Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

日経平均株価(日経225)とは

日経平均株価(日経225)は、市場価格の変動が大きく、日々の変動も大きいことから、トレーダーに人気のある指数です。日経平均株価は、さまざまなデリバティブ商品の原資産となっています。日経平均株価は、他の主要な株価指数に比べて出来高や変動が大きいことで知られており、短期的な値動きから利益を得ようとする多くのデイトレーダーが集まります。

今回は、初心者向けに日経平均とは何か、インデックス投資の始め方を解説します。

日経平均株価とは

日経平均株価は、東京証券取引所(TSE)で取引されている最も流動性の高い大型株を対象としており、一般的には「日経平均株価」と呼ばれています。1950年に設立された日経平均株価は、日本の株式市場の主要な指標であり、ベンチマークとしての役割を果たしています。

日経平均株価は、「日経ダウ・ジョーンズ株価指数」とも呼ばれ、日本の株式市場で最もよく引用される指数です。年に一度、10月初旬に見直しが行われ、テクノロジー、消費財、金融、資本財、材料、輸送、公益事業など、さまざまな産業分野の国内企業225社で構成されています。有名なところでは、ソニー、キヤノン、日産自動車、パナソニック、トヨタ自動車、本田技研工業などがあります。日経平均株価は全体で36の異なる産業の企業で構成されています。

パフォーマンスの背景

日経平均は、指数関数的に成長する傾向があるわけではありません。1989年12月29日、日経平均は日中に38,957.44という歴史的な高値を記録した後、38,915.87で取引を終えました。それまでの10年間、日経平均株価は6倍に成長しましたが、その成長分を取り崩しました。特に、2009年3月10日の日経の終値は7,054.98で、1989年のピークから実に81.9%も下落しています。

2011年3月15日、東北地方を襲った巨大地震の2営業日後、日経平均株価は10%以上下落し、8605.15と1015ポイントの下落となりました。その後も日経平均は下落を続け、11月25日には8160.01という最安値を記録しました。この年の日経平均株価は17%以上下落し、8455.35で終了し、30年以上ぶりの年末の最安値を記録しました。

日経平均株価は、価格加重型の株式指数です。企業の順位は株価で決まるため、時価総額で計算する他の主要な指数とは異なります。

1950年9月(遡って1949年5月)から算出されているアジアで最も古い指数で、一般的には「日経平均」「日経株価」「日経アベレージ」とも呼ばれています。毎年9月に指数の見直しが行われ、10月に変更が実施されます。

日経平均の計算式

日経平均株価は、世界で最も人気のあるダウ平均株価と同様に、株価の高い銘柄ほど比重が高くなる「価格加重型」の指数です。

日経平均株価は、東京証券取引所の取引時間中に5秒間隔でリアルタイムに算出されます。

この指数は、構成銘柄の株価を推定額面で調整したものの合計を除数で割った加重価格平均で算出されます。

日経平均株価=修正株価÷除数の合計

割り算を用いる方法を「ダウ調整」と呼びます。割り算は、市場の動きとは直接関係のない外部からの影響を排除することで、指数の連続性を保つために用いられます。

日経平均構成銘柄の見直しは、年に一度、10月初旬に行われます。見直しの際に考慮される主な基準は、市場の流動性とセクターバランスです。

日経平均株価がどのようなもので、どのように計算されているかを理解した上で、インデックス投資で日本の株式市場に触れる方法を理解しましょう。

日経平均の取引と投資

インデックス投資は、セルフ・インデックス、インデックス・デリバティブ、インデックス・ファンド&ETFのいずれかによって、間接的にしか達成できません。

1.    日経先物

指数先物は、株価指数を将来の特定の日時・価格で取引するためのデリバティブ商品です。従来、指数先物は、機関投資家が証券会社やCFD業者、さらには国内外のFXを利用して市場にアクセスし、直接先物取引を行うものでした。しかし、現在では、CFD(Contract for

Difference)を利用して、指数先物の値動きを推測しながら取引を行うことができます。

すべての主要な指数には、対応する先物契約が先物市場で取引されています。ダウ先物、S&P500先物、ナスダック先物、そしてもちろん、日経先物です。

指数先物は、他のすべての先物契約と同じ方法で取引されます。契約を売買する際には、あらかじめ決められた日に特定の価格で決済するように交渉します。基本的には、CFDと呼ばれる金融商品を使って、指数先物の価格が上昇するか(ロング)、下落するか(ショート)を予想して取引を行います。他の先物市場と同様に、指数先物はレバレッジ商品であり、契約額のわずかな額の証拠金で取引を開始することができます(証拠金取引)。これにより、市場への露出度は高まりますが、同様に潜在的な利益や損失も、ポジションサイズ全体に基づいているため、拡大することになります。

>> 先物取引の仕組みを知る

2.    日経CFD

また、CFDを使って現物の指数を取引することもでき、これをスポット取引といいます。これはデイトレードに向いています。

日経225を取引するためにCFDを使用すると、従来の取引所を介さずにロングまたはショートを行うことができます。CFDブローカーと直接取引します。

日経平均の予測・予想を肯定的に見ても否定的に見ても、将来の値動きが上向きか下向きかのどちらかで利益を得ようとすればいいのです。

流動性の高い取引商品で構成されているため、出来高やボラティリティーが高く、世界中のCFDトレーダーに人気のある日経平均株価です。

>> CFD取引の仕組みを知る

3.    日経ETF

日経平均の各銘柄を個別に購入して運用するのは、コスト的にも現実的ではなく、税金面でも大きな影響があります。個人投資家は、原資産が日経平均に相関するインデックスファンドや上場投資信託(ETF)を通じてエクスポージャーを得ることができます。

インデックスファンドとは、特定のインデックスに含まれる証券のすべて(または代表的なサンプル)を保有し、そのベンチマークのパフォーマンスに可能な限り一致させることを目的としたミューチュアルファンドやETF(上場投資信託)の一種です。

>> インデックスファンドの買い方

ETFは、一日の終わりに価格が決定される投資信託とは異なり、一日中取引が行われるため、株式のように価格が変動します。投資信託と同様に、1つの投資で分散投資ができ、積極的に運用されるファンドに比べて経費が少ないのが特徴です。

>> ETFと 投資信託の違い

東京証券取引所では、いくつかの日経ETFが取引されています。ブラックロック・ジャパンの「iシェアーズ日経225 ETF」、野村アセットマネジメントの「日経225連動型上場投信(NTETF)」、大和アセットマネジメントの「ダイワETF日経225」などがあります。

これらのETFを取引するには、米国の取引所に上場していない投資対象を売買できる証券会社に口座を開設する必要があります。Fidelity InvestmentsやE*Trade Financial Corp.(ETFC)などのディスカウント・ブローカーが海外取引口座を提供しています。

各国の市場でETFを取引するには、複雑な点があります。東京証券取引所に上場しているETFは円建てです。日経平均のパフォーマンスを監視するだけでなく、ドル円(USD/JPY)の為替変動も考慮しなければなりません。

また、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、イタリア、シンガポールでは、日経平均に連動するETFを提供しており、中には東京証券取引所に上場しているものもあります。

>> ETFとは

4.    日経オプション

日経225オプションは、設定された日に設定された価格で日経平均株価を売買する権利を与える契約であり、義務ではありません。

先物契約と同様に、オプションにも有効期限があり、有効期限が近づくとポジションを新たな契約に繰り上げなければ、インデックスへの追従ができなくなります。これには計画性が必要で、継続的に契約を売買するにはコストがかかります。

>> オプション取引の仕組みを知る

日経平均のショートの仕方

日経平均の空売りとは、日経平均が下落するというポジションを取ることです。これには、日経平均先物を空売りするか、構成銘柄を空売りする方法があります。また、日経平均連動型上場投資信託(ETF)を空売りする方法もあります。オプションについては、日経平均株価が過大評価されていると判断した場合、日経平均株価のプット・オプションを購入したり、日経平均株価ETFのプット・オプションを購入したりすることができます。

>> 空売りについてもっと読む

日経平均の取引時間

各企業は、日本の主要な証券取引所である東京証券取引所(TSE)に上場しており、月曜日から金曜日までのスケジュールで取引が行われています。主な取引時間は9:00〜11:30、12:30〜15:00(GMT+09:00)で、週5日の取引となっています。

日経平均の推移

Nikkei 225 historical data

日本経済新聞社が管理・運営する「日経平均株価」は、1950年9月7日に現在の形で発表されました。

歴史的に見ると、日経平均株価は1989年12月に38,915.87の史上最高値を記録しました。また、日経平均株価の史上最安値は1950年7月の85.25でした。

その他、日本の主要な金融指標の節目となる日には、以下のようなものがあります。

The list of other milestone dates for the Japan’s major financial index

2018年11月13日(火)、日経平均は前場の22,270円から459ポイント(2.06%)減の21,811円となりました。

最新の日経平均のトレンドを追うために、日経平均ライブチャートを確認し、最新の日経平均予測を確認しましょう。当社のアナリスト記事では、日経平均とその構成銘柄に関する深い洞察を提供し、取引に役立てています。

nikkei225の価格に影響を与えるものとは

日経平均株価は、その構成企業の株価によって動きます。指数に最も影響を与える要因としては、以下のようなものがあります。

  • 通貨価格:日本は輸出主導型の経済であるため、国内の通貨の強さが株式の価格を決定する主な要因となります。円高になると、日本製品の国際競争力が低下し、株価が下落する可能性があります。逆に、円安になると海外での需要が高まり、収益が増加して日経平均が上昇することもあります。このように、円と日経は逆相関の関係にあると言えます。
  • 経済データ:他の指数と同様に、政治・マクロ経済の背景に影響を与える経済指標は、指数を直撃する可能性があります。そのような指標の一つが米国の非農業部門雇用者数データであり、これは日経平均とダウ平均の相互関係を示しています。また、成長期や高雇用率の時代には、個人消費が伸び、特定の銘柄が買われることがあります。
  • 自然災害:日本の自然災害の多さは、日経平均に大きな影響を与えます。例えば、2011年の東北地方太平洋沖地震と津波は、大規模な暴落を引き起こし、日経平均は翌日には7%以上下落しました。
  • 中央銀行の政策:日本銀行の政策は、日本の企業や消費者の借入コストや消費パターンに影響を与え、企業の収益や株価に影響を与えます。

過去の調査によると、ある取引日の日経平均のパフォーマンスは、その前の取引日のダウ・ジョーンズ指数のパフォーマンスを反映していることがわかります。この要素だけでも、トレーダーはダウ・ジョーンズ指数の過去のパフォーマンスに基づいて日経平均をどのように取引するかを知ることで、利益を得ることができます。

日経平均株価とは

日経平均株価、Nikkei225(にっけいへいきんかぶか)とは、東京証券取引所(TSE)の株価指数です。日本経済新聞社が1950年から毎日算出している株価指数で、日本円で計算され、年に一度、構成銘柄が見直されます。日経は、幅広い産業分野の日本の大規模な上場企業225社の業績を測定しています。

日経平均に連動する原資産に投資して、日本の株式市場に広くエクスポージャーを求めるならば、ETFが良いでしょう。特に、米国上場のドル建てMAXIS日経225インデックスETFは、大きな価値と分散の可能性を秘めています。デイトレード(スキャルピングを含む)に興味がある場合は、CFD取引が最適です。スイングトレードには、先物取引が適しているでしょう。

追加情報

よくある質問

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles