Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

ビットコインの始め方-究極ガイド【2021年版】

ビットコイン取引どうやって始めたらいいのか、聞く人によって、ビットコインは良いものか悪いものか、使いやすいものか使いにくいものか、価値があるものかないものか、といったことが語られています。ビットコインの価値が上がるのか下がるのか、未来の通貨なのか、それともただの一時的なものなのかを整理するのは難しいかもしれませんが、確実に言えることは、ビットコインは今すぐにでも売買できるということです。ここでは、この新しい仮想通貨がどのように売買され、使用されているかに興味がある方のために「ビットコインの始め方、買い方A to Zでご紹介します。

世界初の仮想通貨であるビットコインは、伝統的な通貨(不換紙幣)に本格的に挑戦する最も有力な候補であると多くの人が考えています。しかし、ビットコインの価格推移を見ると、その過程では多くのボラティリティ(変動性)があるように見えます。

ビットコインの始め方

以下の手順でビットコイン取引始めることができます。

  1. どのようにビットコインを取引したいかを決める
  2. ビットコインの価格を動かす要因を知る
  3. ビットコインの取引戦略を選ぶ
  4. 初めてのビットコイン取引を行う 

1.ビットコインを取引する方法

ビットコインの取引方法は3つあります。

  • ビットコインを購入し、それを売却して利益を獲得する
  • 仮想通貨ファンドへの投資をする
  • トークンを所有することなく、その価値を推測する

ビットコインウォレットの設定はすべき?それともしない?ビットコインは、現金が物理的な世界で機能するように、完全に匿名のプラットフォームです。金銭的な詳細や記録を交換することなく、デジタルプラットフォーム上で物を売買することができるとされています。

実際には、ほとんどの人にとってそのようにはいきません。一般の人がビットコインを売買するには、ほとんどの場合、ビットコインウォレットと呼ばれるものを使わなければなりません。

ビットコインウォレットを提供している会社はいくつかありますが、その中でもコインベースは人気のある選択肢の一つです。コインベースを利用するためには、メールアドレス、名前、銀行口座へのリンク機能などの個人情報を提供する必要があります。

しかし、ビットコインウォレットには、政府による保証が一切ありません。つまり、コインベースがつぶれたり、ビットコインが紛失したり盗まれたりしても、消費者はほとんど頼ることができず、おそらくお金は戻ってこないということになります。

CFDは、原市場の価格に基づいて契約を取引することができます。これはレバレッジ商品であり、少額の初期資金でも、より大きなポジションのエクスポージャーを得ることができます。これにより、利益を大きくすることができますが、損失についても同様の効果があります。

ビットコインの取引には、取引所を利用する必要があるか?

ビットコインの価値を投機的に取引することが、CFDの仕組みです。ビットコインのCFDを取引する際、お客様は取引所と直接やり取りすることはありません。代わりに、お客様に代わって複数の取引所から入手した当社の買値と売値で取引を行います。ビットコインの価格でポジションを取るために必要なのは、仮想通貨取引アプリだけです。

>> 仮想通貨の始め方を知る

ビットコイン取引所は、従来の取引所と同じように、投資家同士が仮想通貨を購入したり、売却したりすることができます。しかし、取引所を完全に切り離すことには多くの利点があります。

  • 適切な規制、公的記録、サポート要請に迅速に対応するためのインフラが整っていない。
  • そのマッチングエンジンやサーバーは信頼性が低く、市場の停止や約定精度の低下を招く可能性がある。
  • 為替口座への入金や出金には手数料や制限がかかり、口座の取得には数日かかることもある。

また、ビットコインCFDを取引することで、流動性が大幅に向上します。一方、仮想通貨取引所から直接売買する場合は、通常、注文を完了するために複数の価格を受け入れる必要があります。

以下のセクションでは、ビットコイン取引におけるCFDの主な特徴と使用方法を説明します。

ビットコイン取引の説明

CFD取引では、ビットコインの価格変動をどちらかの方向に投機的に取引することができます。そのため、ビットコイン市場の価格が上昇すると利益を獲得できるという伝統的な取引を真似ることができる一方で、基礎となる市場の価格が下がると利益を獲得することもできます。これは、ビットコインの買い(ロング)とは対照的に、売り(ショート)と呼ばれます。

例えば、ビットコインの価格が値下がりすると考えた場合、ビットコインの1契約を売ることができます。ポジションを開いた時と閉じた時の価格差を交換することになりますが、ビットコインが下落した場合は利益を得て、上昇した場合は損失を出します。

ロング、ショートともに、ビットコインの利益と損失は、ポジションを決済した時点で実現します。

レバレッジによるビットコインの売買を解説

CFD取引にはレバレッジがかかっているため、最初から費用を全額負担することなく、大きなポジションを持つことができます。例えば、1ビットコインに相当するポジションを持ちたいとします。通常の取引では、ビットコインの全コスト、例えば10,000米ドルを前払いすることになります。一方、差金決済取引では、コストの20%、つまり2,000米ドルを支払うだけで済む場合があります。

レバレッジを使用すると、資本をさらに分散させることができますが、利益または損失は、ポジションのフルサイズで計算されることに留意することが重要です。この例では、取引を開始した時点から終了した時点までの1ビットコインの価格の差になります。つまり、利益と損失の両方が、大幅に(この例では5倍)拡大する可能性があるということです。このような理由から、レバレッジ比率に注意を払い、無理のない範囲で取引を行うことが重要です。CFDでは、取引口座に1万円あれば5ビットコインの価値を取引することができます。

>>レバレッジとは

ビットコインウォレットをCFDでヘッジする方法を解説

また、CFDは既存のポートフォリオの損失をヘッジするためにも使用できます。

例えば、期待外れの市場レポートが発表された結果、ポートフォリオの一部の仮想通貨の価値が短期的に下落する可能性があると考えた場合、CFD取引で市場をショートすることで、潜在的な損失の一部を相殺することができます。このようにしてリスクをヘッジした場合、ポートフォリオ内のビットコインやその他の仮想通貨の価値が下がっても、CFD取引のショートで得た利益で相殺されます。

ビットコインで儲ける方法を解説

取引の利益または損失を完全に計算するためには、支払った手数料や費用も差し引きます。これには、オーバーナイト・ファンディング・チャージ(スワップ)、手数料、ストップ保証料などがあります。

例えば、買値が10.000の時に0.4ビットコインの契約を購入するとします。お客様の取引口座に必要な自由証拠金または担保は20%×0.4BTCUSDなので、0.4ビットコインを売買するためには800米ドルが必要です。最低取引量は0.1ビットコインなので、取引口座に200米ドル程度の資金があればビットコインの取引を開始できます。

BTCUSDが11.000で取引されているときに売却すると、利益は1.000となります。

要約

  • 0.4ビットコインを購入するための初期投資額=800米ドル
  • 価格が10.000から11.000に上がった場合の利益=1.000米ドル

>> ビットコインは儲かる?

ビットコインの取引時間

多くのプラットフォームでは、ビットコイン(USD)は土曜日の午前3時(GMT)にオープンし、金曜日の午後9時(GMT)まで取引が可能です。

一部の海外FXでは、仮想通貨投資はEURと仮想通貨とのペアで24時間年中無休で営業しています。

実際にビットコインを取引せずに、ビットコインを利用することは可能

はい、可能です。これは、ビットコイン取引を始めるためのお勧めの方法です。ブロックチェーンは、技術分野における次のゲームチェンジャーとして注目されています。ビットコインの採掘や取引を支える基盤技術は、ここ数年で急速に普及し、多業種への導入、採用が加速しています。

ビットコインETF

仮想投資を積極的に管理したくはないが、ハイリスク・ハイリターンの資産でポートフォリオを分散させたい場合、ビットコインETFはビットコインを直接購入するよりも良い選択肢となります。

仮想通貨投資にとって画期的な出来事として、ビットコインETF(世界初のビットコイン上場投資信託)が、トロント証券取引所でティッカーシンボルBTCCで取引を開始しました。2021年2月18日、オンタリオ州証券委員会(OSC)がゴーサインを出したのです。

ブラジルは、アメリカ大陸で2番目にビットコインETFを導入した国となりました。ブラジル証券取引委員会は、QR Capital社のビットコインETFがサンパウロのB3取引所で取引を開始することを承認しました。

米国には伝統的な仮想通貨型ETFがありません。米国初のビットコインETFがいつになるかですが、Cathie Wood氏のARK Investと21Sharesの提携により、盛り上がっています。ただ、物理的な裏付けのあるビットコインETFは、まだ米国の地を踏んでいません。

また、フィデリティ投信は、独自のビットコインETFを立ち上げる準備を進めており、デジタル資産や仮想通貨の市場での影響力を強めようとしています。

>>ETFとは

ビットコイン・エクスポージャーを持つインデックス・ファンド

初の仮想通貨インデックスファンドがOTC市場にデビューしました。Bitwiseの大型インデックスファンドであるBitwise 10 Index Fund(BITW)は、OTCQXに上場しており、証券会社の口座を使って取引することができます。このファンドの運用資産は1億2,000万ドルで、Bitwise 10 Large Cap Crypto Indexで取引されます。このインデックスは、最大級の仮想通貨10個を保有する時価総額加重インデックスで、仮想市場全体の価値の80%を占めています。

この記事を書いている時点でのトップの保有率は、ビットコイン(75%)とイーサ(13%)で、残りはリップルやライトコインなどの他の仮想通貨で構成されています。

>> インデックス投資とは

2.ビットコインの価格を動かすものは何か?

ビットコインのボラティリティの高さは、仮想通貨を魅力的にする一方で、投機的な取引するには特にリスクの高い市場でもあります。ビットコインの価格は、突然大きく変動する可能性があります。ビットコイン市場は24時間運営されているため、いつでもこのような事態が起こり得ます。

ビットコインは非中央集権的な通貨であるため、伝統的な通貨に影響を与える経済的・政治的な問題からは一線を画しています。しかし、市場がまだ成熟していないため、仮想通貨特有の不確実性が多く存在します。

次のような要因があれば、今後も突然、価格に大きな影響を与える可能性があるため、それらのリスクを回避する方法を学ぶ必要があります。

  • ビットコインの供給ビットコインは、2040年までに採掘される予定の2,100万枚という有限の供給量がありますが、それでも、市場への流入速度や保有者の活動状況によって供給量は変動します。
  • BTCの市場規模ビットコイン市場の価値、そしてその価値がどの程度認識されているかは、トレーダーが急上昇の機会を狙うか、それとも最新のバブルをショートするかに影響します。
  • 悪評すべての通貨は世間の評価に影響されますが、ビットコインほど、その安全性、価値、寿命が問題視されているものはありません。
  • 統合ビットコインの知名度、そして伝統的な通貨への信頼性は、新しい決済システムやクラウドファンディング・プラットフォームなどへの統合にかかっています。
  • 業界での採用ビットコインはまだ世界中の企業に受け入れられておらず、企業の舞台でより重要な地位を占めることがどのような影響を与えるかはまだわかりません。
  • 重要なイベント規制変更、セキュリティ侵害、マクロ経済の後退など、あらゆる主要イベントが仮想通貨に深刻な影響を与える可能性があります。

3.ビットコイン取引戦略

ここでは、ビットコイン取引を始めるための代表的な手法を紹介します。FXと同じくらい強力です。 ビットコインのデイトレード

Diagram  Description automatically generated

短期的な動きを予想してポジションを取り、取引終了時にはそれを決済します。

ビットコイン市場の短期的なチャンスに対応したい場合、開発中のニュースや新たなパターンに照らし合わせて、戦略を練ります。

>> デイトレードの始め方、やり方、稼ぎ方

ビットコインのスイングトレード

Diagram  Description automatically generated

トレンドが形成された瞬間にキャッチし、トレンドが一巡するか反転の兆しが見えるまでポジションを持ち続けます。

市場のモメンタムからチャンスを掴みたい方にお勧めの戦略です。 ビットコインのスキャルピング

>> スイングトレードの全て

Diagram  Description automatically generated

些細な値動きに合わせて頻繁にトレードを行う。

1回の大きなブレイクアウトやブレイクダウンを待つのではなく、小さな利益を継続的に獲得したい方にお勧めの戦略です。

>> スキャルピングとは。どのように機能するのか

ビットコインの自動売買

Diagram  Description automatically generated

取引プロセスを自動化して、変化しやすい市場の状況にお客様に代わって対応します。ビットコインEAを構築するには、FX EAと同様にMT4またはMT5が必要となります。

>> 自動売買とは何か?どのように始めるのか?

4.ビットコイン取引の手順

1.アカウントの開設

口座を開設するには、FX口座証券口座の開設と同様に、個人情報を仮想通貨のブローカーに提供する必要があります。口座を開設する際に提供する一般的に必要な情報には、社会保障番号、住所、生年月日、電子メールアドレスなどがあります。

ブローカーにサインアップしたら、銀行口座を連携する必要があります。ほとんどのブローカーは、デビットカードと電信送金による銀行での資金調達を提供しています。電信送金は通常、アカウントに資金を供給する最も安価なオプションで、ほとんどの仮想通貨取引所では無料です。

おすすめのオンラインブローカー

これらは、ビットコインCFD取引とETFや株式を通じたビットコイン投資に大きく、または完全に特化しています。

2.トレーディングプランの構築

トレーディング戦略を紹介しましたが、市場に慣れていない方は、トレードプランも構築してみてはいかがでしょうか。トレードプランがあれば、トレード金額が高くても客観的な判断を下すことができ、取引を長く放置したり、早く決済したりすることがなくなります。

ここでは、ビットコインの取引計画を練るためのヒントをご紹介します。

  • ビットコイン取引で達成したいことを、短期と長期の目標に分けて設定する。
  • ビットコインの取引ごとに許容できるリスクと、全体でどれくらいのリスクを許容できるかを決める。
  • 潜在的な損失を正当化するためにどれだけの潜在的な利益が必要かを知るために、リスクとリターンの比率を選ぶ。
  • 取引したい市場を選択する。ビットコインだけで始めたいのか、それともいくつか試してみたいのか。

3.研究をする

ビットコインのオンライン取引を始める前に、最新のビットコインニュースを把握し、仮想通貨の価格がどうなるかを理解しておく必要があります。

ビットコインの動きを解釈する際には、チャートも非常に重要なツールとなります。過去のデータは、ビットコイン市場がどのように動いているかを理解するのに役立ちますし、タイムフレームを比較することで、新たなトレンドやチャートパターンをより詳しく知ることができるかもしれません。

4.トレードを行う

ポジションが決まれば、MT4MT5などの取引アプリを使って取引を行う必要があります。

取引の際には、取引に賭ける金額を決定します。また、決済条件を設定することもできます。市場が一定量不利に動いたときにポジションを決済するストップや、有利に動いたときにポジションを決済するリミットを設定することができます。ストップロストレーリングストップなどのエグジットオーダーや、バイリミットセルリミットバイストップセルストップなどのエントリーオーダーは、優れたリスク管理の礎となります。

ビットコインの価値が上がると思えば、その時は「買い」、下がると思えば「売り」を行います。

ポジションを閉じるには、最初に行った取引の逆を行うだけです。つまり、最初に買った場合は同じ量を売り、売った場合は買うということになります。取引チケットには自動的にポジションサイズが記入されますので、「買い」または「売り」をクリックするだけで、取引を終了することができます。

ビットコインFAQ

ここでは、ビットコインの始め方について理解を深めるために、ビットコインに関連する質問をまとめています。

ビットコインとは?

ビットコインは、中央機関の支配を受けずに運用される、仮想で保護されたデジタル通貨です。従来の不換紙幣とは異なり、政府の監視や取引手数料、送金の遅れがない支払い方法として、2009年に匿名のサトシ・ナカモトによって考案されました。

2010年当時、ビットコインの価値は1枚あたり約0.003セントでした。2017年10月現在、この数字は4200ドルを超えていますが、この値は日中に頻繁に変動しており、不安定です。この間に、独自の機能や用途を持つ数百もの仮想通貨が登場しています。しかし、ビットコインには、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、さらにはライトコイン、リップル、ダッシュなどのライバルが存在します。

ビットコインの仕組みは?

ビットコインが機能するためには、ブロックチェーンとマイニングプロセスという2つの基本的な仕組みが必要です。

ブロックチェーンは、その時点までに行われたすべてのビットコイン取引からなる共有デジタル台帳です。これらの取引は「ブロック」にまとめられ、マイニングの際に仮想化されて保護され、互いにリンクします。

ブロックチェーンは、いつでも誰でもアクセス可能で、ネットワークの大多数の意志とコンピューティングパワーがなければ変更できません。つまり、過去にさかのぼって修正することはほとんど不可能であり、ヒューマンエラーの犠牲になることもなく、単一障害点もありません。

ビットコインの入手方法は?

ビットコインを手に入れる方法は、大きく分けて3つあります。

  • ビットコインは、「本物」のお金を使って買うことができます。
  • 物を売って、ビットコインで支払うことができます。
  • また、コンピュータを使って作成することもできます。


ビットコイン・マイニングとは?

ビットコイン・マイニングは、これらのブロックをそれぞれ確保するために必要なプロセスであり、そうすることで、仮想通貨の新しいユニットを放出します。この単位は「ブロック報酬」と呼ばれています。ビットコインの場合、ブロック報酬は現在12.5ビットコインですが、これは4年ごとに半減します。

採掘者の役割は、複雑なアルゴリズムを解いてこのプロセスを実行することですが、この作業は簡単にも難しくもできる継続的な作業です。マイナーは、アルゴリズムの複雑さを変えることで、ブロックの処理時間をほぼ一定に保つことができます。マイナーはネットワーク上で重要な役割を担っているため、ビットコインに対して大きな影響力を持っています。特に、マイニングが大きなビジネスになっている現在、マイナーはビットコインに対して大きな影響力を持っています。

このトークンが流通すると、取引所を通じて自由に交換したり、デジタルウォレットに保管したりすることができます。ビットコインCFDの取引では、原資産を実際に所有することはありませんので、ウォレットや取引所の口座は必要ありません。

2021年、ビットコイン・マイニングは儲かるのか?

たしかに、ビットコインの採掘は2021年には利益が出ていますが、アクセスには障壁があります。技術的な知識を必要とするため、新規のマイナーがビットコインのマイニングPCを自作しようとするのを躊躇することが多いのが事実です。それでも、マイニングは規模と効率を拡大し続けており、既存の仮想資産を活用してリターンを得るイールドファーミングなど、ビットコインを稼ぐ新しい方法があることを意味します。ただし、ビットコインをCFDで取引したり、ビットコインのETFや信託に投資したりする方が収益性が高いでしょう。

ビットコインフォークとは?

フォークとは、1つのブロックチェーンが2つに分かれて、2つの別々のデータ記録が作られることです。どちらを使い続け、どちらを破棄するかは、ビットコインのマイナーのネットワークに委ねられています。

ビットコインのフォークは、コミュニティのマイニングプログラムのずれの結果であり、ブロックチェーンが必要不可欠なソフトウェアの更新を行うことを可能にします。大きく分けて、ソフトフォークとハードフォークの2種類があります。

  • ソフトフォークアップグレードされたブロックチェーンは、すべての取引(ブロック)を検証する責任があります。もちろん既存のブロックチェーンは引き続きこれらの取引を認識し、記録しますが、アップグレードされたブロックチェーンは、既存のブロックチェーンを利用したプログラムで採掘されたブロックを認識しないということです。
  • ハードフォークアップグレードされたブロックチェーンは、すべてのトランザクションを検証する責任を負うようになりましたが、既存のブロックチェーンはもはやこれらのブロックを有効なものとして認識せず、記録もしません。つまり、古いプログラムのユーザーは、アップグレードされたブロックチェーンにアクセスするためにアップデートしなければなりません。

一般的にフォークは、ほとんど混乱なく解決されます。しかし、仮想通貨の規模や機能についての意見の違いは、過去に乗り越えられないことがありました。最も有名な例は、ビットコインキャッシュです。ビットコインキャッシュは、ビットコインがハードフォークし、それに伴ってビットコインマイナーが分裂したことで生まれました。これにより、2017年7月までの取引履歴が同じであるにもかかわらず、ビットコインとビットコインキャッシュという2つの異なる仮想通貨が誕生したのです。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles