Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

株価が暴落?株価下落で利益を得る方法はこれだ!

株価急落はそこまで怖いものではありません。株価が下がると、パニックに陥る投資家がいます。しかし、下降相場を利用する方法はたくさんあるので、恐怖心から誤った行動を起こす必要はありません。冷静になって、いつ株価が急落しても良いように利益を得る方法を学びましょう。

株価の急落とは

株価の急落や暴落は、1日または数日の取引で市場の指数が大きく下落することです。

株価の急落は、数日、数週間、あるいは数ヶ月かけて52週目の高値から10%下落する株式市場の調整よりも急激なものを指します。過去40年間の強気相場には、必ずと言っていいほど調整がありました(多くの場合、数回ありました)。これは、賢明な投資家が歓迎する、市場サイクルの自然な流れです。このようなプルバック(戻し)は、高値を目指す前に市場を整理するのに必然的に発生します。

株価が急落したときは?

簡単に言うと恐怖心が市場を暴落させるのです。

パニックは、予期せぬ経済的な出来事や大災害、危機などが引き金となって起こります。例えば、2008年の株式市場の暴落は、2008年9月29日にダウが777.68ポイント下落したことから始まりました。これは、当時のニューヨーク証券取引所の歴史上、最大の株価暴落でした。2008年9月29日、ダウが777.68ポイント下落しました。リーマン・ブラザーズのように、さらに多くの金融機関が破綻することを恐れたのです。

Chart  Description automatically generated
ソース:スタンダード&プアーズ

株式の暴落は、一般的に長期の強気相場の終わりに起こります。それは、不合理な高揚感や貪欲さによって、株価が維持できないレベルに達したときです。その時点で、株価は企業の実質的な価値を上回っています。

クオンツ取引と呼ばれる新しい技術開発が、最近の暴落の原因となっています。”クオンツ・アナリストは、コンピュータ・プログラムに組み込まれた数学的アルゴリズムを使って株式を売買します。プログラム取引は、個人投資家や強欲、パニックに代わって、株の暴落の原因となるまでに成長しました。

その一例が、2010年5月6日に起きた株価の大暴落です。ダウ平均株価は、わずか数分で約1,000ポイントも急落したのです。定量的な取引プログラムが技術的な誤作動により停止したのです。

株価暴落の影響

暴落は弱気相場の原因になります。これは、株価が調整後に10%下落し、合計で20%以上の下落となる場合です。また、株価の暴落は不況の原因にもなります。

株式は、企業が事業を運営・成長させるための重要な資金源です。大幅に株価が下落すると、企業の成長力が低下します。生産性の低い企業は、最終的には労働者を解雇して支払い能力を維持しようとします。労働者が解雇されると、消費が減ります。需要の減少は収入の減少、解雇の増加を意味します。需要の減少が続くと、経済は縮小し、不況になります。過去には、1929年の大恐慌、2001年の景気後退、2008年の大不況の前に株価の急落がありました。

急落時にしてはいけないこと

株価が急落しているときは、売りたいという誘惑に負けてはいけません。それは、落ちるナイフを捕まえようとするようなものです。株の暴落は、個人投資家に底値での売却を迫っているのです。それは絶対にやってはいけないことです。それは、なぜでしょうか?

株式市場は通常暴落後の数ヶ月で損失を埋め合わせます。市場が上向きになると、売り手は再び買うことを恐れます。その結果、損失を固定化してしまうのです。株価が急落しているときに売ってしまうと、損失を補うための買い戻しが間に合わなくなってしまいます。

暴落する前に売るのが一番の近道です。株価の暴落をどうやって見分けるか。「今のうちに入っておかないと利益を逃してしまう」という気持ちにより、慌てて買ってしまうのです。しかし、ほとんどの投資家は市場のピーク時に購入しています。財務的な要因ではなく、感情的な要因が大きいのです。 

リバランスで自分を守る

市場環境の変化に応じて、ポートフォリオのバランスを取り直すことが重要です。これまでうまくやってきた人は、株が値上がりしたときに売却してきたはずです。もし景気が後退したら、リバランスを続けることで、価格が下がっているときに株を買うことができます。そして、株価が再び上昇したときには、いつものように株価の上昇から利益を得るのです。

分散したポートフォリオをリバランスすることは、株価の急落から身を守るための最良の方法です。どんなに洗練された投資家でも、株価の急落は手遅れになるまで気づかないものです。

金はヘッジになる

金への投資は、潜在的な株式暴落に対する最高のヘッジになるかもしれません。トリニティ・カレッジの研究者が行った調査によると、暴落後の15日間、金の価格が劇的に上昇したといいます。怯えた投資家はパニックに陥り、株を売っ金を買ったのです。しかし、この15日間を過ぎると、株価の上昇に対して金の価値が下がっていきます。投資家は、株価が下がったことを利用して株に資金を戻したためです。そして15日を過ぎても金を持っていた人は損をし始めるのです。

多くのファイナンシャル・プランナーは、激動の時代における最良のヘッジは、金やその他の単一資産ではないと言います。その代わりに、自分の目標に合った分散型のポートフォリオを持つべきなのです。資産配分は、その目標をサポートするものでなければなりません。

株の暴落には他にどんな種類があるか?

株価急落と他の下げ相場との混同を避けるために、下げ相場の5つのタイプと、株価暴落との違いを見てみます。 

  • 弱気相場:弱気相場とは、一般的には長期的な株価の急落を表す言葉として使われます。しかし具体的には、過去の高値から20%以上下落した相場が、長期間(通常は2ヶ月以上)続くことを指します。売り手の数が買い手の数を上回り、市場の心理が悲観的になっている場合に発生します。通常は株式市場全体または指数を指しますが、個別の株式や商品も弱気相場と言えます。
  • 市場のプルバックやリトレースメント:これは、株価の動きが一時的に反転することです。下降トレンドの場合は、上昇トレンドに続いて株価が下降したときに起こります。株価は常に変動しているため、リトレースメントだけでは通常あまり意味がありません。そのため、テクニカル指標を使って、それが反転なのか、それとも株価の急落の始まりなのかを判断することが重要です。フィボナッチ・リトレースメントの使い方はこちらをどうぞ。
  • リバーサル:反転(リバーサル)とは、資産の値動きが好転することです。この場合は上昇トレンドが下降トレンドになることを指します。リトレースメントとは異なり、より持続的な下落となります。ダブルボトムやトリプルボトムなどの反転ローソク足のパターンや、トップヘッドやショルダーなどの派生形に注意することが重要です。3つのステップでトレンドの変化を見極める方法はこちら。
  • 市場の調整:株式や主要指数の価格が、52週前の高値から10%下落することをいいます。通常、激しい投機的取引によって過大評価されていた企業の真の価値を反映して株価が変化することから、調整と呼ばれています。移動平均線の使い方はこちら 
  • リセッション:景気後退(リセッション)とは、6ヶ月以上にわたって起こる完全な経済の落ち込みのことです。景気が悪くなると、企業の収益に影響を与えるため、株価も下落します。

下降局面に関心のあるトレーダーが知っておくべきもう一つの用語は「ボトム」です。市場の底値とは、1日、1ヶ月、1年など、特定の時間枠内で株式が取引された最低価格のことです。底値は、買い手のエントリーポイントになったり、サポートレベルの基準点になったりするので、重要なポイントとみなされます。

株価が急落した場合、既存の資産をどう管理するか 

株式市場が暴落したり、弱気になったり、あるいは一時的に下降した場合でも、パニックにならず、大衆に追随しないことが重要です。このような価格の下落はポートフォリオに悪影響を及ぼしますが、どの程度のリスクがあるかは、トレーダーや投資家としての目的によって全く異なります。

バイ・アンド・ホールド型の投資家は、株式市場の長期的な動向に関心があるため、必ずしも市場の低迷を恐れる必要はありません。弱気市場は強気市場よりも大幅に短くなる傾向があり、そのため株式市場は全体的に価格が上昇しています。例えば、FTSE100は4,000ポイント近く下落しても、その間に2回の弱気市場があったにもかかわらず、20年前よりも高いレベルにあると言えます。しかし、これから説明するように、景気後退に伴うリスクは、投資の方法によって全く異なります。

  • このような短期的な市場の下落の影響を緩和したいと考える投資家の中には、株式ポートフォリオをヘッジすることを選択する場合があります。しかし、この戦略は、複数のポジションを持つことになるため、リスク許容度や利用可能な資金に左右されます。
  • トレーダーにとって、不況や弱気な市場は、株価の上昇や下降に対して投機的に取引をすることができるため、大きな利益のチャンスとなります。デリバティブ商品を利用すれば、原資産を保有することなく、有価証券のポジションを持つことができます。 

株価暴落時の利益の出し方

投資家もトレーダーも、長期的な株価の暴落から利益を得るため、あるいは少なくとも既存の保有株を不必要な損失から守るために、様々な方法があります。

それは以下のようなものです。

  • ショート(空売り)
  • インバースETF
  • 安全資産取引
  • 通貨取引
  • ディフェンシブ銘柄のロング
  • 高利回り配当株の選択
  • オプション取引
  • 株価のボトムでロング

ショート(空売り)

株価が下がったときに利益を得るための最も一般的な方法は、空売りです。空売りには、取引する市場や商品によってさまざまな方法があります。

重要なレジスタンスレベルでの戻り高値が発生した場合は、売りの機会を探しましょう

ショート(空売り)

従来の空売り

従来の方法では、ブローカーから株(または他の資産)を借りて、現在の市場価格で売却します。もし市場が持続的に下降した場合は、後日、より低い価格で株を買い戻すことができます。その後、株を貸し手に返し、価格差を利益として獲得します。

しかし予想を誤って、市場が再び上昇し始めた場合(つまり、下降が単なるフィボナッチ・リトレースメントであった場合)、より高い市場価格で株式を買い戻さなければなりません。空売りの場合、理論的には市場の上昇幅に上限がないため、無制限に損失を被る可能性があることを覚えておきましょう。

デリバティブによる空売り

空売りは、デリバティブ取引そのものの重要な機能です。これらの商品は純粋に投機的であり、基礎となる市場価格の取引で利益を獲得します。デリバティブ取引では、トレーダーは対象となる株式や資産を所有する必要はありません。

CFDスプレッドベッティングでは、常にロングとショートの両方のオプションがあるので、値下がりした市場と値上がりした市場の両方を利用することができます。

スプレッドベッティングでは、特定の資産の価格の方向性に賭けることになります。スプレッドベットのショートポジションを建てる場合、従来の空売りポジションと同じく価格が下落した時に利益を得ることとなります。CFD取引では、資産(この場合は株式)の始値と終値の差を交換する契約を購入します。この場合、CFDを「売る」ためにポジションを持ちます。

ここでは主に証券市場の下落を取り上げてきましたが、空売りは通貨ペア暗号通貨など、他の多くの市場にも当てはまります。

インバースETFの取引

インバースETFは、原資産であるベンチマークが下落したときに利益を得るように設計されたETFです。ETFは、主に先物契約を中心とした様々なデリバティブ商品で構成されています。

空売りと似ていますが、資産を借りて売るのではなく、市場を買うことになります。つまり、インバースETFは、投資家が何かを空売りすることなく、下落相場で利益を得ることを可能にします。

例えば、SP500が値下がりすると予想していた場合、S&P500のインバースETFに投資することができます。英国のベンチマークが値下がりした場合、インバースETFは値上がりします。

インバース型ETFは、長期的な投資対象としては考えられていません。というのも、インバース型ETFのベースとなっているデリバティブは、ファンドのマネージャーによって毎日売買されるため、パフォーマンスが保証されないからです。その代わりに、投資家はより短期的な下落に対して株式ポートフォリオをヘッジするために使用されるのが一般的です。

インバースETFは、最大の損失がETFに投資した金額となるため、従来の空売りよりもリスクが低いと考えられています。

トレーダーにとっては、投資家と同じように、「買う」ことを選択するだけなので、ETFのショートポジションに投機的に取引をすることは、長期的な株価の急落から利益を得るための有効な方法です。しかし、トレーダーは通常のETFのショートポジションを取るだけです。インバース型ETFだけに頼る必然性はありません。

>> おすすめETF 

安全資産の取引

安全資産とは、市場が下落しても、その価値を維持したり、価値が上昇したりする金融商品のことです。このような資産は、経済との相関性が低いため、投資家やトレーダーが株の暴落時に避難場所として利用することが多いのが特徴です。

市場の低迷に備えるために、安全資産でロングポジションを取ることになります。これは、既存の持ち株をヘッジすることができるため、ポジションを閉じる、またはショートすることに代わるものと考えられています。

安全資産の代表例としては、金、国債、米ドル、日本円、スイスフランなどが挙げられます。しかし、投資家やトレーダーにとって重要なのは、伝統的に安全資産と考えられているからといって、すべての市場低迷期にそのようなパフォーマンスを発揮するとは限らないということです。

金のような安全資産に投資するには、価値の貯蔵庫として貴金属の現物を購入することになります。しかし、安全資産の価値を投機的に取引をするだけであれば、デリバティブ商品を利用して金(XAUUSD)を取引することで、資産そのものを引き渡す必要はありません。

通貨取引

金融危機の際に安全な場所として利用される通貨がありますが、これは為替市場を市場の低迷に対するヘッジとして利用するための一つの方法に過ぎません。

国の通貨は、国内経済の健全性に依存しているため、経済全体が衰退すると、通貨の価格に反映されることになります。ある経済が他の世界的な経済よりも弱いと見られれば、その国の通貨は他の世界的な通貨に比べて減価します。例えば、ブレグジット交渉の際には、政治的な混乱と不安定さが、英国への投資に影響を与えました。これにより、FTSE100と英ポンドのボラティリティが大きくなりました。

トレーダーは、通貨をショートすることで、経済の衰退を利用して利益を獲得することができます。FX取引では、本来、ある通貨を買って別の通貨を売ることになります。例えば、GBP/USDを売る場合は、ポンドの価値が米ドルに比べて下がると考えた場合に行います。

>> FXとは何か、どのような仕組みなのか

ディフェンシブ銘柄のロング

投資家はしばしば、ディフェンシブ銘柄を含めることでポートフォリオを分散しようとします。これは、消費者の必需品として認識されている企業の株式のことで、経済の状態にかかわらず、その製品は必要とされています。このような企業には、食品・飲料メーカーや電力会社などが含まれます。

景気が良いときは、必需品ではないものを生産する企業である「シクリカル銘柄(景気敏感銘柄)」に投資が集中する傾向があります。一方、経済が落ち込んでいるときは、消費者のニーズを満たす製品を生産する企業に焦点が当てられます。

安全資産と同じように、投資家は弱気の感情が出てくるとディフェンシブ銘柄に資金を投入する傾向があります。トレーダーは、ディフェンシブ銘柄を監視することで、市場のムードが変化したときに、株式市場全体の健全性を示す指標として利用することができます。

高利回り配当株の選択

成長株に注目すること重要な戦略の一つとなっていますが、成長株は通常、弱気の市場で最も苦しみます。なぜなら、評価額が強力なファンダメンタルズに裏打ちされていない場合、つまり過大評価されている場合は、さらに株価が下がる可能性があるからです。

高配当銘柄を探すことは、株価が急落する中でも価値を見出すのに最適な方法です。株価が下がったからといって、その企業のファンダメンタルズが無意味になるとは限りません。強いバランスシートを維持している企業であれば、配当金が支払われる可能性があります。

オンラインで更新されたリストを利用して、配当利回りの高い企業を見つけることができます。高配当銘柄を見つけたら、証券口座(または株式口座)を使って投資するか、CFD取引口座を開設してその企業に投資することができます。

>> おすすめ銘柄

オプション取引

オプション取引は、原資産を特定の価格で、一定の期限までに売買する権利を与えるものであり、義務ではありません。オプションは一般的に投機目的で使用されますが、投資家にとっては株価下落に対するヘッジ手段としても人気があります。

使用できるオプション戦略には様々なものがありますが、一般的なものは2つあります。

  • プットオプションの購入
  • カバードコールの書き込み 

ボトムでロング

株価が下がると、良い株も悪い株も価値が下がります。しかし、良いものは回復する可能性が高いといえます。強い企業を見極めることができれば、価格の下落は良い買い場となるでしょう。

弱気になる前の企業の評判にかかわらず、最初に目についた銘柄を急いで買わないようにすることが重要です。多くのトレーダーや投資家は、ファンダメンタルズ分析テクニカル分析を駆使して、前向きな見通しを持つ銘柄を見極めます。株式を購入する際には、常に企業のバランスシート、評価額、経営戦略、負債額などに注目する必要があります。

貸し手は、どの企業が負債を返済し、弱気な市場から回復するだけの力があるかを見ています。そのため、貸し手が企業の信用度をどの程度評価しているかを見極めることで、トレーダーは底値で購入する良い機会を見出すことができます。債券の格付けは、AAA、AA、Aは信用力があると判断され、それ以下はリスクがあると判断されます。

株価が適正と思われる評価額に達したら、買いを入れることができます。株価はすぐには戻らないかもしれませんが、自分の分析に自信があれば、最終的にはかなりの確率で戻るということを覚えておくことが大切です。

史上最悪の株価急落

世界では、大衆のパニックと株式価値への信頼の欠如の結果として、何度も大規模な株式市場の暴落を経験してきました。ここでは、最悪の株価暴落とその世界経済への影響を見てみましょう。

ウォール街の大暴落:1929年

世界大恐慌として知られる1929年の株価暴落は、10月24日にニューヨーク証券取引所(NYSE)を襲いました。20世紀で最も有名な株価暴落であり、アメリカ史上最大の株価暴落とも言われています。

なぜ株価が急落したのか?

1920年代、アメリカやヨーロッパは力強い経済成長を遂げ、工業生産の増加に伴い、ニューヨーク証券取引所の株価は約300%上昇しました。この急成長を受けて、投資家たちは「株を買って転売すれば大きな利益が得られる」と欲を出したのです。

その結果、株価が実際の価値とかけ離れてしまったのです。10月24日の「ブラックサーズデー」には、ウォール街の取引所に1,280万株の株式が売り出され、その数の多さから株価が下落したのです。10月29日の「ブラックチューズデー」では、ニューヨーク証券取引所の取引量が通常の4倍となり、パニックに陥った投資家が株式を売却しました。ダウ平均は12%以上も下落しました。

この株価の暴落は「世界大恐慌」の始まりでした。10年に及ぶ不況はほとんどの西洋経済に影響を与え、貧困と失業が蔓延しました。

ブラックマンデー:1987年

1987年の株価暴落とも呼ばれるブラックマンデーは、香港、ロンドン、ベルリン、ニューヨークなど世界の株式市場に影響を与えました。この日は、ウォール街の大暴落以来、最悪の日とされています。

なぜ株価が急落したのか?

一部の経済学者によると、この危機は、過大評価されたドル金利の上昇、株式市場における投機的バブルの形成によってもたらされたといいます。1982年以降、米国市場では強気派が牽引していたため、企業株の評価額が過大になっていたのです。

結局、金融市場は崩壊し、1987年10月19日(月)、ダウ・ジョーンズ株価指数はわずか数時間のうちに500ポイント以上、約22%も下落しました。これにより市場は弱気になり、ヨーロッパやアジアの市場にも広がりました。

また、この暴落は、新しく導入された自動売買システムに直接関係していると考えられていた。大規模な電子取引の概念はまだ新しく、その能力はブラックマンデーのようなテストに直面したことはありませんでした。

1929年の株式市場危機とは異なり、1987年の暴落は米国経済にそれほど大きな影響を与えませんでしたが、これは主に米国連邦準備制度理事会(FRB)が果たした役割によるものです。FRBは市場に素早く介入して金利を引き下げ、貸し出しを増やして市場の流動性を管理し、公開市場での購入を行いました。米国の成長にはほとんど影響がなく、ダウ平均株価は2年以内に暴落前の水準に戻ることができました。

リーマンショック:2008年

2008年の株式市場の暴落は、9月にダウ平均が日中取引で777.68ポイント下落したことから始まりました。米国議会が銀行救済法案を否決したことが暴落の引き金となりましたが、暴落の原因はその前の年から蓄積されており、現在で言うところの「大不況」にまで至っていたのです。

なぜ株価が急落したのか?

2000年代半ば、米国の住宅市場は空前の好景気に沸きましたが、その背景には、信用度が低く、通常の住宅ローンが組めない人を対象にした新しいタイプのローン、サブプライムローンがありました。

しかし、2006年に不動産市場が崩壊し、2008年の金融危機につながる連鎖反応が起こりました。住宅ローン担保証券を担保に取られるリスクが高まったことで、銀行はお互いに融資する自信を失ったのです。貸出の不足は、一連の金利上昇を招き、消費者に大きな打撃を与え、多くの新規住宅所有者が債務不履行に陥ることになりました。

2008年9月、第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻を発表し、事態は収束に向かいました。FRBは銀行救済法案を議会に送りましたが、否決され、これを受けてダウ平均は777.68ポイント下落しました。世界の市場もパニックに陥り、原油は2008年9月初めの1バレル100ドルから同月末までに70ドルを切りました。

2008年10月に議会が法案を承認したものの、ダメージは大きかったのです。ダウ平均は13%下落し、米国経済は0.3%縮小し、公式に景気後退に陥っていました。世界中の金融機関が破綻し、世界の株式市場が急落するという大きなドミノ倒しが発生しました。2009年3月、ダウ平均株価の底値は6594.44ポイントでした。

2008年の株式市場の暴落は、下落率が非常に似ていたことから、「ブラック・サーズデー」の出来事になぞらえられています。株式市場が完全に回復するには、2013年までかかりました。

フラッシュ・クラッシュ:2010年

2010年5月6日、米国の株式市場でフラッシュ・クラッシュが発生し、プロクター・アンド・ギャンブルやゼネラル・エレクトリックなど米国の大企業の株価が数十億ドルも下落しました。ニューヨーク時間の午後2時32分から約36分間、かつてないスピードで株価が下落しましたが、米国経済への影響は極めて軽微でした。

なぜ株価が急落したのか?

2010年5月6日の市場開設時には、ギリシャの債務危機や英国の総選挙など、市場全体に懸念が広がっていました。午後2時30分過ぎに株価の急落が始まり、10分後にはダウ平均が300ポイント以上下落し、S&P500ナスダック100総合など他の米国の指数にも影響が及びました。さらに5分後の午後2時47分には、ダウはさらに600ポイント下落し、この日の下落は1000ポイント近くに達しました。

午後3時7分には、市場は下げ幅を取り戻し、終値は開始時より3%の下落水準にとどまりました。この暴落の原因は、技術的な取引におけるキーボードのミスである「fat-fingered」取引や、違法なサイバー攻撃など、多岐にわたっています。調査では当初、「スプーフィング」(電子システムを欺いて有利な方向に動かす行為)によって違法に市場を操作した一人の市場参加者に責任があるとされていました。

しかし、その因果関係は多面的なものであったと考えられています。米国証券取引委員会(SEC)と米国商品先物取引委員会(CFTC)の共同報告書では、極端な下落を引き起こしたのは、市場の実勢と大量の自動売り注文が組み合わさった結果である可能性が高いとしています。

コロナウイルス:2020年

2019年に発生したCovid-19は、2020年初頭に市場を襲い始め、最初の数ヶ月でダウ・ジョーンズやFTSE100などの指数が急落しました。株価暴落の最大の影響を受けたのは中国でしたが、世界経済における同国の役割は、その影響を世界全体に広げました。

なぜ株価が急落したのか?

2019年12月、中国では未知のウイルスによる肺炎の治療を数千人規模で開始しました。それから2週間も経たないうちに、最初の関連死が報告されました。このウイルス(Covid-19)は世界的に広がり始め、数十万人が感染し、患者の約2%が死亡しました。ドラマのように世界的なパニックが発生し、様々な株式市場に深刻な影響を与えました。

旅行規制が敷かれ、多くの企業が閉鎖を余儀なくされました。準備銀行は暴落の影響を抑えるための措置を取り始め、一部の国では証券取引所を閉鎖したこともありましたが、市場は下落を続けました。2020年3月中旬までに、Covid-19は経済の大部分を混乱させ、再び世界的な景気後退の恐れを植え付けました。

FTSE100は、ブラックマンデーよりもひどい下落となりました(損失額は1,604億ポンド)。米国の「ナスダック100」と「S&P 500」も、1987年以来の大幅な下落となりました(それぞれ9.5%、9.4%)。

主なポイント

  • 株価の急落は、過度に拡大した強気の市場に予想外のネガティブな出来事が発生し、突然の極端な売りに駆られて起こるのが一般的です。
  • 通常、市場はその後数ヶ月で回復するので、株価の急落時に売却するのは得策ではありません。
  • 株の暴落時に慌てて売るのではなく、株式、債券、金などのコモディティを多様に組み合わせたポートフォリオにリバランスすることで、暴落に備えることができます。
Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles