Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

2021年度 FX会社の選び方

どのような業者を評価する場合もそうですが、信頼できるFX会社を見つけるためには 。。あなたがFX初心者またはベテランのデイトレーダー であろうとじっくりと調べる必要があります。あなたのニーズに合わせたおすすめのFX会社をみつけるために次の4つのステップに進みましょう。

FX会社とは何かどのように成り立っているのか

FX会社は、外国為替市場またはFXと小売およびプロのFXトレーダーをつなぐ存在です。FX市場は、銀行間で取引されていますが、これは別の言い方をすれば“インターバンク”で取引されており、様々な価格で銀行同士が電子的に取引されています。

FX会社は、銀行のネットワークを利用して通貨ペアを購入し、簡単で費用対効果の高い方法で保有する方法を提供しています。FX会社がある以前は、外貨を取引したい人は、多額の資金と、外貨を購入するための銀行との特別な関係が必要でした。

FX会社は、あなたが取引をするときに一部を取ることで利益を上げています。ペア内の2つの通貨変動は、FXピップスで表示されます。  取引を行う際には、実際に取引を市場に出す前に、FX会社から数ピップスの手数料を請求されます。市場はEURUSDの買いとして1.2100 で取引をしている場合、エントリーすると、FX会社が1.2102で提示するかもしれません。 すぐに取引を終了すると、FX会社は“市場価格”とあなたが支払った価格差の利益を回収します。これをFXスプレッドと言います。

なぜFX会社がこんな小さな事を選んで儲けようとするのか不思議に思うかもしれません。 簡単な答えは、ほとんどの人は取引している間に数ピップスの差については気にしていないということです。これにより手数料は“透明性”があるように感じます。 FX会社が儲ける方法は、FXのレバレッジを利用できるようにすることです。レバレッジを利用すると、自分の口座の資金よりも大きな金額を市場でコントロールすることができます。25倍で取引する場合、 $4.000の口座資金で$100.000 をコントロールすることができます。これは利益(または損失)を得るチャンスを増やすだけでなく、各ピップの価値が大幅に高くなり、支払うスプレッドがより多くの収入になります…そしてFX会社は幸せです。

あなたが利益を得ようが損しようと、FX会社は“市場価格”とあなたが支払った価格差により常に利益となります。  FX会社の主な仕事は、顧客が簡単にFXを始められ、その過程でお金を稼ぐことができるようにすることです。多くのFX会社は、FXとは何か、それはどのように機能するのかについて少し学ぶ機会を与え、手助けします。にも役立ちます。日本にはおすすめのFX会社がたくさんあり、大手もあれば中小もありますが、どれも似たような働きをしています。 日本の金融市場で営業しているあらゆる種類の金融会社を規制・監督する政府の管理下にある金融庁によって規制されていることは言うまでもありません。推奨されないFX会社は、海外のFX会社です。海外のFX会社の口座は金融庁が推奨していません。

FX口座を開設しようと思ったら、まずはこれらのおすすめFX会社のリストから始めてみましょう。時間をかけて、興味のあるFX会社ごとにFXデモトレード口座を開設し、しばらく試してみてください。 FX取引を継続的に行う場合は、信頼性の高いFX会社が必要です。

検索を簡単に行うために、以下のようなご案内をしています:

ステップ1:取引スタイルを考える

あなたの希望するFX手法は、あなたにとって最もおすすめのFX会社を決定するのに役立ちます。一般的に様々な取引方法を区別しているのは、ポジションを保有している時間、取引頻度、取引のエントリーと決済をどのようにタイミングをとっているかです。

比較的取引頻度の低い長期保有のFXトレーダーの場合は、幅広い資産、スワップが優良、優れた情報や教育的サービスを提供しているFX会社を選択するとよいでしょう。頻繁に取引しないのでスプレッドが狭い会社を優先的に考慮する必要はありません。

一方、非常にアクティブな短期保有のFXトレーダーは、スプレッド幅の取引にはるかに敏感です。 また、ストップロス注文を頻繁にしようすることを計画している場合、注文のスリッページはアクティブなトレーダーとしての収益に大きな違いをもたらす可能性があります。その問題を防ぐために、注文の約定が保証されているFX会社を選択してください。

もう一つの取引スタイルの要因は、マイナスのバランス保護を持つFX会社を選択することを含む可能性があります。自分の口座をリスクにさらすつもりなら、取引ポジションが急に不利になった場合にマイナスバランスで借金を背負わされるような状況は避けましょう。

最も一般的な取引スタイルは以下の通りです。

  • スキャルピング この短期で、アクティブな取引スタイルは、素早く市場に参加し、エントリーと決済をし、小さな利益を取ります。スキャルパーは、スプレッドが狭く、早く約定し、スリッページが少ないFX会社を選ぶ必要があります。
  • デイトレード このデイトレードスタイルは、取引日が終わるまでに全てのポジションを終了する必要があります。デイトレーダーは、狭いスプレッドを提供するFX会社から恩恵を受けています。持ち越さない為、スワップを気にする必要はありません。
  • スイングトレード このモメンタムベースの取引スタイルは、数日保有か1日で決済するかに関わらず、安値で買い高値で売る、または高値で売り安値で買い戻します。スイングトレーダーは、必ずしも可能な限り狭いスプレッドのFX会社を選ぶ必要はありません。
  • ニューストレード ファンダメンタル主体の取引スタイルは、通常、ニュースが発表された時のボラティリティを利用することを含みます。ニュースを主体にしたポジションは、ニュース発表前または直後にポジションを取ります。注文のスリッページがそのような時に問題になることがあるので、注文レベルを保証するFX会社は、ニューストレーダーにとって有益になります。ツール内で最高品質なリアルタイムニュースを提供するFX会社の恩恵を受けることができます。代替手段として、推奨されたFX経済指標カレンダーをご活用下さい
  • ポジショントレード このスタイルでは、為替市場での長期的な方向性の動きを利用し、大きな利益を得ることができます。トレンドフォロワーは、蓄積された利益を守るためにトレーリングストップを使用を好みます。 スプレッドは、このタイプのトレーダーにとっては、エントリーと決済の回数が少ない為、問題になることはほとんどありません。
  • キャリートレード 高利回りの通貨をロング、低利回りの通貨をショートすることで、2つの通貨の金利差を得る長期取引スタイルです。この取引スタイルは、スプレッドにはあまり敏感ではありませんが、魅力的なロールオーバーやFXスワップポイントが必要となります。
  • コピートレード このサービスは、金融市場のトレーダーが、選択した投資家が開いたポジションを自動的にコピーし、管理することを可能にするもので、通常はソーシャルトレーディングネットワークの制御で行われます。低管理手数料、低成功報酬、およびFX会社と資産管理者が請求できる他のFX手数料を確認してください。

ステップ2 必要な機能をリストアップする

オンライン証券会社のサービスを提供する企業は、提供されりサービスの概要は、全ての外国為替会社が同等ではないことを確認させるでしょう。

パートナーになるFX会社は、証拠金を安全に預ける場所を提供し、希望する取引スタイルに合わせて必要なサービスを提供しているかどうか確認して下さい。

  • 会社の種類、手数料とスプレッド マーケットメイカーの業者は、スプレッドが広く、手数料がかからない傾向にあり、ECN業者はスプレッドが非常に狭く、手数料がかかる傾向にあります。
  • 規制監督 預金の安全性を確保し、公平に扱われるようにするためには、主要な規制機関によって監督される必要があります。
  • ウェブサイトとカスタマーサービス  ウェブサイトが希望の言語で利用可能であり、カスタマーサービスが必要とするサポートを提供していることを確認して下さい。
  • 市場分析と学習教材 あなたが初心者のトレーダーであれば、FX会社から良質な教材を得ることは非常に価値があります。
  • オンラインFXアプリ FX会社のツールを調べて、簡単に使用できるか、全ての要件を満たしているかどうか確認して下さい。人気のメタトレーダー4または メタトレーダー5のプラットフォームを探してみてはいかがでしょうか。

ステップ3 予算を考える

取引の重要な側面であり、FX会社を選ぶ際には、予算を考慮に入れて選ぶ必要があります。

例えば、FX会社が請求するスプレッド、手数料などが自分の好みの取引スタイルに適しているかどうかを確認して下さい。よりアクティブなトレーダーは、、FX会社の比較を行い、時間の経過とともに合計して収益に悪影響を与える可能性があるよりも、取引コストが低いものを選択することをお薦めします。

さらに、あなたが最も取引したい、選択する予定のFX会社の最低FX証拠金要件を満たすのに十分な資金を持っていることを確認してください。 各FX会社の最低預金額を確認し、その金額の予算を立てるか、別のFX会社を選択できるようにします。

FX会社によっては、少額の資金で口座を開設することができ、時には$100ドル以下の最低資金で開設できる場合もあります。その他、最低$1,000の入金を必要とする場合もあります。

ステップ4 FX会社を選択する

あなたのニーズに最適なFX会社を選択したら、そのFX会社の公式ウェブサイトから、オンラインフォームに記入して開始します。すべてのFX会社は、FX口座を開設して最初の証拠金を受け入れる前に、本人確認と所在地確認を行います。

このステップを完了すると、 実際の取引を開始するまでに数日かかることがあります。その間に、デモ口座を開設し、まだ操作する方法を知らない場合は、FX会社の取引ツールをダウンロードし、実際に使ってみましょう。使用してfxを開始します。また、スマートフォンやタブレットにFX会社のモバイル取引アプリをインストールしておくと良いでしょう。

>> ここではFX会社の比較をしています。

最後に

推奨されたFX会社を選ぶのは比較的に簡単で、多くの選択技が用意されています。推奨されるFX会社を決めたら、直接FX会社に口座開設を申し込んで下さい。

グッドラック!

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles