Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

インデックス投資とは?

Homeインデックス投資とは?

インデックスは、株式市場など様々な資産のリターンを測定するための重要なベンチマークとして使用されています。インデックス投資の人気は年々高まっており、この保守的な戦略は、特に手数料や税金を差し引いた場合、アクティブな投資よりも長期的に優れています。インデックス自体を購入することはできませんが(ベンチマークに過ぎません)、インデックスのパフォーマンスを反映してインデックス投資を行うには3つの方法があります。

インデックスとは

インデックスとは、特定の市場、セクター、商品、通貨、債券、その他の資産をフォローするように構築された銘柄の集まりです。例えば、NDXは、NASDAQに上場している非金融系の大企業100社を対象とした指数です。

日経平均株価は、日本の主要な株価指数です。両指数とも、東京証券取引所(TSE)やその他の証券取引所に上場している企業が構成銘柄となっています。

また、例えば、テクノロジー株のインデックスには、いくつかあるいはすべてのテクノロジー株が含まれます。そして、このインデックスは、その中に含まれる銘柄の全体的なパフォーマンスに連動します。このインデックスは、テクノロジー株の現在および長期的なパフォーマンスを監視するために使用することができます。

インデックスが人気なのは、1つの銘柄だけでなく、複数の銘柄の情報を提供しているからです。そのため分析ツールとしてだけでなく、次のセクションでご紹介するように、トレーディングツールとしても優れています。

インデックス投資は、ベンチマークとなる指数のリターンを再現することを目的とした保守的な投資戦略です。

インデックス投資とは

インデックス投資は、セルフ・インデックス、インデックス・デリバティブ、インデックス・ファンド&ETFのいずれかによって、間接的に投資することができます。

1.    インデックス

1つ目は、自分自身でインデックスの構築をする方法です。この方法では、S&P500などを自分で購入し、作成することができます。インデックスの構成銘柄とその比率は、金融機関や投資家向けのウェブサイトで公開されているので、それを参考にしてください。

指数の変動に合わせて定期的に調整を行う必要があります。この方法では、投資家が膨大なポートフォリオを作成し、年間数百回の取引を行う必要があるため、かなりのコストがかかります。

スマートベータ戦略として知られることもあるエンハンストインデックスは、トラッキングエラーを最小限に抑えながら、原資産であるポートフォリオやインデックスのリターンを増幅させようとする投資手法のことです。このタイプのインデックス投資は、アクティブ運用とパッシブ運用のハイブリッドと考えられ、特定のベンチマークを上回ることを目的としたインデックスファンドと組み合わせて使用されるあらゆる戦略を指します。

どのようなインデックス投資を行うにしても、適切なポートフォリオを構築するには時間と労力がかかります。また、S&P500に投資するためには、例えば500銘柄の個別株を購入する必要があるため、取引コストもかなりかかります。例えば、S&P500を攻略するためには500銘柄の個別株を購入しなければならず、手数料もかさむため、非常に高いコストがかかります。

2.  指数先物・オプション

証券口座デリバティブ取引用に設定されている場合、インデックスに上場している先物・オプション取引を利用してインデックスに投資する方法もあります。

指数先物とは、トレーダーが金融指数を買ったり売ったりすることで、将来の日付で決済される先物契約のことです。指数先物は、S&P500のような指数の値動きの方向性を推測するために使用されます。また、投資家や投資マネージャーは、自分の株式ポジションの損失をヘッジするために指数先物を利用します。指数先物は、他の先物契約と同様に、トレーダーや投資家に、原指数に基づく現金価値を将来の指定された日に提供します。満期前に相殺取引によって契約が解消されない限り、トレーダーは満期日に現金価値を引き渡す義務があります。

>> 先物取引とは何か、どのような仕組みなのか

一方、インデックスオプションは、オプションの有効期限内に、指定された行使価格で、S&P500などの原指数の価値を売買する権利を契約者に与える金融派生商品です(義務ではありません)。実際の株式は売買されません。インデックス・オプションは常に現金決済で、典型的なヨーロピアン・スタイルのオプションです。

先物でもオプションでも、これらの契約には有効期限があり、有効期限が近づいたらポジションを新しい契約に切り替えなければ、インデックスをフォローすることができなくなります。これには計画性が必要で、継続的に契約を売買するにはコストがかかります。

>> オプション取引とは何か、その仕組みとは

3.  インデックスファンド・ETF

インデックスファンドは、市場を模倣する手軽な方法です。インデックスファンドには管理費がかかりますが、一般的な投資信託に比べて低いのが特徴です。国際インデックスファンドや債券インデックスファンドなど、お勧めのインデックスファンドの会社や種類は様々です。

ETF(Exchange-Traded Fund)は、インデックスファンドと同様に指数に連動しますが、取引所で株式のように売買されます。ETFの売買は、他の有価証券と同様に行うことができます。ETFの価格は、ファンド内のすべての原資産を考慮した純資産価値(NAV)を反映しています。

インデックスファンドやETFは、市場や経済の一部門を模して設計されているため、管理がほとんど必要ありません。これらの金融商品の優れた点は、投資信託のような分散投資を、はるかに低いコストで実現できることです。

ここでは、最もおすすめのインデックス投資をご紹介します

  • バンガードS&P 500 ETF
  • SPDR S&P 500 ETF トラスト
  • iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
  • SPDR ダウ工業平均トラスト ETF
  • SPDR ゴールド・シェア ETF
  • iシェアーズ・シルバー・トラスト ETF

人気のグローバル株式インデックス

アジア太平洋地域の株価指数

アジアやオーストラリアの株価指数は、時間帯が異なるため、英国や米国のトレーダーにはあまり人気がありません。しかし、通常とは異なる株取引の時間帯を受け入れることができる人や、日中仕事をしながら取引をしている人にとっては、興味深い指数です。

日本の株価指数-日経平均

日経平均株価は、東京証券取引所株価指数や日経平均株価とも呼ばれ、225社で構成され、日本の証券取引所で最も重要な株価指数となっています。

対象となる企業は、キヤノン、カシオ、富士フイルム、富士通、ホンダ、マツダ、ニコン、日産、パナソニック、サッポロ、スバル、スズキ、トヨタ、ヤフー、ヤマハなどです。

中国の株価指数(SSE総合指数、CSI30)

中国市場を見るとき、中国のインデックスであるSSE Composite Indexについて触れておきましょう。SSE総合指数は、上海証券取引所の業績を反映したもので、中国で最も広く使われている株価指数です。

中国のもう一つの株価指数にCSI300があります。CSI300は、上海株式市場において、国内の時価総額の大きい企業300社を対象とした指数です。

これらの株価指数は、国の首都である北京を指して「北京株価指数」と呼ばれることもありますが、国の証券取引所は上海にあります。

中国の第3の株式市場インデックスであるFTSE China 50は、上海証券取引所と深圳証券取引所から選ばれた50社を対象としています。

香港証券取引所の株価指数 – HSI50

もう一つの人気のあるアジアの株式指数は、香港のHSI50指数です。香港の株式市場のインデックスは、国内の時価総額の大きい50社で構成されています。

オーストラリアの株価指数ASX200

S&P/ASX200は、オーストラリアの時価総額上位200社を表しています。これらの企業は、オーストラリアの株式時価総額の82%を占めており、ASXはオーストラリアの株式市場の状況に合わせて取引を行うことができる手段の一つとなっています。

ASX200に上場している企業は以下の通りです。ANZ Banking Group、Blackmores、Commonwealth Bank、Coca-Cola Amatil、Caltex Australia、Domino Pizza、National Australia Bank、Qantas Airways、Telstra Corporation、Virgin Money、Westpac Banking Corp、Woolworths、Xeroなどがあります。

米国株式指数

DJ30 – ダウ・ジョーンズ工業平均

ダウ・ジョーンズ・インデックス(DJIA)は、米国内の証券取引所に上場している著名な米国株30銘柄で構成されています。3M、American Express、Apple、Caterpillar、Chevron、Cisco、Coca-Cola、DuPont、Exxon Mobil、General Electric、Goldman Sachs、JPMorgan Chase、Johnson & Johnson、McDonald’s、Merck、Microsoft、Nike、Pfizer、Procter & Gamble、Travelers、UnitedHealth Group、United Technologies Corporation、Verizon、Visa、Walmart、Walt Disneyの30銘柄です。

SP500 – スタンダード&プアーズインデックス

S&P500は、米国の証券取引所に上場している大企業500社の業績を測定するものです。その中には、3M、Adobe Systems、Alphabet、Amazon.com、American Express、Berkshire Hathaway、Boeing、Citigroup、Coca-Cola、eBay Inc、Exxon、FedEx、General Motors、General Electric、Goldman Sachs、Harley-Davidson、Hewlett Packard、Hilton、Intel、Johnson & Johnson、JPMorgan、Mastercard、McDonald’s、Nasdaq、Nike、Oracle、PayPal、PepsiCo、Salesforce、Starbucks、Twitter、Visa、Walmartなどが含まれています。

NQ100 – ナスダック株価指数

ナスダック100には、米国のテクノロジー部門の大企業100社が含まれています。当然のことながら、ナスダックは私たちがよく耳にするグローバルインデックスの一つであり、株価指数トレーダーから高い評価を受けています。

ナスダック100に代表される銘柄には次のようなものがあります。Adobe、Advanced Micro Devices、Alphabet Inc.、Amazon.com、Amgen、Apple Inc.、Autodesk、Cisco、Citrix、Ebay、Expedia、Facebook、Hasbro、Intel、Intuit、Marriott、Micron、Microsoft、NVIDIA 、Netflix、Tesla、Workday、などです。

欧州の株価指数

欧州の代表的な株価指数には、英国のFTSE100、ドイツのDAX、フランスのCAC40、ユーロ圏のさまざまな企業を代表するStoxx50などがあります。

英国の株価指数-FTSE100

世界で最も人気のある証券取引所の一つであるロンドン証券取引所には、独自の株価指数であるFTSE100もあります。FTSE(またはFootie)は、ロンドン証券取引所の100社を代表するもので、3i、 AstraZeneca、Aviva、BAE Systems、Barclays、 BHP、 BP、 British American Tobacco、 BUNZL、 Diageo、 easyJet、 Experian、GlaxoSmithKline、Glencore、HSBC、Just Eat、Lloyds Banking Group、Prudential、Reckitt Benckiser、Rio Tinto、Rolls-Royce Holdings、Royal Bank of Scotland、Royal Dutch Shell、Tesco、Unilever、Vodafone Group、などです。

ドイツの株価指数 – DAX 30

DAXは、フランクフルト証券取引所に上場している大手企業30社で構成される指数で、時価総額と出来高のオーダーブックに基づいて算出されます。このドイツの株価指数ドイツ取引所によって管理されており、価格は2006年1月1日以降、電子システムのXetraによって1秒ごとに計算されています。

ドイツはヨーロッパ最大の経済大国であることから、DAX30は海外のトレーダーに非常に人気のある指数です。

DAX指数に代表される企業は以下の通りです。Adidas、 Allianz、 BASF、 Bayer、 BMW、 Comerzbank、 Deutsche Bank、 Deutsche Telekom 、 Fresenius、 Henkel、 Infineon、 Linde、 Lufthansa、 MAN、 Metro、 RWE、 SAP、 Siemens、 VWなどです。

フランスの株価指数 – CAC 40

CAC40は、1988年6月15日に設立されたパリ市場の主要株価指数です。CAC40指数は、パリ証券取引所に上場している時価総額の大きい40社の株価から決定されます。

2003年12月1日以降、CAC40は、主要なグローバル・インデックスの運営方法に合わせて、浮動小数点時価総額方式を採用しています。これは、2003年12月1日以降、ある企業の市場で購入可能な証券の数が指数の計算に考慮されることを意味します。

CAC40インデックスに掲載されている企業の一部をご紹介します。Accor、Air Liquide、Airbus、ArcelorMittal、AXA、BNP Paribas、Capgemini、Carrefour、Danone、L’Oréal、LafargeHolcim、LVMH、Michelin、PSA、Renault、Sanofi、Sodexo、Total、などです。

ユーロ圏の株価指数 – STOXX 50

最後に、ユーロ圏の経済全体を取引することに興味があれば、使用できるインデックスがあります。

ユーロネクストは欧州地域の主要な証券取引所であり、ユーロネクストの株価指数(ユーロ・ストックス50指数)には、欧州地域の企業50社が時価総額に基づいて含まれています。

その他の欧州のインデックス

上記では、最も人気のある欧州の株価指数を紹介しましたが、他にも多くの欧州の株価指数があります。ここでは、それらを簡単にご紹介します。

  • ベルギーの株価指数:BEL20
  • ギリシャの株価指数:Athex20
  • デンマークの株価指数:OMX Copenhagen 20(またはKFX)。
  • オランダの株価指数:AEX25
  • フィンランドの株式指数:OMX Helsinki 25 (OMXH25)
  • アイルランドの株価指数:ISEQ
  • イタリアの株価指数:FTSE MIB
  • ルクセンブルクの株価指数:LuxX
  • ノルウェーの株価指数です:OBX25
  • ポルトガルの株価指数:PSI 20
  • スペインの株価指数:Ibex35
  • スウェーデンの株式指数:OMXストックホルム30(OMXS30)
  • スイスの株価指数:SMI20

米国、欧州、アジア太平洋地域の株価指数を取引するには、まず取引アプリをダウンロードする必要があります。朗報は、世界で最も人気のある取引プラットフォームであるMT4とMT5を、完全に無料でダウンロードできることです。

株価指数の仕組み

インデックスは、特定の市場や資産をフォローするために設計されています。インデックスの構成銘柄は、バスケットと呼ばれるものに集められています。例えば、ダウ工業平均インデックス (DIJA)に投資する場合、インデックスバスケットに含まれる30銘柄の株式を購入することになります。実際には30社の株式を保有することになります。

インデックス加重

インデックス加重とは、インデックスバスケットの株式をどのように配分するかということであり、基本的にはインデックスの設計方法です。例えば、価格加重型のインデックスでは、価格に応じて各銘柄の株式数が異なります。例えば、20ドルの銘柄は1株ですが、5ドルの銘柄は4株で20ドルの銘柄と同じになります。

もう一つのタイプのウェイト付けは、時価総額に基づくものです。時価総額加重インデックスの各銘柄の株式は、発行済み株式の市場価値に基づいています。また、収益加重型、ファンダメンタルズ加重型、さらには浮動株調整型のインデックスもあります。

株式投資で知っておきたいポイント

  • インデックスは、市場全体を購入する間接的な方法インデックスは、特定の市場や資産をフォローするように設計されています。
  • 負けを認めることで、勝つことができる個々の銘柄を選んでも、おそらくインデックスを上回ることはできないでしょう。
  • 株価指数は、投資家の間でますます人気が高まっている:ほとんどのヘッジファンド・マネージャーは、自分のポートフォリオに株価指数を入れています。
  • 株価指数は、さまざまな資産クラスで利用できる:投資家は、資本金が小、中、大の企業に焦点を当てたインデックスや、テクノロジーやエネルギーなどのセクターに焦点を当てたインデックスを取引することができます。

インデックス投資のメリット

インデックスは、株式市場に参入しなくても、特定の市場やセクターへのエクスポージャーを得ることができる優れた方法です。適切なインデックス・バスケットを購入することで、市場、セクター、サブセクターの全体的なパフォーマンスにエクスポージャーを得ることができます。

  • 個々の株式は上昇したり下降したりするが、インデックスは長期的に上昇する傾向がある:株式インデックスでは、弱気になっているときにリターンを得ることはできません。しかし、単一の投資では、市場が上昇したときに沈んで現金を失うこともありません。また、S&P500は1928年以降、年平均10%近いリターンを記録しています。
  • 株式インデックスは、リターンを侵す手数料が少ないインデックスは、マネージドアカウントよりも手間がかからないため、取引コストが低いといえます。誰かが財務諸表を研究し、何を買うべきかを判断するためにお金を払っているわけではありません。

>> コストを検証する。株式デモトレード口座を開設し、仮想資金で実際の市場環境下でのインデックス投資をシミュレーションする

  • 株価指数は、ポートフォリオの分散に役立つ:株式インデックスは、リスクを分散し、投資家は保守的な投資とリスクの高い投資の間でより多くの選択肢を得ることができ、また、より幅広い産業や資産クラスの組み合わせが可能になります。インデックス投資では、すべての卵を1つのバスケットに入れないようにします。
  • リスクが低い指数は地政学的イベントや経済予測、自然災害などの要因によっても変動することがありますが、指数が10%下落したり上昇したりすることは、すでに歴史的な大事件であり、しばしばニュースで取り上げられます。
  • 倒産のリスクがない個別企業と異なり、インデックスは倒産することがありません。DAX30の構成銘柄が倒産した場合、ドイツを代表する企業の31番目の企業がその代わりを務めます。ただし、この企業の株式を保有している場合は、自動的に投資額が減ります。

まとめ

インデックス投資は間接的にしか行うことができませんが、インデックス投資用の投資信託やETFは、現在では流動性が高く、保有コストも安く、手数料がゼロの場合もあります。これはインデックス投資に最適なオプションです。自分でインデックスを作るには、適切なポートフォリオの調査と構築に時間と労力がかかり、導入にはコストがかかります。デリバティブ取引には専門的な知識が必要で、先物・オプション取引の認可を受けた信用取引口座が必要な場合が多く、ポジションが失効した場合にはロールオーバーする必要があります。

FAQ:

インデックス投資はおすすめですか?

インデックスファンドは、投資家が人気のある株式市場や債券市場のインデックスを低コストでフォローすることができるのが最大の特徴です。多くの場合、インデックスファンドは、アクティブ運用されている投資信託の大半をアウトパフォームしています。

インデックス投資の利回りはどのくらいですか?

魅力的なリターン – すべての株式と同様に、S&P 500は変動します。しかし、長い間、S&P 500のリターンは毎年約10%です。これは、インデックスファンドが毎年儲かるということではありませんが、長期的には平均的なリターンとなっています。

毎月10万円のインデックス投資でいつ億万長者になれますか

毎月10万円を積み立てれば、平均的なインデックス投資の利回りである年10%を考慮すると、約20年で億万長者になれます。

インデックス投資で損をすることはありますか

金融の世界に確実なものはありませんが、インデックスファンドがその価値をすべて失ってしまう可能性はほとんどありません。

- Advertisement -spot_img
Latest Articles