水曜日, 1月 26, 2022
Forex Trading MasterClass

FX証拠金維持率の計算

FX証拠金取引は、最初はお金を稼ぐのに素晴らしい方法のように見えます。もしあなたがFX口座に数千ドルを持っていたら、それを担保に、より大きな資金をコントロールすることが出来るのです。論理的には、それをあなたの利益のために活用することが出来るかもしれません。

現実には、FX証拠金取引は、少量の通貨ペアを購入するだけで危険なギャンブルへと変わる可能性のある本質的に投機的な方法です。FX証拠金取引によって、自己が賄える範囲を超えて資金をコントロールしている個人投資家や機関投資家の両者を攻撃型トレーダーにするのを許してしまうかもしれません。物事が計画通りに行けば、これらの投資家は大金を手にすることが出来るでしょう。ただ、思い通りに行かなかった場合、厄介なことになるのもとても早いでしょう。

どのFX会社も、異なった必要証拠金で、異なったサービスをトレーダーに提供しています。よって、FX会社を選び、証拠金でトレーディングを開始する前に、まずは必要証拠金がどのようなものなのかを理解する必要があります。

なぜFX証拠金計算は重要なのか?

FXにおける証拠金維持率の計算は、トレーダーがFXポジションを確保するために出す保証金のためです。担保と考えてください。それは手数料でも費用でもありません。あなたが取引するときにはいつでも口座が使えるように保証してくれるものです。出さなくてはいけない証拠金は全て、あなたが取引する金額によって決まっています。保証金に大金を出す必要はありません、なぜなら、あなたが取引に失敗した場合に全てを失う可能性があるからです。1929年のクラッシュで株式ディーラーが多くを失ったのも保証金取引が原因でした。FX初心者として取引をする間は、特にそのことを心に留めておいてください。

FX証拠金の計算方法は簡単です。ただ、利益率と取引量を掛け合わせるだけです。それから、あなたの口座の残高から全ての取引で使用した証拠金を差し引くだけです。結果として生じた数字が、あなたに残ったFX証拠金の金額になります。

FXの証拠金計算はどのように作用するか

例えば、あなたが通貨ペアのポジションで賭けているとき、そのベース通貨もクオート通貨もFX口座で使用されている通貨と同じでない場合があります。結果として、これらの取引の必要証拠金は、口座で扱っている通貨とは違った通貨で計算される可能性があり、それが保証金の計算を少し難しいものにしています。

あなたが英ボンドと日本円で取引することを決めたとしましょう。あなたの口座で使用されている通貨は米ドルです。そこであなたは10,000通貨単位でポジションを取ることにしました。これは、あなたが同等の日本円に対して10,000の英ポンドを買うことを意味します。あなたは日本円を売って、英ポンドを買いましたが、実際には、米ドルで日本円を買うことになります。証券会社に関する限り、あなたの必要証拠金は、米ドルのみ、または、あなたのメイン口座の通貨で計算されます。

以下が、あなたのメイン口座の通貨で、必要証拠金の計算に使用される計算式になります。(これは記憶するようにしてください):

必要証拠金=([{ベース通貨} / {口座通貨}] x 取引単位) /レバレッジ

英ポンド/日本円の取引を例にとると、上記の計算式の条件は以下になります。

  • 口座通貨 = 米ドル
  • ベース通貨 = 英ポンド
  • クオート通貨 = 日本円
  • ベース通貨/口座通貨 = 英ポンド/米ドルの現在の為替レート
  • 単位 = 10,000
  • ベース通貨/口座通貨 = 取引された2通貨間の為替レート
  • 通貨が英ボンド/米ドルの場合、主筆時間で、約30ドルです。

証拠金維持率

株式市場では、通常、25%の証拠金維持率が必要となり、他の証券会社ではより高い可能性があります。株価が下落すると、トレーダーがマージンコールを受ける可能性がるとすると、その結果、口座の残金が非常に減少するでしょう。そういうことがありうるので、各約定と取引の証拠金維持率の計算を把握しておくことはとても重要となります。

あるトレーダーが一株40ドルの株式を5%の証拠金維持率で購入したとします。つまり、証券会社から借りた金額は、40倍(1-0.50)と等しくなるため一株あたり20ドルとなります。これが証拠金取引のために、トレーダーが証券会社から借りた一株当たりの価格です。

では、証拠金維持率を1から差し引くことで、借りることが出来る資金の最大許容割合が計算されるとします。例えば、維持証拠金が25%だとします。この場合、借入資金のための最大許容割合は、75% (1-0.25) となります。

従って、維持証拠金は、借り入れた一株当たりの資金を借り入れ資金の最大許容割合で割ったものとなります。我々の前述の計算に当てはめると、それは、20ドル÷0.75となり、26.67ドルになります。これが維持証拠金となり、株価がこのレベル、または、このレベルよりも下回るかした時に、トレーダーはマージンコールを発動し、その後に、追加資金の預け入れを要求してくるでしょう。

FX証拠金維持率の計算

口座についても同様に、トレーダーは証拠金維持率を監視していなければなりません。証券会社は、レバレッジ制限、または証拠金維持率を提示します。さまざまな国の規制機関は、投資家の利益を守るために、この証拠維持率について、課せられた規制があります。日本も同様です。FX証拠維持率は、大抵、FX取引で使用された残金の25%~40%、またはそれ以上で設定されています。

例えば、あるトレーダーが、英ポンド/米ドルペアの10,000単位、または0.1FXロットを13,040 米ドルで購入したとします。証券会社は、4%の証拠金維持率、または25:1のFXレバレッジを提示してきています。ここでは、取引の残金は13.040/25、つまり521.6米ドルとなります。これが、トレーダーから提供される残金(証拠金使用後)で、残りは証券会社からのものです。証券会社が提示したレバレッジがあっても、そのユニットが売り切れるまで、トレーダーは口座に一定額の資金を保有していなければなりません。

したがって、証券会社が40%の証拠維持率を設定した場合、トレーダーは、取引が決済されるまで、常に口座の総残高の40%を維持する必要があります。ここでは、維持証拠金は、512米ドルの40%なので、208.64米ドルとなります。

資金がこのレベルを下回った場合、トレーダーは、現在の残高と必要な保証金の差額を入金する様に求められます。一部の証券会社は、残金を調整するために、現在の市場価格で口座の一定の保有を清算する場合があります。もし、市場価格が当初の投資額より低い場合、それはトレーダーにとっては、損失を意味します。このため、取引を開始する前に、必要証拠金の要件を入念に理解し、遵守する必要があるのです。

基本保証金 vs 維持証拠金 vs 必要証拠金

繰り返しになりますが、維持証拠金を、基本保証金や必要証拠金と混同しないでください。

FXとCFD取引での必要証拠金は、売買を約定するためにトレーダーによって求められる実際の資本金額です。例えば、レバレッジが1:25で、10,000ドルの値で取引する場合、必要証拠金は、400ドルです。

必要証拠金は以下の計算式を使って計算されます。

総価格 / レバレッジ

必要証拠金は、基本保証金と維持証拠金の2つから構成されていることを注意してください。基本保証金と維持証拠金です。以下では、それらについて詳しく見ていきます。

基本保証金

基本保証金は、価格変更が有効になると利益や損失が発生する必要証拠金の一部です。

実際には、売買約定すると、市場の価格変動は、投資された資本、より正確に言うと、基本証拠金に影響を与えます。

維持証拠金

基本証拠金とは違い、名前からも分かる通り、維持証拠金は、売買約定を維持するためのものです。事実、新たな約定をオープンにしたまま、資本残高(純資産)が、維持証拠金の一定の割合基準より高いことを確認する必要があります。

求められる維持証拠金の基準は、個々の金融商品よって異なっており、固有なものとなっています。従って、選択された商品ごとに異なる維持証拠金が適用される場合があります。維持証拠金は、常にリアルタイムで監視され、この必要証拠金が一定の割合を超えると、警告メールが送られてきます。

維持証拠金の必要性は、投資家がローンの支払いを怠らないようにし、それによって証券会社をカウンターパーティリスクから守る一つの方法です。

維持証拠金が資金残高の一定の割合を超えると、証券会社は投資家へ警告メールを送ることは我々も確認したとおりです。これはマージンコールと呼ばれるものです。

マージンコール

最も一般的な初心者の間違いの一つは、通常の資金の減少を負担するだけの十分な現金を持たずに取引をすることです。

資産価格は通常、上昇したり、下降したり、または、水平な経路の範囲内で変動したりするため、FXトレンドを予測することは可能ではありますが、それでも損失の出る取引はあります。価格の方向性が正しかったとしても、証券会社によって口座が消去され、あなたに利益をもたらす前にマージンコールを介して約定が自動的に決済されてしまわないように、一時的な資金の引き出しを負担するのに十分な現金を手元に持っている必要があります。

上記の英ポンド米ドルの例では、その通貨ペアがあなたとは逆方向へ313 pips動き、313ドルの損失を出した場合、残高は、維持証拠金を下回るでしょう。その現金があなたの手元にあれば、証券会社は約定をそのまま保持するでしょう。ただ、もし、手元にその現金がない場合は、証券会社はマージンコールを発動して、約定を決済するでしょう。(証券会社自身とあなたを守り、あなたの口座での損失以上の損失を被らないようにするため)。

通常、あなたが約定をそのままに維持したい場合は、証券会社は、資金を追加するための時間をキープするためにあなたに警告メールを送ります。

要するに、勝ち取引を負け取引へと転じる可能性があるマージンコールを回避するには、口座にどれだけの現金を保有する必要があるかを理解することが重要です。すなわち、下記を明確にする必要があるのです。

  • ロットサイズに基づき、1 FX pip移動ごとにかかる費用
  • 変動価格の動きによってあなたが費用を負担することができる損失費用およびストップロスを通じてあなたが許容できる最大損失額
  • 上記の結果として、一度に、約定することができるポジション数

理解すべき重要な点は、通常の価格変動を負担するための十分な現金を口座に保有していないと、トレンド予測が当たってあなたが利益を得る前に、証券会社によって自動的にリスクとなるポジションを自動的に決済されるリスクがあることです。繰り返しますが、あなたの証拠金は、見込まれる最大損失額ではないということに注意してください。それは、代わりに、約定を未決済のまま保持するための最低預入額なのです。

十分な資本があることを確認しましょう:マージンコールを回避する最善の方法は、ストップロスの注文に達する前に、1回の取引でアカウントの1〜3%を超えるリスクを絶対に負わないことです。そうすることで、口座は大きな不測の損失を被ることなく、必要な現金を手元に置いておくことができます。あなたが通常の価格変動による一時的な損失を負担できなければ、最終的に取引の方向性が正しかったとしても、取引損失が発生するのは事実上確実と言えるでしょう。

私たちのオンラインスクールに参加して、FXトレーディングにおけるリスクと資金管理の詳細、そして、ストップロスの取り方に関する段階的なガイダンスを学んでください。

レバレッジに対するマージンの影響

「マージンレシオ」とも呼ばれるレバレッジを忘れないようにしましょう。この値は、証券会社ごとに異なる場合がありますが、一般的には、25倍の必要証拠金が標準と見なすことが出来ます。上記の例で言うと(1.3 x 10,000)/ 30 = 520米ドルです。ここから、上記の値のいずれかの値を変更することでどのように必要証拠金へ影響を与えるかを見極めるのは簡単です。レバレッジを25倍から50倍に増やすと、必要証拠金が260米ドルへ減少します。すべて少し複雑に聞こえるかもしれません。つまり、FX証拠金とレバレッジがつながっているということを覚えておくことが極めて重要だと言えます。

レバレッジと必要証拠金

必要証拠金が低いほど、より少ない金額で同じポジションをとることができるため、より魅力的に見えるかもしれません。ただし、収益性の高い取引はより多くのお金を稼ぐことを意味するので注意が必要ですが、悪い取引は損失が増えることを意味します。高いレバレッジとは、マージンコールがすぐには届かないことを意味しますが、結果として、より多くのお金を失うことになります。どの値が最も効果的であるかを知ることは、FXの成功のすべての部分と言えます。また、適切な値を知ることは、経験と時間によってのみ得られます。

結論

FXの仕組みを理解することに関して言えば、証拠金は、すぐにでも取り組む必要があるものです。ありがたいことに、あなたが外国為替取引の証拠金を計算し、一連の作業が伴うものを理解するための必要な情報、すべてを提供しました。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles