Saturday, November 27, 2021
Forex Trading MasterClass

FXポジション FXのロングとショートとは?

FXのロングやショートの基本を理解することは、すべてのFX初心者トレーダーにとって基本的なことです。ロングポジションまたはショートポジションを取ることは、トレーダーが別の通貨に比べて通貨が高値になる(上昇する)か、安値になる(下降する)と考えるかによって決まります。簡単に言えば、トレーダーが通貨が評価されると考えている場合は、その通貨を「ロング」にし、トレーダーが通貨が下落すると考えている場合は、その通貨を「ショート」にするということです。

取引におけるFXのロングポジションとショートポジションの詳細と、それらを使用するタイミングについての情報について読み進めてください。

FXのポジションとは?

FXポジションとは、他の通貨に対する通貨の動きにより価格変動のリスクにさらされる資産を個人または団体が所有する通貨の量のことです。ポジションは、ロングかショートになります。FXのポジションには3つの特徴があります:

  1. 通貨ペア
  2. 方向 (ロングまたはショート)
  3. サイズ

トレーダーは、異なる通貨ペアでポジションを取ることができます。 通貨の上昇を期待する場合は、ロングになります。取るポジションの大きさは、口座の資本金と証拠金の要件に依存します。トレーダーはFXで適切なレバレッジを使用することが重要です。

FXのロング・ショートポジションを持つとはどういうことなのか?

FXのロングまたはショートポジションを持つことは、FX通貨ペアの価値が上がるか下がるかに賭けることを意味します。  ロングまたはショートを行うことは、FX市場に参加する上で最も重要な要素です。トレーダーがロングになると、資産が高く評価されることを期待して、資産の投資残高がプラスになります。

ショートした時は、資産が減価して将来的には安く買い戻せるという期待を込めて、投資残高がマイナスになります。

新しいトレーダーが知っておくべきこと

外貨を取引するには、通貨ペアを売買することになります。 すべての通貨ペアには、ベース通貨とクオート通貨があります。ペアは通常このように表示されます:USDJPY = 100.00. ここでは、USドル(USD)がベース通貨、日本円(JPY)がクオート通貨となります。  この相場は$1が100円に相当するレートを示しています。

すべての通貨取引にはペアが含まれているため、取引を行う際には、常に一方の通貨ではロング、もう一方の通貨ではショートを同時に行うことになります。通貨をロングするということは、ベース通貨がクオート通貨に対して強まることに賭けていることを意味します。上記の例では、将来的にドルが100円以上になることを賭けていることになります

つまり、この通貨ペアのロングトレードでは、ドルを買っていることになり、同時に円をショートしていることになります。事実上、株を売って株を空売りするのと同じように、円を売っていることになります。

FXのロングポジションとは何か、取引するタイミングは?

ロングポジションとは、トレーダーが上げ相場になることを期待して約定した取引のことです。 たとえば、トレーダーが買い注文を実行すると、USDJPYのようなベース通貨のロングポジションを持つ事になります。USドルが日本円に対して上昇する事を期待しています。

例えば、USDJPYを2ロット購入したトレーダーは、USDJPYで2ロットのロングポジションを持っています。 原資産はUSD/JPYで、方向性はロング、サイズは2ロットです。

トレーダーは買いのシグナルを探し、ロングポジションにエントリーします。FXインジケーターはトレーダーが市場に参入するための売買シグナルを探すために使用されます。

買いシグナルの例として、通貨がサポートレベルまで落ちた時です。下のチャートでは、USDJPYは110.274に下落しますが、そのレベルで複数回サポートされています。 この110.274はサポートレベルになり、価格がそのレベルに下がった時に、トレーダーに買いシグナルを提供しています。

FX市場の利点は、実質的に24時間5営業日で取引されていることです。(ここでベストなFX取引時間を参照してください)トレーダーは、より多くの流動性があるため、ニューヨークのセッション、ロンドンのセッション、時にはシドニーや東京のセッションのような主要な取引セッションの間に取引することを好みます。

FXのショートポジションとは何か、取引するタイミングは?

FXのショートポジションは、基本的にはロングポジションの反対のものです。 トレーダーがショートポジションを持つと、ベース通貨の価格が下落(下降)することを期待します。 通貨のショートとは、将来的に価格が下がることを期待してベース通貨を売ることを意味し、トレーダーは後に同じ通貨を低価格で買い戻すことができます。

高く売り、安く買い戻す事で利益になります。 実践的な例を挙げると、トレーダーがUSDJPYをショートした場合、USドルを売って日本円を買っていることになります。

トレーダーは、FXのショートポジションのエントリーの為に売りシグナルを探しています。一般的な売りシグナルは、ベース通貨の価格がレジスタンスレベルに達したときです。 レジスタンスレベルとは、更に上にブレイクする為に苦戦している価格帯のことです。 下のチャートでは、USDJPYは114.486まで上昇し、さらに上昇するのに苦戦しています。このレベルがレジスタンスレベルとなり、価格が114.486に達したときにトレーダーに売りシグナルを提供しています。

トレーダーの中には、主要な取引セッションの間だけ取引を行うことを好む人もいますが、機会があれば、トレーダーは事実上、外国為替市場が開いている時間帯であればいつでも取引することができます。

なぜFXでロング・ショートをするのか?

トレーダーがロングでエントリーするいくつかの理由は、テクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルズからも来ています。

ファンダメンタルズ分析では、通貨に関連する経済ニュースを見ることになります。例えば、FXニュースが発表され、予想を上回ったり、サプライズがあった場合、経済が多くの人の予想よりもうまくいっていることを示しており、その通貨には上昇の余地があることを示しています。したがって、それは通貨を買う、ロングする価値がある事になります。

FXトレーダーが通貨ペアをロングにするもう一つの理由は、中央銀行が金融引き締めの計画を発表した場合で、歴史的に通貨価値が上昇する傾向があります。

テクニカル的にロングする理由としては、通貨価格が一定の価格水準のレジスタンスや価格の上限を突破したことがよく挙げられます。 これは、通貨の値動きに驚くほどの強さがあることを示しており、新たな市場の不均衡が生じて強いトレンドに転じる可能性があることを示していると考えられます。また、トレーダーは、通貨価格が明確に定義されたサポートレベルまたは底値だと思われているところまで下がると、ロングする傾向があります。

トレンドの加速を監視するトレンドフォローのトレーダーは、多くの場合、トレードポジションに長く留まり、トレンドが終了するまでそのトレードに留まることを望みます。

反対の流れが起こった場合、トレーダーはショートでエントリーします。

最初のポジションを持ってみましょう

FXの取引を始めると決めたら、FX口座を開設するためのFX会社を選択したいと思います。投資スタイルに応じ、初心者と上級者別の推奨FX会社を確認してみて下さい。

いくらからFXを開始することができるのか、次の疑問になるかもしれません。多くの企業やアドバイザーは、FX口座を開設するための最低資金を必要としないことが多く、手数料も無しかわずかなはずです。

FX口座業者を比較する際には、FX口座比較ガイドで詳細をご利用ください。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles