Saturday, November 27, 2021
Forex Trading MasterClass

FX月曜日のトレードテクニック~FX週末の窓開け(ギャップ)を利用したトレード方法

FXの週末取引では、従来の平日の営業時間が土日に延長されています。この記事では、FX開場後の月曜日に利益を得る方法と、必勝法である人気のFX週末窓開け(ギャップ)テクニックを解説します。また、ブローカーや主要なFX時間帯など、週末にFX取引をするために必要なものをすべて紹介します。

FX週末取引時間 – FX月曜開始時間

外国為替市場は伝統的に24時間体制で運営されており、土曜日は午前6時30分に閉まり、月曜日は午前7時に再開されます。これは、機関投資家や銀行が月曜日から土曜日まで営業しており、週末には休息の時間を取っているためです。

しかし、外国為替市場は分散化されており、技術的には年中無休で取引が行われています。週末の取引量は少ないかもしれませんが、それでも市場にはチャンスがあります。特に、個人投資家の中には、FXの週末の窓開け(ギャップ)と呼ばれる、FX月曜日のオープニングを取引する人が増えています。

>> FX取引時間 – 3つの主要なFXセッション

FX週末の窓開けテクニック

ギャップを利用した週末FXテクニックは、月曜日の始値が土曜日の終値に戻っていることを予測するものです。「窓開け(ギャップ)」とは、従来のFX市場が土曜日の朝に閉じたときの価格と、月曜日に再開したときの価格の差のことです。例えば、大きなニュースがあった場合、ギャップが発生する可能性があります。

しかし、ギャップにはかなりのボリュームが必要であり、週末には主要なプレーヤーがゲームから退出するため、私たちが注目するのはクロージングギャップです。クロージングギャップは、少数のトレーダーが同じ方向に投資することで発生します。市場は反応して急上昇し、多くのトレーダーは困惑します。そこで、このミスを利用しようと、トレンドに逆らった取引を行うのです。

FX ギャップの種類

このFX週末トレード戦略で重要なのは、3種類のギャップです。

  • ブレイクアウェイギャップ 価格がパターンから乖離したり、重要なサポートやレジスタンスレベルを超えたりしときに発生します。通常、価格は深刻な勢いで動き、しばしばレンジ相場から抜け出し、ギャップを発生させます。
  • 継続ギャップ チャートパターンの途中で発生し、トレーダー全員が市場の方向性を信じて、買いと売りが急増することを示唆します。
  • エグゾーションギャップ – 価格パターンの最後に発生し、新しい高値または安値を付けようとするシグナルです。疲弊ギャップは通常、急激な上昇の後に発生し、出来高が異常に増加して急変します。基本的に、誰も取引に参加しないので、価格は突然下落し、トレンドの終わりを示します。

FXで儲ける方法 月曜日の開始時間

  • オンラインで取引口座にアクセスし、まだ口座をお持ちでない方はFX口座を開設します。通貨のリストを引き出して、取引の多いペアを選びます。ユーロドル(EUR/USD)が最も取引されているペアで、僅差でドル円(USD/JPY)とポンドドル(GPB/USD)が続きます。この3つのうち、EUR/USDは最も流動性が高く、変動が少ないため、週末の隙間時間に取引するのに適した通貨ペアと言えます。
  • 選択した通貨ペアの土曜日6時30分の終値を確認します。USD/JPYのペアを例にとると、土曜日の終値が82.00だったとします。この情報をメモします。この終値を使って、東京セッションが始まったときにギャップが取引できるかどうかを判断します。
  • 取引を開始する前に、ギャップの大きさを決定します。例えば、米ドル/円で1%のギャップで取引したい場合、始値が82.80付近でギャップアップするか(82.00×1%=0.80)、81.20までギャップダウンするかを検討します。自分のリスク許容度に合わせて、パーセンテージを高くしたり低くしたりすることができます。
  • 月曜日の午前7時に東京市場が開くのを待ちます。米ドル/円の始値が82.80以上または81.20以上の場合に取引を開始します。土曜日の終値である82.00を利益目標にします。例えば、82.80でギャップアップした場合は、通貨ペアを売り、価格が82.00に達した時点で取引を終了し、81.20で開いた場合は、通貨ペアを買い、価格が82.00に達した時点で取引を終了します。ギャップが埋まるまで、または通貨チャートがギャップの拡大を示している場合は、取引を継続します。

月曜スタートのFXトレードに必要なもの

FXの週末トレードを始めるには、いくつかの材料が必要になります。

  • FX会社 – 多くのオンラインFXブローカーは、週末には営業していません。そのため、信頼できるライセンスを取得している取引会社を探すためにリサーチを行いましょう。FX会社の探し方については、こちらのガイダンスをご覧ください。
  • FXアプリ – Weekend FX取引には、ファンダメンタルズ分析だけでなく、慎重なテクニカル分析が必要です。自分が自信を持って使える、必要なツールがすべて揃っているプラットフォームを選びましょう。メタトレーダー4(MT4)最も推奨されるFXアプリで、初心者と経験豊富なトレーダー両方のニーズを満たします。MT5は上級トレーダーに適しています(MT5の使用方法を参照)。
  • FXテクニック – 多くの大手企業が存在しないため、土曜日と日曜日ではFX市場の動きが異なります。そのため、異なる市場環境を利用した戦略が必要となります。上記のFX週末ギャップ戦略は、最も人気のあるテクニックです。

FX週末トレードの短所

FXの月曜開始時間を利用した取引を始める前に、一定の制限があることを知っておくとよいでしょう。

  • 執行リスク – FX月曜の開始時間帯は流動性が低いため、注文が注文した価格で成立しないリスクがあります。
  • スプレッドの増加 – ブローカーは、リスクを軽減し、取引量の減少を補うためにスプレッドを増大させます。これにより、潜在的な利益が減少する可能性があります。
  • ボラティリティー – 週末のFX環境は、平日の市場とは異なり、不規則な値動きをします。例えば、マーケットクローズ時には、多くの取引がクローズされるため、しばしばボラティリティーが発生します。ボラティリティーはより大きな利益を得る機会をもたらす一方で、大きな損失を出す可能性もあります。

さいごに

月曜オープンのFXを利用して利益を得る投資家が増えており、特にギャップトレード戦略が人気を博しています。しかし、取引を始める前に、信頼できるオンラインブローカーと、週末のFX環境を反映した戦略を確認してください。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles