Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

株式投資初心者入門

Home株式投資初心者入門

株式投資は資産を増やすのに最適な方法です。しかし、実際にはどのように始めればよいのでしょうか?以下のステップに従って、株式投資の始めと、株式投資お金を稼ぐための最適な戦略を勉強しましょう。

株式投資 始め方

株式投資とは

基礎編

株式投資とは、公開されている企業の所有権を意味する小さな株を買うことです。その小さな株は会社の株式として知られており、それに投資することで、その会社が長期的に成長し、業績が向上することを期待するのです。そうすれば、自分の株の価値が上がり、他の投資家が自分の支払った金額よりも高い金額で買い取ってくれるかもしれません。つまり、株式を売却すれば利益を得ることができるのです。

初心者が株式投資を始めるのに最適な方法の一つは、オンラインの投資口座にお金を入れておくことです。多くの証券口座では、1株分の価格で投資を始めることができます。

>> 証券口座をお持ちでない方へ証券口座とは何か、そしてどのように開設するのかをご紹介します。

魅力

1.    投資利益

株式投資の最大のメリットは、資金を増やすことができることです。株式市場は、個々の銘柄の価格が日々上下しながらも、時間の経過とともに値上がりしていく傾向があります。成長力のある安定した企業に投資することで、投資家は利益を得ることができます。また、多くの銘柄に投資することで、経済の各分野の成長を利用して資産を形成することができ、個別銘柄が値下がりしても利益を得ることができます。

初心者のための投資ガイド

2.    配当収入

株式の中には、配当という形で収入が得られるものがあります。すべての銘柄が配当を提供しているわけではありませんが、配当を提供している銘柄は、投資家に毎年配当を提供しています。この配当金は、株式の価値が下がった場合でも支払われ、株式を売却して得られる利益に加えて、収入となります。配当収入は、退職後の生活資金や、長期的に投資ポートフォリオを拡大していく際の投資資金になります。

>> 高配当はこちら

3.    オーナーシップ

株式を購入ということは、購入した企業の所有権を得るということです。つまり、株式市場への投資は、企業のオーナーの一人としてのメリットももたらします。株主は、企業の役員や特定のビジネス上の決定に対して投票できます。また、株主は会社の詳細を知るために年次報告書を受け取ります。自分が働いている会社の株を持つことは、その会社への忠誠心を表し、自分の経済的な余裕を会社全体の成功に結びつける方法でもあるのです。

>> 米国株の買い方

株式投資を始める方法

ステップ1 – 株式投資の方法を決める

株式投資を始めるにはいくつかの方法があります。あなたの株式投資の方法と、投資する銘柄の選択にどの程度関与したいかに応じて、以下の選択肢からお選びください。

投資戦略を決定する際に考慮すべき主な点は、時間軸、財務目標、リスク許容度、納税額、時間的制約です。これらの情報をもとに、投資には大きく分けて2つのアプローチがあります。

パッシブ投資 バイ・アンド・ホールド方式の株式投資であるパッシブ投資は、時間をかけて最大の効率を得るために株式投資を管理する方法です。言い換えれば、プロに頼らず自分で行うことができるということです。バイ・アンド・ホールド戦略は、投資対象を購入し、できるだけ長く保有することに重点を置いています。市場のタイミングを計るのではなく、市場での時間を計るのです。

アクティブ投資市場の状況に応じて、売買を必要とする能動的な株式投資の手法です。自分で行うこともできますし、プロのマネージャーに投資を管理してもらうこともできます。積極的な株式へ投資は、より頻繁に、特定の時間に売買することで利益を最大化することを期待するアプローチです。

投資方法が決まれば、次は口座の開設です。

ポイント:投資をする際には、手数料や関連コストに注意してください。手数料は投資を圧迫しますので、コストと手数料を比較しましょう。

ステップ2 – 株式投資口座の開設

一般的に、株式投資を始めるには、株式口座や証券口座が必要となります。

証券口座とは

証券口座とは、株式や債券ETFExchange Traded Fund投資信託などの投資対象を購入・保有するための口座です。証券会社に株式口座を開設すると、証券会社は投資家代わって市場で投資資産の売買を行います。また、証券会社は、あなたが株式投資口座で所有する有価証券の保管者でもあります。

株式投資の口座には、「現物口座」と「信用口座」の2種類があります。現物口座では、口座に預け入れたお金で株式投資を行います。

信用口座では、証券会社からお金を借りて株式投資のレバレッジをかけることができます。投資家の中には、より複雑な株式売買戦略を実行するために信用口座を利用する人もいます。

“信用買い “とは、お金を借りて投資商品を購入することです。借りたお金には利子がつき、購入した投資は担保になります。また、空売りをするには信用口座が必要となります。

信用取引にはリスクがあります。市場が下落し、信用取引で購入した投資が大きく値下がりした場合、証券会社はすぐに借金の返済を要求することがあります(これは「マージンコール」と呼ばれます)。また、口座の不足分を補うために、証券会社が投資商品を売却することもあります。

株式や債券、ETFなどを購入して保有したい場合は、現物口座があれば大丈夫です。

>> オススメのネット証券口座をまとめてご紹介

ステップ3 – 株式と株式ファンドの違いを知る

さて、いよいよ何に投資すべきか研究を始めましょう。株式市場にはさまざまな投資方法があり、知っておくべきことがたくさんありますので、調査に時間を費やす価値があります。

株式は、特定の企業に投資したい場合に検討する良い選択肢です。ただし、その企業がどのような業績を上げているのかを調べる必要があることを覚えておいてください。

  • 株式 – 株式とは、株主に特定の企業の所有権の一部を購入する機会を与える証券のことです。優良株成長株ペニー株など、さまざまな種類の株式がありますので、自分の選択肢を理解し、予算や投資目標に合ったものを選ぶようにしましょう。

自分で運用したい方や、プロに運用してもらいたい方には、ETFや投資信託、インデックスファンドなどがお勧めです。

  • Exchange-Traded Funds (ETF) – ETFは、投資家が、証券取引所で取引されている株式、債券、または資産に投資することができる上場投資商品の一種です。ETFには2つのタイプがあります。指数連動型ETFと積極的運用型ETFです。指数連動型ETFは、S&P500のような特定の証券指数に連動し、その指数に含まれる証券に投資します。積極的運用型ETFは、指数によらず、投資目的を達成するために、その目的に合致した有価証券のポートフォリオに投資し、アドバイザーが管理するものです。
  • ミューチュアル・ファンド(投資信託) – この投資手段もまた、投資家が資金をプールして様々な資産に投資することを可能にするものであり、その点では一部のETFと似ています。しかし、ミューチュアル・ファンドは、常にファンドマネージャーによって積極的に管理されています。ほとんどのミューチュアル・ファンドは、ボンド・ファンド、マネー・マーケット・ファンド、ストック・ファンド、ターゲット・デート・ファンドの4つの主要カテゴリーのいずれかに分類されます。
  • インデックスファンド – このタイプの投資手段は、S&P500などの特定の指数に連動するように設計されたミューチュアルファンドです。インデックスファンドは、特定のインデックスに掲載されている様々な企業の株式や債券に投資します。

様々な種類の投資手段に精通し、それぞれの証券のリスクと報酬を理解しておきたいものです。例えば、株式は儲かる反面、非常にリスクが高いものです。先に述べたように、ミューチュアル・ファンドはアクティブに運用されるのに対し、インデックス・ベースのETFやインデックス・ファンドはパッシブに運用されます。

>> ETFと投信の違い

アクティブなアプローチとパッシブなアプローチでは、お客様のコストと責任が異なりますので、この点に留意してください。ミューチュアル・ファンドはプロが管理しており、手数料が高い場合があります。ETFやインデックスファンドの場合は、自分で購入することができるので、手数料が安い場合もあります。多様なポートフォリオを持つことで、リスクに備えることができ、すべての資金を一つの銘柄に投資する心配が無くなります。

ポイント: 個別銘柄で分散したポートフォリオを構築するのは、特に投資を始めたばかりの人にとっては時間がかかります。そこで専門家は、初心者の投資家には、一度に多くの銘柄を選択できるミューチュアル・ファンド、インデックス・ファンド、またはETFに注目することをお勧めしています。

ステップ4 – 株式投資の開始

株式投資には様々な戦略やアプローチがありますが、最も成功している投資家の中には、基本に忠実であることを心がけている人もいます。ウォーレン・バフェット氏は、低コストのS&P500 ETFが多くの人にとって最高の投資であると述べていますが、これは一般的に、ポートフォリオの大部分をファンドで運用し、長期的な成長が見込める場合にのみ個別銘柄を選択することを意味します。

個別株に魅力を感じるのであれば、株の調査・研究を学ぶことは時間をかける価値があります。

ここでは、上述した2つのポイントを意識して、投資銘柄の見極めポイントを簡単にまとめてみました。ストックスクリーナーを使って、以下の条件に合う銘柄を探しましょう。

  • 配当利回りは5%を超えているが、配当性向は100%を下回っている。
  • 平均出来高は30万株以上であること。
  • 価格は2ドル以上、ペニー株はなし。
  • 上場日が1年以上前で、上場後10年以上経過している銘柄が優先されます。
  • PERがゼロより大きい(会社が利益を出していることを示す)。例えば、ゼロより大きく5以下の低PERの銘柄を探すことを検討してください。また、フォワード PERが現在のPER(株価収益率)よりも低い銘柄も検討してください。これは、収益が増加することが予想されることを示しています。
  • 営業利益率10%以上 であること。

上記のフィルターに基づいて銘柄をスクリーニングすると、トレードの候補がリストアップされます。

上記のスクリーナーで作成した銘柄のチャートを表示します。次の株式投資の基準は

  • 主要な長期のサポートエリアでのみ株を買うことが大切です。高い価格ではなく、(過去の値と比較して)比較的安い価格で株を買いたいものです。投資取引ではストップロスは必要ありませんが、その銘柄の状況が改善されない場合に損切をする価格を考えておくべきです。投資といっても、期待通りの結果が得られなければずっと持ち続けるわけではありません。

また、利益の出ている取引からどのように撤退するのか、撤退計画を立てておきましょう。どのように、そしてなぜ終了するのかを明確にしましょう。トレードに参加するためにサポートエリアを利用したら、長期的なレジスタンスレベルのすぐ下でエグジットすることも考えられます。取引を終了したら、その後の株価の動きは気にしないようにしましょう。資金を受け取って他の銘柄に投資し、上述のように同じプロセスを繰り返します。

ここで、株式投資の始め方の最後の指針を紹介します。

  • サポートラインで購入し、レジスタンスラインのすぐ下で撤退する場合、アップサイドの可能性がダウンサイドのリスク(0ドルまで)を少なくとも2:1で上回る必要があります。つまり、5ドルで購入した場合、15ドル以上で株を売ることが合理的にできるはずです。最悪のケースでは1株5ドルの損失を出しますが、基本的には、1株10ドル以上の利益を出すことは十分に可能です。これをリスク・リワード・レシオといいます。

株式投資で儲けるには?

株式投資は、他の投資に比べてリスクが高い反面、高い収益を得られる可能性があります。株式投資家は、主に3つの方法で利益を得ています。

  • 所有している間に株の価格が上がり、買った時よりも高く売れた場合。
  • 配当金を獲得する場合。配当は、株主への定期的な支払いです。すべての銘柄配当を行っているわけではありませんが、配当を行っている銘柄は、通常、四半期ごとに行われています。
  • 所有している間に原資産である通貨の価格が上昇し、売却後に資金を変換して戻す場合。

過去100年間、株式市場は年平均10%のリターンを記録してきました。ここで重要なのは「平均」という言葉です。特定の銘柄ではなく、市場全体の平均であるだけでなく、ある年の市場のリターンは10%より低くも高くもなり得るのです。

現在、株式市場への投資を目的としたアドバイスの多くは、外国や国内の個別銘柄を選ぶことに重点が置かれており、原資産である通貨の質は重要視されていません。

これは、ある程度の分散効果をもたらしますが、今持っている通貨よりも優れた通貨に分散しているかどうかを考慮していません。他の通貨に分散する目的は、長期的に上昇する可能性が最も高い株式市場に参加することです。

当たり前ですが、悪い通貨に投資をすると為替の影響を被り、悪い投資になってしまいます。

例えば、日本の株式市場の投資家のケースを考えてみましょう。あなたのポートフォリオが過去数年間、日本通貨(JPY)ベースでうまくいっていたとしても、米ドルや米ドル建ての商品など、他の主要な通貨や商品に対しては、あまりバラ色の状況ではありません。私たちは皆、輸入品を使っているので、日本円のような下落している通貨で株式を保有していると、購買力や富が溶けていくことになります。例えば、日本円に株が集中しすぎている人は、気づいているかどうかにかかわらず、数え切れないほどのペナルティを受けているのです。

自分を守るためには、できるだけ多くの株式を、長期的に実質的な価値を維持したり、高くなったりする可能性の高い通貨建てにして、それに伴ってポートフォリオを引き上げる必要があります。なぜなら、間違った通貨で建てられた投資は、良い株式投資でも、悪い株式投資になる可能性があり、その逆もまた然りだからです。

株式投資とは、まず自分のポートフォリオに組み入れたい通貨を特定し、その通貨に自分のポートフォリオの何割かを割り当て、最後にその何割かを個々の銘柄(株式や株式ファンド)を選択する。これが基本的な考え方です。もちろん、購入する株式やインデックスの品質と通貨の品質を比較検討する必要があります。

ここでは、2倍の利益を得るための正しい方法で株式投資を始めるための手順を、より詳しくご紹介します。

ステップ1:適切な通貨を選択する

  • 通貨市場の週足・月足チャートや代表的な通貨インデックスを、保有予定期間に合わせて検討する。株式を数ヶ月から数年にわたって購入・保有しようと考えているのなら、過去数年間のトレンドを確認したいものです。また、FXとは何か、どのような仕組みなのかなども参考にしてください。
  • その期間中、最も健全な上昇トレンドを持つ通貨を選択しましょう。サポートについては、FX投資の方法をお読みください。
  • 基礎となる国の経済のファンダメンタルズは、比較的良好な成長、あるいは少なくとも国内総生産(GDP)に対する負債の比率が一貫して低く、予算や貿易の赤字が拡大することなく、財政規律の文化があり、この傾向を支えていることを確認してください。マクロ経済指標の読み方も参考にしてください。

ステップ2 – 各通貨にポートフォリオの割合を割り当てる

長期的に見て上昇する可能性の高い通貨建て、またはその通貨に連動した収益商品に、ポートフォリオの何%かを割り当てます。

ステップ3 – 一定の割合の露出を提供する個々の株式を選択する

そして、その通貨で建てられた特定の資産を購入し、ポートフォリオの一定部分を適切な通貨とその通貨の資産の両方で構成するようにするのです。調査方法は、株式や債券、FXやコモディティなどの購入方法と同じです。唯一の違いは、通常のスクリーニング基準に加えて、国や通貨ごとに、証券取引所に上場している株式や、インデックスやCFD(CFD取引を希望する場合は、従来の株式取引よりも柔軟性がありますが、リスクも高くなります)の中から、投資基準を満たすものをスクリーニングすることです。

ケーススタディ:FXのトレンドを株式投資に活かす

3年前、ある日本人投資家Aが、東京証券取引所以外の場所で、自分のポートフォリオに通貨ダイバージェンスを求めることを決め、100万円を米ドルに換えて、ニューヨーク証券取引所に上場している米国を対象としたSP500指数を構成する米国株バスケットに投資したとします。また、友人の日本人投資家Bは、同じ金額を東京証券取引所に上場している日本株(日経平均株価)に投資しました。

注:以下では、比較のために米国と日本の配当が主要国の株価指数と同じ方向に動くことを前提としており、配当による利益や手数料などは考慮していません。

明らかに、米ドル円には強力で全体的に非常に安定した上昇トレンドがあります。以下はその数字です*。

  • USDJPY、2011年1月1日。82
  • USDJPY、2021年1月1日:105
    変更します。+2300pips
    変化率+28%

過去10年間、通貨の上昇(円安)だけで、投資家Aは投資家Bよりも28%多く利益を得ています。

もちろん、通貨が上昇すればいいというわけではありません。その通貨に適した投資をしなければ、やはり負けてしまう可能性があります。

いずれにしても、相対的な通貨のパフォーマンスを見ると、米ドル建ての資産が最も良い投資先のように見えます。

例えば

10年前、投資家Aは100万円を米ドルに換え、それをS&Pコンポジットインデックスやニューヨーク証券取引所に上場している類似の株式バスケットに投資した。

  • 100万円を2011年初頭に米ドルに換算すると、およそ12,000ドルになります。
  • その12,000ドルを株式に投資した結果、約(12,000ドル×27%のSP500の1300ポイントから3700ポイントへの上昇)になりました。結果、34,000ドルのプラスとなりました。
  • その34,000ドルを10年後に日本円に換算すると次のようになります。($34.000×105 USDJPYレート):350円(+250%)

10年前、投資家Bは1億円を日経平均株価や東証の類似銘柄に投資しました。

  • 2011年初めに日経平均に投資した100万円は、約280円(+180%)になりました。
  • 差額は 70です。

つまり、米国通貨で株式を購入した投資家Aは、通貨と株式の両方のトレンドから350万円の利益を得たのに対し、日本円で株式を購入したNo.2の投資家は280円のみの利益を得たということになります。

株式投資の始め方【ステップ・バイ・ステップ・ガイド2021年版】

株式市場で成功するコツは、通貨が上昇している国と、株価が上昇している国の両方を見つけることです。昨年の月足と週足のチャートを使い、為替ペアと世界の主要株価指数の両方を見ていきます。

正しい株式投資をしているのに、間違った通貨を使っているのは、強い流れに逆らって泳いでいるようなものです。自分では進んでいると思っていても、流れに引き戻されてしまい、せっかくの株式投資の選択が台無しになってしまうのです。

逆に言えば、適切な株式投資と適切な通貨の両方を持っていることは、流れに乗って泳ぐようなもので、投資がうまく泳げれば上達も早いし、泳げなくても通貨の上昇という流れに乗って価値を上げることができるのです。

つまり、株式投資が最高のものでなくても、それが適切な通貨にリンクしていたり、適切な通貨建てであったりすれば、純資産は正しい方向に動いていくのです。

強い配当のある株を安く買うことが大切です。株が永遠に高くなることはありませんし、叩き売られた株が永遠に安いままであることも通常ありません(何か深刻な問題がない限り)。上述の基準を使って、投資すべき銘柄を見つけましょう。

残念ながら、保証はありません。上述した要因に基づいて、ある銘柄が素晴らしく見えても、価格が下がり続けることがあります。上記の記事では、多くの銘柄に当てはまる傾向を説明していますが、単一の銘柄がその傾向に反することもあります。上記のリストは、株式投資を行う理由の要約であり、価値のある価格をつけている可能性のある銘柄を見つけるための基本的なスクリーニングです。この方法で分析した30銘柄のうち、投資する価値があるのは1~2銘柄です。

この記事は、あなたの株式投資分析の出発点となるものです。株式とは何か、どのように株式に投資するのかを理解することは重要ですが、もしお困りでしたら、FXマスタークラス(クリックすると概要が表示されます)をご利用ください。このクラスは、FXにあまり興味のない長期投資家、つまり、長期的に価値を維持し、価値が上がる可能性の高い通貨建ての資産に分散投資することで、通貨リスクを減らし、リターンを高めようとする投資家のためのクラスです。

>> 無料でコースに参加する

100,000ドルのバーチャルキャッシュでシミュレーションをする

最高の無料株式シミュレーターで、あなたのトレーディングスキルを試してみましょう。何千人ものトレーダーと競い合い、トップを目指してトレードしましょう!まずは、仮想環境でトレードを磨き、実際の市場に参入するために、取引戦略を練習するのです。

>> リスクフリーで株式口座を今すぐ開設する

株式投資に関するFAQ

日本以外の国に住んでいても、証券口座を開設できますか?

日本に住んでいても、海外の証券口座を開設できますか?

初心者向けの株式投資についてアドバイスはありますか?

上記の株式投資の始め方に関するガイダンスは、すべて新しい投資家に向けたものです。しかし、すべての初心者投資家に伝えるべきことを一つ選ぶとしたら、それは次のようなことです。投資は見かけほど難しくもなく、複雑でもありません。

それは、あなたを助けるツールがたくさんあるからです。中でも、初心者が簡単かつ低コストで株式市場に投資できる「株式ファンド」がお勧めです。S&P500ファンドや日経225ファンドは、米国の大手企業500社や日本の大手企業225社の株式を少しずつ購入できるので、まず始めてみるとよいでしょう。

結論から言うと高度な専門知識を必要としない、初心者向けの投資方法はたくさんあります。

お金があまりない株式投資できますか?

少額の資金を投資するには2つの課題があります。どちらも簡単に克服できます。

1つ目の課題は、多くの投資には最低投資額が必要なことです。2つ目の課題は、少額の資金を分散させるのが難しいことです。分散投資とは本来、お金を分散させることです。資金が少なければ少ないほど、分散させることが難しくなります。

その両方を解決するのが、株式インデックスファンドやETFへの投資です。ミューチュアル・ファンドは最低1,000ドル以上必要な場合がありますが、インデックス・ファンドの最低投資額は低い傾向にあります(また、ETFはさらに低い可能性のある株価で購入します)。

最後に、投資は長期的なゲームなので、短期的に必要になるかもしれないお金を投資すべきではありません。これには、緊急時のためのキャッシュも含まれます。

は初心者に適した投資ですか?

はい、最低でも5年間は投資したままにしておくことに抵抗がなければいいのです。なぜ5年なのか?それは、株式市場の低迷が5年以上続くことは比較的まれだからです。

しかし、個々の銘柄を売買するよりも、株式投資信託に注目してください。投資信託では、1つのファンドの中で多くの銘柄を購入することができます。

個別銘柄で分散したポートフォリオを構築することは可能です。しかし、ポートフォリオを管理するには、多くの調査やノウハウが必要で、時間がかかります。インデックスファンドやETFを含む株式投資信託は、その代行をしてくれます。

最高の株式投資とは何ですか

最高の株式投資は、インデックスファンドやETFなどの低コストの投資信託であることが多いと考えています。個別の株式ではなく、これらを購入することで、一度に株式市場の大部分を購入することができます。

インデックスファンドやETFは、S&P500やダウ平均などのベンチマークに連動するため、ファンドのパフォーマンスはベンチマークのパフォーマンスを反映することになります。S&P500のインデックスファンドに投資していて、S&P500が上昇していれば、利益も上昇します。

ファンドではなく個別株を売買する投資家は、長期的には悪い結果になることが多いと言えます。

投資先はどのように決めればよいのでしょうか?

どこに投資すべきかという答えは、自分の目標とする時間軸と、どの程度のリスクを許容するかという2つの点に集約されます。

まず、時間軸について考えてみましょう。退職後のような遠い目標のために投資をするのであれば、主に株式に投資すべきです(やはり、投資信託を利用することをお勧めします)。

株式に投資することで、資金は長期的に成長し、インフレ率を上回ることができます。目標が近づいてきたら、株式の配分を少しずつ減らし、一般的に安全な投資である債券を増やしていきましょう。

一方、5年以内の短期的な目標のために投資する場合は、株式には全く投資しないほうがいいでしょう。そのような場合には、短期投資を検討してみてください。

最後に、もう一つの要素である「リスク許容度」です。株式市場は上がったり下がったりしますが、もしあなたが後者の時にパニックになりやすいのであれば、少し保守的に、株式の配分を少なくして投資した方が良いでしょう。

どのような銘柄に投資すればよいのでしょうか?

私たちがお勧めするのは、株式投資信託やインデックスファンド、ETFを通じて多くの銘柄に投資することです。例えば、S&P500のすべての銘柄を保有するS&P500インデックスファンドなどがあります。

しかし、銘柄選択のスリルを味わいたいのであれば、それは不可能でしょう。しかし、ポートフォリオの10%以下を個別銘柄に投資することで、スリルを味わうこともできます。詳しくは現在のパフォーマンスに基づいた推奨銘柄の全リストを御覧ください。

株取引は初心者向けですか?

株式は多くの初心者投資家にとって素晴らしいものですが、この命題の「取引」の部分はおそらくそうではないでしょう。もしかしたら、すでにこの点は伝わっているかもしれませんが、改めてご説明します。私たちは、株式投資信託を使ったバイ・アンド・ホールド戦略を強くお勧めします。

それは、献身的で多くの研究を必要とする株式取引とは正反対のものといえます。株式トレーダーは、市場のタイミングを見計らって、安く買ったり高く売ったりする機会を狙う必要があります。

誤解のないように言っておくと、投資家の目的は安く買って高く売ることです。しかし、歴史的に見ても、投資信託のような分散投資を長期的に続けることができれば、そうなる可能性は高いといえます。積極的な取引は必要ありません。

- Advertisement -spot_img
Latest Articles