木曜日, 12月 1, 2022
Forex Trading MasterClass

FX用語集 – 知っておきたいFXの基本用語と専門用語

FXには、FX用語またはFX用語集として知られる独自の用語や専門用語があります。そのため、FXをより深く理解する前に、トレード中に遭遇する基本的なFX用語のいくつかを理解しておくことが重要です。

FX初心者の方であれば、FXブログ記事で「ピップス」「クロスペア」「マージン」などの用語につまずいたことがあるかもしれません。

FXを始める際の参考になるように、詳しいFX用語集を作成しました。

初心者トレーダーのためのFX用語集-FXの基本用語

通貨ペア

FXとは何なのかFXの仕組みを理解していても、一つの通貨だけでは売買することはできません。市場で取引をする際には、通貨ペアで取引をしなければなりません。通貨ペアは2つの通貨で構成されていて、1つ目の通貨が基軸通貨で、2つ目の通貨が決済通貨と言われています。

通貨ペアの例として、EUR/USDペアがあります。EUR/USDを買うときは、実際にはユーロを買い、米ドルを売っていることになります。同様に、EUR/USDペアを売るときは、実際にはユーロを売って米ドルを買っています。

一般的に通貨ペアは、メジャーペア、クロスペア、エキゾチックペアに分類されます。メジャーペアとは、米ドルを基準通貨または決済通貨とし、他の7つの主要通貨(EUR、CAD、GBP、CHF、JPY、AUD、NZD)のいずれかを含む通貨ペアのことです。

取引を始めたばかりの場合は、高いスプレッド、スリッページを避けるために十分な流動性を提供している、主要なペアに焦点を当てるべきです。メジャーペアの例としては、ドル円(USD/JPY)ユーロドル(EUR/USD)があります。

一方、クロスペアは、米ドルを除く2つの主要通貨で構成されたペアのことです。メジャーペアとは異なり、クロスペアは取引コストが高く、流動性が低い時には、トレーダーは高いスプレッド、スリッページに直面する可能性があります。また、クロスペアは、通常、メジャーペアよりもボラティリティが高いのが特徴です。クロスペアの例としては、ユーロ円(EUR/JPY)やポンド円(GBP/JPY)があります。

最後に、エキゾチックペアは、メキシコペソトルコリラ南アフリカランドなど、取引されている通貨のトップ10に入っていない通貨ペアです。これらの通貨は非常にボラティリティが高いため、上級者向けです。

為替レート

ある通貨を別の通貨に交換するときのレートのことです。為替レートを見ると、基軸通貨を購入する場合に、どのくらいの量の決済通貨が必要なのかがわかります。

例:EUR/USD = 1.3115。これは、1ユーロ(基準通貨)が1.3115米ドル(建値通貨)と等しいことを意味します。

では、ユーロが日本円に対してどのように動いているのか、ちょっと覗いてみましょう。1ユーロで106.53円(EUR/JPY=106.53)の日本円が手に入るとします。円安になるまで待ってから両替した方が良いのでしょうか。

とはいえ、2日後、1週間後には為替レートが変わるかもしれません。しばらくは安定するかもしれません。でもそれがいつなのでしょう?時間にこだわる人は、「いつ」という概念も重要です。

いつなのかというのは、誰も正確に答えることができません。それは多くの社会的、経済的要因により、FXを始めるときには、その多くを考慮する必要があります。

為替レートは常に変化しており、ある通貨を買うタイミングと、別の通貨を売るタイミングを知っておくことで、良い取引ができるのです。

Bid/Ask価格

それぞれの通貨ペアには、その時点で2つの為替レートまたは価格、つまりBid価格とAsk価格があります。この2つの違いは何でしょうか?買値(Ask)とは、買い手が買いたいと思う価格であり、売値(Bid)とは、売り手が売りたいと思う価格です。

その性質上、Bid価格は常にAsk価格よりも低くなっています。これらの2つの価格が一致すると、売り手が買い手のAsk価格に応じるためにBid価格を下げたり、買い手が売り手の価格に応じるためにAsk価格をあげたりして、取引が完了します。

最終的には、買い手はAsk価格で買い、売り手はBid価格で売ります。つまり、チャートにプロットされたそれぞれの価格は、その時点での市場の均衡を表しています。つまり市場参加者の大多数が取引をしようとしている価格です。

スプレッド

取引するたびに、その取引にかかる取引コストを支払う必要があります。最近ではほとんどのFX会社が取引をする際の手数料を徴収しなくなっていますが、FXトレーダーにとっては依然としてBid/Askのスプレッドが主なコストとなっていることに変わりはありません。買い手がAsk価格で買いを入れると、そのポジションはすぐにFXスプレッドに匹敵する損失を被ることになります。

デイトレーダーFXスキャルパーの場合、スプレッドが利益の大部分を食ってしまう可能性があるため、Bid/Askのスプレッドに注意を払う必要があります。スイングトレーダーや長期的なアプローチで取引を行うポジショントレーダーは、ポジションを建てる数が少なく、比較的高い利益目標を持っているため、スプレッドの影響を受けにくくなります。

>> FXスプレッド比較

PipとPipette

FXトレーダーが利益や損失について話すとき、通常は「pips」(ピップス)という言葉を使います。FXでのpipsとは、Percentage in Pointの略で、為替レートが上下に動く最小の単位を表します。通常、1pipはほとんどの通貨ペアの小数点以下4桁目に相当します。

例えば、EUR/USDが現在1.1558で取引されていて、1.1562まで上昇した場合、その上昇は4pipsの変化に相当します。しかし、いくつかの通貨ペアは、そのpipsが小数点以下第2位に位置しており、ほとんどが円ペアです。USD/JPYが現在110.25で取引されていて、110.10まで下落した場合、その下落は15pipsの変化に相当します。

1pipはほとんどの通貨ペアにおいて小数点第4位を表していますが、価格が変化するにはさらに小さな単位があります。これはPipetteと呼ばれ、1Pipの1/10に相当します。Pipetteは、ほとんどのペアの小数点以下第5位の位置にあります(円ペアでは小数点以下第3位)。

一部の企業が取引プラットフォームで使用しているにもかかわらず、ほとんどのトレーダーはPipetteの動きを追いかけることはありません。今日、Pipetteではなく、0.1pipがBid/Askのスプレッドを測定するために主に使用されています。例えば、EUR/USDのスプレッドは1.4pips、または1pipと4pipetteです。

ロング/ショート

通貨ペアのロング、ショートという言葉を聞いたことがあるでしょう。ロングは単純に買うことを意味し、ショートは売ることを意味します。株式市場では、ほとんどのトレーダーは価格の上昇を期待してロングをします。しかし、CFD取引では、市場には常に同数のロングとショートが存在します。なぜなら、新規契約を購入するたびに、対応する売り手が必要となり、その売り手がショートをする必要があるからです。

FXはほとんどがCFD(差金決済)で取引されているため、トレーダーは価格の上昇と下落の両方で取引することができます。買うときは「ロング」、売るときは「ショート」となります。

レバレッジ

FXは24時間営業(FXの取引時間を参照)で、価格が上昇したときだけでなく、下落したときにも利益を得ることができます。しかし、多くのトレーダーがFXに魅力を感じる理由はもう一つあります。それはレバレッジです。

FXのレバレッジは、トレーダーがFX口座のポジションサイズよりもはるかに大きなポジションサイズを持つことを可能にし、FX市場では、リテールブローカーが提供するレバレッジ比率が非常に高いことで知られています。

25:1のレバレッジは、トレーダーが最初の入金額の25倍のサイズのポジションを持てることを意味します。2,500ドルを入金した場合、100,000ドルと同じサイズのポジションを建てることができます。

500:1のレバレッジでは、トレーダーは最初の入金額の500倍のポジションを建てることができます。この場合、同じく100,000ドルのポジションを建てるには、たった200ドルの入金で済みます。

ただし、極端に高いレバレッジでの取引は、利益だけでなく損失も膨らませてしまう可能性があるため、非常にリスクが高いことを覚えておきましょう。FX初心者の方は、十分な経験を積むために低レバレッジでの取引を検討してみてください。そうすることで損失を減らし、長期的にFXゲームに参加することができるようになります。

ハイレバレッジは海外FXのみで提供されています。

必要証拠金(マージン)

レバレッジをかけて取引する場合、ブローカーはレバレッジをかけた取引の担保として、取引口座の資金の一部を担保します。この担保は「マージン」と呼ばれ、その大きさは取引するレバレッジ比率によって異なります。レバレッジ比率が100:1の場合、ポジションサイズの1%に相当する証拠金が必要となります。

100:1のレバレッジを使用して100,000ドルのポジションサイズを開設した場合、証拠金はポジションサイズの1%である1,000ドルとなります。同様に、レバレッジ比100:1で40,000ドルのポジションを開設し、取引口座の金額が1,000ドルの場合、400ドルの証拠金が必要となります。

使用済み証拠金

現在の取引ポジション維持するために、ブローカーによって担保されている金額です。

余剰証拠金

新しい取引ポジションを開くことができる取引口座の金額です。

余剰証拠金=有効証拠金ー使用済み証拠金

資金が13,000ドルで、ポジションを取るために2,000ドルの証拠金(使用済み証拠金)を使用している場合、新規ポジションを開くために残りの11,000ドル(余剰証拠金)が利用可能であることを意味します。

マージンコール

マージンコールはリスク管理に関する用語です。資産が一定の証拠金の割合まで低下すると、FXブローカーは、すぐにポジションを維持したい場合は、より多くの資金を入金する必要があることをトレーダーに通知します。

ロットサイズ

相場で取るポジションサイズによって、1pipあたりの損益の大きさが決まります。FXの1ロット(標準的なポジションサイズ)は、基準通貨の10万通貨に相当します。例えば、EUR/USDペアで標準ロットを1枚取った場合、実際には10万ユーロを10ドル相当で取引していることになります。

幸いなことに、口座サイズの小さいトレーダーは、ミニロット(基準通貨の1万通貨)やマイクロロット(基準通貨の千通貨)でもっと小さな取引を行うことができます。 ブローカーによっては、ナノロット(基準通貨の百通貨)での取引を許可しているところもあります。いずれにしても、リスク管理ができる様、ストップロスを利用してロットサイズを計算してください。

スリッページ(滑り)

FXスリッページとは、注文が執行された価格が注文した価格と一致しないことです。これは一般的に、動きが速く、ボラティリティの高い市場で発生し、予期せぬ損失を被ることがあります。

価格差は、値動きの方向、ロングかショートか、ポジションを建てるか決済するかによって、プラスにもマイナスにもなります。

スワップ

FXスワップポイントとは、一晩中ポジションを維持していた場合に得られる利息、または支払う利息のことを指します。スワップには2種類あります。スワップロング(ロングポジションを一晩中保持しておくこと)とスワップショート(ショートポジションを一晩中保持しておくこと)です。これらはロットあたりのpipsで表され、取引している金融商品によって異なります。スワップにはプラス、マイナスの両方があります。

>> FXスワップ比較

ストップアウト(ロスカット)

FXのストップアウトレベルとは、証拠金維持率が特定のパーセンテージ(%)まで低下した場合に、持っているポジションの1つまたはすべてがブローカーによって自動的にクローズ(「清算」)されることを指します。

この清算は、取引口座が証拠金不足のためにポジションを維持できなくなった時に発生します。

「ストップアウトレベル」とは、有効証拠金が使用済み証拠金の一定の割合よりも低いレベルのことです。

このレベルに達した場合、ブローカーは自動的に、証拠金レベルがストップアウトレベルの上に戻るまで、損失の大きいものから取引を決済していきます。

>> FX証拠金の必要条件比較

外国為替注文方法

いくつかの異なるペアのFX注文を使用して、取引を行うことができます。注文の中には、エントリー方法とエグジット方法の両方をコントロールできるものがあります。それらの意味を学ぶことは、FXの成功に向けての第一歩となります。

成行注文

成行注文は、現在の価格で執行されます。値段を指定せずに今すぐ売買を始める注文です。

指値注文(リミットオーダー)

指値注文は、一般的に利益確定をするために使用されるものです。ロングしようとしている場合は、指値注文は市場価格の上になり、あなたがショートしようとしている場合は、指値注文は市場価格の下になります。

逆指値注文(ストップオーダー)

逆指値注文は、一般的には取引を終了させるためのものです。ストップロスと呼ばれるこの注文は、取引で発生する損失を制限することを目的としています。逆指値注文は、指定された損失レベルで取引を決済します。

OCO注文

OCO注文、または「One Cancels the Other」注文では、同時に2つの注文を発注することができます。これは、指値注文と逆指値注文を組み合わせたものですが、どちらか一方のみを約定させることができます。

つまり、注文の一部または全部がかかり次第、残りの注文は自動的にキャンセルされます。注文の一つをキャンセルすると、他の注文もキャンセルされますのでご注意ください。

上級者トレーダーのためのFX用語集 – FXの専門用語

スキャルピング

FXスキャルピングとは、FX市場内の小さな値動きから利益を得る短期取引戦略のことです。スキャルパーは、数秒から数分の間だけポジションを保持し通貨ペアを売買します。その後も値動きを利用して頻繁にリターンを得るために一日中このプロセスを繰り返します。

有効なスキャルピング手法として、小さな動きでも利益を増大させるために、レバレッジをかけて取引を行います。

自動売買

自動売買とは、あらかじめ設定された売買ルールを実行するプログラムを使用して取引をする方法です。トレーリングストップ、ギャランティーストップなどのパラメーターを設定することで、徹底したテクニカル分析を組み合わせることができます。

FX EA(エキスパートアドバイザー)は自動化されたソフトで、外国為替市場を監視し、取引機会を特定してシグナルを提供します。

デイトレード

デイトレードとは、同じ日に、あるいは一日のうちに複数回、通貨ペアを売買することです。小さな値動きでトレードすることは、それが正しく行われていれば、有利になります。

デイトレーダーは、繰り返し発生するパターンを見つけて、一日のうちに複数回、通貨ペアを売買する利用するトレーダーです。

スイングトレード

スイングトレードとは、比較的短い時間枠の中で変化するトレンドから利益を得ることに焦点を当てたトレードスタイルの一種です。スイングトレーダーは、FXの上昇トレンドと下降トレンドを捉えようとします。ポジションの保有期間は通常1日から6日ですが、中には利益が出ていれば数週間に及ぶものもあります。

スイングトレードFXを行うトレーダーは、パターンやトレンドの方向性、トレンドの短期的な変化を見極めるために、様々なテクニカルインジケーターを使用して取引の機会を見つけます。

アービトラージ

アービトラージは、複数の相場における価格の歪みから利益を得ることです。

FXアービトラージとは、外国為替市場の価格差を利用する戦略です。様々な方法で行われることがありますが、アービトラージは、現在は乖離しているが、後に急速に収束する可能性が極めて高い通貨価格を売買するものです。

ヘッジ

通貨ヘッジは、保持している通貨ペアのポジションを不利な動きから保護するために使用される手法です。一般的には、高いボラティリティを引き起こすニュースやイベントを懸念している場合に、短期的にポジションを保護する目的となります。

FXペアのヘッジには、戦略が2つあります。1つは同じ通貨ペアで反対のポジションを取ってヘッジをかける方法、もう1つはFXオプションを買うという方法です。

ソーシャルトレーディング

ソーシャルトレードとは、他のトレーダーや専門家の取引を観察して行うトレードです。主な目的は、コピートレードまたはミラートレードを使用して、彼らの投資戦略に従うことです。

チャートに関するFX用語集 – FXのテクニカル用語

テクニカル分析

テクニカル分析とは、トレーダーが値動きを研究するフレームワークのことです。過去の値動きを見て、現在の取引状況や潜在的な値動きを判断するという理論です。テクニカル分析を利用する人は、テクニカルアナリストと呼ばれ、テクニカル分析を利用するトレーダーは、テクニカルトレーダーと呼ばれています。
テクニカル分析を使用する主な理由は、すべての市場の情報が価格に反映されているという考えがあるからです。テクニカルトレーダーは、一般的に”すべてはチャートに表れる”という信念に基づいています。これは現在の市場価格がすべての情報を裏付けているということを意味します。

チャート

FXチャートとは、通貨ペアの価格が時間の経過とともにどのように変化するかをグラフィカルに表示したものです。垂直方向のY軸は価格、水平方向のX軸は時間を示しています。

FXトレーダーは、ローソク足平均足蓮子ポイント&フィギュアの4つの主なチャートタイプのどれかを選ぶ傾向にあります。どのタイプのチャートを選ぶかは個人の好みによりますが、ローソク足や平均足のチャートは他のチャートよりも多くの情報を表示してくれるので、日本のFXトレーダーには最も人気があります。

チャートパターン

チャートパターンとは、過去の値動きに基づいて、価格が次にどう動くかを予想するのに役立つ、価格チャート内の形状のことです。チャートパターンは、テクニカル分析の基本であり、どんなパターンなのかを正確に把握することが求められます。

最も重要なチャートパターンは以下の通りです。

ローソク足

ローソク足パターンとは、ローソク足チャート上にグラフィカルに表示される価格の動きのことで、これにより市場の動きを予測できると考えられています。パターン認識は主観的であり、チャートパターンで定義されたルールを理解する必要があります。

ローソク足のパターンの中でも特に人気が高く、信頼性の高いものとしては、以下のようなものがあります。

  • トンカチ
  • 強気の包み線と弱気の包み線
  • 切り込み線
  • 明けの明星と宵の明星
  • 童子

プライスアクション

プライスアクションは、チャート上の価格の動きに注目し、意思決定を行う手法です。これは、現在の動きに焦点を当てた分析手法です。プライスアクションを重視するトレーダーに最も人気のある形は、ピンバーインサイドバー(はらみ足)です。

FXのプライスアクションはまさにその名の通り「価格」の「動き」です。

サポートとレジスタンス

サポートとレジスタンスは、テクニカル分析において最も重要な概念の一つです。テクニカルトレーダーは、価格自体がファンダメンタルズを反映していると考えているため、価格の動きのみを分析しており、サポートとレジスタンスはその分析において重要な役割を果たしています。

サポートとレジスタンスを判断する上で、重要なツールは、フィボナッチリトレースメントフィボナッチエクスパンションピボットポイントトレンドラインです。

レンジ相場

レンジ相場とは、価格が特定の高値と安値の間を行き来する相場のことです。高値は、価格が上に突破できないような主要なレジスタンスレベルとして機能します。

同様に、安値は、価格が同様に下にブレークすることができないような主要なサポートレベルとして機能します。

デッドキャットバウンス

デッドキャットバウンスとは、下降トレンドの短期的な回復であり、下降トレンドの反転を示すものではありません。

デッドキャットバウンスが発生する理由には、ショートポジションが解消された、底値に達した、または資産が売られすぎたと判断し買いを入れる投資家がいるためです。

インジケーター

テクニカルインジケーターは、テクニカル分析に従うトレーダーが使用する資産の価格、出来高、および/または建玉によって生成されるヒューリスティックまたはパターンのシグナルです。テクニカルアナリストは、過去のデータを分析し、将来の値動きを予測するためにインジケーターを使用しています。

主なFXインジケーター:

  • グッピーの複数移動平均線(GMMA)ゴールデンクロス、デッドクロスを含む移動平均線(MA)
  • ストキャスティクス
  • 移動平均収束拡散法(MACD)
  • ボリンジャーバンド
  • 相対強度指数(RSI)
  • 一目均衡表
  • 標準偏差
  • 平均方向性指数(ADX)
  • 方向性指標(DMI)
    順位相関指数(RCI)

全てのリストを見るには、MT4インジケータリストをご覧ください。

トレーディングの理論と法則

ここでは、テクニカル分析において重要なトレーディング理論の一部をご紹介します。

エリオット波動理論

リテールトレーダーの間で最も人気のある理論の一つであるエリオット波動理論は、波動として解釈される様々なパターンを使用してチャートを見ていきます。トレーダーは、市場の動きを理解し、それらを修正波または推進波(3波または5波構造)とラベル付けします。洗練された上昇と下降分析の最後に、トレーダーは、その予測に基づいて取引を行います。

ギャン理論

伝説のトレーダーの一人であるギャンは、すべての動きには理由があると信じていました。テクニカル分析分野における彼の遺産は大きく、世界中のトレーダーがギャン理論の概念に従っています。一流のMT4MT5を含むすべての取引プラットフォームは、ギャンラインやギャンスクエアなどのギャンツールを提供しています。

ダウ理論

ダウ理論とは、チャールズ・ダウによって開発されたトレーディングのアプローチです。エドワード・ジョーンズと一緒に、チャールズは、DJIA(ダウ・ジョーンズ工業株30種平均)創始者としても有名です。

サイクル理論

サイクル理論もまた、テクニカル分析を主とする理論の一つです。サイクル理論では、上昇と下降を繰り返す価格変動の循環(長期、短期両方)が金融市場を動かしていると主張しています。転換点を予測するために価格と時間のサイクル(循環)を利用するためこう呼ばれています。

グランビルの法則

アメリカの投資家であるジョセフ・E・グランビルは、資産価格とMAの両方の動向を観察し、8つの状況にまとめ、後に「グランビルの法則」または「グランビルの8つの法則」と呼ばれ、投資家が取引戦略を立てるのに役立つとされています。

ファンダメンタリストのためのFX用語集 – FXのマクロ経済用語

経済指標

経済指標とは、現在および将来の経済活動を理解するためにアナリストが使用するマクロ経済の測定値のことである。最も広く使われている経済指標は、政府や非営利団体、大学などが発表するデータです。

米国の経済指標トップ10:

  • GDP
  • 非正規雇用者賃金等を含む雇用統計
  • ISM製造業景況指数
  • 個人消費支出
  • 消費者物価指数
  • 中古住宅販売件数
  • 住宅着工件数
  • 鉱工業生産指数

経済カレンダー

経済カレンダーでは、金融政策決定や経済指標などの市場の動きを監視することができます。

中央銀行

中央銀行は、その国の政府を代表する銀行であり、外国為替市場において非常に重要な役割を担っています。中央銀行の公開市場操作と金利政策は、為替レートに大きな影響を与えます。中央銀行は、外国為替において自国通貨の価格を固定する役割を担っています。

現在、主要な中央銀行は8つあります:

  1. 米連邦準備制度 (US)
  2. 欧州中央銀行 (EUR)
  3. イングランド銀行 (GBP)
  4. 日本銀行 (JPY)
  5. スイス国民銀行 (CHF)
  6. カナダ銀行 (CAD)
  7. オーストラリア準備銀行(AUD)
  8. ニュージーランド準備銀行(NZD)

量的緩和

量的緩和とは、中央銀行が保有する国債の一部を現金化し普通預金にし、金利を引き下げる方法です。銀行等の金融機関から国債や手形を買うことで彼らに資金を供給することにより、市中に出回る資金の量が増えるので、利子が下がります。このような措置の目標は、金利を低く保ち借り入れを奨励することです。

金利

通貨の金利は、おそらく通貨の価値を決定する最大の要因です。市場は、さまざまな出来事や状況を予想して常に変化しています。金利も同じように変化しますが、その頻度はそれほど高くありません。

市場がすでに通貨価格に「値付け」しているため、ほとんどのFXトレーダーは現在の金利に注目することはありません。それよりも重要なのは、金利が今後どうなるかを予想するということです。

マーケットセンチメント

センチメントとは、市場参加者の楽観や悲観などにより資産や市場価格に反映されている正味の量、一種の集合的な感情と定義されています。センチメントを理解する目的は、トレンドが極端なラインに達したときに、その方向が反転する可能性があるかどうかを見極めるためです。

センチメントインジケーターの中には、VIX指数COTレポート、プットコールレシオ、TEDスプレッド、投資信託統計、証拠金債務残高、投資家センチメントなどがあります。

FOMC

連邦公開市場委員会(FOMC)は、公開市場操作をすることで具体的に金融政策の方向性を決定する連邦準備制度(Federal Reserve System)の機関です。FOMC は、7人のFRB理事と5人の連邦準備銀行総裁で構成されています。

律儀なトレーダーのためのFX用語集

資金管理

資金管理とは、取引ごとの損失が口座の大きさに比べて小さくなるようにすることです。ほとんどのプロトレーダーは、FX口座(残高ではなく株式)の2%以上のリスクを負うことはありません。

リスク管理

リスク管理の目標は、勝ちトレードの利益に比べて、負けトレードの損失を低く抑えることで利益を得ることです。

リスク/リワード

リスク/リワード比率は、リスクを負うごとに潜在的な報酬がどのくらいであるかを測定することです。例えば、以下のようになります。1:3のリスクリワード比の場合、3ドルを得るために1ドルのリスクを負っていることを意味します。

トレーディング心理学

トレーディング心理学とは、FXでの成否を左右する感情や精神状態のことを指します。トレーディング心理学は、個人の性格や行動の様々な側面を表しており、トレードの行動に影響を与えます。トレーディング心理学は、知識や経験、スキルなどの他の要素と同様に、FXで成功する上で重要な要素となります。

FX用語集のまとめ

ここまで述べてきたように、テクニカルなFX用語や略語はたくさんあります。トレーダーである私たちは、より熟練のトレーダーになるために、常に多くの利益を得ることを視野に入れ、常に本を読んだり、学んだり、知識を積み重ねていく必要があります。

最も愚かなことは質問を恐れることです。FXブログに足を運び、知らないFX用語集を見たときは、すぐに調べて答えを見つけ出しましょう。

FXで成功することは大変難しいと言えますが、適切なツールを利用し学習を続ければ、トレーダーとして成長し続けることができます。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles