Saturday, November 27, 2021
Forex Trading MasterClass

初のビットコインETFが取引開始:ポートフォリオに加える前に知っておくべきこと

仮想通貨の取引に慣れていない場合、仮想通貨取引所に抵抗があるかもしれません。最初のビットコインETFが提供開始され、ポートフォリオにビットコインのエクスポージャーを加えることができるようになりました。

投資の世界で最もホットな2つの分野が、遅かれ早かれ出会うことは必然でした。仮想通貨の愛好家や、上場投資信託(ETF)の人気が高まっていることを利用しようとしている投資家にとって、ビットコインのETFが登場する可能性は、この種のつながりの中では最高の機会でした。しかし実際、最初のビットコインETFを立ち上げようとする際には、成長の痛みや問題がありました。

その理由は、時価総額で世界最大の仮想通貨であるビットコインが、いまだにほとんど規制されていないからです。さらに、米国証券取引委員会(SEC)は、新しく仮想通貨市場に焦点を当てたETFを一般に公開することを躊躇していました。

  • 10月19日(火)、米国初のビットコイン先物上場ファンドがローンチし、仮想通貨業界にとって画期的な出来事となりました。
  • ビットコインETFは、デジタル通貨の価格を模したもので、投資家はビットコインそのものを取引することなくETFを購入することができます。
  • ビットコインETFに投資することで、仮想通貨の投資家に求められる複雑な保管方法やセキュリティ手続きの問題が解消されます。
  • このProShares ETFは、ビットコインそのものではなく、ビットコインの先物契約(後で合意した価格で資産を売買する契約)へのエクスポージャーを提供します。
  • この新しい資産には強い需要がありますが、ファイナンシャル・アドバイザーは、ビットコイン先物ETFをポートフォリオに加える前に注意を促しています。


>> ビットコインの買い方

ビットコインETFの仕組みとは

ビットコインETFの潜在的なメリットとリスクを見ていく前に、一歩戻って、ビットコインETFとは何か、その仕組みについて説明します。ETFとは、特定の資産または資産グループのパフォーマンスを追跡する投資手段です。ETFは、投資家が実際に資産そのものを所有することなく、投資を多様化することを可能にします。

ETFは、損益だけを重視したい個人投資家にとって、個々の資産を売買するよりもシンプルな方法です。また、伝統的なETFの多くは、サステナビリティ(持続可能性)に焦点を当てた銘柄や、ゲーム業界やその関連企業を代表する銘柄など、共通点のある銘柄を対象としているため、投資家は簡単に分散投資を行うことができます。

ビットコインETFは、世界で最も人気のあるデジタル通貨の価格を模倣したETFです。これにより、投資家は、ビットコインを購入するという複雑なプロセスを経ることなく、通貨を購入することができます。さらに、ETFの保有者は、ビットコインそのものに直接投資するわけではないので、仮想通貨の投資家に求められる複雑な保管やセキュリティの手続きを心配する必要もありません。

ETFとは何か?

プロシェアーズ ビットコイン・ストラテジー ETF

2021年10月19日、プロシェアーズ ビットコイン・ストラテジー ETFの取引が開始され、ビットコイン関連のETFとしては初の試みとなりました。BITOというティッカーで取引されるこのファンドは、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で取引される先物契約を通じてビットコイン(BTCUSD)の価格を追跡します。

このファンドは、成長中のアセットクラスへのアクセスを提供し、投資家がBTCを空売りすることを可能にしますが、プロシェアーズ 社のETFは、ファンドがスポット価格に直接結びつかず、代わりにビットコインの将来の価格を追跡するという点で、前述のいくつかの提案されているビットコインETFとは異なります。

つまり、ビットコインの先物契約に基づくBITOのようなファンドのリターンは、ビットコインのスポット価格とは大きく異なる可能性があるのです。コンタンゴと呼ばれる、長期の先物契約が短期の契約に比べて価格が高くなる状況は、ビットコインのような変動の激しい資産の価格を追跡するファンドに損失をもたらす可能性があります。

>> 先物取引とその仕組みについて

ビットコインETFの投資家が知っておくべきこと

金融専門家によると、ビットコイン先物ETFに資金を投入する前に、投資家が考慮すべき点がいくつかあるといいます。

このファンドは、ビットコインと「非常に高い相関性」を持っていますが、将来の契約価格を追跡するため、デジタル通貨の価値を反映するものではありません。

さらに、個々の資産よりもファンドを所有する方がコストがかかります。しかし、投資家の中には、自分で通貨を運用するよりもをETFの利便性を選ぶ人がいるのも事実です。

アドバイザーの中には、デジタル通貨を投機的な資産と見なし、先物契約の価格に賭けることは予測不可能で、  ビットコインの価値は、「不安定で予測不可能な市場参加者のグループ」の需要と供給の要因によるものであり、投資ポートフォリオとしては不適切であると指摘する人もいます。

しかし、資産に余裕があり、ビットコイン先物に投資するだけの「お楽しみ資金」がある場合は、最低限の投資として、否定しないアドバイザーもいます。

ビットコインに投資するには

もしビットコインETFが単に仮想通貨そのものの価格を反映しているだけなら、なぜわざわざ中間業者を介する必要があるのでしょうか?直接ビットコインに投資すればいいのでは?そこにはいくつかの理由があります。まず、上述したように、投資家はビットコインやその他の仮想通貨を保有する際のセキュリティ手続きに煩わされることがありません。さらに、仮想通貨の取引所を利用する必要もなく、投資家は従来の取引所や市場でETFを売買することができます。

>> おすすめの仮想通貨取引所

ビットコインそのものではなく、ビットコインETFに注目することには、もうひとつ決定的なメリットがあります。ETFは投資ビークル(自分のお金を投資できるものすべて)の1つなので、投資家はビットコインの価格が将来的に下がると思えば、ETFの株を空売りをして儲かることができます。これは、従来の仮想通貨市場ではできないことです。

ビットコインETFは、原資産の価格が下がると判断した場合に空売りができますが、これはビットコインそのものに投資する場合にはないメリットです。

最も重要なことは、デジタルコインやトークンの人気が高まっているにもかかわらず、ETFは仮想通貨よりもはるかに投資の世界で理解されているということです。デジタル通貨に参入しようとする投資家は、一見複雑に見えるものの裏表を学ぶ必要はなく、すでに理解しているため取引することに集中できます。

>> 仮想通貨の始め方

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles