Saturday, November 27, 2021
Forex Trading MasterClass

NYダウ先物:ダウ・ジョーンズ指数先物とは何か、どのように取引するか

ダウ先物は、従来の投資よりも幅広いエクスポージャーが得られることから、米国株式市場への投機手段として人気があります。早速、NYダウ先物を取引する方法を見てみましょう。

NYダウ先物とは

ダウ・ジョーンズ先物は、2つの当事者間で、後の満了日にダウ・ジョーンズ工業株平均(DJIA)株価指数の価値をどの価格で交換するかを規定した法的拘束力のある契約です。

一般的な先物取引とは異なり、ダウ先物の価格は現物資産ではなく、株式のグループを表す指数に基づいています。ダウ・ジョーンズは、米国の最も重要な30社の価格加重平均です。これらの企業は、時価総額ではなく、一株あたりの価格が米国で最も大きい企業群です。

この指数の構成銘柄は、工業からヘルスケアまでの9つのセクターにまたがっており、UnitedHealth Group、Goldman Sachs、Home Depoなどの世界的に有名な銘柄や、Apple、Boeing、McDonald’sなどの有名企業も含まれています。

>> NYダウとは

ダウ・ジョーンズは、米国の株式市場そのものの代名詞となっているため、ウォール・ストリートと呼ばれることが多いといえます。しかし、S&P500アメリカの株式市場をより広くカバーしていることに留意する必要があります。

NYダウ先物取引は、シカゴ・マーカンタイル取引所で行われています。この商品は、投資家やトレーダーが市場が開く前に、ダウを構成する銘柄の将来の価値を推測するために作られました。

例えば、ある企業が予想を上回る業績を発表したとすると、トレーダーは市場が開くときに株価が上昇することが予測できます。そこで、現在の株価との差を利用して、先物ポジションを持ち、現在の価格で株を買い、後に高値で売ることができます。

ダウ先物契約は、規制を維持し、カウンターパーティ・リスクを軽減するために、取引所で取引されています。一方の当事者が契約を履行できない場合、取引所が介入することになります。

ダウ先物の仕組みについて

ダウ先物の仕組みを理解するには、農家と八百屋に置き換えるとわかりやすいでしょう。八百屋さんは、農家がもうすぐ大豆を収穫することを知っているので、1月に100ブッシェルの大豆を900ドルで買いたいと申し出るとします。

農家が同意すれば契約成立となり、それぞれが1月を待つことになります。1月の大豆の価格がどうであれ、設定された価格が食料品店の支払い価格となります。

先物契約とは、2つの当事者(個人または機関)の間で、基礎となる指数の予測価格に基づいて金銭または資産を交換することに同意する、法的拘束力のある契約のことです。

:先物と先物オプションを混同してはいけません。オプションは先物市場の派生商品であり、独自の市場と取引所を持っています。オプションは、商品取引の条件を行使する権利を保有者に与えるために購入されますが、義務は負いません。先物契約では、双方の当事者が取引の一部を履行する義務を負います。

>> 先物取引とその仕組み

ダウ先物取引時間

米国の株式先物は、株式市場とは異なり、日曜日から金曜日までの週6日、ほぼ24時間体制で取引が行われています。

  • 通常の米国株式市場の取引時間中は、ダウ先物価格は指数値に非常に近い値を示します。
  • 米国の株式市場が閉まっているときには、これらの指数先物は時間外取引で継続して取引されることがあります。これらの価格は、他国の経済指標の発表や金融政策の決定、地政学的なイベントなどによって影響を受ける可能性があり、原資産である構成銘柄が休場している間も継続して取引されます。
  • ダウ先物の取引時間は以下の通りです。月曜日から金曜日まで前日の午前3時から午前2時15分まで、取引停止時間は午前1時15分から午前1時30分まで

ダウ先物の計算方法

ダウ先物は、レバレッジと呼ばれる10の倍数を使って計算されます。つまり、現在、ダウ・ジョーンズの株式が合計で3,000ポイントで取引されている場合、1枚の契約は30,000ドルの価値があるということになります。指数が1ポイント動くごとに、ダウ先物は10ドルずつ増減します。

ダウ先物はレバレッジが効いているため、米国株式市場へのエクスポージャーを他の方法よりもはるかに大きくすることができます。しかし、その分リスクも大きく、わずか100ポイントの下落で1万ドルのポジションが消滅してしまうこともあります。

DJIA自体は、各構成銘柄の株価を合計し、異常値を平滑化するための「ダウ除数」で割って算出されます。構成銘柄に重み付けがされているため、株価の高い企業ほど、指数の最終的な価格に大きな影響を与えます。

先物取引におけるレバレッジの活用

先物取引の最も魅力的な特徴の一つはレバレッジです。トレーダーは、E-mini Dowの契約を約5,500ドルで買うことができ、その先物契約は、DJIAの1ポイントごとに5ドルの価値があります。 つまり、指数自体が29,000のときに買い、30,000になったときに売れば、取引で5,000ドルの利益を得たことになり、資金が2倍近くになります。

しかし、レバレッジは損失だけでなく利益も拡大させるので注意が必要です。ダウが1,000ポイント下がると、5,500ドルがほぼ消えてしまいます。

先物の証拠金要件

ポジションを建てる際、証券会社必要な初期証拠金を口座に確保します。ポジションを保有するためには、維持証拠金をカバーする十分な資本を口座に維持する必要があります。維持証拠金は、必要な初期証拠金よりも低く設定されています。

お客様の口座の価値が維持証拠金レベルを下回った場合、お客様は証券会社からマージンコールを受け、取引ポジションを清算するか、口座のバックアップを必要なレベルにするために追加資金を預ける必要があります。

ダウ先物の取引方法

ダウ先物取引を特徴とするネット証券の口座を開設します。手数料や口座開設に必要な最低金額などを比較してみましょう。オンラインでの申し込み完了後、すぐに証券会社から連絡があります。同時にデモ口座も開設します。

>> 証券会社の比較

ダウ先物のe-mini、フルサイズ、ビッグダウのいずれを取引するかを決めます。ビッグ・ダウは、初回に13,750ドルの証拠金、維持証拠金として12,500ドルが必要です。1つの契約はDJIAの25倍の価値があるので、ダウが12,000で終了した場合、契約は300,000ドルの価値があります。1ティックは25ドルの価値があり、50ポイントの動きは1,250ドルの価値があります。

フルサイズまたはe-mini契約の取引をご検討ください。フルサイズの初期証拠金は6,250ドル、維持証拠金は5,000ドルです。1つの契約はDJIAの10倍の価値があるため、ダウが12,000で終了した場合、契約は120,000ドルの価値になります。1ティックは10ドルの価値があり、50ポイントの動きであれば500ドルの価値があります。e-miniの初期証拠金は3,125ドルで、維持証拠金は2,500ドルです。e-miniの1つの契約は、DJIAの5倍の価値があり、ダウが12,000で終了した場合、契約は60,000ドルの価値があります。1ティックは1ドルに相当し、50ポイントの動きには50ドルの価値があります。

デモ口座をダウンロードして、取引の練習をしてみましょう。チュートリアルを見て、取引プラットフォームの使用方法を学び、さまざまな取引戦略のヒントを得ましょう。お使いのチャートソフトウェアを活用して、サポートラインやレジスタンスライントレンドラインなどの一般的なテクニカル指標を使ってダウを分析し、潜在的なトレードのエントリーとエグジットポイントを特定できます。そしてそれぞれの取引をノートに記録し、取引戦略と取引結果をメモしましょう。

チャートを使って良いエントリーポイントを見つけましょう。資本を保護するために、1つの契約を取引することから始めます。取引を開始し、取引が成立したことを確認するまで待ちまましょう。トレードを毎日モニターし、トレードを閉じて利益を得る、または損失を抑えるための出口戦略を用意します。

ポイント

  • ダウ先物は商品取引であり、将来の受渡しのために価格と日付が設定されています。
  • これにより、投資家は開場前に株式の将来価値を予測したり、投機したりすることができます。
  • 先物契約とは、個人や機関などの2つの当事者の間で交わされる法的拘束力のある契約です。
  • この契約では、基礎となるインデックスの予測価格に基づいて、お金や資産を交換することに同意するものとします。
  • ダウ先物は、シカゴ商品取引所(CBOT)で毎日午前7時20分(米国中部時間)に取引を開始します。
Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles