木曜日, 12月 1, 2022
Forex Trading MasterClass

フィボナッチエクスパンションの効率的な使い方

フィボナッチエクスパンションは、サポートとレジスタンスラインを引いてくれます。良いエントリーポイントでポジションを取ることがトレードの成功に重要であるように、良いエグジットポイントで利確をし、利益を最大化することも重要な要素です。このFXブログの記事では、フィボナッチエクスパンションを使用して利益を最大化する方法を学ぶことを目的としています。

フィボナッチエクスパンションの使い方

エリオット波動理論は、フィボナッチレベルに基づいており、フィボナッチレベルでない場合は、波動を数えることも、エリオットで取引することもできません。すべてのプラットフォームで、デイトレーダーが使用するためのあらゆる種類のフィボナッチツールを提供しています。

到達するであろう正確なリトレースメントレベルを認識することができれば、将来のパターンを予想することができます。現在、最も人気のあるものは、フィボナッチ・リトレースメントです。エリオット波動理論では、フィボナッチ・リトレースメントは、波動の第2波と第4波だけでなく、5波の動きに続くa-b-cの修正構造を解釈する際に大きく関与しています。

フィボナッチエクスパンションは、5波構造では、少なくとも1つの拡張波が必要であり、エリオット波動理論と密接な関係で使用されるテクニカル分析ツールです。この拡張波は、フィボナッチエクスパンションで適切に計算することができ、目標ターゲットを提供してくれます。

フィボナッチタイムゾーンにはエリオット波動理論も広く使われており、この取引理論はあらゆるFX予想に時間の要素を取り入れることを可能にする数少ないものです。時間は価格と同じくらい重要であり、エリオットは時間を参考にしない場合には波をカウントしません。残念ながら、時間要素を組み込む方法を知っているトレーダーは少なく、その結果、フィボナッチ・タイムゾーンはそれほど普及していません。エリオット波動理論が提供する情報を全て享受するためには必要なのことなのです。
3つのフィボナッチ取引ツールは、エリオット波動理論と併用されている唯一のツールであり、MT4MT5取引プラットフォームでも提供されています。フィボナッチファンやフィボナッチアークも存在しますが、これらは他の種類と解釈されています。

フィボナッチエクスパンション

拡張波を探す

どんな5波構造でも、少なくとも1つの拡張波を持っていることが必須です。トレーダーは、その動きが来た時にポジションを取るために準備をしておく必要があります。それは利益を得られる大きなトレンドの始まりの波であるため、誰もが拡張波に乗りたいと考えているはずです。
しかし、波動を見つけることは簡単なことではありません。それには、多くの知識と拡張波が発生する前の正しい市場解釈と注意が必要です。

FXトレーダーが、5つの波動が形成されていると考えた時、その後の動きを予想するには、いくつかのことを行う必要があります。市場を正しく解釈するための鍵は、フィボナッチエクスパンションツールにあります。

第3波の推測

エリオット波動についての記事では、第3波が最も伸びる可能性が高いという事実に言及しています。つまり、第2波が終了するまでには第3波が伸びるであろう最低レベルについて予想しておくべきだということです。その時点では、第5波の長さを知ることはできないので(実際には、その長さについてはすでに見当がついているかもしれませんが、これについては後述します)、第3波は第1波の長さに基づいて計算されます。そのために、トレーダーはフィボナッチエクスパンションを使います。

まず、フィボナッチエクスパンションを選択して、第1波の始点と終点をクリックします。そして3つ目のポイントを第2波の終わりまでドラッグします。その結果、第2波の終わりから始まる161.8%レベルが予想されます。これは、拡張波とみなされ第3波動が移動する最低距離です。

フィボナッチエクスパンション

拡張波は通常爆発的な動きになることを覚えておいてください。161.8%のエクステンションレベルは、実際には到達すべき最低レベルですが、エクステンションはよく261.8%、さらには461.8%以上まで上昇することがあります。このように、正しい波に乗ることが重要なのです。

これらのエクスパンションレベルがフィボナッチエクスパンションで表示されていない場合は、簡単に追加することができます。そのためには、ツールを選択して右クリックし、プロパティタブを選択し、レベルタブで任意の値を追加することができます。

フィボナッチエクスパンションを使った実際のトレード方法

フィボナッチエクスパンションで推進波を見つける方法がわかったところで、次の問題は、実際にどのようにそれを使って取引をするのかということです。この強力なツールを使って、どのようにしてFXで利益を得るのでしょうか。

第2波が第1波の始点を下回った場合はフィボナッチツールを利用することはできません。これは、ルールの1つです。したがって、基本的には第1波が始まったレベルにストップロスを設定しなければなりません。

エントリーレベルは、第一波の38.2%または50%戻しのようなフィボナッチリトレースメントレベルのいずれかに配置する、または、第1波と思われたレベルに指値の注文をします。

ここまではエントリーとストップロスの話をして来ましたが、エグジットはどうでしょうか。これは、先ほどの記事で述べた161.8%のラインを基準に解釈すべきでしょう。しかし、161.8%ラインが最低水準であることを考えると、実際には以下の通り、その水準を超えて相場が進行する可能性があります。

フィボナッチエクスパンション
  1. エントリー
  2. ストップロス
  3. 161%レベル、エグジット

早期のエグジットを避けるために、トレーリングストップを使用することができます。このような逆指値注文でも、波動をしっかりと捉えられる様にする必要があります。

MT4 フィボナッチエクスパンション

フィボナッチエクスパンションは、フィボナッチリトレースメントと類似しており、主に第3波の終わりを特定するために使用されています。ただし、フィボナッチリトレースメントとは異なり、このツールは、一つのトレンドラインだけではなく、2つの波で構築されています。

まず、第一波の線を引き、その高さは後に参照ポイントとして考えます。第2波の終わりは、目に見えない基準点として機能します。するとフィボナッチラインの基準点である1点目から61.8%、100%、161.8%に対応する線が引かれます。第3波は、これらのレベルのいずれかで終了すると考えられています。

MT4でのフィボナッチエクスパンションの使い方

フィボナッチエクスパンションの引き方は、このオブジェクトを選択して、チャートの第1波の1点目を決定する必要があります。その後、第1波の2点目をクリックして、フィボナッチエクスパンションを引くためにマウスを次の3点目に向かってドラッグしていきます。各ポイントを選択すると、その近くに追加のフィボナッチラインが表示されます。これは第1波の1点目のポイントからの距離を示しています。

MT4でのフィボナッチエクスパンション

操作方法

マウスで移動可能な3つの点があります。1点目と2点目(第2波の最初の点)を使って、長さと傾きが定義されます。2点目は、その長さと傾きを変更するために使用されます。中心点(移動点)は、大きさや形を変えずに作成されたオブジェクト全体を移動させるために使用します。

フィボナッチレベル

フィボナッチレベル

このタブは、フィボナッチツールのレベルを調整するためのものです。フィボナッチエクスパンションには、各レベルの価格を表示する機能が追加されています。これを行うには、「Description」欄に(%$)記号を指定します。

パラメーター

オブジェクトのパラメーターを変更する方法は以下の通りです。

フィボナッチレベル
  • Date/Value – 1点目の座標(価格の日付/値)
  • Date/Value – 2点目の座標(価格の日付/値)
  • Date/Value – 3点目の座標(価格の日付/値)
  • Ray Right – 右側への無限延長
  • Ray Left – 右側への無限延長

フィボナッチエクスパンションを使えばリスク管理も可能?

もちろん可能です。リスク管理をするには、逆指値注文と指値注文を使用し、レバレッジを制限する必要があります。フィボナッチエクスパンションは、上記で説明した利確ターゲットを設定して取引を終了するために使用することができます。第1波の1点目にストップロスを配置し、リスクリワード比率を決定することができます。当社のFXマスタークラスでは、すべての取引において有利なリスクリワード比でトレードすると共に、取引ごとにリスクを資金の1%に制限することをお勧めしています。成功したトレーダーになるためには、有利なリスク・リワードの比率やルールなど、多くのことを守ることが必要です。取引が初めての方は、正しい順序でスタートできるようにFX初心者ガイドをご覧になることをお勧めします。

ソース:

Fibonacci Retracement Levels – https://www.investopedia.com/terms/f/fibonacciretracement.asp
φ Fibonacci Retracements & Extensions Fibonacci – https://fibonacci.com/fibonacci-retracements-and-extensions/
Fibonacci-Retracement – https://github.com/Ranjitkumarsahu1436/Fibonacci-Retracement
Fibonacci Trading: How to Master the Time and Price – https://www.amazon.com/Fibonacci-Trading-Master-Price-Advantage/dp/007149815X
Fibonacci Retracements – https://school.stockcharts.com/doku.php?id=chart_analysis:fibonacci_retracemen

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles