Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

FX年末年始の取引スケジュール – FXの休日2021-2022

FXの取引時間は、平日は月曜日の午前7時から始まり、土曜日の午前6時30分に終了します。週末以外では、クリスマスと元旦の2つの祝日だけがFX全体の休業日となります。

クリスマス(12月25日)と元旦(1月1日)は、マーケットが公式に休みとなる唯一の祝日です。

市場は平日ほぼ毎日オープンしていますが、現地のFX休日が市場の流動性に影響を与えることがあります。取引するペアのいずれかの通貨に影響を与えるFX休日に注意してください。

クリスマス後の外為市場はいつから始まる?

外国為替(FX)市場は、世界最大の金融市場であり、1日の取引額は約5.1兆ドルと推定されています。ヘッジファンドや銀行などの大手金融会社が、FX市場の主要なトレーダーとなっています。通常、FXは月曜日から金曜日までの週5日、24時間いつでも取引が可能です。土曜日、日曜日は、FX市場の週末の休日です。

>> FXウィークエンドギャップの取引方法を見る

休日で取引量が少ないときには、市場外の取引が原因で為替レートの変動が顕著になることがあります。週末の祝日に加えて、他の祝日も外国為替市場に影響を与え、変化させます。これらの祝日は、クリスマス、大晦日、サンクスギビングデーです。

FXのオープン時間や取引セッションについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

クリスマスのFX取引時間は、非就業時間のため、以下のように異なります。

年末年始のFXスケジュール

2021年12月25日と2022年1月1日は、ほとんどのFX海外ブローカー国内ブローカーのみが市場を閉鎖します。

土日以外の非営業日は赤字で記載しておりますが、12月25日(金)はクリスマスで、欧米の外国為替市場が休場となります。

元旦は世界的に見て、外国為替市場が休場となります。

12月21日(月)~24日(木)通常通り
12月25日(金)7:00~15:30の短縮営業
12月26日(土)、27日(日)非営業日
12月28日(月)~31日(木)通常通り
1月1日(金)~1月3日(日)非営業日
1月4日(月)通常通り

※通常通り:午前7時~翌午前6時30分まで取引可能。

世界各国のFXの年末年始のスケジュールをご覧いただけます。

23.11.21日本勤労感謝の日
25.11.21米国の場合サンクスギビングデー
26.11.21米国の場合ブラックフライデー(13:00早期終了)
24.12.21オーストラリアクリスマスイブ(14:10早期終了)
 イギリスクリスマスイブ(12:30早期終了)
 ドイツクリスマスイブ
 イタリアクリスマスイブ
 カナダクリスマスイブ(13:00早期終了)
 キプロスクリスマスイブ
 米国の場合クリスマスイブ(13:00早期終了)
 シンガポールクリスマスイブ(12:35早期終了)
 フランスクリスマスイブ(12:30早期終了)
 スイスクリスマスイブ
25.12.21オーストラリアクリスマス
 イギリスクリスマス
 ドイツクリスマス
 香港クリスマス
 イタリアクリスマス
 カナダクリスマス
 キプロスクリスマス
 米国の場合クリスマス
 シンガポールクリスマス
 フランスクリスマス
 スイスクリスマス
27.12.21イギリスクリスマス
 香港クリスマス
 カナダクリスマス
28.12.21イギリスボクシングデー
 カナダボクシングデー
31.12.21オーストラリア大晦日(14:30早期終了)
 イギリス大晦日(12:30早期終了)
 ドイツ大晦日の夜
 香港大晦日(13:00早期終了)
 イタリアナショナル・リーブ
 フランス大晦日(14:05早期終了)  
 スイス大晦日の夜
 日本エクスチェンジホリデー

クリスマスの後、FXはいつオープンするのでしょうか?

クリスマス明けの2021年12月27日(月)に外為市場がオープンします。

FXトレーダーの中には、クリスマス後のFXのオープン日を知りたいと思っている人もいるでしょう。今年のクリスマスは土曜日なので、FXは通常通りオープンします(FX月曜オープン)。

年末年始の為替状況

年末年始のFXは流動性が大きく変化し、マーケットオープンに大きな影響を与えます。取引量が少なく、ボラティリティが低いことを除けば、欧米のホリデーシーズン後のFX市場のオープンは非常に予測不可能であり、大きなトレンドさえ転換する可能性があります。

– ブローカーは利用できない

海外のFX業者国内の証券会社も祝日はお休みなので、証券会社に頼っている個人トレーダーにとっても市場はお休みです。そのため、取引量も少なくなるので、FX市場はボラティリティが低くなります。

– 取引量の減少

FXでは、一定期間に取引された金額のことを取引量といいます。クリスマスの日はFXが個人トレーダーにはお休みなので、取引量が少なくなり、ボラティリティが大きく下がります。

ボラティリティの低下の主な理由は、取引量の減少です。ブローカーが利用できないため、取引量が減り、ボラティリティも低下しています。

祝日があると、その国の金融市場のほとんどが休みになります。オーストラリア、中国、ヨーロッパ、イギリス、アメリカなど多くの国で祝日があると、すべての金融市場が休みになるため、FX取引への影響が大きくなります。

FXホリデートレード

通常、祝日に取引するのは、FX初心者か、祝日に取引戦略を確定した人だけです。祝日に取引することが望ましいかどうかは、FXトレーダーによって意見が異なります。FX初心者の方は、せっかくの儲けのチャンスを逃したくないので、祝日にも取引をする方がいます。このようなトレーダーは、市場の状況を理解する努力をせず、お金を稼ぐ機会を失うべきではないと考えていることが見受けられます。しかし、休日には市場の状況が全く異なることを理解していません。

FXの経験豊富なトレーダーの大半は、FXの価格はいつでも変化する可能性があるため、休日の取引は利益にならないと主張しています。外国為替市場の主要プレーヤーは、休日には休業します。そのため、流動性が低くなり、トレーダーが市場を分析して取引することが難しくなります。銀行休業日や祝祭日には、これらの主要プレーヤーが不在となるため、FXに大きな影響を与えます。したがって、トレーダーは祝日にも利益を上げることができるかもしれませんが、それは労力に見合わないほど少ないものであることを認識する必要があります。

休日にFX取引をしない理由

祝祭日にはほとんどの金融市場が閉鎖されるため、流動性が低くなります。次のような理由から、祝日にはFX取引を行わない方が良いでしょう。

– スプレッドの上昇

FXスプレッドとは、トレーダーが関連資産を売買する際の価格差のことです。FXブローカーは通常、祝祭日にはトレーダーのためにスプレッドを拡大します。

>> FXスプレッド比較

– 流動性

祝日は大企業や銀行が取引を停止しているため、流動性が大きく低下します。これらの組織は、取引量の多さで市場の流動性を決定します。

– ボラティリティ

大口のトレーダーがいないため、外国為替市場の流動性が低下し、ボラティリティも低くなります。その結果、トレーダーが取引で多くの利益を上げることも難しくなります。

スプレッドが高く、流動性が低く、ボラティリティが高いと、それなりの利益を上げる可能性が低くなるため、したがって、ほとんどのFXトレーダーは祝祭日には取引しません。しかし、一部のトレーダーは、流動性が低く、ほとんどのトレーダーが休息を取っているときでも利益を上げることができる取引スタイルを確立しています。

まとめ

祝日は、銀行などの大手が取引に参加しないため、市場の状況が大きく変わります。年末年始はFXが安定せず、期間中ずっと休みのブローカーもあります。通常、ほとんどの欧米諸国ではクリスマス後の2021年12月27日にFX市場がオープンします。ほとんどのトレーダーは祝祭日に取引することはリスクが高いと考えているため、これらの祝祭日にはFX取引を避けています。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles