金曜日, 9月 30, 2022
Forex Trading MasterClass

仮想通貨の未来:「ブレイクスルー」2021年を終え、5人の専門家の予測

2021年は、仮想通貨にとって大きな年となりました。しかし、仮想通貨の未来はどうなるのか?次の時代は?仮想通貨は今後に上がるのか?

4月と10月にビットコインの史上最高値が更新され、業界に大きな影響を与える可能性のある規制協議が行われ、大手企業による機関投資家の買収が進みました。その一方で、今年は人々の仮想通貨への関心が急上昇し、イーロン・マスクのような長年の投資家から、フェイスブックに登場する高校時代の同級生まで、投資家の間だけでなく大衆文化の中でも話題になっています。 

さまざまな意味で、2021年は、仮想通貨産業に多大な注目と関心が寄せられたことで、画期的な年となりました。

仮想通貨のない未来を想像することは難しくなっています。ここでは、2022年、そして数十年後の仮想通貨の未来がどうなっているのか、専門家のビジョンを紹介します。

仮想通貨の未来

仮想通貨産業はまだ黎明期にあり、常に進化し続けています。長期的な方向性を予測することは困難ですが、今後数ヶ月間、専門家は規制から機関による仮想通貨決済の採用までのテーマを追いかけ、市場を把握しようとしています。

規制(レギュレーション)

仮想通貨の規制については、今後も議論が続くことが予想されます。世界中の法律家たちは、仮想通貨を投資家にとってより安全で、サイバー犯罪者にとって魅力のないものにするための法律やガイドラインをどのように確立するかを考えています。

規制は、おそらく世界的に見ても、仮想通貨産業における最大の障壁のひとつであり、仮想通貨の未来を左右する重要な要素です。

中国は2021年9月、国内でのすべての仮想通貨取引を違法とすることを発表し、中国国内での仮想通貨関連の活動に事実上ブレーキをかけています。米国では、状況はあまりはっきりしていません。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は最近、米国内での仮想通貨を禁止する「意図はない」と述べ、証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は、この業界を取り締まる上での自身の機関と商品先物取引委員会の役割について一貫してコメントしています。

専門家は、より厳しい規制を導入しなければ、投資家が「痛い目に遭う可能性が高い」とまで言っています。さらに、投資家が税金を申告する際に、仮想通貨をどのように報告するかを確認したいという関心もあります。

仮想通貨に関するほとんどのことがそうであるように、規制にはハードルがあります。すべてを監督する管轄権を持つ機関と持たない機関があります。また、国によっても違いがあります。

明確な規制は、企業や投資家が明確なガイドラインを持たずに活動している現在、仮想通貨にとって重要な障害を取り除くことを意味します。

新しい規制が仮想通貨の未来にもたらすもの

最近提案された法律では、投資家はすでに暗号資産のキャピタルゲインまたはロスの記録を残しているはずですが、暗号資産に関しては当局が脱税の事例を見つけやすくなる可能性があります。しかし、この新法により、投資家が仮想通貨取引を適切に報告することが容易になる可能性もあります。

また、規制当局の発表は、すでに変動している市場において、仮想通貨の価格に影響を与える可能性があります。市場の変動が激しいため、投資の専門家は、仮想通貨への投資をポートフォリオ全体の5%以下に抑え、失っても構わないものは決して投資しないことを推奨しています。

最終的には、多くの専門家が、規制は業界にとって良いことであり、人々が仮想通貨に対する信頼性を高めると考えています。

ETFの承認

最近、ニューヨーク証券取引所に初のビットコインETFが登場し、この分野で大きな進展がありました。この開発は、仮想通貨を始めるための新しい、より一般的な方法を示しています。BITO Bitcoin ETFは、投資家が従来の証券会社から直接、仮想通貨を購入することを可能にします。

>> オンライン証券比較

BITO ETFはビットコインにリンクしているものの、実際にはビットコインを直接保有していないため、十分ではないという意見もあります。このファンドは、代わりにビットコインの先物契約を保有しています。ビットコイン先物は、実際の仮想通貨の一般的な傾向に従っていますが、専門家によると、ビットコインの価格を直接追跡することはできないかもしれません。今のところ、投資家はビットコインを直接保有するETFを待ち続けなければなりません。

ETFの承認は、ここ数年の間に何度もSECで検討されてきましたが、BITOが初めて承認を得たことになります。

>> ETFとは

ビットコインETFは、仮想通貨の未来にとってどのような意味を持つのでしょうか?

BITOにどれだけの投資家が参加するかを判断するのは時期尚早ですが、このファンドは最初の週に多くの取引が行われました。一般的に、従来の投資商品の中で仮想通貨資産へのアクセスが容易になればなるほど、アメリカ人はより多くの人が購入し、仮想通貨市場に影響を与える可能性があります。デジタル資産を取引するために仮想通貨取引所の操作を覚えるのではなく、すでに持っている証券口座FX口座から直接ポートフォリオに仮想通貨を追加することができます。

しかし、BITOのようなETFへの投資は、依然として他の仮想通貨投資と同じリスクを伴います。やはり投機的で不安定な投資なのです。取引所で購入して仮想通貨に投入した資金を失いたくないのであれば、ファンドにも投入すべきではありません。ポートフォリオに仮想通貨を入れるリスクを負ってもいいかどうか、慎重に検討してください。

>> おすすめETF

機関投資家の仮想通貨導入の広がり

2021年には、さまざまな業界の主流企業が、仮想通貨やブロックチェーンに関心を持ち、場合によっては自ら投資を行っています。例えば、AMCは最近、今年末までにビットコインでの支払いを受け付けることができるようにすると発表しました。PayPalやSquareなどのフィンテック企業も、自社のプラットフォームでユーザーが購入できるように整備しています。テスラは、数十億ドルの仮想通貨を保有しているにもかかわらず、ビットコイン決済の受け入れについては一進一退を続けています。専門家は、このような買い方がますます増えると予測しています。

一部の専門家は、大規模なグローバル企業が今年の後半にこの導入をさらに加速させる可能性があると予測しています。Amazonのような巨大な小売業者は、他の企業が受け入れる連鎖反応を起こす可能性があり、多くの信頼性をもたらすでしょう。

アマゾンは最近、”デジタル通貨とブロックチェーン製品の責任者 “の求人情報を公開し、そのための動きをしているという噂に火をつけました。ウォルマートも、ブロックチェーン戦略を監督する仮想通貨の専門家を募集しています。

機関投資家による採用が増えることは、仮想通貨の未来にとって何を意味するのか?

今はまだ、ほとんどの人にとって仮想通貨での支払いは意味がありませんが、支払いを受け入れる小売業者が増えれば、将来的にはその状況が変わるかもしれません。ビットコインを商品やサービスに使うことが経済的に賢明な判断となるには、まだまだ時間がかかりそうですが、制度的な導入が進めば、日常的なユーザーの使用例が増え、ひいては仮想通貨の価格にも影響を与えることになるでしょう。保証は何もありませんが、仮想通貨を長期的な価値の保存手段として購入する場合、「現実世界」での使用が増えれば増えるほど、需要と価値が高まる可能性が高くなります。

ビットコインの今後の展望

ビットコインは、時価総額で最大の仮想通貨であり、他の市場はその動向に従う傾向があるため、市場全般の良い指標となります。

リップル、イーサリアムとともにビットコインの価格は2021年に入ってから乱高下を繰り返し、10月には今年2回目となる史上最高値を更新しました。この今年2回目の史上最高値は、4月に6万ドルという前回の最高値を記録し、その後、7月には3万ドル以下にまで下落したことに続くものです。そもそも
専門家が仮想通貨投資をポートフォリオの5%以下に抑えることを推奨する理由は、このボラティリティにあります。

しかし、ビットコインは今後どこまで上がるのでしょうか?ビットコインの過去は、ビットコインの未来を知る手がかりになるかもしれません。

ビットコインに期待するのは、短期的なボラティリティと長期的な成長です。また、ビットコインの短期的な成長に強気な人もいます。

多くの専門家にとっては、ビットコインが2万5千ドルになるよりも7万5千ドルになる方が可能性が高いと言えるでしょう。

ビットコインの価格変動が仮想通貨の未来に与える意味とは?

ビットコインのボラティリティーは、投資家が着実にロングをするための理由になります。長期的な成長の可能性を求めて購入しているのであれば、短期的な変動を気にする必要はありません。一番いいのは、仮想通貨の投資を見ないこと、つまり “セットして忘れる “ことです。専門家が続けて言うように、価格が上下に揺れるたびに、感情的な反応によって投資家が軽率な行動を取り、投資の損失につながる判断をしてしまうことがあります

>> ビットコイン価格予測2025年:ビットコインは今後暴落するのか、それとも10万ドルに達するのか?

仮想通貨の未来

仮想通貨が投資家にとって今後どのような価値を持つかを推測することはできますが(そして多くの人がそうするでしょう)、現実にはまだ新しい投機的な投資であり、予測の根拠となる歴史もあまりありません。ある専門家が何を考え、何を言ったとしても、実際には誰にもわかりません。だからこそ、失う覚悟のあるものだけに投資し、長期的な資産形成のためには、より伝統的な株式投資や金投資を行うことが重要なのです。

>> 株式投資の始め方

さまざまな分野の専門家たちが、50年後の仮想通貨の未来についてのビジョンを語っています。彼らの回答は、CNBCがわかりやすく凝縮して編集してくれています。

アイボリー・ジョンソン氏(認定ファイナンシャル・プランナー、デランシー・ウェルス・マネジメント創設者)

「仮想通貨が伝統的な金融を破壊するのは、その最も魅力的な効用の一つが、コストや遅延、外貨の変動をほとんど伴わずに、国境を越えて効率的に支払いを送金できることだからです。ビットコインに関して言えば、50年は長い時間であり、ビットコインは世界の基軸通貨になるか可能性があります。」

フレデリック・カウフマン氏(The Money Plot: A History of Currency’s Power to Enchant, Control, Manipulate “の著者)

「2071年より前に、ドルは銀や金よりも仮想通貨との共通点が多くなり、私たちの生活がこれまで以上にデジタル世界に融合していく中で、トークンへの投資意欲はますます高まっていくでしょう。皮肉なことに、その衝動は私たちを原始的な探求本能に基づき、私たちが人間であり続けるための役割を果たすことになるのです。」

ダン・イーガン氏(Betterment社の行動ファイナンス・投資担当副社長)

「ビットコインのような仮想通貨は、お金の動きや投機に便利であることが証明されており、無くなることはないでしょう。しかし、拡大する仮想通貨市場の需要を満たすエネルギーをどこでどのように生成するかは、検討の余地があります。また、不換紙幣の競合相手とみなす国家権力者が、仮想通貨をさらに闇市場の商品と判断するかどうかも重要です。」

ドラガン・ボスコヴィッチ氏(アリゾナ州立大学ブロックチェーン・リサーチ・ラボの創設者兼ディレクター)

「中央銀行当局は、仮想通貨に関する規制の策定に追われています。彼らは、デジタル通貨がデジタル経済、固有のものであり、今後10年で主流になる方向にあることを認識しています。」

バーバラ・ローパー氏(米国消費者連盟の投資家保護担当ディレクター)

「すみません。この問題についてはノーコメントです。」

まとめ:仮想通貨の未来はどうなるのか?

経済アナリストの中には、機関投資家が市場に参入することで、仮想通貨に大きな変化が訪れると予測する人もいます。 さらに、仮想通貨がナスダックに上場される可能性もあり、ブロックチェーンや従来の通貨の代替としての利用にさらなる信頼性が加わることになります。 仮想通貨に必要なのは、検証済みの上場投資信託(ETF)だと予測する人もいます。 ETFがあれば、ビットコインへの投資が容易になるのは間違いありませんが、仮想通貨に投資したいという需要が必要であり、それはファンドでは自動的には生まれないかもしれません。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles