Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

ストップロス(逆指値)とは何か。トレードでどのように使用するのか。

トレード中に、利益を取るか、またはトレンドが反転した場合には、損失が小さいときに損失をカットする時期だと判断するでしょう。そのためには、ストップまたは指値注文のいずれかの決済ポジション注文を使用する必要があります。ここでは、ストップロス注文とトレーリングストップ注文を使用して利益を保護し、最大化する方法を説明します。

まず、決済注文の主な違いは、負けたトレードを決済して損失を減らすか、勝ったトレードを決済して利益を得るかということだということを覚えておいてください。

ストップロス(逆指値)とは何か

その名の通り、逆指値注文とは、ロスカットを避け、これ以上損失が膨らまないように自動的に損失を確定する保留中の注文です。最大値はどちらかによって決められるでしょう:

  • リスク管理: サポートを割った等、( fxコースで見るように、多くのものがあります。) 、価格の方向性が間違っている事が確認できた。
  • 資産管理:口座資金の1-3%以上の損失は望まない。

損切り注文には基本的に2種類があります:

  1. 固定またはシンプルなストップロス(逆指値)名前が示すように、この注文は、あらかじめ決められた損失が確定した場合、または市場がそれを超えて乖離し、損失を超えた場合に自動的に執行されます。 メタトレーダー4のような優れたFXトレードプラットフォームでは、ピップス、損失額、エントリーポイントからの何%の損失かで設定できます。
  2. トレーリングストップロス: 名前の通り、この種の逆指値注文は、価格の動きによって、逆指値注文を自動で動かしてくれます。通貨ペア価格が予想に反して反対方向に行った時に、ピップス、損失額、何%かの損失に応じて、自動的に決済します。このようにトレーリングストップロスは、損失を限定するだけでなく、通常のランダムな価格変動や“マーケットノイズ”から、利益を守り、確保します。

逆指値注文は、リスク管理の重要な一部です。事前に入力しておけば、取引システムが自動的に損切りをしてくれます。 FXトレードに感情を入れないように手助けしてくれます。

所定のポジションサイズとレバレッジでは、逆指値の設定により、1回の取引での最大損失を制限することができます。 逆指値設定の以下のルールでは、強いサポートに近いところにエントリーすることを前提としていますが、そうでない場合は、エントリーすることすら考えない方が良いでしょう。 トレードが不利に動いた場合、近くのサポートがすぐに突破され、小さな損失が大きくなる前にトレードを終了するためのシグナルを持っています。

ストップロス(逆指値)を設定する場所:2つの基準

逆指値注文を設定する際には、常に2つの相反する基準のバランスを取る必要があります:

1. 逆指値価格がエントリーポイントに十分に近いので、ヒットした場合でも、損失は前述したように、口座価値の1~3%を超えない。

2. エントリーポイントと可能性の高いサポートレベルから十分に離れているので、通常のランダムな値動きで、価格が予想していた方向に行く前に、ランダムな動きでポジションを閉じることはありません。そうではなく、あなたが間違っていて、特定のサポートゾーンの強さを過大評価していたことを示唆するような十分に大きな値動きをした場合にのみ、起動する。損失が大きくなる前の許容できる小さな損失のうちにポジションを決済すべきです。ある期間に予想される通常の値動きや平均的な値動きを判断するには、さまざまな方法があります。特定の期間に予想される通常または平均の価格変動を決定する方法はいくつかあります。特定の期間の平均または標準的なろうそくの長さを手動で決定する人もいます。なかには、アベレージ・トゥルー・レンジ(ATR)インジケーターによって決定される範囲の特定の割合を使用したりします。 価格変動は、エントリーポイントからストップロスまでの距離と同様に、市場の状況や時間帯によって変化します。

別の観点から見ると、逆指値を設定することは、次のバランスを取ることを意味します:

  • 逆指値の設定が広い(または緩い)ため、損失の発生頻度は低いが、損失は大きくなる:エントリーポイントから逆指値が遠ければ遠いほど、負けた取引の損失は、勝った取引から得た利益に比べて大きくなります。しかし、価格が有利に動き出す前に逆指値がヒットする可能性は低くなります(「ロスカット」されている)。このアプローチの主な利点は、少なくとも最終的な価格の方向性が正しい場合には、勝率の高いトレード(励ましが必要かもしれません)になるということです。主なデメリットは、次のような逆指値の設定方法に比べて、大きな損失を出しすぎて利益が少なくなるリスクがあることです。
  • タイト(または狭い)な逆指値設定では、損失の発生頻度は高くなるが、損失は小さくなる:逆指値がエントリーポイントに近ければ近いほど、勝ちトレードの利益に比べて負けトレードの損失が小さくなります。ただし、価格が有利に動く前に逆指値が頻繁に発生するため、最終的には機能するはずのトレードで「損切り」されることによる損失が多くなります。

より多くの資金は、より広い逆指値設定を可能にします

資金が大きいということは:

  • 逆指値の設定は、早期に「損切り」されることを避けるために十分な範囲で設定することができますが、それでもリスクを負う資本金は1~3%しかないため、余裕を持って設定することができ、トレード数も増やせます。
  • 長期ポジションを持ち、安定した長期トレンドに乗るために必要な逆指値の幅を広くすることができます。 前述したように、FX市場は長期的に安定したトレンドを多く生み出しています。 しかし、ポジションを保有する期間が長くなるほど、通常の価格のスイングが大きくなるので、逆指値はエントリーポイントから遠くなる必要があります。例えば、1日の平均値動きが50ポイントのペアもありますが、週足や月足の平均値動きはその何倍にもなる可能性があります。資金が大きな口座では、、より予測可能な長期トレンドの中で、より広い短期的な変動に乗るために、エントリーポイント(もちろん、強いサポートの近く)から十分に離れたところに逆指値を設定することができます。まとめると、大きな資金の口座であれば、どのような時間枠でもトレードの選択肢が広がり、低リスクトレードの基本である最も安定した、予測可能で安全なトレンドに乗る機会が増えます。

驚くべきことではありませんが、研究によると、ある程度の資金がある口座の方が、利益が出る可能性が高くなることが示唆されています。

FXの損益計算

FXの損失は、2つの異なる方法で計算することができます:セント/ティック/ピップスまたは、口座資金のどちらかです。口座資金でのリスクを重視した戦略では、自分の口座がどれだけのリスクを負ってトレードしたかを知ることができるので、より重要な情報を得ることができます。

セント/ピップスキ/ティックでのリスクに注意を払うことも大切ですが、単純に情報にたよる方が効果があります。例えば、逆指値をXに設定し、Yでロングエントリーしたとして、 次のように差を計算をします:

Y – X = セント/ティック/ピップスのリスク

株を$10.05で購入し、逆指値を$9.99に設定すると、1株当たりのリスクは6セントです。EUR/USDを1.1569でショートし、逆指値を1.1575に設定すると、1ロット当たりのリスクは、6ピップスになります。

この数字は、自分のFX注文がどこにあるかを誰かに知らせたい場合や、逆指値がエントリー価格からどのくらい離れているかを知らせたい場合に役立ちます。 しかし、あなた(または他の誰か)に、あなたがトレードで口座に対してどれだけのリスクを負ったかを教

口座の資金に対していくらくらいのリスクを負っているか金額をを計算するには、リスクを負っているセント/ティック/チップス、およびポジションサイズを知る必要があります。

例えば、株では1株に対して$0.06のリスクだとします。  1,000株持っていたとすると、合計リスクは $0.06 x 1000で$60という事になります。 (プラス手数料)

EUR/USDの場合は、1ロット6ピップスのリスクをとり、5ミニロットのポジションを持つと、金額でのリスクの計算は:

ピップス X ピップスの価値 X ポジションサイズ

または

6ピップス X $1(=1ピップ) X 5ミニロット = $30 リスク (プラス手数料)

先物ポジションの金額でのリスクは、ピップス値の代わりにティック値を使用することを除き、FXトレードと同じように計算されます。 あなたが1254.25でEミニS&P 500 (ES)を購入し、1253で逆指値を置く場合、あなたは5ティックのリスクを負っており、各ティックは12.50ドルの価値があります。 3コントラクト購入すると、リスクの計算は以下になります:

5ティック X $12.50/ティック X 3 コントラクト = $187.50 (プラス手数料)

口座のリスクを管理する

あなたがリスクを負う金額は、口座資金の、ごく一部にする必要があります。一般的に、あなたがリスクを負う金額は口座資金の2%以下、理想的には1%以下が望ましいでしょう。

例えば、FXトレーダーが6ピップスリの逆指値注文を出し、5ミニロットでトレードすると、リスクは$ 30になります。1%のリスクをとると、口座に対して1/100のリスクを取ることになります。 トレードで$30のリスクをとるとすると、口座資金はいくら必要でしょう?計算は$30 x 100 = $3,000になります。トレードに$30のリスクをとる場合、リスクを最小限に抑える為には、少なくとも$3,000が必要ということになります。

別の方法で素早く計算し、1回のトレードでどれだけのリスクが発生するかを計算します。$5,000の口座を持っている場合は、$5,000÷100、つまり1回のトレードで$50ドルのリスクを負うことができます。逆指値を25ピップスで設定すると、0.2ロットしかポジションをとれません。

$30,000の口座資金があれば、1回のトレードで最大$300のリスクを負うことができます。(それ以下のリスクを負うことを選択することもできますが)逆指値を30ピップスで設定すると、1ロットのポジションが持てます。

逆指値とトレーリングストップのまとめ

サポートとレジスタンスのレベルは、正確なポイントではなく、エリアやゾーンで発生するため、エントリー、決済、逆指値のポイントを選択することは、自分が正しいかどうか分からないため、ストレスになることがあります。

リスクとストレスを抑えるために、段階的にエントリー、決済する事が役に立ちます。

例えば、計画されたポジションが2ミニロットである場合、保守的な価格で1つのロットで利益を取ることができ、もう1ロットをトレーリングストップロスで継続し残します。 トレーリングストップロスは最初の決済よりも悪くない位置で約定されるように設定されている場合、少なくとも最悪の場合のシナリオとして、少しの利益を確保します。ここでは、少なくともトレーリングストップでリスクを負った損失と同じだけの利益を最初のロットにもたらします。この最初の決済は、少なくともトレーリングストップでリスクを負った損失と同じだけの利益を得られるように設定するので、リスクリワードレシオは1:1になります。 トレーリングストップを設定することで、最悪の場合、最初の決済で執行され、少なくとも適度な利益と1:1のリスクリワードレシオでトレードを行うことができます。価格が上昇し続けている場合、2番目のロットは、最初のロットを決済している場合、両方のロットをトレーリングストップで実行させるほど利益はありませんが、追加の利益が得られます。安全性は通常、利益率が低いという犠牲を伴います。部分的な利益を得ることは、ストレスレベルを緩和するだけでなく、初心者がFXを学び、自分に合ったFXの手法やスタイルを見つけている間に自信をつけるのにも役立ちます。

FX業社の手数料は、株式ブローカーとは異なり、スプレッド(ビッドとアスクの間のピップス数)に基づいています。つまり、彼らはトレード頻度よりも取引量(取引通貨の量)で儲けているので、部分的な退場やエントリーのために余分なお金を払う必要はありません。これらをどのくらいの頻度で使用するかは、与えられた決済やエントリーポイントへの信頼度に大きく依存します。トレードに自信があるときは、予定していた決済地点に到達するまでフルポジションをキープしている可能性が高くなります。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles