水曜日, 1月 26, 2022
Forex Trading MasterClass

オーダーブック、レベルIとII相場データの説明

電子取引の出現により、市場は流動性の提供が分散化されたシステムへと移行していいます。これらのオーダーブックでのルールに基づく注文の執行と、注文主導の市場で利用可能な豊富なデータは、確率論的モデルの理想的な候補になっています。

オーダーブックとは何か?

オーダーブックとは、特定の時間に特定の金融取引資産の売買注文の完全なリストで構成されることにより、市場の深さ(DoM)を示すものです。全ての売買注文の価格と出来高が含まれています。すべての取引所では、取引注文を記録、照合、執行するためにオーダーブックを使用しています。

基本用語

レベル I 市場データ

基本的な市場データは、レベルIデータとして知られています。レベルIの市場データは、ほとんどのチャートベースの取引システムの取引に必要なすべての情報を提供しています。

プライスアクションインジケーターを使った戦略で取引するのであれば、レベルⅠの相場データがあれば十分です:

  • BID(ビッド) プライス(売値): 誰かが資産を購入する意思がある最高の提示価格。
  • BID サイズ: 買値で買おうとしている株式、FXのロットまたは契約の数。
  • ASK(アスク) プライス(買値): 誰かが資産を売る意思がある最低の提示価格。“オファー価格”とも言います。
  • ASKサイズ: 売値で売ろうとしている株式、 FXのロット または契約数。
  • ラストプライス: 最後の取引が行われた価格。
  • ラストサイズ: 最後の取引に関与した株式、ロットまたは契約数。

他のトレーダーがどのように売り買いを出しているかの変化に基づいて取引を行うスキャルパー、複数のレベルの売り買いを提供するレベルIIデータを使用しています。

レベル II 市場データ

レベルⅡは、レベルⅠのデータよりも多くの情報を提供します。

主に、最高額の売り買いを表示するだけでなく、他の価格での売り買いも表示します。

  • 最高BID価格: トレーダーが買い注文を出した最も高い5~15の価格を表示しています。 現在の入札だけでなく、その下にあるすべての入札を見ることができます。 アクティブに取引されている株式では、通常、現在のBIDの下に$0.01ごとに入札があり、アクティブに取引されている先物では、通常、現在のBIDの下に1ティックごとに入札があります。現在の入札と次の入札の間にギャップがある場合、一般的に、すべての価格レベルでBIDとASKの間にスプレッドが広い可能性があることを意味します。
  • BIDサイズ: 群衆がそれぞれの入札価格で買おうとしている株式、FXのロットまたは契約の数。
  • 最低ASK価格:トレーダーが売り注文を出した最も低い5〜15の価格を表示しています。 アクティブに取引されている株式では、現在のASKの上に$0.01ごとに入札があり、アクティブに取引されている先物では、現在のASKの上に1ティックごとに入札があります。
  • ASKサイズ: 各ASK価格で利用可能な株式、FXロット、または契約数。

レベルIIの市場データは、売り買いでで発生する変化に基づいて取引を行うために必要な追加情報を提供します。トレーダーの中には、買いが出されている株の数と売りに出されている株の数を見るのが好きな人もいて、どちら側がより熱いのか、より強力なのかを確認することができ、市場価格の短期的な方向性を予測することができます。

この戦術は、最近の取引を見ることと組み合わされています。取引のほとんどが売値の場合は、短期的に価格が下がる可能性があることを意味し、逆に取引のほとんどが買値の場合は、価格が上がる可能性があることを意味します。これらの手法は、テクニカル分析戦略と組み合わせることもできます。

レベルIIもオーダーブックとして知られています。これは、発注されたすべての注文が表示され、約定されるのを待っているためです。 注文は、他の誰かが同じ価格で他の誰かと取引する意思があるときに約定されます。 レベルIIは、買値と売値それぞれの価格で利用可能な約定数が表示されるため、市場の厚みとも呼ばれています。

基本的な機能

  • すべての買い注文と売り注文に加えて、注文の履歴が含まれています。
  • オーダーブックは、すべての参加者に市場の厚みを示すことができるため、市場の透明性を向上させることができます。
  • オーダーブックは市場が開いてる間はリアルタイムで更新されます。
  • 最高値(買い)と最安値(売り)をトップと呼びます。 BIDとASKの価格差はスプレッドです。
  • 約定されていない注文は、キャンセルできます。
  • すべてのアクティブなBIDとASKを含む市場の厚みはチャートを介して視覚化することができます。
  • オーダーブックにはすべての「メイカー」が含まれており、「テイカー」は含まれていません。

メイカーとテイカー

  • 瞬時に満たされた売買注文を発注するトレーダーは、テイカーと呼ばれています。これらの注文はオーダーブックには載りません。
  • 現在の市場でマッチングできず、瞬時に埋まってしまう売買注文を発注するトレーダーのことをメイカーと呼びます。これらの注文はオーダーブックに含まれます。

FXオーダーブックはどのように読むのか?

FXオーダーブックは短期間の相場分析に適しています:

(1) 市場の厚みを測ることで、市場心理が発見できる。

(2)需要と供給の短期的な動力に影響を与える可能性がある不安定さをを強調することができます。

(3) 今後のサポート、レジスタンス価格帯がピンポイントでわかる。

(4) ボリュームの増加を確認できる。統計的には、オーダーブックの増加とボリュームには強い線型関係があります。

(5) 市場操作を発見することができる (下記をチェック)

価格レベルと厚み(MT4とMT5のオーダーブック)

FXオーダーブックはどのように読むのか?

共通の価格を狙った複数の注文の場合、価格帯と呼ばれる。用意されている価格帯の数は、厚みといいます。

クロスブック

オーダーブックは、BID(売り)価格がASK(買い)価格と同じか、それ以上の価格になったところでクロスすると言われています。 これは技術的な非効率性が原因で起こっている可能性があります。

オーダーブック操作

トレーダーは、オーダーブックに指値注文を発注し、この注文が約定する前に後からキャンセルすることができます。小さい注文の場合、この行動は市場に影響を与えません。 対照的に、発注して取り消された注文が巨大なものであれば、この行為は相場に大きな影響を与えることになり、操作されているというサインとして捉えることができます。不安定な性質は、オーダーブックの分析にかなりの障害を作ります。

価格の壁を理解する

価格の壁はBIDとASKのいずれかです。BIDの壁とは、巨大な単一の注文または多数の小さな注文の組み合わせが、オーダーブックの中で全く同じ価格帯で発注された場合に発生します。

価格の壁は結果として:

  1. かなり裕福な個人が市場に参入し、大きな「魚」を引きつけたいので、注文はすぐに約定されます。
  2. マーケットメーカーは、短期的なトレンドに対して価格の壁を設けることにより、不安定な市場状況を安定させようとします。
  3. 誰かが巨大な指値注文を出し、壁の上下に新しい注文の分布を制御することにより、一般的な市場の感情を操作しようとします。小売業のトレーダーは、これらの価格の壁の影響を強く受け、この壁の上下に移動するように注文を修正します。その後、価格の壁が取り払われ、市場に残っているのは、小売業者の新しい注文です。 操り手は反対方向に注文し、小売業者のすべてのポジションを購入します。

オーダーブックを使い市場の厚みを測定する

オーダーブックを使い市場の厚みを測定する

オーダーブックを使って相場の厚みを測る方法はたくさんあります:

  1. 買い注文・売り注文の数をすべてまとめることで(個人トレーダーの行動を測る)
  2. すべてのBID(売り)とASK(買い)にそれぞれの価格を掛けることによって(市場全体の行動を測定します)
  3. すべてのBID(売り)とASK(買い)にそれぞれの価格を掛け、すべての注文を減衰式でフィルタリングします。簡単に言うと、数量は現在の価格に比例した割合で減少します。減衰式は、現在の価格に近いBID(売り)とASK(買い)には余分な重みを与え、現在の価格から遠く離れたBID(売り)とASK(買い)には重みを減らします。

これは、約定前にキャンセルされる傾向がある為、注文の影響を最小限に抑えるために役立ちます。

  • 現在の市場価格に近い → 比重が重い
  • 現在の市場価格から遠い → 比重が軽い

FXトレーダーにとって非常に重要なことは、相対取引(オーバーザカウンターOTC)金融商品の市場の厚み(DoM)は、業者の気配値によって変更することができるということです。

FX会社株式ブローカーはBID(売り)とASK(買い) の数量によって、異なった価格を提供する場合があります。

その他の統計情報

オーダーブックから生成された統計には、他にもいくつかの有効な統計があります。以下はその一例です:

  • 指値注文の平均規模
  • 指値注文までの平均時間
  • キャンセル注文数
  • キャンセル注文の平均規模
  • キャンセル注文までの平均時間

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles