Saturday, November 27, 2021
Forex Trading MasterClass

FXプライスアクション完全ガイド

取引でプライスアクションを使用する際には、市場で着実に利益をもたらすエッジを作成するために使用できるルールやシステムの設定を作成したいと考えると思います。

プライスアクショントレードは、一回一回のトレードで勝つことが目的ではなく、全体的に利益がでる戦略を使用して利益を上げることです。

ここでは詳しく説明していきますが、様々な戦略を駆使して行うことができます。これらには、ローソク足のパターン、広範なプライスアクションパターン、トレンド、さらにインジケーターとの組み合わせを使用することが含まれます。

プライスアクショントレードとは何か?

プライスアクショントレードは、トレーダーが遅れているインジケーターに頼るのとは対照的に、チャート上の価格の動きに基づいて意思決定を行う手法や取引スタイルです。

プライスアクショントレードも、FXの通貨ペアのファンダメンタルな要素を無視して、価格の履歴だけを見ています。

プライスアクショントレードとは何か

価格チャートは、市場で取引するすべてのトレーダーの信念と行動を反映しています。例えば、価格が突然大幅に上昇した場合、あなたが見ているのは価格の動きだけなので、プライスアクションはこれを明確に示します。

この動きはさまざまな要因によって引き起こされた可能性がありますが、根本的に価格が急激に上昇したという事実を変えるものではありません。

これは、ブル(買い手)がベア(売り手)をコントロールすることから生まれました。

プライスアクショントレーダーとして、明確なシステムを作成しているので、一連の取引にわたって勝ち負けを考慮した後に、利益を上げています。

プライスアクションはこれを可能にし、またあなたの個人的なスタイルに合ったシステムを作成することができます。多くの異なる市場に適用し、短期から長期の時間枠で使用でき、市場でスキャルピングをする為に、プライスアクションを使うことさえできます。

プライスアクショントレードを学ぶには

ここでは、異なるプライスアクション戦略、システム、パターンについて話しますが、3つを覚えておきましょう

#1: プライスアクションはシンプル  

プライスアクションは、基本的にファンダメンタル要因に従っていないと専門家から言われています。プライスアクションのトレーダーとして、あなたがやるべき唯一の事は、目の前にあるチャートの分析です。例えば、トレンド、パターン、見込みのあるトレードの設定です。ファンダメンタルズのように“考える”ことではなく、目の前に見えるものでトレードします。

 #2: トレンドに基づく価格変動

トレンドを確定した後は、値動きは同じ方向にとどまる可能性が高くなります。トレンド=友達と言われていて、傾くまでは、あなたが有利になる確率をあげる最良のの方法の一つです。

#3: 過去は繰り返す

過去は繰り返されます。 プライスアクショントレードでは、市場の動きを分析するためにチャートパターンを使用しています。 プライスアクション分析の多くの形式は100年以上も前から使用されており、同じパターンの価格変動を示しているため、現在でも関連性があります。

プライスアクションチャートを読むとき、パターンを通してトレーダーの行動を読んでいます。これらのパターンが繰り返され続けるのは、人間は同じような状況に置かれると、同じような習慣を繰り返し続けるからです。

プライスアクション vs インジケーター

プライスアクショントレードは、過去の相場の歴史が相場の未来を予測したり、パターンが繰り返される可能性があるという考えに基づいています。テクニカルインジケーター もこれに似ています。しかし、プライスアクションは、チャート上に写しだされているライブの価格を読んでいるのに対し、インジケーターは「遅れ」があります。

つまり、インジケーターは古い価格情報を利用して、作成しているのです。例えば、21期間の移動平均は、過去21日間のプライスアクションを使用しています。 一部のトレーダーはインジケーターを信用しませんが、プライスアクションとインジケーターを組み合わせると、多くの場合、最良のシステムが実現できます。その理由は、インジケーターが悪いプライスアクションをフィルターにかけ、トレンドを見つけ、強いモメンタムを見つけ、さらには利益目標の手助けをしてくれることが多いからです。

FXのプライスアクション

プライスアクションを利用するのに最適な相場の一つがFX市場です。 その理由は、FX市場の仕組みと、多くのFX会社が手に入れることができるメリットがあるからです。

FX市場は、24時間週5日オープンしています。これにより、ロンドンとNYのセッションが重なるFXの時間帯に、多くの取引機会と膨大な流動性を得ることができます。これは、世界のどこにいても自分に合ったタイミングで取引ができるということでもあります。

ほとんどの FX 会社でレバレッジが使用出来ます。これにより、レバレッジを使用してより大きなFXポジションをもつことができ、少額資金の入金で、取引することが可能になります。正しく使用されていない場合、レバレッジは口座資金が無くなる原因になりますが、賢い資金管理のもとでは口座資金を向上させることができます。

また、多くの人がFXのプライスアクションを利用する理由としては、通貨ペアの種類が多く、ボラティリティが高いことも挙げられます。

プライスアクション・イントラデイトレード

ボラティリティの上昇は、トレーダーにとって大きなチャンスとなります。

価格が不安定な場合、それは多くの動きがあることを意味します。これは、大きな利益を生む取引のチャンスを与えてくれます。他の小さな動きをする市場では、ポジションを持ったままの状態が続き、何かが起こるのを待つことになります。日中の外国為替市場では、最速で最も収益性の高い動きを1日を通してFX市場で見ることができます。  これらの時間枠には、5分足、15分足、30分足、1時間足のチャートが含まれています。

これらのチャートでデイトレードをするときは、良い面と悪い面の両方があります。

多くの取引機会があり、利益の出る取引をするチャンスがたくさんあります。 また、一晩保有することなく、素早くトレードにエントリー、決済出できるようになります。経験が浅いと、時間枠が短い方がリスクに繋がってしまうことがあります。間違っている場合は、すぐに駄目になります。日中のより短い時間枠でプライスアクショントレードを検討している場合は、厳格な資金管理をし、口座保護の為に、常にストップロスを使用するする必要があります。

シンプルなプライスアクショントレード戦略

最もシンプルな取引手法の中には、プライスアクションを利用したものもあります。

なぜかというと、プライスアクショントレードをするときは、単にプライスアクションを見て読んでいるだけだからです。そこから自分に合ったシステムを作成できます。あなたが見つけることができる最高のシステムのいくつかは、最もシンプルで明確なルールを持っているものです。

シンプルなプライスアクショントレードシステムには、以下のようなものがあります;

  • プライスアクション・トレンドトレード
  • プライスアクション・ローソク足トレード
  • プライスアクション・パターントレード
  • プライスアクションとインジケーターの組み合わせ

FXプライスアクショントレードの探し方、エントリーの仕方

市場で何度も繰り返し形成されるシンプルなFXのプライスアクションを使うことで、市場へのエントリーを見つけることができます。

これらの発動は、多くの場合、最適なタイミングで、市場が反転しようとしている時に、最適なエントリー価格を提供します。

なぜエントリーシグナルが重要なのか?

エントリー価格と決済価格の差から利益を得るために通貨ペアを売買することが、FX取引の主な目的です。安く買い高く売ることは普遍的です。  トレーダーの中には、エントリーポイントについて深く考えることに時間を費やす人もいれば、成功はトレーダーがどのように決済しトレードを終了するかにかかっていると考える人もいます。

いつ上昇するかに明確な概念がない限り、将来的に値上がりする通貨ペアの価値を知るだけでは、十分ではありません。

“魚を一匹やれば1日食いつなぐが、魚の取り方を教えてやれば一生食いはぐれることはない”ということわざを思い出してください。

トレードの場合も同じように、シグナルを手に入れるのではなく、シグナルの見つけ方を学び、生涯に渡って実際に利益を得る方法を身につけていきましょう。トレードのタイミングと適切なポイントをマスターしなければ、利益を上げることはできません。そのため、トレーダーは毎日のトレードでチャートを使用します。 FX市場で起きていることをすべてチャートを使って判断することができます。最も便利で一般的な種類の一つにローソク足チャートがあります。

ローソク足チャートはどのように役立つのか?

一般的なバーチャートよりも視覚的に魅力のあるチャートの一種であるため、プライスアクションの解釈や分析がしやすくなっています。

また、その認識可能なパターンのため、より賢明な売買判断を下すのにも役立ちます。

ピンバーリバーサル = ピンバー

ピンバーは、認識しやすいため、プロのトレーダーも個人のトレーダーも使用し、FXのプライスアクションパターンの中でも最も強力なものの一つです。

ピンバーリバーサル = ピンバー

ピンバーとは何か?

ピンバー (ピノキオバーとしても知られています) フォーメーションは、リバーサル設定です。これは、上下どちらかに明らかに長いヒゲ持つ1本のローソク足/バーのフォーメーションです。

ピンバーは、市場の潜在的な反転へのプライスアクションの手がかりとなる1本のローソク足の設定でです。また突き出た長いヒゲがあります。通常のピンバーとは異なる、フェイク(偽=だまし)ピンバーもあります。

プライスアクションにより、その違いを判断できるようになります。  最新の価格から長いヒゲが出ている場合はピンバー、長いヒゲが出ていない場合は純正のピンバーではなく“フェイクピンバー”となります。

ピンバーを見つけるには?

弱気ピンバーは、いくつかの強気ローソク足の後に形成され、前のローソク足の上部よりも高い鼻なっています。鼻はローソク足サイズの75%以上、ローソク足本体は16%以下でなければなりません。(強気ピンバーは反対)

ピンバーを見つけるには?

ピンバーエントリー

どんな市場でもトレンドに沿って取引するのが最良です。トレンド相場での、ピンバーのエントリーシグナルは、より低いリスクでより良い利益を提供することができます。

ピンバーが下落を拒否を示している場合、拒否は強気または買い手が価格を押し上げていることを示しているため、強気のピンバーです。

積極的 高いリスクリワードエントリー:50% リトレースメント

このエントリーでは、ピンバーまたは他の反転ローソク足ヒゲ50%のリトレースメントを取ることが含まれます。

このエントリーでは、トレードのエントリーを設定して、価格が実際にトレードしたい方向とは逆の方向に50%上昇または50%下降するのを待つことになります。

これを行うことで、ストップロスをより狭くして、より高い利益を得ることができる可能性があります。

中リスクリワードエントリー:終値でエントリー

この反転トレードシグナルでのエントリーは、価格の終値にエントリーすることを意味します。ピンバーなどの反転ローソク足がクローズして、基準を満たしている場合は、エントリーするだけです。

低リスクリワード:高値・安値ブレイクが確定してからエントリー

このエントリーでは、取引のエントリーを作成し、価格が高値か安値か、ピンバーの上か下かでブレイクするのを待ちます。

そして、価格が動いて欲しい方向にブレイクしています。リスクは低いですが、ストップが大きくなり、利益は低くなります。 各エントリーには、潜在的なリスクリワードがあります。

低リスクリワード:高値・安値ブレイクが確定してからエントリー

エンゴルフィンバー(包み足、包み線)

エンゴルフィンバー = EBは、 また、アウトサイドバー=OBとも呼ばれ、FX取引で最も広く使われている戦略の一つです。EBは、正しく識別し、理解していれば、非常に正確で信頼性の高いシグナルです。

エンゴルフィンバーとは何か?

エンゴルフィンバーには2種類あります: (1) 強気エンゴルフィンバー

(2) 弱気エンゴルフィンバー

(2) 弱気エンゴルフィンバー

強気エンゴルフィンバー (BUEB)

強気ローソク足は、前のローソク足を完全に包み込みます。複数のローソクを包み込む場合もありますが、有効な強気のエンゴルフィンバーになるためには、前のローソクのうち少なくとも1本を包み込む必要があります。

弱気エンゴルフィンバー (BEEB)

弱気ローソク足は、前のローソク足を完全に包み込みます。 強気と弱気両方のエンゴルフィンバーには、前のローソク足のように「より低い安値」と「より高い高値」が出現します。

エンゴルフィンバーを見つけるには?

エンゴルフィンバーを探すことはとても簡単です。ローソク足が完全に前の高値と安値を越えて、前のローソク足を包み込んでいる必要があります。

エンゴルフィンバーを見つけるには?

インサイドバー = IB

最も馴染みのあるローソク足のパターンの一つに、インサイドバーがあります。前日の高値と安値の範囲内価で取引されたときに形成されます。インサイドバーを“ブレイクアウトプレー”と呼ぶ事もあります。最も良いインサイドバーは、トレンド相場のトレンドに沿って出現した時です。

インサイドバーとは何か?

インサイドバーは、2本目のバーまたはローソク足が前のバーまたはローソク足の高値と安値を包み込んだときに形成されます。 内側のバーが小さく、先行するバーの高値から安値の範囲内に収まる2本立てのプライスアクション取引戦略です。高値圏、安値圏などいろんなところに出現します。

インサイドバーを見つけるには?

以下のトレンド相場に沿ってどのように見えるかを確認できます。 以下に見られるように、下降トレンド相場なので、インサイドバーのパターンは、インサイドバーの売りシグナルと呼ばれます。

インサイドバーを見つけるには?

別の例は、トレンド相場のインサイドバーパターンです。

この例では、市場は上昇傾向にあったので、インサイドバーはインサイドバーの買いシグナルと呼ばれています。

インサイドバーを見つけるには?

インサイドバーエントリー

インサイドバーは、反転と継続しているトレンド相場の両方で取引することができます。

インサイドバーでのエントリーで最も一般的に使用されるのは、マザーバーの高値または安値に買いストップまたは売りストップを置くことです。この方法では、価格がマザーバーの上または下にブレイクアウトしたときに、エントリーオーダーが約定され、多くの偽インサイドバーシグナルを避けることができます。

逆張りプライスアクションの発動を利用するには?

サポートとレジスタンス

テクニカル分析では、サポートとレジスタンスレベルは、ロングとショートの取引機会を決定するための最も重要な概念です。

サポートとは、需要が集中しているため、価格が反転して「サポート」されることが多い価格水準のことです。  レジスタンスゾーンは、サポートゾーンとは反対の意味で、価格がより多くの売り手を見つけ、より少ない需要を見つけることができる市場のレベルです。 レジスタンスゾーンは、逆張りトレードのターゲットにしたり、決済時に使用するのに最適なスポットです。

トレンドライン

市場には3つのタイプがあります。アップトレンド (高値、安値を上げていく)、ダウントレンド  (高値、安値を下げていく)、 横ばい (レンジ相場)。

アップトレンドのトレンドライン(谷)は、識別可能なサポートエリアの底に沿って描かれています。 そして、ダウントレンドでは、識別可能なレジスタンスエリアの上部に沿って線(ピーク)が描かれています。

トレンドライン

市場に合わせたラインにするのはやめる

では、どのようにラインを引くのか?簡単です! 上位または下位に位置する最低3つの主要なポイントを探します。

ストップロス戦略にはどのようなものがあるのか?

市場のボラティリティは尽きません。 トレーダーとして、一番難しいのは損失を軽減することです。

注意: 個人の好みに応じてストップロスを設定してください。

以下に、よく使われるストップロス戦略をご紹介します。

ピンバーストップロス戦略

弱気相場でも強気相場に問わず、、ピンバーのヒゲの後ろにストップロスを置くことができます。その結果、価格がストップロスに達すると、ピンバーの設定が無効になります。

市場はピンバーの設定が十分に強力ではなかったことを通知しているだけであることを忘れないでください。価格がストップロスに達したときにそれが悪いことだと決して考えないでください。

インサイドバーストップロス戦略

インサイドバーストップロス戦略は、2つのストップロスを配置できる場所を提供します。それは、高値、安値のインサイドバーの後ろ、または高値、安値のマザーバーの後ろにある可能性があります。インサイドバーストップロス戦略でより低いリスクが必要な場合は、高値または安値のマザーバーの背後にあります。 ピンバーストップロス戦略と同様に、インサイドバーの設定は約定すると無効になります。

コンフルエンスストップロス戦略

トレーダーは、度々この設定を利用します。この戦略は、サポート、レジスタンス、過去の高値と安値、移動平均線、トレンドライン、チャネルを使用して適切なストップレベルを見つけます。コンフルエンスストップの利点は、市場で明らかな価格レベルで使用される事が多い事です。

注意:価格が数ポイントの差で繰り返しストップにかかってしまう場合は、コンフルエンスレベルを増やすか、ストップゾーンの少し外側にストップを配置します。するために少しパディングを追加します。

ボラティリティストップロス戦略

プロのトレーダーは、変化する市場の状況に適用する能力がある為、この戦略をよく利用します。 ボラティリティが高い場合は、ストップロスの幅を広げ、スイングを大きくし、市場が落ち着いた時にストップロスの幅を狭くすることができます。

ボラティリティが高い場合は、リスクリワード比の減少に対抗する為に、ターゲットを広げるべきです。ボラティリティが低い場合は、価格がそれほど遠くに移動しないので、より近いターゲットを設定する必要があります。

最後に

あなた自身のリスク許容度とトレーダーとしてのどれだけ積極的であるかに応じて、エントリーにプライスアクションパターンを使用してください。

常にストップロスを使用し、テストをして、常に新しい戦略は最初に良いデモ取引ツールで試してみることを忘れないでください。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles