00/110.03

110.00のBIDと110.03のASKの差3ピップスです。最初の数値110.00はBID価格を表し、110.03はASK価格を表します。 スプレッドは3ピップスの差です。

FXの仕組みを理解するために必要な知識ですので、じっくりと情報を得てください。(ここではピップスの計算例を紹介します)

#4 マージンとレバレッジ

FXのレバレッジとは、利益を増やすために使われる借入資金からの総ポジションの割合を示します。 FXの証拠金は、ポジションの実際の現金部分であり、損失と借りた資金の返済に必要な引当金として、口座全体とは別に設定された保証金です。レバレッジと証拠金は、利益や損失を拡大するために使用される借入資金の量を見るための2つの方法にすぎません。

例えば、レバレッジ25倍の仕組みは、4%に相当する証拠金預金、合計$10,000ポジションの$400 を確保することを意味します。$400でUSDJPY $10,000や日本円$10,000相当を保有できます。

レバレッジは、トレードがもたらす潜在的な利益や損失を変えるものではありません。むしろ、使用しなければならない取引資本の量を減らし、それによって他の取引のための取引資本を開放します。

#5 買いと売り

以下の場合は、高い提示価格ASKでUSDJPYを買います:

  • 新規でそのペアの買いポジションを持ちたい場合(そのペアをロングしたい場合)、あなたはUSDJPYペア($1あたりの日本円) の価格が上昇することに賭けていることになります。言い換えれば、USDが日本円に対して上昇するという事です。
  • ショートポジションを決済したい場合、このペアが下落すると、(USDが対円で下落すると)、ショートポジションの利益を取るか、ストップロスになるかのどちらかです。

以下の場合は、低い提示価格BIDでUSDJPYを売ります:

  • 新規ではそのペアの売りポジションを持ちたい場合(そのペアをショートしたい場合)、あなたはUSDJPYペア($1あたりの日本円) の価格が下落することに賭けていることになります。言い換えると、USDは日本円に対して下落、または、 日本円がUSDに対して円高になるといういう事です。
  • ロングポジションを決済したい場合、反対の賭けをしていた(ペアの価値が上昇する、つまり円がUSDに対して上昇するという意味)既存のロングポジションを決済したい場合、利益を取るか、ロングポジションの損失を減らすかのどちらかになります。

FXの仕組みの詳細については、オンラインスクールに参加して下さい。

#6 利益と損失

ロングポジションの例(買いポジション)

ステップ1: 次のレートでペアを買う事にしました:

USD/JPY 110.00/110.03

100,000 USDを日本円で買う場合、業者は100,000 USD x 110.03 (ASK価格)で提供し、イコール11,003,000円です。11,003,000円で、100,000 USDを買う事になります。

25倍のレバレッジを使うと、あなたのポジションの証拠金として、4,000 USDの投資でこのポジションを持つ事ができます。 (110,030円相当)

ステップ2:次のレートでペアを決済しました:

USD/JPY 110.70/110.73

USDを110.70で売る場合、日本円で11,070,000 円になります。利益は、67,000円です。(11,070,000 – 11,003,000).

ショートポジションの例(売りポジション)

ステップ1: 次のレートでペアを売りました:

USD/JPY 110.00/110.03

25倍のレバレッジを使うと、you are able to sell USD 100,000 USD/JPY, selling USD 100,000 and buying JPY 11,000,000 (100,000 x 110.00). 4.000USDがポジションを持つ為に、設定された証拠金です。

Step 2: 次のレートでペアを決済しました:

USD/JPY 109.20/109.23

USDを109.23 (ASK価格)で買い戻すと、合計は100,704.93 USDです。(11,000,000円相当/ 109.23). 利益は704.93USDです。 (= 100,704.93 – 100,000)

全ての取引が利益につながるわけではないので、どのような取引でもリスクを制限するための対策をする必要があります。私たちのFX初心者コースは利益を最大化しながら、損をする可能性がある事を理解し、コントロールする事に焦点を当てています。

FXがどのように機能するかのまとめ

通貨ペアチャートは、ベース通貨(左側のもの)の方向に動き、気配値や条件、カウンター通貨の反対方向に動きます。ベース通貨がカウンター通貨に対して上昇すると思った場合は、ペアを買います。ベース通貨を買い、カウンター通貨を売っている事になります。反対の場合は、ペアを売ります。ベース通貨を売り、カウンター通貨を売っている事になります。

FXがどのように機能するかを結論づけるために、一つの例を見てみましょう。

FXの仕組みについて、イラスト入りで説明している、より詳細なステップごとのガイダンスがあるので、こちらのオンラインスクールに参加してください。

上の図のUSドル/日本円(USDJPY)は別の例を示しています。USDJPYのチャートでは、どちらの通貨が上昇していますか?

USDはベース通貨です。全体的に下落傾向にあります。ということは:

  • USDが円に対して下落している。
  • カウンター通貨、クオート通貨の円が、USDに対して上昇している。
  • USDに対して円のトレンドは上昇、円に対してUSDのトレンドは下落。

クイズです!

  • 質問:日本円がUSDより強くなると思った場合、USDJPYを買い(ロング)ますか?売り(ショート)ますか?
  • 答え:ショートです!トレンドが反転すると思った場合は、ペアを買います。

グッドラック!

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles