Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

FXチャネラルライン:チャネルラインの種類、取引手法、インジケーター

FXチャネルラインを使えば単一のトレンドラインと比較し、より明確で便利な描くことができます。ここでは、チャネルラインの見分け方、FXチャネルの種類、人気のチャネル取引用インジケーターについて説明します。

FXチャネルとは

FXチャネルまたはチャネルラインは、その名が示すように、上昇、下降、または横ばいのトレンドを囲む平行なトレンドラインです。シングルトレンドラインと同様に、トレンドの全体的な傾きを示すラインを引くことが目的です。チャネルラインは、想定される取引レンジを捉えることが目的なので、ローソク足が一時的にチャネルラインから出たり戻ったりしても気にしないでください。

2本の平行したトレンドラインの間に値動きが収まります。

チャネルラインの内側で取引したい場合は、2つのトレンドラインに十分な間隔が必要になります。このような場合は、チャネルのサポートラインで買い、チャネルのレジスタンスラインで売ることができます。

しかし、最大の取引機会は、チャネルのブレイクアウトにあります。

チャネルのブレイクアウトが起こると、ブレイクアウトの方向に大きな値動きが発生することがあります。

チャネルラインの種類

大きく分けて4種類のチャネルがあります。

  • 上昇チャネル
  • 下降チャネル
  • 水平チャネル
  • エンベロープ チャネル

1.上昇チャネル

上昇チャネルパターンは、価格が一連の高値を付けた後、一連の高値・安値を付けたときに発生します。価格はサポートラインとレジスタンスラインの範囲内に収まる必要があります。

価格が上か下のどちらかに抜けると、買いシグナルまたは売りシグナルが発生します。

上昇チャネル

図1:上昇チャネル

2.下降チャネル

下降チャネルパターンは、価格が安値に続いて一連の高値、安値をつけるときに発生します。一般的に、価格はこれらの高値と安値を結ぶ線の内側に収まります。

チャネルのブレイクアウトが発生すると、良い取引機会になります。

下降チャネル

図2: 下降チャネル

3.水平チャネル

トレンドラインではなく、2本の水平線で横向きのチャネルを形成します。

基本的には、サポートラインとレジスタンスラインの間で価格が跳ね返ってくるような、レンジ相場の時に使用します。水平チャネルラインは、フィボナッチ・リトレースメントフィボナッチ・エクスパンション・レベルと一致すると強くなります。

水平チャネル

図3:水平チャネル

4.エンベロープチャネル

エンベロープチャネルは、ボリンジャーバンドやケルトナーチャネルなど、さまざまな種類のボラティリティー系インジケーターに発生します。エンベロープチャネルは、2本の線(通常は標準偏差)が中央の線(移動平均線)を「包み込む」ように左右に配置されているため、その見た目からその名が付けられました。

エンベロープチャネルは、前述の3つのチャネルとは異なり、2本の平行線ではなく、ダイナミックにプライスアクションに反応するのが特徴です。例えば、エンベロープチャネルが、中心となる移動平均からの標準偏差の数を基準にしている場合、ボラティリティーのレベルが上がったり下がったりすると、チャネルは広がったり狭まったりします。

その他の有名なチャネル

  • ドンチャンチャネル
  • ボリンジャーバンド
  • ケルトナーチャネル

1.    ドンチャンチャネル

ドンチャンチャネルは、ある資産の現在の価格と過去の取引レンジの差を示します。この情報は、ボラティリティや潜在的なブレイクアウト、リトレースメント、リバーサルに役立ちます。ドンチャンチャネルでは、3つのバンドを使用しており、上部と下部のバンドは、一定期間の最高値と最安値に基づいており、中間のバンドは2つのバンドの平均値です。

ドンチャンチャネルは、ボリンジャーバンドやケルトナーチャネルの滑らかな外観に比べて、トレーダーにシャープな印象を与えます。

ドンチャンチャネル

図4:ドンチャンチャネル

2.    ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドはボラティリティの指標であり、トレーダーがサポート/レジスタンスのあるエリアや、ボラティリティが上昇または下降しているエリアを特定するために使用されます。ボリンジャーバンドは、価格チャートに引かれた3本の線から算出されます。

多くのトレーダーは、ボリンジャーバンドを使って市場の変動領域を確認しています。バンドが単純移動平均(SMA)から乖離しているほど、基礎となる市場の変動が大きいことを想定しています。反対に、バンドの幅が狭い場合、多くのトレーダーは市場の基礎となる価格が安定していることを示していると考えます。

ボリンジャーバンド

図5:ボリンジャーバンド

3.    ケルトナーチャネル

ケルトナーチャネルは、価格変動を示すという点で、ボリンジャーバンドとドンチャンチャネルの両方に似ています。しかし、ケルトナーチャネルは、指数移動平均(EMA)を中心線として使用し、その両側に市場における過去の動きである平均値(ATR)を設定する点で、ボリンジャーバンドとドンチャンチャネルとは異なります。トレーダーは、資産の価格が上限バンドを超えて確定したり、下限バンドを下回って確定したりした場合、一般的なトレンドが変化する、またはトレンドが加速する兆候であると考えます。

ケルトナーチャネル

図6:ケルトナーチャネル

FXチャネルラインの利点

チャネルラインの大きな利点は、単一のトレンドラインに比べて、より明確で有用な情報を提供してくれることです。トレンドの方向性に加えて、以下のような利点があります。

1.    チャネルラインは、エントリー/エグジット両方のポイントを示す

トレンドの方向にトレードしている限り、他のFXインジケーターで確認すれば、これらの上限と下限は魅力的なエントリーとエグジットのポイントになります。

ただし、これらを使ってトレンドに逆らうトレードをすることには注意が必要です(例:上昇チャネルの頂点でショートポジションをとったり、下降チャネルの底でロングポジションをとったりすること)。FXチャネルの両端を利用するのは、トレンドの方向にトレードする場合や、チャネルの傾きが非常に緩やかで、チャネルが広い場合に有効です。トレンドが急な場合やFXチャネルの範囲が狭い場合は、トレンドに逆らって取引しないようにしましょう。         なぜなら、チャネルに逆らってトレードすると、トレードの成功確率が急激に下がるからです。

2.    トレンドに逆らうトレードに注意 チャネルをサポート/レジスタンスとして利用してエントリー/エグジットする

下の図では、チャネルの傾斜が急すぎたり、チャネルの幅が狭すぎたりすると、せっかくの計画的な取引が台無しになってしまいます。

実際にチャネルラインを使って、トレンドの傾きに逆らってトレードすると、どんなことが起こるのでしょうか。

トレンドに逆らうトレードに注意 チャネルをサポート/レジスタンスとして利用してエントリー/エグジットする

図7:FXチャネル取引

  1. 下降トレンドのボトム付近にロングポジションのエントリーポイントがあります。
  2. その日の安値である1.2485付近でエントリーし、事前にMT4またはMT5の取引プラットフォームで利益確定のための売り指値を1.2701付近に設定します。これは以前の3日間で2回達成していた現実的な目標でした。
  3. しっかりとしたリスク管理を行っていたため、許容損失は、想定される利益の約3分の1で抑えることができます。仮に上昇した場合は約216pipsの利益を得ることができます。下落した場合は63pips下の1.2422に余裕を持って広い幅の損切り注文を設定することができていた為、3:1以上のリワード・リスク比を得ることができます。つまり、指値にかかった場合、損失の3倍以上の利益を得ることができるのです。FXマスタークラスでは、このようなリワード・リスク比率が、利益を出し続けるために必要なものであることを説明しています。
  4. このトレードは理論的には、適切なリスク管理に裏付けられた価値のあるトレードになります。安値でエントリーでき、損失の可能性は利益の約3分の1で済むのです。
  5. 実際には、底値付近でエントリーしたにもかかわらず、激しく下落し、上限のトレンドライン(レジスタンスライン)で跳ね返されてしまいました。
  6. 仮にその日の安値である1.2565で撤退したとしても、82pipsの利益となり、ストップロスの63pipsとほぼ同じ大きさとなり、リワード・リスク比率は1:1程でした。長期的に利益を確保するためには、勝ちトレードの利益が負けトレードの損失の少なくとも2~3倍になるようにします。そうすれば、勝率が50%に満たない取引でも利益を得ることができます。

これについては、「リスクと資金管理」で詳しく説明しています。

7. もし取引を監視していなかったら、数日後には下降のトレンドラインの上限がレジスタンスラインとして機能し、価格が下がり続けたため、ストップロスにかかってしまっていたことでしょう。
ここでの大きな教訓は、傾斜が緩やかでチャネルが広くない限り、チャネルのトレンドに逆らってトレードしてはいけないということです。疑いがある場合は、やめておきましょう。レジスタンスラインは、利益獲得のためのエリアとしてのみ使用してください。

3.チャネルラインは、チャネルの反対方向にブレイクアウトした場合に、より強いトレンド反転のシグナルになる

単一のトレンドラインに比べてチャネルラインのもう一つの大きな利点は、上昇チャネルの下限や下降チャネルの上限が破られた場合、そのような動きで市場のセンチメントが大きく変化する必要があるため、重要なトレンドの反転シグナルとなる可能性があることです。チャネルの方向へのブレイクアウトは、センチメントの変化のシグナルではなく、多くの場合、大衆が参加することで、トレンドが一巡した可能性を示すものです。

FXチャネルが上昇の場合で、最後の高値がチャネルの頂点に達しなかった時は、FXチャネルのブレイクが発生する最初の兆候となります。

チャネルラインは、チャネルの反対方向にブレイクアウトした場合に、より強いトレンド反転のシグナルになる

図8:FXチャネル

チャネルの上限を再度試そうとして失敗した場合は、トレンドが弱くなっている兆候であり、価格がチャネルの底から跳ね返らず、ブレイクしたきに確認されます。

* 高値がFXチャネルの上限に到達しなかった回数が多いほど、より良いトレードの条件が整います。

FXチャネルで取引する際にトレーダーが犯す最悪のミスの一つは、ブレイクアウトが起こった時に確認のシグナルを待てないことです。

ブレイクアウトの確認は必ず待つべき!?ブレイクアウトの確認とはどういうことでしょうか。

簡単に言うと、ブレイクアウトを確認するためにプルバックが欲しいということです。これは、トレンドの変化を見極める方法でご紹介しています。

まとめ

チャネルラインを使えば、どんな種類の市場でも利益を得ることができます。このチャネルライン取引戦略で強調されている取引テクニックは、戦略に取り入れることができます。

ブレイクアウトが起こりそうな初期の兆候は、価格が下落してFXチャネルラインの一方の端に複数回到達したときです。これは、チャネルパターンが終了する可能性があることを示す警告です。

もし優れた取引スキルがあり、チャネルパターンを早めに発見することができれば、サポートラインとレジスタンスライン利用したトレードができるようになるでしょう。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles