木曜日, 12月 1, 2022
Forex Trading MasterClass

FX取引時間 ベストなFXの市場時間

最適なFX取引時間またはベストなFX時間 は、スプレッド(BIDとASKの価格の違い) が狭くなる傾向にある最もアクティブなレベルになるときです。この状況下では、通貨取引を容易にするマーケットメーカーに行く資金が減り、売り買いを行う投資家の個人的な資金が増えることになります。

FX取引時間

FXの取引は、週5.5日、1日24時間稼働しています。東部標準時(EST)日曜日の午後、またはグリニッジ標準時(GMT)の日曜日の夜にアジアから始まり、下記のFXタイムゾーンに示すように、米国での取引が終了するまで毎日進行します。

  • ニュージーランド 4:00〜13:00
  • シドニー 7:00〜16:00
  • 東京 9:00〜18:00
  • フランクフルト、ドイツ、主要な欧州市場 16:00〜23:00.
  • ロンドン 17:00〜2:00 ロンドンは、FXの取引高が最大
  • ニューヨーク 22:00〜7:00 ニューヨークは、2番目に大きい為替市場

驚くことではないですが、ロンドンとニューヨークがオープンしている時間帯に最大の流動性があります。以下の画像は、FXのタイムゾーンを表にしています。

Fx Time Zone Source: http://www.forexmarkethours.com/markethours.php

3つの主要なFXセッション

毎日3つの主要なセッションがあります:アジア、ロンドン/ヨーロッパ、米国です。取引するのに最適なタイミングは2つのセッションが重なっている時間帯なので、これらのタイミングは重要です。流動性の増加する時間帯は、最も公正な価格が得られるという事になります。

これらは:

流動性がある2つのFXの時間:14:00〜16:00はアジアとヨーロッパのトップセッションを組み合わせています。最も流動性の高い時間帯は21:00〜24:00で、最も流動性の高い欧州市場と米国市場を合わせた時間帯です。

  • アジア: 比較的静かで、流動性が低い。ただし、主要な金融イベントがあり、アジア市場が反応した場合は、円が大幅に取引される時がある。東京が中心。
  • ヨーロッパ/ロンドン: 取引量が最も多い。取引主要通貨はUSドル、ユーロ、ポンドです。ロンドンを中心とし、為替市場の中心となっている。
  • 米国: 2番目の取引量。取引主要通貨は、USドル、ユーロ、円、ポンドとオーストラリアドルです。ニューヨークが中心ですが、ボストン、フィラデルフィア、シカゴも含まれています。

ロンドンと米国のセッションが重なる流動性が一番高い時間が取引するのに最適な時間と言えるでしょう。通常、参加者が最も多い為、価格変動も大きく、取引しやすい時間です。 各通貨はローカルタイムの時間帯で一番取引される事を忘れないでください。ただし、一番取引されるのは最も流動性があるロンドンとニューヨークのセッションです。

市場は互いに追従する傾向がある

外国為替市場だけでなく、全ての金融市場は、一つ前のセッションを引き継ぐ傾向にあります。

例えば:

  • 米国市場が強気またはリスク選考をしている場合、アジア市場も同じようにオープンし、米国市場がニュースや感情を織り込むまで同じ流れが継続します。
  • アジア市場が強気、または弱気でクローズした場合、ロンドンを中心としたヨーロッパ市場は同じように反応しオープンします。
  • 米国市場がオープンする時、ヨーロッパが継続して上昇している場合、米国市場がより上昇することが期待されます。

同様に、ひとつ前のセッションの動きに逆行した場合、次のセッションが同じ方向にオープンする可能性が高くなります。

何が継続を止めるのか?

当然のことながら、市場は毎日のように同じ方向に動くわけではありません。セッションからセッションへの継続の流れを崩すものは何でしょう?

市場の方向性を変える最も一般的な2つの要因は次の通りです:

  1. ニュース、または市場がどのように反応するか: 重大なニュースやレポートは市場の流れを変える傾向があります。例えば、米国が強気でクローズしたとしても、アジアセッションでアジア最大の中国の経済が減速するような弱気なニュースが流れた場合、下落する傾向があります。

その他、米国市場で重大な指標(失業率や非農業部門雇用者数) が金曜日の遅い時間にある場合、市場は週末を前に織り込むまでの時間が少ないため、翌週のアジアセッションが始まるまで最終的に織り込まない場合もあります。

  1. テクニカルレベル: ニュースが価格に既に織り込み済の場合、テクニカルサポートやレジスタンスが要因で前のセッションからの流れを止めることもあります。言い換えれば、テクニカルサポートやレジスタンスまで伸びたり、戻しが起こると、更に継続して伸びていくようなニュースが出ない限り、価格はそこにとどまる傾向があります。ニュースが価格に織り込まれ済の場合は、価格変動は停滞し、レンジになるか、利益確定の売りなどで下落する事もあります。

前のセッションが最も影響力があるとういうことを覚えておきましょう。

米国で需要なニュースが流れた場合、既にアジア市場がクローズしている為、遅れて反応する事があります。また、米国の重要指標がアジア市場がどのようにオープンするかのヒントにもなります。ヨーロッパセッションは、米国の早い時間に発表されたニュースには反応しますが、遅い時間のニュースは市場が終わっている為、オープンはアジアで起こったことに反応します。

例えば、米国で良いニュースが流れて、アジアでは悪いニュースがありました。ヨーロッパのオープンは、トレーダーが両方のニュースからどのように反応するかが出ます。同様に、米国のオープンは、アジアとヨーロッパ両方のニュースを考慮する傾向があります。

要するに、短期的な動きは、最後に取引を終えた地域、ニュースに影響され、そのニュースが正当化されれば次のテクニカルレベルに動きます。先に述べたように、大口投資家(大口投機家、外国籍事業に出資する商業トレーダー)からの短期的な資金フローも短期的な価格変動を起こします。

USDJPYのデイトレードに最適な時間帯

USドル/日本円(USDJPY)の取引は、スプレッドや手数料のコストを上回る利益を生み出すのに十分なボラティリティがあるため、デイトレードでも許容できる時間帯があります。  しかし、最高のデイトレーダーは、取引に「許容できるFX時間」だけを求めているわけではありません;彼らは1日の中でFXでベスト時間なに取引したいと思っています。—最も利益がでるときです。 効率的に、日中の最大の動きをつかむために、デイトレーダーは、その日の特定の時間にのみ焦点を当てる必要があります。

USDJPYをトレードするのに避けるべき時間

1時間ごとのボラティリティチャートは、USDJPYペアが1日のうちの1時間ごとに何ピップス動いたかを示しています。

ボラティリティが著しく低下する期間がありますが、価格変動活動は1日を通して比較的安定しています。 ボラティリティが低い時間帯のデイトレードは避けてください。その時に取引をすると、スプレッドや手数料を補うために必要なピップが補えない可能性があります。

このペアの取引は、7時から9時の東京オープンまで抑制されるため、デイトレードには向いていません。 東京が終わり、ロンドンがオープンする前に、14:00〜16:00の間に再びボラティリティが低下していることがわかります。この時間も取引を避けるべきでしょう。

1日の平均ボラティリティは時間の経過とともに変化しますが、ボラティリティが最も低い時間帯は一般的には変化しません。 一日の時間帯でボラティリティが異常に低いか高いかをチェックして、Mataf のボラティリティ統計を見てください。通貨ペアをクリックすると、最新のFXチャートが表示されます。

FXペアが1日に何ピップスで動いているかを確認するには、日足チャートにアベレージトゥルーレンジ(ATR)インジケーターを適用します。 ATRを15に設定すると、過去15日間の日足平均のボラティリティを表示します。

USDJPYのデイトレードに理想的な時間帯

可能であれば、USDJPYのデイトレードは、21:00〜24:00が適しています。ロンドンとニューヨークがオープンしている時間です。東京が開いていないにもかかわらず、この3時間は、通常、その日の最大の値動きを示しています。(ボラティリティーは、1時までの4時間、さらに1時間、高値を維持することもあります。)これは、より大きな利益の可能性を意味し、スプレッドもまた、このFX市場の時間帯に最も狭くなっています。

FXの取引時間についてのまとめ

東京、ロンドンまたはニューヨークが祝日で休みで、他の2つが開いていた場合は、その地域の市場が再開されたときに追いつきセッションが行われると予想されます。例えば、金曜日のFX取引時間帯(週の最終取引日の最終セッション中)に米国の月次雇用統計が改善を強く示し、大幅高で引けた場合、アジアは翌週の初め月曜日にそのニュースに反応し強くオープンすることが期待できます。

  • 3大マーケットの取引時間内に集中的に取引を行うことができます:ロンドン、ニューヨーク、東京
  • 市場が最もアクティブになるのは、それぞれの3つの市場がオープンする時です。
  • 21:00から24:00の間の取引は、USDJPYの取引効率を最大化します。
  • 最もアクティブなFX市場の時間帯は、2つ以上の市場が同時にオープンしている時です。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles