Thursday, August 5, 2021

FXの注文方法

HomeFXの注文方法

注文方法の種類と解説

FXの注文とは、簡単にいえばトレードのエントリーと決済の事です。FXをトレードする場合、現在の市場価格で単に売買するだけでなく、現在および未来のトレードを行うために多くの注文方法があります。

利用可能なFX注文の種類を確認してください。FX業者によって、異なるタイプのFX注文を受け付けています。すべての会社が提供する基本的な注文タイプと、複雑な注文タイプがあります。

FXの注文の種類と注文方法

複数の異なるタイプの注文を使用して、FXのトレードをコントロールできます。  注文方法の意味を学ぶことで、FXの成功に向けて長い道のりを歩むことができます。

  • マーケットオーダー(成行注文)
  • エントリー注文
    – トレードのエントリーに使うリミット注文:バイリミットとセルリミット
    – トレードのエントリーに使うストップオーダー: バイストップとセルストップ
    – 組み合わせ:バイストップリミットとセルストップリミット
  • 決済注文
    – トレードの決済に使うリミットオーダー:利益確定
    – トレードの決済に使うストップオーダー:ストップロス

マーケットオーダー(成行注文)

成行注文は、現在の価格で市場でリアルタイムで執行されます。あなたはFX業者に、今エントリーしたいので、スプレッドは気にしていないと言っているのです。 成行注文は、市場価格でのトレードをオープンまたは決済するために使用することができます。

その名の通り、マーケットオーダー(成行注文)とは、現在の価格での売買注文のことで、通常はモニターの前で見ている人や、プライスアクションローソク足のパターンテクニカル指標ニュースイベントを待っている人や、またはすぐに決済したいと思っている人が使います。

主なデメリットは、何を支払うかわからない事です。成行注文にも用途はありますが(トレード計画を変更する正当な理由がある場合は、素早くトレードから抜け出すのに適しています)、資金が危険にさらされているときに素早く客観的に考えることができる、熟練の感情的ではないトレーダー以外の全ての人にとっては危険なものになります。トレーダーがしっかりと決められたトレード計画を持っていたとしても、恐怖や欲、エゴがあると、成行注文の勢いでそれを放棄してしまうことがあります。このように、初心者の方や、月単位でコンスタントに利益を上げていないトレーダーは、しっかりとしたトレード計画に基づいて、あらかじめ決められたエントリーポイントと決済ポイントの固執する必要があります。

成行注文について詳しく見る>>

エントリー注文

成行注文 (現在の価格ですぐに売買する注文)とは異なり、エントリー注文 (またはエントリー指値注文)は、トレーダーが現在の価格より有利であると考える価格で新しいポジションを持つ為に事前に入力された保留中の注文です。これらは自動的に実行され、トレーダーは注文後、何もする必要はありません。エントリーポイントを事前に選択できるこの機能は、次の2つの理由で非常に役立ちます:

  1. 時間のあるとき、都合のいい時にいつでも注文できる。一定の価格以上でエントリーしたい時などに、トレード時間が限られている人にとって重要です。 フルタイムトレーダーにとっても、24時間対応できるわけではないので、欠かせない機能です。
  2. エントリーを決める際の感情、人の意見などを取り除きます。飲酒や運転と同じで、トレードと感情は、混合しない。混合すると、危険をおかします。お金がかかっている状態でリアルタイムトレードする時は、恐怖や欲を避ける事ができる人はほとんどいません。 テクニカル分析を行い、恐怖や欲からは離れたエントリーポイントを選択したいと思い、機会をつかむのをためらわせるかもしれません。遅過ぎたり、早過ぎたりたるするポイントでエントリーしたくないはずです。

これらの注文は、一定の価格に達した時に実行されます。通常は、特定の価格での入力を意図しています。ただし、一定の条件下では、意図した価格よりも下 (ロングポジションを建てる場合) または上 (ショートポジションを建てる場合) に跳ね上がったり、“ギャップ”が生じたりする事がある為、注文入力された価格よりも良い価格で効力を発揮します。これは、ほとんどのトレーダーに推奨される注文方法です。

エントリー指値注文とエントリー逆指値注文を理解する>>

決済注文

決済では2つの注文方法があります:ストップオーダーとリミットオーダー

両者の大きな違いは、負けたトレードを決済して損切りをするのか、勝ったトレードを決済して利益を取るのかということです。以下、まとめです。

リミットオーダー(利益確定注文)

リミットオーダー(指値注文)は一般的に、利益を得て決済する方法です。あなたがロングしようとしている場合は、指値注文は市場価格の上になり、あなたがショートしようとしている場合は、指値注文は市場価格の下になります。リミットオーダーはゴール地点のように考えて下さい。 トレードは、市場価格が指値注文を超えた時点で決済され、利益は口座残高に反映されます。

ストップオーダー(損切り注文)

 ストップオーダーもトレードを終了させる決済注文です。一般的にストップロス注文またはプロテクティブストッップと呼ばれるこのタイプの注文は、トレードで発生した損失の額を制限することを目的としています。 ストップロスオーダーは、指定された損失レベルでトレードを終了します。 ストップロスは、利益が伸びてきた時に、利益を固定するために使用することもできます。 ストップロスは、痛みを伴いますが、使用しない場合よりも、トレーディングゲームに長く留まる事ができます。

その名の通り、ストップロスオーダー(損切り注文)とは、これ以上の損失が膨らまないように自動的に損失を確定する保留中の注文です。最大値はどちらかによって決めます:

  • リスク管理: サポートを割ったなど、価格の方向性が間違っていることが確認できた。
  • 資金管理: 口座資金の1-3%の損失は望まない。

損切り注文には基本的に2種類あります1:

固定またはシンプルなストップロス: Thこの注文はあらかじめ決められた一定の損失に達した場合、または市場がその損失を超えて乖離した場合に自動的に執行されます。メタ4メタ5のような優れたトレードアプリでは、ピップス、金額での損失、またはエントリーからのパーセンテージで損失を設定できます。

ストップロスと利益確定の設定と計算の仕方>>

トレーリングストップロス: その名の通り、この種のストップロス注文は、価格の動きによって、ストップロスオーダーを自動で動かしてくれます。価格は予想に反して反対方向に行った時に、ピップス、口座資金、何%の損失に応じて、自動的に決済します。このようにトレーリングストップロスは、損失を制限するだけでなく、通常のランダムな価格変動や“ノイズ”によって、利益も制限します。

利益を守り、最大化するためのトレーリングストップの使い方 >>

ストップロスオーダーはリスク管理の重要な部分です。 事前に入力しておけば、トレードシステムが自動的に損切りをしてくれます。トレードに感情を持ち込まないようにしてくれます。

ストップロスが損失を制限するのと同じように、決済は、あなたの利益を制限しますが、ロックされます。それらは、ピップス、現金、またはエントリー価格からの何%動いたかに関係なく、所定の損失ではなく所定の利益で執行されます。何らかの理由でトレーリングストップが不適切な場合、決済指値注文は、価格が逆行した場合に利益をロックします。

通常、更なる利益への強い抵抗になると思われるレジスタンス付近に設定します。注文の種類の正確な名前は、いくつかの取引アプリで異なる場合がありますので、実際のお金を取引する前に明確にしてください。

FXオーダーブック(顧客の取引情報)

デイトレーダーがトレードの意思決定に使用するツールの一つに、様々なタイプのマーケットデータがありますが、一般的にはレベルIとレベルIIのマーケットデータと呼ばれています。

この相場データには、現在の価格や最近の売買が成立したものなどの情報が含まれています。レベルⅡのデータは、レベルⅠよりも多くの情報を提供します。トレーダーは、取引に必要なデータを決定し、業者を通じてそのデータを購読しています。

業者によっていは、レベルIとレベルIIに関連する価格が異なる場合があります。

不要なものに対して料金を払わないように、データの違いに注意することが重要です。

オーダーブックのレベルⅠ・レベルⅡデータの説明 >>

FX注文の仕方

注文はFX会社の条件に従って、比較的簡単に注文できます。 以下のガイドラインは、すべての主要なプラットフォームで共通している必要があります。以下のガイドラインは、全ての主要なプラットフォームで同等です:

1.    取引を開き“注文”タブを選択

2.    どちらでトレードするか選択(買い または 売り)

3.    価格が現在の市場価格より高いか低いかによって、注文の種類を決定する価格レベルを指定します。

4.    ストップとリミット注文を置く。

5.    注文を送信する。

実際にトレードを行う前に、使うプラットフォームに慣れる事は重要です。 しっかり理解することにより、トレードを実行または管理する際にエラーを最小限に抑えることができます。

しっかり勉強してください。

異なる種類の注文とその用途を理解することは、基本的なスキルとして不可欠です。時間をかけて勉強して、本番の前に、デモトレード口座を使って試してみてください。

より深い知識を学びたい場合は、注文について勉強したい場合、私たちのスクールに参加して下さい。

- Advertisement -spot_img
Latest Articles