木曜日, 9月 29, 2022
Forex Trading MasterClass

ビットコイン価格予測2025年:ビットコインは今後暴落するのか、それとも10万ドルに達するのか?

現在、フィンテック分野の専門家50人による投票では、ビットコインの価値は2025年までに249,578ドルになると予測されていますが、これは現在の約4倍にあたります。また、2030年には、1枚のコインの価値が5,237,082ドルになると考えています。他の有名投資家は、ビットコインが将来的に暴落してゼロになると予想しています。では、今後のビットコインはどうなるのでしょうか?

ここでは、最新のビットコインの将来の価格予測を、そのファンダメンタルズとキーとなる要素の詳細な分析とともに紹介します。

ビットコインの未来

匿名のクリエイター、サトシ・ナカモトが最初のビットコイン(BTC)ブロックを採掘してから10年以上が経過しました。時価総額で世界最大の仮想通貨であるビットコインは、世界の金融システムの中で地位を確立する中で、何度も好況と不況を繰り返してきました。また、デジタル通貨を取り巻く物語も、規制されていないデジタルマネーやピアツーピアの決済ネットワークから、インフレヘッジや価値の保存に至るまで、進化してきました。

今年は、BTCを法定通貨として採用した最初の国が誕生しました。エルサルバドルは9月7日、ビットコインを米ドルと並ぶ国家通貨として導入しました。

ビットコインは当初、急激に大きなリターンを得られる可能性のある変動性の高い資産として個人投資家の心を捉えました。機関投資家も当初は懐疑的でしたが、現在では一部の機関投資家が別の見方をしています。

ゴールドマン・サックスのレポートが2021年の初めに指摘したように、”ビットコインは今や投資可能な資産とみなされている”。

>> ビットコインの始め方(ビットコインの買い方)を知る

多くのコメンテーターやアナリストは、ビットコインの価格が上昇すると予想しています。ここでは、最も注目されている強気の要因を簡単に振り返ってから、10年半ばまでの価格予測と潜在的な落とし穴を考えてみましょう。

マクロ経済の悪化から抜け出したビットコイン

ビットコインは、世界的な金融危機の際に企業が無制限に救済されたことを受けて誕生しました。この仮想通貨は、中央銀行による継続的なマネープリントに対抗するために設計されました。

その重要性は増すばかりです。Covid-19のパンデミックに対応するため、世界中の政府は経済を支えるために多くの財政措置を導入し、多額の赤字とインフレの上昇を招いています。中央銀行は、大量の紙幣を印刷しているのです。世界的な金融刺激策とゼロに近い金利は、不換紙幣の希少性をさらに悪化させています。

それに比べて、、ビットコインなどの資産は本来、希少価値があります。ビットコインの供給量は年率2.5%前後で増加していますが、ブロックを検証するマイナーへの報酬やブロックチェーンが4年ごとに半減するなど、デフレ傾向にあります。供給量の上限は、2021年9月時点で2100万コインであり、そのうち1880万コインがすでに流通しています。

ビットコインは、「デジタルゴールド」としての地位を確立した最初の仮想通貨であり、ブロックチェーンの採用とセキュリティに不可欠な強力なネットワークを持っています。暗号空間で多くの革新があったにもかかわらず、ビットコインのブロックチェーンが最も安全である理由は、世界中のデバイスの膨大なネットワークがあるからです。

ビットコインの半減サイクルは、新しいコインの供給量が減ることにより、価格の上昇を助けるため、短中期的な価格のカタリストとして作用する傾向があります。2020年5月に行われた直近の半減期は、これまでのサイクルの価格動向を受けて、価格上昇を支えました。歴史的に見ても、半減期の後の12~18ヶ月間に最も多くの上昇が見られます。

BTCネットワークが成長し、資産クラスが成熟するにつれ、各半減サイクルが価格に与える影響は小さくなります。

ビットコインの主な価格変動要因

BTCの希少性とそのネットワークの安全性は、ビットコインの強味となっています。ビットコインの将来の価格予測に移る前に理解しておくべき、他の主要な価格変動要因には以下のものがあります。

  • 個人投資家のセンチメント
  • 機関投資家の関心
  • 仮想通貨の導入
  • 政府規制
  • 金融政策
  • 投資家のレバレッジ
  • ビットコインの採掘コスト
  • ブロック報酬サイズ
  • ソーシャルメディア・インフルエンサー

機関投資家・企業投資家

機関投資家の資金には、ヘッジファンド、年金基金、ファミリーオフィス、富裕層、企業の財務部門などがあります。

ビットコインはまだ比較的小さな資産クラスです。そのため、多くの機関投資家が市場に有意義に参加するには、流動性がまだ不十分です。例えば、世界の中央銀行は2021年第2四半期に1.65兆ドル以上の金準備を保有しており、BTCに多額の資金を割り当てることは難しいでしょう。

しかし、ヘッジファンドや投資銀行は、ビットコインへのエクスポージャーを増やしています。

2021年3月、モルガン・スタンレーは、米国の大手投資機関として初めて、世界中の顧客にビットコインファンドへのアクセスを提供し始めました。

また、スタンダードチャータード、BNYメロン、シティグループ、UBSグループ、BNPパリバなど、世界最大の投資銀行が、さまざまなブロックチェーンプロジェクトの資金調達ラウンドに数百万ドルを投資しています。Blockdataがまとめた統計によると、運用資産に基づく大手銀行100行のうち、55行が仮想通貨やブロックチェーン開発者に投資しています。

2021年10月12日、投資家が米国初のビットコイン先物上場ファンドの取引を開始し、他のETFのローンチを上回り、数日後にはビットコイン先物に特化した別のETFが続くなど、仮想通貨にとって画期的な出来事がありました。

これらのファンドは、ビットコインに直接投資するのではなく、ビットコインの先物契約、つまり事前に合意された価格でビットコインを売買する契約に投資するのです。

この新商品は、仮想通貨取引所の手間やセキュリティ上の懸念を回避し、通常の投資口座での取引を可能にします。

>> 初のビットコインETFが取引開始。投資前に知っておくべきこと

ビットコインの価格予測2025:どこに向かうのか?

ほとんどのアナリストや投資家はBTCに強気です。2025年のビットコイン予測は、信憑性が低いこともあって、7桁になることが多いといえます。

マーク・キューバン、マイク・ノボグラッツ、レイ・ダリオ、ティム・ドレイパーといった億万長者のヘッジファンドやベンチャーキャピタルの投資家は、いずれもビットコインをポートフォリオに加えています。ドレイパーは2021年6月、CNBCに対し、ビットコインが2022年末から2023年初めまでに25万ドルに達すると予想しました。

スタンダード・チャータードは、将来のビットコインの価値を5万ドルから17万5,000ドルと見積もって、仮想通貨のカバレッジを開始しました。一方、デジタル資産投資ファンド「Morgan Creek Digital」のパートナーであるジェーソン。ウィリアムズ氏は、ビットコインの長期的な見通しとして、希少性や企業の財務部門からの配分の増加を背景に、数年後には少なくとも100万ドルになると予想しています。

機械学習アルゴリズムを用いた仮想通貨予測サイトの予測では、BTC価格が10万ドルを超える可能性があるという点で一致しています。予測は、2025年のビットコイン予測の平均値であるDigitalCoinの133,111ドルから、Price Predictionの207,069ドルまで多岐にわたります。

これは、2025年までにBTC価格が、現在の史上最高値である64,000ドルを超えても、かなりのリターンがあることを示唆しています。

仮想通貨市場は非常に変動が激しいため、数時間後のコインの価格を正確に予測することは難しく、長期的な予測をすることはさらに難しいということを念頭に置いておく必要があります。そのため、アナリストやオンラインのビットコイン予測サイトが予測を誤ることもあります。

ビットコインの投資を決定する際には、必ずご自身で調査を行い、最新の市場動向やニュース、テクニカル分析やファンダメンタル分析、専門家の意見などを考慮することをお勧めします。また、失う可能性のある金額以上の投資は決して行わないでください。

もう1つの意見:ビットコインは将来的にクラッシュするのか?

強気の投資家やオブザーバーが最も声高に主張する一方で、仮想通貨には固有の価値がなく、ビットコインは将来的に崩壊する可能性があると考える人もいます。

2008年の金融危機を予測したヘッジファンドマネージャーである億万長者の投資家ジョン・ポールソンは、2021年8月のBloomberg Wealthのインタビューで、「高揚感が薄れ、流動性が枯渇すれば、仮想通貨はゼロになると思う」と語っています。

「仮想通貨は、現在どこで取引されているかにかかわらず、最終的には価値がないことが証明されます。高揚感がなくなったり、流動性がなくなったりすると、ゼロになってしまうでしょう。私は仮想通貨への投資を誰にも勧めません。」

ベテラン投資家でMagellan Financial Groupの共同設立者であるハーミッシュ・ダグラス氏も、将来的にビットコインの価格が暴落し、ゼロになると予測しています。Australian Financial Reviewのインタビューで、ダグラスは次のように述べています。「仮想通貨は、その背後にあるカルト的な支持者による影響が大きいといえます。これは、私が非常に長い期間の中で見てきた最大の不合理の一つであると言わざるを得ません。しかし、何百万人もの人々が参加しています。中には、これまで投資をしたことがなく、仮想通貨のバンドワゴンにしか乗ったことがない人もいて、ほとんど宗教のようなものです。」と述べています。

BTCだけでなく、他の仮想通貨の主な懸念事項の1つは、規制の可能性です。例えば、米国やその他の政府が暗号支払いやフィアットから暗号へのゲートウェイを禁止した場合、ほとんどのビットコイン価格予測に悪影響を及ぼす可能性があります。

2021年5月、中国がマイニング活動を取り締まり、銀行が個人投資家に投資対象としての仮想通貨を提供することを制限したことで、仮想通貨の価格が暴落しました。同じく最大の仮想通貨市場である韓国は、9月から規制を導入し、一部の取引所が閉鎖される事態となりました。英国の金融サービス規制機関である金融行動監視機構(FCA)は、仮想通貨デリバティブへのアクセスを制限しています。

もう一つの懸念は、BTCは本質的にソフトウェアの一部にすぎないということです。例えば、偶然に起こるインフレのメカニズムなど、コードに潜在するバグは、希少性の物語にダメージを与える可能性があります。

2022年、ビットコインを始めるには

ビットコインは2025年までに上昇するのか?他の金融資産と同様に、投資家は仮想通貨に投資する前に、自分のリスク許容度を考慮し、独自の調査を行う必要があります。

ビットコインを購入する場合は、CoinbaseやBinanceなどの仮想通貨取引所で購入し、安全なソフトウェアやハードウェアのウォレットにコインを保管します。

長期的な投資はできないが、ボラティリティーの高まりから利益を得たいという方は、海外のFX会社のCFD(Contract for Difference)を利用して、ビットコインを米ドルやユーロ、イーサリアム(ETH)などのさまざまな通貨と交換することができます。

CFDは、実際のコインを売買することなく、短期的な価格の方向性を推測することができます。CFDの取引では、上昇と下落の両方の値動きから利益を得られる機会があります。ビットコインの価格が上昇すると予想する場合にはロングポジションを、下落すると予想する場合にはショートポジションを建てることができます。

レバレッジ商品であるCFDは、利益を最大化するように設計されており、仮想通貨のような変動の激しい商品では大きく儲かることができます。しかし、レバレッジを使用すると、価格が自分のポジションに反して動いた場合の損失の大きさが大きくなることに注意する必要があります。資金を投入する前には、必ずご自身で調査を行ってください。

CFDの仕組みをよく理解して、絶対に大きな損をしない投資をしましょう。仮想通貨の始め方については、当社の総合ガイドをご覧ください。

おすすめの仮想通貨交換所

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles