Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

成行注文の読み方、使い方

通貨ペアを売買するために、FX注文を出すとその注文は、いくつかの注文を他の注文より先に行う処理システムに入ります。FX市場はほぼ完全に自動化されており、注文を処理するための一連のルールに基づいて作業を行うコンピューターによって実行されています。

注文をできるだけ迅速に処理し、市場が提供する価格を取る場合は、取引を成行注文として入力できます。

成行注文の定義

成行注文とは、証券(通貨ペア、株式、商品) を売買するための注文で、全ての保留中の注文の先頭に行き、価格に関係なく、ほぼ即座に実行されます。取引日中の通貨ペアの保留中の注文は価格別に整理されます。最高値となるASK価格はその例のいちばん上に位置し、最安値であるBID価格はその例のいちばん下に位置します。

注文が入ると、ベストな価格で埋まります。より良いBID価格が入ってきた場合、それは例のいちばん上に移動します。

成行注文を受け取ると、それは本質的に未決注文よりも前に並んで、利用可能な最高または最低価格を取得します。つまり、通貨ペアを買うために成行注文を出すと、市場で最も高い価格を支払うことになります。売り注文を出すと、市場で、最も低い価格を受け取ります。

成行注文のデメリット

ほとんどの場合、成行注文は避けるべきです。最高値で買うか、最安値で売るだけでなく、スリッページと呼ばれる小さないたずら分も支払うことになります。スリッページは、ディーラーが成行注文で、自分たちに有利なようにスプレッドを変更した時に発生します。つまり、成行注文を利用して売買する場合は、少し割増で支払うことになるので注意しましょう。その割り増し分は、ディーラーの利益となります。

注文をしてから約定するまでのBIDとASKのスプレッドの差でスリッページが計算できます。スリッページのもうひとつの形態として、ディーラーが価格を変更して、次の成行注文を利用する事ができます。

成行注文を使う時

成行注文は、通常経験豊富な投資家が好む注文では、ありませんが、使うことが理にかなっている場合もあります。あなたが悪いポジションに捕まっているとき、市場が逆行している場合、成行注文を使って急いで救出すべきです。市場は急速に動いており、行動するのを待つことの方がリスクが高いため、スリッページを心配する必要はありません。

ほとんどの投資家は、特にエントリー価格と決算価格を重視しています。通貨ペアや株の売買が価格よりも重要になることがありますが、特にその日熱くなっている通貨ペア、株などをみて、感情に流されないようにして下さい。なんとしてでも熱い資産を手に入れなければいけないという気持ちにかられて、成行注文を利用して、多数の通貨ペア、株を取得すると危険です。

高速イノベーションのおかげで、小さな市場の注文は、警告なしに市場に飛び込んできて、約定させます。ほとんどの投資家は、数円のスリッページの損失を気にしませんが、注意する必要があります。また、スリッページは、取引する毎に適用されるので、取引量で積み重なっていきます。

成行注文の仕方

成行で買い注文を出すということは、価格に関係なくFXペアを買いたいということです。 もしあなたがFX会社に注文を出していたとしたら、次のようになるかもしれません:

成行価格でUSDJPYの買い1ロット”

そのペアを成行価格で売るには、同じプロセスを使います。”成行価格でUSDJPYの売り1ロット”

オンライン業者では、注文画面で注文タイプを変更するオプションが表示されます。多くのアプリやオンラインFX会社では成行注文がデフォルトになっていますが、注文画面をダブルチェックして正しい種類の注文をしているかどうかを確認することが大切です。ペアが積極的に取引されている場合は、オンラインで配置された市場の注文は、異常に高いボリュームがある場合を除き、ほぼ瞬時に約定されます。 しかし、今日の急速に変化する市場では、オンライン注文のほぼ瞬時の速さでさえ、注文した価格で確実に約定できるほど速くはありません。

大抵の場合、成行注文に入った時に見た売買価格で約定できます。ただし、値動きが激しい場合、高い価格または低い価格で約定する場合もあります。成行注文は、多くの保留中の注文よりも前に出てきますが、以前に注文された成行注文を待たなければなりません。先に入力された各成行注文は、あなたの注文よりも先に約定し、各約定が価格に影響を与えます。 あなたの前に処理する他の参加者の注文が多いほど、価格が劇的に変化するリスクが高まります。

実際の成行注文の例

FX市場

USDJPYのBIDとASKがそれぞれ$98.50と$98.51で、100 ロット が買値で買えるとします。 トレーダーが150ロットの買いの成行注文を出すと、最初の100ロットは$98.51で約定します。

しかし、次の 50ロットは、売り手にとって、最高の提示価格で埋められます。非常に商いが薄い場合、次の50ロットは$98.52以上で約定するかもしれません。こういったクロス通貨でも起こる為、特にエキゾチック通貨は指値注文を使う方が良いでしょう。 (FXの基本はこちら)

トレーダーがよりコントロールできる指値注文や逆指値注文とは対照的に、成行注文は市場によって、指定された価格になるという事です。成行注文を使用する今年で、場合によっては意図しない多額のコストが発生する事があります。

株式市場

エクセレント工業の株式のBIDとASKが$18.50と$20で100株が買値で買えるとします。トレーダーが500株を買う為に成行注文を出した場合、最初の100株は$20で執行されます。

ただし、次の400株は、400株の売り手にとって、最高の提示価格で埋められます。非常に商いが薄い場合、次の400株は$22以上で約定するかもしれません。こういった事が起こる為、指値注文を使う方が良いでしょう。

トレーダーがよりコントロールできる指値注文や逆指値注文とは対照的に、成行注文は市場によって、指定された価格になるという事です。成行注文を使用する今年で、場合によっては意図しない多額のコストが発生する事があります。

!!! 逆指値注文は、価格が指定された水準に達すると成行注文となり、別の価格で約定することができることを覚えておきましょう。

成行注文の代替え

指値注文とは、指定した価格で市場に参入する注文のことです。秒単位で相場を監視することはほぼ不可能であり、だからこそ指値注文がが便利なのです。

相場が節目にタッチしているのにまだブレイクできていない価格を突破するなど、一定のアクションを起こす可能性があると感じた場合は、指値注文を利用したいところです。 価格が指値を越えると約定しています。ただし、指値注文は良い事と悪い事両局面あります。相場から離れている間や注目していない間に動いた時にエントリーできるのがメリットです。 デメリットとしては、動きを評価する機会が得られる前に、市場が指値注文に触れてマイナスになる可能性があることです。こういった局面で日頃のリスク管理が実践で活かされています。

>> ストップ(逆指値)・リミット(指値)注文の詳細はこちら

しっかり勉強しましょう

それがすぐに実行されたとしても、買いの成行注文はすべての既存の売り注文の中で最も高い価格を支払うことになり、そして売りの成行注文は既存の買い注文から最も低い価格を取得することを意味します。

狭いレンジで取引されている通貨ペアの場合、成行注文はそれほどペナルティを課さない場合があります。しかし、ペアが大きく動いているときは、成行注文に基づいて構築されたFXシステムが、高値で買い/安値で売りの戦略になることがあります。成行注文は、価格の優先順位を下げて、迅速に行う必要がある取引のために使用します。

異なる種類のFX注文とその用途を理解することは、基本的なスキルとして不可欠です。

初心者のためのFXコースに参加して、FX練習用口座を使って試してみてください。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles