Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

株式市場とその仕組み

株式市場は、投資家が投資対象を売買するための場であり、最も一般的なものは、上場企業の所有権を示す株式です。投資家は、株式市場を通じて株式やその他の投資を売買します。

株式市場とは

「株式市場」という言葉は、多くの場合、ダウ・ジョーンズ工業株平均日経平均S&P500などの主要な株式市場指数を指します。すべての銘柄を追跡することは困難なため、これらの指数は株式市場の一部を含み、そのパフォーマンスは市場全体を代表するものとみなされます。

株式市場が下落したとか、株式市場がその日の終値で上下したとかいうニュースを目にすることがあります。これは多くの場合、株価指数が上下したことを意味しており、指数内の銘柄が全体として値上がりしたり値下がりしたりしたことを意味しています。株式を売買する投資家は、このような株価の動きによって利益を得ようとしているのです。

株式市場の仕組み

株式市場の仕組みはとてもシンプルです。株式市場はオークションハウスのようなもので、買い手と売り手が価格交渉をして取引をすることができます。

株式市場は、東京証券取引所ニューヨーク証券取引所をはじめとする証券取引所のネットワークによって運営されています。企業は、新規株式公開(IPO)と呼ばれるプロセスを経て、自社の株式を取引所に上場します。投資家がその株式を購入することで、企業は事業を成長させるための資金を調達することができます。投資家同士で株式を売買することができ、取引所は各上場株式の需要と供給を把握しています。

このような需要と供給によって、各証券の価格や、投資家やトレーダーといった株式市場の参加者が売買する際の水準が決定されるのです。一般的には、コンピュータのアルゴリズムがそれらの計算のほとんどを行います。

買い手は「ビッド」と呼ばれる最高額を提示しますが、これは通常、売り手の「アスク」との交換額よりも低くなります。この差を「ビッド・アスク・スプレッド」と呼びます。取引が成立するためには、買い手は自分の価格を上げる必要があり、売り手は自分の価格を下げる必要があります。

>>株式投資の方法について詳しくはこちら

歴史的に見れば、株式の取引は物理的な市場で行われていました。最近の株式市場は、インターネットやネット上の証券会社を通じた電子取引が主流となっています。取引は銘柄ごとに行われますが、ニュースや政治的な出来事、経済的な報道などによって、全体の株価が連動して動くことがよくあります。

株式市場の例

世界で最初の株式市場は、ロンドン証券取引所です。ロンドン証券取引所は、1773年に株式交換のために商人たちが集まっていたコーヒーハウスで始まりました。アメリカで最初の証券取引所は、1790年にフィラデルフィアで始まりました。1792年、ニューヨークのウォール街の始まりとなった「ボタンウッド協定」は、ボタンウッドの木の下で調印されたことからその名がつきました。この協定は、24人の商人が署名したもので、アメリカで初めての証券取引のための組織でした。その後、1817年にニューヨーク証券取引所と改称しました。

米国株式市場

米国の株式市場は、世界で最も大きく、最も人気のある市場です。米国の2大金融証券市場は、ニューヨーク証券取引所とナスダックです。

日本人が米国の株式市場に投資することはできますか?

はい、日本の投資家は米国の株式市場に投資することができます。もし日本の投資家が日経平均を超えた日本株への分散投資に興味があるのであれば、S&P500、ダウ工業平均、ナスダックなどの米国の上場企業に投資することができます。

>> 米国株の買い方

なぜ株式投資をするのか?

株式投資は、短期売買のようにすぐに満足したり、不満を感じたりすることはありませんが、短期売買に比べていくつかの明確な利点があります。

  • デイトレードでは、資金量の大きい口座を開設してもすぐに「制限がかかって」しまいます。ほとんどの市場には十分な流動性がないため、ポジションのサイズを無限に増やし続けることはできません。しかし、長期的な取引であれば、数日から数週間かけてポジションを獲得することができます。口座が大きくなればなるほど、最終的には投資を検討する必要があります。なぜなら、すべての資本を効果的に活用するためには、非常に短い時間枠の中では十分な株式や機会を見つけることができないからです。
  • 投資はパッシブインカム(不労所得)です。短期売買では、常にポジションを監視し、取引を終了し、新しい取引を開始する必要があります。投資は1年中あなたのために働いてくれますが、取引が始まってからは最小限の労力で済みます。
  • 投資は貯蓄計画として機能します。投資を行うためには支出を抑えざるを得ません。無駄なものにお金を使うのではなく、代わりに投資口座にお金を蓄えることができます。

株式市場に投資するには?

株式口座を通じて、どの株式市場でも個々の株式を購入することができます。口座はオンラインの証券会社で開設でき、それを通じて投資を売買することができます。証券会社(ストックブローカー)は、お客様と証券取引所の間の仲介役を務めます。

>>証券口座をお持ちでない方へ口座開設方法はこちら

どんな投資にもリスクはあります。しかし、株式は他の有価証券に比べて、より多くのリスクがあり、より多くの報酬を得られる可能性があります。市場の上昇の歴史は、分散された株式ポートフォリオが長期的に価値を高めることを示唆していますが、株式は突然の下落も経験します。

株式投資の種類の違い

多数の個別銘柄を購入せずに分散したポートフォリオを構築するには、インデックスファンドETF(Exchange-Traded Fund)と呼ばれる投資信託に投資する方法があります。これらのファンドは、インデックスに含まれるすべての株式や投資対象を保有することで、インデックスのパフォーマンスを受動的に反映させることを目的としています。例えば、インデックスファンドやETFでは、ダウ工業平均やS&P500などの市場インデックスに投資することができます。

インデックスファンドや上場投資信託では、一度に多くの銘柄に投資することができます。

株式や株式投信は、老後のような長い時間軸での投資には適していますが、短期的な投資(一般的には5年以内の出費で必要なお金)には適していません。短期間の投資で期限が厳しいと、市場が損失を回復する前にお金が必要になる可能性が高くなります。

株式の保有方法は主に3つあります。

個別銘柄

これは、投資の最も基本的な方法です。株式は、企業とその企業が生み出す収入の両方に対する所有権を表すものです。個別株投資の利点は、ホームランを打てる可能性があることです。例えば、今日20ドルで買った株を、5年後に100ドルで売ることができるのです。100株購入した場合、2,000ドルの投資額が10,000ドルになります。

しかし、現実ではそのようなパフォーマンスはなかなか得られません。そのためには、複数の銘柄に分散することが重要です。多くの投資アドバイザーは、最低でも10~15の個別銘柄を保有することを推奨しています。

投資信託

投資信託は、基本的には株式のポートフォリオです。ETFとの違いは、投信は積極的に運用されていることです。

つまり、ファンドマネージャーが市場全体を上回ると判断した特定の銘柄を保有することを意味します。また、リターンの最大化を目指して株式を売買することを意味します。

残念ながら、実際に市場をアウトパフォームしている投信はごく一部に過ぎません。この事実を複雑にしているのは、投信には通常、ファンドの価値の1%から3%に相当するロードフィーが、購入時、売却時、またはその間で分割してかかることです。それが投資パフォーマンスを低下させるのです。

上場投資信託(ETF)

ETFは、投資信託と同様に、株式のポートフォリオです。しかし、投資信託とは異なり、ETFは積極的に運用されるものではありません。S&P500ラッセル2000などの市場インデックスや、産業や国別のインデックスに投資するため、インデックスファンドと呼ばれることもあります。

また、ETFはロードフィーがかからないため、ファンドの長期的なリターンを向上させることができます。そのため、プロの投資顧問会社やロボアドバイザーが投資家のポートフォリオを作成する際によく利用されています。

これは、彼らが新しい投資家にとって優先株の投資手段であることを強く示唆していると考えられます。

推奨銘柄

個別銘柄への投資は投資初心者には向かないと思いますが、投資するならどのような銘柄が良いのでしょうか。

多くの金融アドバイスは、特定の個別銘柄に焦点を当てています。しかし、投資を始めたばかりの人にとっては、大局的に見て、主に銘柄のカテゴリーに注目することが最良の戦略です。

最良のアプローチは、以下のカテゴリーの各銘柄をいくつか保有することです。

バリュー株  

これは、ウォーレン・バフェットのような投資をする方法です。彼は1950年代に投資を始めたときから、この戦略を使っています。

バリュー株とは、様々な理由で低価格で取引される銘柄のことです。企業が困難な状況から回復しつつある場合もあります。また、過去に法律や規制上の問題に直面したことがある企業もあります。しかし、これらの企業が回復した後は、歴史的にウォールストリートで最高の投資対象となってきました。

バフェットのような投資家は、文字通りこれらの企業の株式に投資して巨万の富を築いてきました。これらの企業は、超長期的に市場全体をアウトパフォームする傾向があります。

高配当株

これは、S&P株の平均利回り(現在約1.9%)よりも高い配当利回りの銘柄です。

歴史的に見ても、株式のリターンの半分近くは配当金によるものです。そのため、長期的には高配当の銘柄が優れたパフォーマンスを示す傾向にあります。

それにはいくつかの理由があります。

上述したように、高い配当利回りは強いファンダメンタルズを持つ企業であることを示しています。

  • 多くの投資家は、高配当銘柄が提供する成長と収入の組み合わせを求めています。
  • 高配当銘柄は、市場の下落時に少なくともある程度のダウンサイド・プロテクションになります。このような場合、投資家はインカムゲインを得られる銘柄の良さに気付き始めます。
  • 高配当銘柄の人気は高く、「Dividend Aristocrats」と呼ばれる50銘柄以上の特別なカテゴリーが存在するほどです。

これらの銘柄は、短期的には必ずしもトップパフォーマンスではありませんが、長期的には最も優れた銘柄の一つとなる傾向があります。あなたが若ければ、それを重視する必要があるでしょう。

成長株

これは、一般の株式市場の企業よりも、さらには競合他社よりも速く成長している企業の株式です。

ほとんどの銘柄は配当を行わず、収益を再投資してさらなる成長を目指しています。成長株のリターンは、長期的に株価が上昇することです。

これらは所有するにはリスクの高い銘柄でもあり、ファンドを通じて所有するのが最適です。これらの銘柄は、価格上昇の可能性が高い一方で、変動が激しいことが特徴です。強気の市場では市場をリードしますが、市場の下落時には最大の打撃を受けます。

しかし、成長株は、長期的なリターンを得るために保有するには最適なタイプです。

>> おすすめ銘柄 2022

株式市場の取引を学ぶ際に考慮すべきこと

どんなことでも、異常値ではなく規範を見るのが一番です。投資においては、2つの規範を念頭に置く必要があります。

  • 過去3年間のパフォーマンスが最も悪かった銘柄は、次の3年間では通常アウトパフォームする傾向があります。過去3年間で最高のパフォーマンスを示した銘柄は、次の3年間では通常アンダーパフォームする傾向があります。

つまり、株は永遠に強いままでも弱いままでもないということです。長い歴史を持つ堅実な企業に投資しているのであれば、通常、高値や安値の状態が長く続くことはありません。十分な時間軸があれば、下降トレンドも上昇トレンドも必ずあります。理想的には、高いレベルよりも低いレベルで株を買いたいものです。

  • 配当銘柄は、無配当銘柄をアウトパフォームする傾向があります。

高配当銘柄は、一般的に、利益の一部を株主に分配する余裕のある老舗企業です。配当金は手元に残るお金のようなもので、株価の変動を相殺してくれます。堅実な配当株への投資は、資産形成のための立派な手段であり、リスクのあるベンチャー企業への投資は必要ありません。統計によれば、配当付きの株式は、亀と兎のように、長期的には競争に勝つことができます。

>> より詳細な情報はこちら。株式投資ガイド

株式市場の基礎

株式市場の基本的な知識がないと、CNBCや新聞のマーケット欄に掲載されている株式取引情報は、ほとんど意味のないものになってしまいます。

一般的な投資家にとって、「業績の動き」や「日中の高値」といった言葉はあまり意味を持ちませんし、多くの場合、そうあるべきではありません。例えば、退職後の生活のためにミューチュアル・ファンドのポートフォリオを組んでいるような長期的な投資家であれば、このような言葉の意味や、テレビ画面の下を流れる赤や緑の点滅を気にする必要はありません。株式市場を全く理解していなくても、十分にやっていけるのです。

一方、株取引の方法を学びたい場合は、株式市場を理解し、株式取引の仕組みについて最低限の基本情報を知っておく必要があります。

株式市場の理解

株式市場の上昇・下降というのは、一般的には主要な市場指数の一つを指しています。

市場インデックスは、市場全体、またはテクノロジー企業や小売企業のような市場の特定セクターを代表する銘柄グループのパフォーマンスに追随します。S&P500、ナスダック総合指数ダウ工業平均などがよく知られており、これらは市場全体のパフォーマンスを表す指標としてよく使われています。

投資家は、自分のポートフォリオのパフォーマンスをベンチマークしたり、場合によっては株式売買の判断材料にしたりするためにインデックスを利用します。また、特定のインデックスや市場のセクターを追跡するインデックスファンドや上場投資信託(ETF)を通じて、インデックス全体に投資することもできます。

株式市場情報

多くの投資家は、株式や株価指数ファンドで分散されたポートフォリオを構築し、良い時も悪い時もそれを維持するのが賢明でしょう。しかし、もう少し積極的な投資家は、株式取引を行います。株式取引とは、市場のタイミングを見計らって頻繁に株式を売買することです。

株式トレーダーの目的は、短期的な市場イベントを利用して、利益を得るために株を売ったり、安値で株を買ったりすることです。株式トレーダーの中には、1日のうちに何度も売買を繰り返すデイトレーダーもいれば、月に十数回の取引を行うアクティブなトレーダーもいます。また、月に数十回以上の取引を行うアクティブなトレーダーもいます。

株式を売買する投資家は、1日に何時間もかけて市場を調査することがあります。その際、テクニカル分析を行い、ツールを使って株の動きをグラフ化し、売買のチャンスやトレンドを見つけようとします。多くのオンライン証券は、アナリストレポート、株式調査、チャートツールなどの株式取引情報を提供しています。

ブル・マーケットとベア・マーケット

弱気市場とは、先に挙げたいくつかの指標で株価が下落することを意味します。

若い投資家の皆さんは、ベアマーケットという言葉には慣れていても、その経験には馴染みがないかもしれません。私たちは2009年3月以来、弱気市場とは正反対の価格上昇を伴う強気市場にいます。これは、歴史上最も長い強気相場です。

しかし、それは大不況の中で生まれたものであり、強気と弱気はこのような傾向にあります。強気市場の後には弱気市場が続き、その逆もまた然りで、どちらも大きな経済パターンの始まりを意味することが多いのです。言い換えれば、強気市場は一般的に投資家が自信を持っていることを意味し、それは経済成長を示します。弱気市場は、投資家が後退していることを示し、経済も後退する可能性があることを示します。

強気の市場の後には弱気の市場が続き、その逆もまた然りで、どちらもより大きな経済パターンの始まりを示すことが多いのです。

平均的には強気相場は弱気相場よりも、長期的には株式市場に投資することで資金を増やすことができます。

米国の大型株約500銘柄を保有するS&P500は、再投資された配当金を考慮し、インフレを調整すると、歴史的に年平均約7%のリターンを示してきました。つまり、30年前に1,000ドルを投資していれば、現在は約7,600ドルになっているということです。

株式市場の暴落と調整

株式市場の調整は、株式市場が10%以上下落したときに起こります。株式市場の暴落とは、1987年10月に株価が1日で23%も急落したような、突然の非常に急激な株価の下落を指します。

暴落は弱気市場の前兆ですが、先に述べたことを思い出してください。ほとんどの強気相場は弱気相場よりも長く続き、株式市場の価値は長期的に上昇する傾向にあります。

株式市場の取引時間

証券取引所の閉館時間はまちまちですが、祝日を除く夕方には閉館します。

取引は基本的に毎週月曜日から金曜日まで行われます。

東京証券取引所の営業時間は、日本標準時(GMT+09:00)で月曜から金曜の9:00~11:30、12:30~15:00です。

東京証券取引所は昼食時に閉まります。通常、日中は流動性が低くなります。ほとんどの取引は日の初めと終わりに行われます。取引時間を短くすることで、流動性を高め、スプレッドを縮小することができ、市場の効率化につながります。

東京証券取引所の営業時間は1日合計5時間です。ほとんどの市場は1日5~7時間営業しています。小規模な市場では、営業時間が短い傾向にあります。

市場前取引や時間外取引はありません。

>> 20大取引所の株式市場の取引時間はこちら 

株式市場についてのまとめ

投資家として弱気相場を避けることはできません。避けることができるのは、分散されていないポートフォリオから生じるリスクです。

分散投資は、避けられない弱気市場からポートフォリオを守るのに役立ちます。1つの企業にすべての資金を投入すると、規制上の問題や不適切な経営、不祥事の発生などによって大打撃を被る可能性があります。

このような企業固有のリスクを平滑化するために、投資家は複数の種類の株式をプールして分散し、避けられない相場のバランスをとり、1社の業績悪化によりポートフォリオ全体を破壊するリスクを排除します。

しかし、個々の銘柄で分散されたポートフォリオを構築するには、多くの時間と忍耐力、そして調査が必要です。そこで、ミューチュアル・ファンドや前述のETF、インデックス・ファンドなどを利用します。これらのファンドは、投資対象のバスケットを保有しているため、自動的に分散されます。例えば、S&P500 ETFは、S&P500のインデックスに含まれる500社に投資することで、S&P500のパフォーマンスを反映させることを目的としています。

個人でポートフォリオを構築する利点は個々の銘柄とファンドを組み合わせて、1つのポートフォリオを作ることができることです。ポートフォリオの10%以下を信頼できる数銘柄の選択に充て、残りはインデックスファンドに投資するのです。

100,000ドルのバーチャルキャッシュで投資を体験する

無料株式シミュレーターで、取引スキルを試してみましょう。何千人もの株式市場の投資家と競い合い、トップを目指してトレードを行うことができます。実際に資金を投入する前に、仮想環境で株式のデモトレードを行ってみることをお勧めします。実際の市場に参入する前に、十分な取引戦略を練習しましょう。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles