Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

フィボナッチFX:フィボナッチ比率のFXへの応用方法

フィボナッチは、トレーダーや投資家にも広く利用されているテクニカル分析ツールです。FXで使われる「フィボナッチ」は、値動きの大きさを測定し、サポートラインとレジスタンスラインをチャート上に配置するツールのことを指します。これらのサポートラインとレジスタンスラインは「フィボナッチレベル」と呼ばれ、通常の水平サポートラインとレジスタンスラインと同じように売買判断のために使用されます。

フィボナッチFXについて

フィボナッチリトレースメントとエクステンションは、他のトレンド系オシレーター系にはないサポートとレジスタンスを提供してくれます。他の金融市場と同様に、為替のトレンドは直線的には動きません。ある一定の動きをリトレースするように、ジグザグに動き、サポートとレジスタンスのレベルを試していきます。

FXチャートでは、フィボナッチリトレースメントは、今後の価格を判断するのに役立ちます。

  • 長期的なトレンドの中でジグザグを作り短期的な反転を繰り返します。
  • その後トレンドの最後には長期的な反転を開始します。

フィボナッチリトレースメントとエクステンションは、13世紀の数学者レオナルド・フィボナッチによって考案されました。これは系列内の数字の間に、比として表現される特定の数学的関係に基づいています。これらは、生物学、音楽、芸術など多様な分野で応用されています。

トレンドが23.6%、38.2%、50%、61.8%の比率に従って、以前の動きをリトレースする傾向があることを発見しました。トレンドの中で、これらのパーセンテージをチャート上に描くことで、将来の価格の動きがどこで失速したり、逆行したりするかをより簡単に予測することができるようになりました。つまり、トレンドに逆行するときは、その前の動きの23.6%、38.2%、50%、61.8%、または100%をリトレースする傾向があることがわかりました。これらの比率がなぜ機能するのかは不明ですが、機能するので、広く受け入れられるようになり、市場がサポートライン・レジスタンスラインとして受け入れるようになり、その影響力を強めています。

フィボナッチツールは、サポートまたはレジスタンスとしてトレーダーにリトレースメントレベルを確立するために使用されるだけでなく、価格がどこに行くかを示すエクステンションを表示することができます。フィボナッチエクステンションは、利益を得るため、さらには逆張りとしても使用することができます。

最も一般的なエクステンションレベルは138.2%と161.8%ですが、トレーダーによって使用されるエクステンションレベルは他にも多くあります。

フィボナッチリトレースメントとフィボナッチエクステンションを使用する方法と、サポートラインとレジスタンスラインを予測する方法を見てみましょう。

フィボナッチリトレースメントの正しい使い方

まずは、チャート上でフィボナッチリトレースメントレベルを表示する一般的な仕組みを理解する必要があります。これらのラインはどのような理論でどのようにを描かれるのでしょう。

フィボナッチリトレースメントを正しく使用するには、該当期間の主要な高値と安値を選択します。チャートソフトは、23.6%、38.2%、50%、61.8%、100%の主要なフィボナッチ比でその価格帯を分割し、水平線を描画します。これらの価格レベルは、サポートライン/レジスタンスラインが発生しやすい場所となっています。FXアプリでは、この仕組みを説明していますが、一般的には調査する価格帯を特定するだけです。

下降トレンドの後に発生した上昇トレンドのフィボナッチリトレースメントをプロットするには、まず、新しい上昇トレンドのリトレースメントポイントを計算できるように、前の下降トレンドの範囲を決定する必要があります。

フィボナッチ fx
  • 使用方法:下降トレンドが始まった高値にマウスカーソルを置き、左クリックしたまま、下降トレンドが終了する安値までマウスカーソルをドラッグしてから、マウスの左ボタンを離します。フィボナッチリトレースメントが表示されます。これらは、その後の上昇トレンドのサポート/レジスタンスポイントとして機能します。価格が上昇し、そのレベルを決定的に破られるまではレジスタンスとなり、また価格がそのレベルを下回らない限り、そのレベルがサポートラインとなります。

上昇トレンドの後に発生した下降トレンドのフィボナッチリトレースメントをプロットするには、同じことを行います。新しい下降トレンドのリトレースメントポイントを計算できるようにするためチャートソフトで最初に以前の上昇トレンドの範囲を決定する必要があります。

フィボナッチ fx
  • 使用方法:MT4のインジケーター(またはMT5のインジケーター)のメニューからフィボナッチリトレースメントオプションを選択した後、上昇トレンドが始まった安値ポイントにマウスカーソルを置き、左クリックしたまま、上昇トレンドが終了する高値ポイントまでマウスカーソルをドラッグし、マウスの左ボタンを離します。フィボナッチリトレースメントが表示されます。これらは、その後の下降トレンドのサポート/レジスタンスポイントとして機能します。価格が下落すると、それに近づいた各レベルは、決定的に破られるまでサポートされ、価格がそのレベルを下回らない限り、そのレベルがレジスタンスとなります。選択した価格帯の6%、38.2%、50%、61.8%、100%に対応する価格レベルをプロットします。

フィボナッチリトレースメントレベルでは、トレンドの反転が起こる可能性があり、エントリーレベルを確立するために使用できます。また、サポートとレジスタンスの価格レベルを提供するのに役立ちます。

  • 価格が大きく上昇した後、トレーダーは下から上への値幅を測定し、価格がより高く跳ね上がり、より強いアップトレンドが発生する前に、価格がどこで一旦戻すかを見つけることができます。
  • 価格が大きく下落した後、トレーダーは上から下への値幅を測定し、価格がより低く下がり、より強いダウントレンドが発生する前に、価格がどこで一旦戻すかを見つけることができます。

フィボナッチレベルは自動的にMT4/MT5に配置される

上のチャートにあるように、フィボナッチツールが適用された後、自動的に始めと終わりの間にフィボナッチレベルを配置します。これらのレベルは、MT4またはMT5では “フィボナッチリトレースメント”レベルと呼ばれています。

フィボナッチレベルは、その全体の動きのパーセンテージとして表示されます。つまり、動きの始まりと終わりの中間に位置するレベルが50%のリトレースメントレベルです。つまり、価格が途中で後退した場合、50%レベルまで後退したことになります。これは、トレンドがどの方向にあるかに応じて、サポートまたはレジスタンスとして機能します。

したがって、リトレースメントレベルは、どこまで戻されるかを教えてくれます。

下のチャートでは、38.2%、50%、61.8%の水準があります。これらは、価格がリトレースメントレベルに戻る可能性のある一般的なレベルですが、他にもリトレースメントレベルが確認されており、うまく機能します。

  1. 38.2%レベル
  2. 50.0%レベル
  3. 61.8%レベル

フィボナッチリトレースメントレベルは、エントリーに使用することができる

下のチャートからわかるように、フィボナッチツールは上昇トレンドにも適用でき、38.2%、50%、61.8%のレベルが値動きの始まりと終わりの間に配置されました。これらのレベルは、価格が戻ってくる可能性のあるレベルなので、潜在的なエントリーポイントを予測するために使用できます。

  1. 61.8%でロングエントリーの可能性
  2. 50.0%でロングエントリーの可能性
  3. 38.2%でロングエントリーの可能性

>> MT4の使い方を学ぶ

エントリーするための正しいレベルの選び方

エントリーする際に、どのリトレースメントレベルを選ぶかを決定する必要があります。

1.価格が各レベルに達したら積極的にエントリーする。

フィボナッチレベルの反対側にストップロスを置き各リトレースメントレベルでエントリーします。ストップロスポイントにヒットした場合は、次のレベルで再度エントリーし、価格が該当の範囲になるまで続けます。これは、フィボナッチツールを使ってエントリーを見つける中でも積極的な方法です。

2.一定レベルでのサポートまたはレジスタンスまで待って、エントリーする。

一定レベルのサポートまたはレジスタンスまで待ち、価格がトレンドの元の方向に戻るのを待ってから、エントリーします。

フィボナッチは、それ自体が取引システムではないことに注意してください。スキャルピングデイトレードアービトラージのような短期トレードでもスイングトレードポジショントレードのような長期トレードでも、FXテクニックの一部として組み合わせて使用する必要があります。

フィボナッチエクステンションの使い方

フィボナッチツールは、サポートまたはレジスタンスとしてトレーダーのためのリトレースメントレベルを確認するために使用されるだけでなく、価格がどこに行くのかを示すエクステンションを投影することができます。フィボナッチエクステンションは、利益を得るために使用できるのはもちろん、さらには逆張りエントリーにも使用できます。

トレーダーに使用されている最も一般的なエクステンションレベルは138.2%と161.8%ですが、他にも様々なトレーダーによって使用されているエクステンションレベルがあります。下降トレンド時のエクステンションレベルの例を以下に示します。

フィボナッチリトレースメント
  1. 138.2% エクステンションレベル
  2. 161.8% エクステンションレベル

フィボナッチツールを利用して、価格が戻った時のリトレースメントレベルのいずれかでFXポジションをエントリーし、その後、エクステンションレベルのいずれかでイグジットすることができます。

下のチャートは、上昇トレンドに適用したフィボナッチツールのエクステンションレベルを示したものです。リトレースメントとエクステンションのレベルを見てください。

フィボナッチリトレースメント
  1. リトレースメントレベルでのロングエントリー
  2. エクステンションでのイグジット

利益確定のためのエクステンションの選び方

エクステンションレベルは、対応するリトレースメントレベルと一致します。例えば、価格が38.2%のリトレースメントレベルまで戻った場合、対応するエクステンションレベルは138.2となります。

フィボナッチエクステンション
  1. 38.2%リトレースメントレベルでのショートエントリー
  2. 138.2%対応するエクステンションレベル

50.0または61.8リトレースメントレベルの対応するエクステンションは161.8です。

  1. 50.0%リトレースメントレベルでショートエントリー
  2. 161.8%対応するエクステンションレベル

最初の疑問は、「なぜフィボナッチリトレースメントレベルとエクステンションレベルが対応しているのか」ということでしょう。答えは、予言の自己実現にあります。銀行や大規模な金融機関では、利益を取るためにフィボナッチエクステンションを利用します。彼らは、他の銀行やFXトレーダーもこれらのレベルで終了すると予測しているので、それに基づいて彼らも同じことを行っています。
しかし、これは必ずしも固定されたルールとはいえないことに注意する必要があります。

各レベルをターゲットに

エクステンションを使用するより簡単な方法は、価格が重要なサポートまたはレジスタンスに達している様に見えるところでイグジットすることです。言い換えれば、価格がフィボナッチレベルを突破するのに苦労しているようであれば、これは良いイグジットポイントとみなすことができます。

フィボナッチに関するまとめ

為替チャートにフィボナッチを適用する場合は、まず範囲を判断する必要があります。ただし、数百万人のトレーダーは、異なる期間と時間枠で異なるフィボナッチレベルを見ていることになります。そのため、他のテクニカルインジケーターと組み合わせてフィボナッチリトレースメントとフィボナッチエクステンションを配置することをおすすめします。

ボリンジャーバンドは、ブレイクアウトを得意とするフィボナッチトレーダーの間で人気のあるインジケーターです。フィボナッチリトレースメントと上部と下部のボリンジャーバンドでブレイクアウトの可能性を確認します。

移動平均収束拡散法(MACD)もフィボナッチとの相性が良いといえます。MACDは、2つの異なる移動平均間の関係を示しています。この2つの移動平均線を使って、クロスオーバー、乖離、または大きな勢いのあるトレンドを見極めることができます。トレンド確認のためのストキャスティクスをMACDの代わりに使用することができます。

フィボナッチリトレースメントは、自然なイグジットやストップロスのポイントを見極めるのに役立ち、ブレークアウトトレード手法のサポートの役割を果たすことができます。特定のサポートまたはレジスタンスラインの周りにいくつかの自然なフィボナッチクラスター(フィボナッチ値の密集ポイント)がある場合、これらの信号はさらに強くなります。

これは、単なる戻しとトレンド変化の区別をするのに役立ちます。

フィボナッチリトレースメントとエクステンションの見極めと使用について、他のインジケーターやテクニカルツールと一緒に取引する際の詳細を学びたい方は、当社のFX MasterClassにご参加ください。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles