木曜日, 12月 1, 2022
Forex Trading MasterClass

ダイバージェンスFX – イラスト付きガイド

ダイバージェンスは、トレンドが反転する可能性がある判断材料としてよく使われます。

FXにおいてダイバージェンスが出現したからと言って、相場が変化することを明確に示すわけではありませんし、すぐにカウンタートレンド(逆張り)のエントリーをすべきだというわけでもありません。しかし、市況が変化している可能性があることがわかったら、現在のトレンドとは逆方向のエントリーの可能性を探し始める必要があります。時間足が大きいほど、反転が起こる可能性が高くなります。

FXでのダイバージェンスの見分け方、最強のダイバージェンスインジケーターとは何か、トレードでの活用方法をご紹介します。

ダイバージェンスの種類

ダイバージェンスには、2つのタイプがあります。さらに、各タイプは、値動きの状況に応じて強気または弱気のいずれかに分類することができます。

レギュラーダイバージェンスは、最も判別しやすく、市場の反転の兆候となることがあります。価格が高値を切り上げているのにもかかわらず、インジケーターは高値を切り下げている状態のことを指します。

例えば、下降トレンドの場合、反対に価格が安値を切り下げているのにもかかわらず、インジケーターは安値を切り上げている状態のことを指します。

この場合、ダイバージェンスにより、下降トレンドが弱まっており、反転の可能性があることを示しています。

ヒドゥンダイバージェンスは判別が難しく、トレンド反転のシグナルとしてだけでなく、トレンド継続のシグナルとしても機能します。これは、価格はレンジ幅を広げていないのに、関連するオシレーターはレンジ幅を広げている場合に見られます。

例えば、強い上昇トレンドで、インジケーターは新高値を更新しているにもかかわらず、価格は高値をテストしても新高値には達していない場合です。オシレーターは高値を更新しているにもかかわらず価格が新高値まで伸びないと言うことは、トレンドが弱くなっている兆候であり、市場の調整の可能性があることを示しています。これはヒドゥンダイバージェンスの例であり、オシレーターが示すような大きなモメンタムの中で価格が伸びなかったことによるものです。

ヒドゥンダイバージェンスは、トレンドの調整局面や市場の極端な変動で見られることがあります。トレンドの調整中に存在する場合は、価格のエクステンションの可能性を示し、極端な変動では、一時的な反転の兆候となることがあります。

ダイバージェンスとは何か、それを見極める方法

通常、インジケーターを使用する際には、特定のシグナルを探すことになります。例えば、ストキャスティクスインジケーターが20や80のラインをクロスした時や、MACDのラインがクロスした時などです。

通常、インジケーターは価格と連動して動きます。価格が高値を切り上げている場合、インジケーターも以下のチャートで観察できるように、より高い高値を作ります。

ダイバージェンス
  1. 価格の高値更新、インジケーターの高値更新

しかし、ダイバージェンスは、インジケーターが一定期間にわたってプライスアクションと同期しないときに起こります。

FXのダイバージェンスを見つけるには、まず、トレンドがどちらかを確認します。下のチャートでは、下降トレンドを示す安値の切り下げが発生しています。しかし、このインジケーターは安値を更新しているのではなく、安値を切り上げています。

ダイバージェンス fx
  1. 価格の下値切り下げ
  2. インジケーターの安値切り上げ
  3. ダイバージェンスが発生した後すぐに、トレンドが反転

チャートを見ればわかるように、値動きとインジケーターの間でFXダイバージェンスが発生しています。価格は安値を更新していますが、MACDヒストグラムは切り上げています。ほどなく、下降トレンドが反転し始めています。

FXのダイバージェンスを見極めるには練習が必要です。しかし、見つけることに慣れてしまえば、今後のトレンドの変化を見極めるのに便利なツールになります。

覚えておくべきポイント:

  • 時間足が大きいほど、トレンドの反転が実際に起こるまでに時間がかかる可能性があります。
  • ダイバージェンスは小さい時間足でも活用できますが、少し慎重になる必要があります。なぜなら小さい時間足でダイバージェンスを発見した時には、すでに反転が起こっていることがあるからです。

>> MACDを使うのはこれを読んでから!

どのダイバージェンスインジケーターを使うのか

一般的なダイバージェンスインジケーターは、ストキャスティクス、MACD、OsMARSIです。ほとんどのインジケーターで、ダイバージェンスを見つけることができます。

下のチャートは、ストキャスティクスを使ってダイバージェンスを確認した例です。

ダイバージェンス インジケーター
  1. 価格は高値を切り上げ
  2. ストキャスティックスは高値を切り下げ
  3. 価格のトレンドが反転

下のチャートは、OsMAインジケーターでFXダイバージェンスが発生している例です。

osma ダイバージェンス
  1. 価格は高値を切り上げ
  2. OsMAは高値を切り下げ
  3. 価格のトレンドが反転

ダイバージェンスを使ったトレード方法

FXでダイバージェンスを使う方法はいくつかあります。しかし、FXのダイバージェンスは戦略的に使うべきものであることを忘れてはいけません。つまり、エントリーポイントやストップロス、利確目標を明確にする必要があるのです。ダイバージェンスは、早い段階でトレンド転換の兆候を見極めるのに役立ちます。

弱気のダイバージェンスは、価格が高値を切り上げているにもかかわらず、インジケーターは高値を切り下げている場合のことです。一般的にはショートトレード戦略で使われます。

強気のダイバージェンスは、価格は安値を切り下げているにもかかわらず、インジケーターは安値を切り上げている場合のことです。一般的にはロングトレード戦略で使われます。

次にダイバージェンスが発生した 時のプライスアクションやインジケーターの挙動、そしてその時にどのようなトレードをすべきなのかをご紹介します。

ダイバージェンスの種類プライスアクションインジケータートレードの種類
強気ダイバージェンス高値切り上げ高値切り下げショートトレード
弱気ダイバージェンス安値切り下げ安値切り上げロングトレード

以下では、取引の意思決定でダイバージェンスを利用する方法をいくつかご紹介します。

トレンドラインのブレイクアウト

下のチャートのようにトレンドラインを使って、まずFXのダイバージェンスを見つけて、価格がトレンドラインをブレイクしたらエントリーします。これは、複数の時間足で併用することもできますし、単一の時間足でも使用することができます。

macd ダイバージェンス
  1. 価格は安値を切り下げ
  2. MACDは安値を切り上げ
  3. トレンドラインをブレイクアウト後、エントリー

複数の時間足で分析

ダイバージェンスは、複数の時間足を使ってより深く分析することができます。より大きい時間足を使って方向性を見極める場合、ダイバージェンスは全体的なトレンドの変化を見つけるのに役立ちます。その後、小さい時間足で、トレンドラインのブレイクアウトなど特定の方法を使ってエントリーポイントを見つけます。

下のチャートでは、相場の方向性を判断するために大きい時間足を使用していますが、このインジケーターはFXダイバージェンスを示しており、価格の反転を示しています。

osma ダイバージェンス
  1. 価格は高値を切り上げ
  2. OsMAは高値を切り下げ
  3. トレンドが反転

その後、下のチャートのように、エントリーポイントを見つけるために、小さい時間足に移動します。

osma ダイバージェンス
  1. トレンドラインをブレイク後にエントリー

まとめ

  • …ダイバージェンスは、事前に市場のトレンド反転の可能性を判別する方法です。
  • …逆張りトレードをするための強力なツールになります。
  • …ダイバージェンスには2つのタイプがあります。弱気と強気の2つです。
  • …より大きい時間足では、反転までに長い時間がかかる場合があります。
  • …時間足が大きいほど、シグナルの信頼性が高くなります。
  • …トレンド反転の可能性をダイバージェンスで、エントリーポイントをトレンドラインのブレイクで確認しましょう。

ヒドゥンダイバージェンス

ヒドゥンダイバージェンスは、価格とインジケーターが反対方向になる “レギュラー”ダイバージェンスに一見似ています。

しかし、レギュラーダイバージェンスは、反転を示唆するものであるのに対し、ヒドゥンダイバージェンスは、トレンド継続の可能性を測るシグナルになります。

ヒドゥンダイバージェンスの判別方法

ヒドゥンダイバージェンス、トレンド継続の可能性を見つけるには、まず、使用するインジケーター(MT4インジケーターMT5インジケーターの詳細リストはこちら)を選択して、トレンドが発生していることを確認する必要があります。

使用する一般的なインジケーターは、ストキャスティクス、MACD、OsMAです。ほとんどのインジケーターで、ダイバージェンスを見つけるために使用することができます。

強気のヒドゥンダイバージェンス

価格が安値を切り上げながら高値を作る場合、これは上昇トレンドが進行中であることを示しています。

この時、インジケーターが安値を切り下げていた場合は、ヒドゥンダイバージェンスであると判断できます。この場合、上昇トレンドが継続することを示唆しており、長期的にロングの選択した方が良いでしょう。

下の画像は、このような強気の隠れたダイバージェンスがチャート上にどのように現れるかを示しています。

ダイバージェンス インジケーター
  1. 価格が安値を切り上げているのに、インジケーターは安値を切り下げていることがわかります。これは、価格が上昇を続ける可能性を示唆しています。

弱気のヒドゥンダイバージェンス

価格が高値を切り下げている場合は、下降トレンドが進行していることを示しています。

その時、インジケーターが高値を切り上げていることを発見した場合は、ヒドゥンダイバージェンスであることを示しています。この場合、下降トレンドが継続することを示唆しており、ショートを選択した方が良いでしょう。

下の画像は、この弱気のヒドゥンFXダイバージェンスの例です。

ダイバージェンス インジケーター
  1. チャートでは、価格が高値を切り下げていますが、インジケーターは高値を切り上げていることがわかります。これは、価格が下降を続ける可能性が高いことを示しています。
  2. FXのヒドゥンダイバージェンスを見極めるには練習が必要なため、初心者トレーダーはまずレギュラーダイバージェンスに注目することをお勧めします。その後、ヒドゥンダイバージェンスを使った取引をした方が良いでしょう。

FXのヒドゥンダイバージェンス

ヒドゥンFXダイバージェンスは、トレンドを見極めるのに役立ちます。しかし、常に取引戦略の一種のシグナルであると認識し、エントリー、ストップロス、利確目標を定義することが大切です。

次の表では、どのようなプライスアクションとインジケーターの挙動がヒドゥンダイバージェンスを発生させるのか、そしてどのようなトレードを行うべきなのかを説明しています。

ダイバージェンスの種類プライスアクションインジケーター貿易の種類
強気のヒドゥンダイバージェンス安値を切り上げ安値を切り下げロングトレード
弱気のヒドゥンダイバージェンス高値を切り下げ高値を切り上げショートトレード

より大きい時間足での取引に最適

ヒドゥンダイバージェンスが発生する時間足が大きいほど、トレンドの継続が実際に起こるまでに時間がかかることがあります。そのため、FXのヒドゥンダイバージェンスは、より大きい時間足で最も効果を発揮する傾向があります。

もちろん、小さい時間足で確認することもできますが、注意が必要です。なぜならヒドゥンダイバージェンスを発見した時には、トレンドの継続はすでに発生している可能性があるからです。

ヒドゥンダイバージェンスは、長い時間足において最も効果を発揮する傾向があります。小さい時間足で、ヒドゥンダイバージェンスを発見した時には、トレンドはすでに終了している可能性があります。

複数の時間足を用いた取引

ヒドゥンダイバージェンスは、複数のタイムフレーム(時間足)分析でうまく機能します。例えば、トレンドの継続を確認するために、大きい時間足でヒドゥンダイバージェンスを探し、小さい時間足でエントリーポイントを判別できます。

下の画像はヒドゥンFXダイバージェンスを見つけるために30分足チャートを使っていますが、エントリーポイントを探すために5分足チャートを使っています。

rsi ダイバージェンス
  1. ハイライトされた部分は、30分足チャートでヒドゥンダイバージェンスが発生した場所を示しており、下降の継続を示唆しています。

5分足チャートを使って、ショートのエントリーポイントを探すことができます。

rsi ダイバージェンス
  1. 30分足チャートでヒドゥンFXダイバージェンスが確認できたライン。
  2. 直近のレンジ相場のサポートラインをブレイク後に、ショートでエントリー。

>> RSIを使うのはこの記事を読んでから!

概要

  • … ヒドゥンダイバージェンスは、レギュラーダイバージェンスに似ており、価格とインジケーターの価格が反対方向に推移した時に確認できます。
  • … トレンド継続の可能性を教えてくれるので、前もってトレンドに入る準備をすることができます。
  • … 価格が安値を切り上げ、インジケーターは安値を切り下げた場合、上昇トレンドが継続することを示唆しています。
  • … 価格が高値を切り下げ、インジケーターは高値を切り上げた場合、下降トレンドが続くことを示唆しています。
  • … ヒドゥンダイバージェンスを識別するには時間と訓練が必要であり、初心者トレーダーはまず、レギュラーダイバージェンスを探すことをお勧めします。
  • … ヒドゥンダイバージェンスは、取引戦略の一部として常に明確なエントリー、ストップロス、利確目標と共に使用される必要があります。
  • … 長い時間足で有効に機能する傾向があります。小さい時間足で、ヒドゥンダイバージェンスを発見した時には、トレンドの継続はすでに完了している可能性があります。
  • … 複数の時間足を分析することでうまく機能します。トレンドの継続を判別するためにより大きい時間足で、ヒドゥンダイバージェンスを探しますが、エントリーポイントを探すためには小さい時間足を使用しましょう。
Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles