土曜日, 6月 25, 2022
Forex Trading MasterClass

レンジ相場の判別:レンジとブレイクアウトを見極める

ここでは、レンジ相場を見極めるテクニック、そして、一方向に明確なトレンドが発生していない時に、どのようにしてチャンスを得ることができるのかを見ていきます。

レンジ相場とは

市場は約30%の割合でしかトレンドが発生しません。この事実は、大きな動きを捉えようとするトレーダーにとって課題となります。残りの時間、市場はレンジで取引されることが多いのですが、これは何を意味するのでしょうか。

レンジ相場とは、通貨ペアが2つの価格や水準の間を一定期間動き続けることをいいます。レンジ相場は、5分足の短期チャートから日足や月足の長期チャートまで、あらゆる時間足で見られます。

トレンドフォローとは異なり、レンジ相場では、価格のレンジ内での位置に応じて、トレーダーはロングショートの両方を(異なるタイミングで)使い分けます。通常、トレンドフォローでは、トレーダーはトレンドをフォローし、上昇トレンドでは買い、下降トレンドでは売ります。

対照的に、レンジ相場では、明確なサポートラインとレジスタンスラインの間で価格が動いており、上昇も下降もしていないという定義があるため、トレーダーはその両方で利益を生むことができます。

このようなレンジ相場は定期的に発生しますが、取引量の少ない時期によく発生する傾向があります。取引量が少ないため、買い手と売り手が互いに主導権を握らず、フラットなプライスアクションとなります。

レンジ相場の判別方法

まず、トレーダーは取引対象となるレンジ相場を特定する必要があります。通常、価格はサポートエリアから少なくとも2回は上昇し、レジスタンスエリアからも少なくとも2回は下落している必要があります。そうでなければ、価格は単に上昇トレンドの安値と高値、または下降トレンドの安値と高値を確立しているだけかもしれません。

下の図は、取引レンジを示しています。見ての通り、価格は明確に定義された2つのサポートとレジスタンスの間で時間をかけて横ばいに動いています。

図1:レンジ相場の例

2本の直線は取引レンジを表し、サポートとレジスタンスゾーンとして機能します。これらはエントリーポイント、ストップロスリミットオーダーのエリアの目安を教えてくれます。

取引レンジを特定したら、トレーダーはレンジ相場を利用してポジションを取ることを考えます。サポートで買ってレジスタンスで売るというようにマニュアルでポジションを取ることもできますし、レジスタンスやサポートに到達した時点でリミットオーダー(指値)を使って適切な方向にポジションを取ることもできます。

レンジブレイクアウト

横ばいの値動きの中で最も力を発揮する現象の一つに、「レンジ相場のブレイクアウト」があります。この現象は、価格がレンジ相場の上限または下限を突破したときに起こります。

レンジブレイクアウトとは、ブレイクアウトの方向にトレンドが始まろうとすることを意味します。多くの場合、高いモメンタムでのレンジブレイクアウトの後、価格はブレイクした方向に新しいトレンドに入ります。

下の写真では、有効なマーケットレンジが上方向にブレイクアウトし、その後も、強気の動きを見せています。

レンジブレイクアウト

図2:レンジ相場のブレイクアウト例

さて、ドル円(USD/JPY)ペアの週足チャートを見てみましょう。期間は2014年2月から2015年5月までです。チャート上の黒い線は、フラットなプライスアクションを示しており、ペアはレンジチャネルで動いています。

レンジ相場は、比較的出来高が少ない時に発生します。赤丸の部分では、価格がさらに上昇する可能性を示唆する、強いモメンタムを伴うレンジブレイクアウトが見られます。その後すぐに、出来高も増え始め、9ヶ月以上続く強い上昇トレンドが始まります。

レンジ内の値動きを利用したトレード

タイトなレンジ相場で見つけられるチャンスの1つは、レンジトレードです。価格が水平FXチャネルの上または下のレベルから反発した時に取引を開始します。ポジションは、反発した方向に取る必要があります。その後、価格がレンジの反対側に到達するまで取引を続けるのが一般的です。

この取引戦略では、逆指値注文をこまめに使用することが有効です。逆指値注文の最適な場所は、価格アクションが跳ね返ったレベルの先になります。

これらの重要なポイントでより広いストップロスを置く場合は、重要な2%ルールの範囲内に収まるようにポジションサイズを縮小します。これは、トレーダーを締め出す「ストップ狩り」の動きを避けるために有効です。

以下に、レンジ相場での取引戦略の取引例をご紹介します。

レンジ内の値動きを利用したトレード

図3レンジ相場での取引例

前回と同じ米ドル/円のレンジ相場の例を使ってみましょう。今回は日足チャートでレンジを視覚化します。黒い線は、レンジ相場の高値と安値を示しています。何度か価格がレンジをブレイクして強く動くことがありますが、最終的には元に戻っていることがわかります。このようなパターンは、経済ニュースが発表された後に起こることがあります。

>> 今日の経済指標

ここでは、高値と安値が集中するレンジレベルに注目しましょう。緑の矢印は、レンジの値動きに基づいて、市場が米ドル/円ペアの買いと売りの機会を提示する瞬間を示しています。赤い線は、ストップロスオーダーのレベルを示しています。このタイプのレンジ取引を開始したら、価格が反対側のレベルに到達するまで、または損切り注文が発動するまでポジションを保持する必要があります。

このレンジ取引は、リスクの高い手法とされています。その理由の1つは、レンジ内でまともな取引量がないことです。これは、大きな買い手または売り手が突然市場に現れた場合、ペアが急速に方向を変える可能性があるため、価格の不確実性につながります。

レンジブレイクアウトトレード

レンジブレイクアウトトレードは、レンジ相場の状態から利益を得るためのもう一つの方法です。

もちろん、レンジ相場が永遠に続くことはありません。最終的には、価格が上昇または下降に転じて、レンジ相場が終了します。この場合、トレーダーは他の市場を探すか、レンジをブレイクした後のトレンドに乗ろうとするかのどちらかになります。

このレンジトレーディング戦略の考え方は、価格が上限または下限のレベルを突破した場合に市場に参入するというものです。ブレイクアウトの方向に向かって市場に参入することになります。下降のブレイクアウトであれば、その通貨ペアを売ります。上昇のブレイクアウトであれば、その通貨ペアを買います。いずれにせよレンジ相場を抜け出した後、価格がトレンドを作る可能性が高いという前提で取引に参加します。

市場を「追いかけてしまう」ことを避けるために、一旦の戻しを待ってから取引をしようと試みるかもしれません。このような場合には、買いまたは売りの指値注文を使用して、レンジブレイクアウトが発生したときに注文がかかるようにします。

もちろん、レンジブレイクアウトが「フェイク」で、価格が既存のレンジに戻ってしまう可能性は常にあります。相場のすべてがそうであるように、レンジブレイクアウトが継続するのか、あるいは元に戻ってしまうのかは誰にもわかりません。

レンジブレイクアウトで取引をする上で重要なポイントは、取引量が多い、または増加していることです。このようにして、ボリュームインジケーターを使って、チャート上に表示されたシグナルが本当のブレイクアウトであるかどうかを確認することができます。

レンジブレイクアウト取引をする際には、常にストップロスオーダーを使用する必要があります。時々、価格がレンジのレベルを超えて数本のローソク足が確定することがありますが、その後、価格はすぐにレンジ相場の内側に戻ってきます。そのため、常に逆指値注文で保護されていることが望ましいのです。

適切なリスク管理戦略のためには、レンジの真ん中より下にストップを置かず、少なくともレンジ自体の大きさと同じくらいのターゲットを追求します。こうすることで、最低でも2:1のリスク/リワードでトレードすることができます。

価格がレンジの上下限に達した場合でも、ポジションの一部を残しておくのも良いでしょう。この場合は、基本的なルールに基づいて最終的なエグジットポイントを設定することになります。

以下では、いくつかのガイドラインに基づいて、レンジブレイクアウトの取引方法を紹介します。

レンジブレイクアウトトレード

図4:レンジ相場のブレイクアウト取引例

ここでは、米ドル/スイスフランの4時間足チャートを表示しています。期間は、2012年12月の下旬から2013年1月の初旬です。

ここでも、レンジ相場はチャート上に黒い水平チャネルで示されています。赤丸は、レンジの上限レベルを突破したことを示しています。これは、USD/CHFペアを購入するタイミングです。同時に、画像のようにレンジの中央に損切りの注文を入れる必要があります。

そして、最初のピンク色の矢印で示した範囲の大きさを、2番目のピンク色の矢印で示したように、利確ターゲットとして設定します。

強いブレイクアウトの後、プライスアクションはターゲットに到達します。その後もチャート上の青いトレンドラインに沿って強く上昇しました。その時点でまだポジションの一部を残している場合は、トレンドラインを使って取引を終了することができます。つまり、青のトレンドラインを下方向にブレイクしたら、完全に取引を終了します。

このレンジブレイクアウト戦略は、トレーダーの間で一般的に使用されているもので、取引スタイルに合わせて調整することができます。

レンジ相場でのストップロスの置き方

他の取引と同様に、正しいリスク管理が不可欠です。レンジ取引の原則は、価格がサポートラインとレジスタンスラインに当たることです。レンジ相場には多くのトレーダーが集まるため、ボラティリティーが高くなる可能性があります。レンジ幅が狭すぎる場合、ストップを十分な距離に設定しても、必要なリスクとリワードの比率が得られない可能性があるため、賢いトレーダーはトレードをしません。

いずれにせよ取引レンジの幅と、ストップを置く際の距離を見極めることが重要です。少なくとも2:1でリスクでトレードを行う必要があります。

クロス通貨はレンジ相場に最適

メジャー通貨とコモディティ通貨(資源国通貨)は、どちらも最も強力で長いトレンドが発生する傾向がありますが、それとは対照的に、クロス通貨はレンジ相場が発生する傾向にあります。初心者のためのFX基礎知識では、クロスとは米ドルを含まない通貨ペアと定義されていることを説明しました。EUR/CHFもそのようなクロスのひとつで、おそらく最も優れたレンジ相場が発生する通貨として知られています。その理由の1つは、スイスとEUの成長率にほとんど差がないことです。両地域とも経常黒字で、財政的にも保守的な政策をとっています。

レンジトレーダーの1つの戦略は、そのペアのレンジを決定し、それを中央線で割り、単純に中央線の下で買い、上で売ることです。レンジ相場は、一定期間に価格が変動する高値と安値で形成されています。例えば、EUR/CHFでは、2004年5月から2005年4月までの期間、トレーダーは1.5550をレンジの上限、1.5050をレンジの下限とし、1.5300の中央線で買いと売りのゾーンを分けることができます。(以下参照)

図5:EUR/CHFの取引レンジ

レンジ相場で取引を行うトレーダーは、方向性については無知であっても構いません。単に、相対的に買われている状態で売り、相対的に売られている状態で買うのです。

クロス通貨は、文化的、経済的に似た国の通貨ペアであり、これらの通貨間の不均衡は均衡に戻ることが多いため、レンジ相場の戦略を取る上で魅力的といえます。例えば、スイスが不況に陥ったにもかかわらず、他のヨーロッパ諸国が順調に発展するということは考えにくいのです。

しかし、株式には、同じような均衡の傾向は見られません。例えば、フォードやクライスラーが順調に事業を継続していても、ゼネラルモーターズが破産申請することは容易に想像できます。一方、通貨はマクロ経済を代表するものであり、個別企業の株式のようにミクロレベルで発生するリスクの影響を受けにくいのです。通貨はマクロ経済の力を表すため、個別企業の株式のようにミクロレベルで発生するリスクの影響を受けにくく、レンジ取引の安全性が高いのです。

とはいえ、すべての投資にはリスクがつきもので、トレーダーはどのペアでもストップロスなしで取引を行うべきではありません。合理的な戦略としては、レンジ全体の振幅の半分の位置にストップロスを設定することです。上のチャートで定義したEUR/CHFのレンジの場合、ストップは高値から100pips上、安値から100pips下とし、レンジブレイクが発生した場合にはポジションを閉じることになります。または、出来高の多いレンジブレイクの発生後に1週間レンジの外にあった場合(価格がレンジに再突入しなかった場合)、トレーダーは取引から手を引くべきであるということです。

金利-レンジ相場の最後の背景

EUR/CHFの1年間のレンジは500pipsと比較的狭いのに対し、GBP/JPYのようなペアは1800pipsとはるかに大きなレンジになっています(下図参照)。違いがあるのは金利のせいです。

金利-レンジ相場の最後の背景

図6:GBP/JPYの取引レンジ

スイスの金利は75ベーシスポイント(bps)、ユーロ圏の金利は200bpsであり、125bpsの差しかありません。しかし、英国の金利は475bps、デフレの日本の金利は0bpsであり、475bpsもの差があることになります。FXの経験則では、金利差が大きければ大きいほど、そのペアは変動しやすくなります。

レンジ相場と金利の関係をより明確にするために、2004年5月から2005年5月までの期間に、様々なクロス円とその金利差、高値から安値への最大pipsの動きを表にしてみました。

通貨ペア 中央銀行の金利(単位:bps金利スプレッド(単位:bps12ヶ月間の取引レンジ(単位:pips
AUD/JPYAUD – 550 / JPY – 05501000
GBP/JPYGBP – 475 / JPY – 04751600
GBP/CHFGBP – 475 / CHF – 754001950
EUR/GBPEUR – 200 / GBP – 475275550
EUR/JPYEUR – 200 / JPY – 02001150
EUR/CHFEUR – 200 / CHF – 75125603
CHF/JPYCHF – 75 / JPY – 075650

この関係は完全ではありませんが、確かなものです。金利のスプレッドが広いペアは、一般的に大きな範囲で取引されているのです。したがって、FXでレンジのトレンドを見極める際には、トレーダーは金利差を強く意識し、それに応じてボラティリティを調整する必要があります。

外国為替市場(FX)は、トレンドトレーダーにもレンジトレーダーにも対応できる非常に柔軟な市場ですが、どんな事業でも成功するためには、適切な知識が鍵となります。

おすすめのレンジブレイクアウトインジケーター

ボリンジャーバンドは、トレーダーがよく使うレンジ相場用のインジケーターのひとつです。

レンジ相場では、価格がバンドの上限線と下限線の間を移動し、サポートとレジスタンスレベルに反応する傾向があります。

ボリンジャーバンドは、市場のボラティリティーが低下すると収縮し、市場のボラティリティーが高くなると拡大します。

ダブルボリンジャーバンド・ブレイクアウト戦略

ダブルボリンジャーバンドFX戦略は、レンジブレイクアウト手法ともいえます。ダブルボリンジャーバンドの買いゾーンまたは売りゾーンへの強いブレイクで取引をします。ただし、強いブレイクアウトを確認しても、フェイクブレイクアウトを避けるため、一旦、エントリーを見送ります。

以下は、EUR/GBPチャートにおけるダブルボリンジャーバンドのレンジブレイクアウトシナリオの例です。レンジ相場の終盤では、単一の標準偏差の上限バンド(緑の線)を超えていますが、価格はレンジを抜け出すほど強くは動いていません。トレーダーは、強い勢いで価格がレンジを抜け出し、ダブルボリンジャーバンドの買いゾーンに入るのを待ちます。

さらに確証を得るために、比較的ボラティリティの低い期間(ボリンジャーバンドの収縮期)の後、ボリンジャーバンドの新たな拡大期にレンジブレイクが発生するを待ちます。

下に示した大きな緑のローソク足は、ブレイクアウトを確認するのに必要なものであり、強い買いシグナルを示しています。リスクを軽減するために、トレーダーは20日SMAにストップを置き、ターゲットを重要なレジスタンスレベルに設定することで、適度なリスクリワードを維持することができます。

ダブルボリンジャーバンド・ブレイクアウト戦略

ボリンジャーバンドは、サポートやレジスタンス、フィボナッチリトレースメントフィボナッチエクスパンションFXチャネルトレンドラインなどの他のテクニカルツールと組み合わせることで、より効果を発揮します。

テクニカルインジケーターは、レンジ相場の反転ポイントを見極めるのに役立ちます。

また、買われすぎや売られすぎのポイントを示すストキャスティクスRSIなどのオシレーターと組み合わせることもできます。

複数のインジケーターを使ったトレード方法については、FX マスタークラスで詳しく解説しています。

トレンド相場とレンジ相場、どちらで取引すべきか?

トレンド相場とレンジ相場は、異なる値動きを持つため、ほぼ正反対の考え方と資金管理手法が必要となります。幸いなことに、FX市場はどちらのスタイルにも対応できるようになっており、トレンドトレーダーとレンジトレーダーどちらにも利益を獲得する機会を提供しています。

レンジ相場とトレンド相場の違いを理解するためには、以下の記事をご利用ください。

レンジ相場のまとめ

FXのレンジ相場で取引をするのは厄介です。レンジ取引にはいくつかのメリットとデメリットがあります。以下では、レンジ取引のメリットとデメリットについて説明します。

レンジ相場で取引を行うメリット

  • 明確なレベルで取引が可能 – チャート上にレンジがある場合、水平チャネルの高値と安値が明確に引かれています。これは、価格が逆方向に跳ね上がるタイミングがわかるということです。
  • 潜在的なトレンドへの早期参入が可能 – レンジブレイクアウトが発生した場合、トレンドフォローを行うことができます。最初のブレイクアウトで取引をすることは、非常に良いリスクリワード比でトレードをすることができ、ブレイクアウトが非常に強かった場合には、大きな利益を得ることができます。

レンジ相場で取引を行うデメリット

  • 出来高の少なさ – タイトなレンジ相場は、十分な取引量がないときに頻繁に発生する傾向があります。これは、市場の圧力が弱く、買い手も売り手も主導権を握れていないことを意味します。そのため、レンジのブレイクアウトは起こらないか、起こったとしても疑わしいものであると考えられます。
  • トレンドの不在 – 買い手と売り手がお互いに主導権を握ることができないため、チャート上ではフラットなプライスアクションとなっています。つまり、トレンドが存在しないということです。
  • 値動きの不確実性 – レンジ相場では価格が非常に不確実です。その理由は、取引量が少ないために、フェイクブレイクアウトを引き起こす可能性があるからです。

レンジトレードは、マスターすれば便利なトレード手法です。冒頭に述べたように、ほとんどの市場は常にトレンドがあるわけではありません。実際、トレンドが発生することは比較的稀です。レンジ相場では、このようなトレンドのない市場を利用することができます。とはいえ、レンジの始まりと終わりを予知することはできないので、トレーダーは市場を先取りしようとせず、レンジが確立されるまで待つべきなのです。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles