水曜日, 1月 26, 2022
Forex Trading MasterClass

サポートラインとレジスタンスラインを利用したトレード方法

簡単に言えば、サポートラインは資産価格の下落を止める傾向にあるところで、レジスタンスラインは価格の上昇を止める傾向にあるところです。とはいえ、チャート上のライン(エリア)に基づいて取引の意思決定をする前に、サポートとレジスタンスに関する情報を深く学習しておきましょう。

サポートラインとレジスタンスラインを効果的に使用するには、まずFXの価格がどのように動くのかを理解する必要があります。そのフレームワークからサポートとレジスタンスを解釈することができます。また、サポートラインとレジスタンスラインには、異なるタイプがあることを認識しておく必要があります。マイナー(弱い)レベルは破られることが予想されますが、ストロング(強い)レベルはホールドして価格が別の方向に移動する可能性が高いと言えます。

サポートライン/レジスタンスラインを理解する

サポートラインまたはレジスタンスラインとは、市場が少なくとも2度拒否している価格水準であり、市場が新たな水準に到達することを妨げているものです。サポートライン/レジスタンスラインは、歴史的に価格がその水準を超えることができなかった回数が多いほど、より強いものとみなされます。

サポートライン

価格がこれらのレベルで拒否されてきた理由は様々あるかもしれません。例えば、買い注文の蓄積(サポートライン)、または売り注文の蓄積(レジスタンスライン)と言えます。買い手はサポートラインに引き付けられ、売り手はレジスタンスラインに引き付けられます。

サポート/レジスタンスは、0.9000や1.1000のようなキリ番にあることが多くあります。小売業者や大口の機関投資家は目標価格や逆指値注文を0.9004や1.9234のような価格ではなく、キリ番で注文する傾向があります。多くの逆指値注文エントリー注文が同じレベルに置かれているため、このようなキリ番は強い壁として機能する傾向があります。多くのテクニカル分析トレーダーは、このサポートラインとレジスタンスラインを使って戦略的なエントリー/エグジットポイントを探します。

サポートとレジスタンスのレベルを完璧に引くための3つのシンプルなルール

  • ルールその1:最低2回は機能している必要がある
  • ルールその2:機能した回数が多ければ多いほど重要なレベルになる
  • ルールその3:より近いポイントが重要となる

サポートラインとレジスタンスラインの使い方

サポートラインとレジスタンスラインは、効率的なリスク管理の設定と相まって、ポジションのエントリーとエグジットに最適な使い方の一つです。実用的な使い方としては、以下のようなものがあります。

  • 利益確定:これは、FXのポジションを決済し、利益を確定する価格のことです。つまり、ショートしていた価格からサポートラインに近づいたら、利益を確定させます。逆に、ロングしていた価格からレジスタンスラインに近づいたら、利益を確定させます。
  • 損切りされていない水準の近くで新しいポジションをエントリー:価格がサポートラインに近づくと、買いの指値注文をする傾向があり、逆に、レジスタンスラインの近づくと下に指値の売り注文をするでしょう。
  • サポートラインをブレイクしたら、新しいポジションをエントリー:サポートラインをブレイクした場合、価格が次の(安値の)サポートラインに移動するというテクニカル的な分析を使って、ショートポジションを建てることができます。逆に、レジスタンスラインをブレイクした場合は、価格が次の(高値の)レジスタンスラインに到達することを期待して買いを入れることができます。
  • ストップロスの設定:ラインのブレイクは、損失を制限するためにも使用できます。サポートラインやレジスタンスラインのブレイクを新しいポジションを建てる機会として利用するのではなく、損失を最小限に抑えるために利用することもできます。サポートラインまたはレジスタンスラインのブレイクはそのシグナルにもなります。

一度ブレイクすると、サポートラインとレジスタンスラインは役割を逆転させます。これは、サポートラインとレジスタンスラインの重要な側面と言えます:一度そのレベル(サポートまたはレジスタンス)をブレイクした場合、その特性が逆転します。つまり、ブレイクされたサポートがレジスタンスになり、レジスタンスがサポートになります。これは下の図で確認することができます。

メジャー(強い)とマイナー(弱い)のサポートラインとレジスタンスライン

マイナーなサポートラインやレジスタンスラインはあまり機能しません。例えば、価格が強い下降トレンドにある場合、一旦戻しても、再び下落を開始します。一旦跳ね返ったラインはマイナーサポートラインとしてマークされますが、下降トレンドが強いので最終的にはそのマイナーサポートラインを通過してしまう可能性が高いのです。

金先物1分足チャートでトレンドとサポート・レジスタンスをもとに潜在的なトレードポイントを探る。MT4

マイナーサポートやレジスタンスのエリアは、取引機会を提供してくれます。上の例では、価格がマイナーサポートラインを下回れば、下降トレンドがまだ維持されていることを示しています。しかし、価格が停滞し、元の安値付近でバウンドした場合は、レンジが形成されている可能性があります。価格が前の安値よりも上で停滞して跳ね返った場合は、安値の切り上げを示しており、これはトレンド反転の可能性を示しています。

主なサポートライン/レジスタンスライン(エリア)とは、最近トレンドの反転を起こした価格水準のことです。価格が上昇トレンドにあった後、下降トレンドに反転した場合、反転が起こった価格は強いレジスタンスラインとなります。下降トレンドが終わり、上昇トレンドが始まったところが強いサポートラインです。

価格が主要なサポートラインやレジスタンスラインに戻ってきた場合、価格はそれを突破するのに苦労し、反対方向に戻ることがよくあります。例えば、価格が強いサポートラインまで下落した場合、そのサポートラインで一旦、上に跳ね返ることがあります。価格は最終的にはそれを突破することもありますが、一般的には、その前に何度もその水準で抵抗にあいます。

サポートラインとレジスタンスラインを基にしたトレード戦略トップ3

サポートとレジスタンスラインを使用する基本的な取引方法として、上昇トレンドでは、サポート付近、またはレンジの下限で買い、下降トレンドではレジスタンス付近、またはレンジの上限部分で売りを入れることです。

レンジで取引する場合でも、長期的なトレンドを判断することは重要です。トレンドは、取引の方向性の指針となります。例えば、トレンドが下降しているが、その後レンジが形成された場合、レンジのサポートラインで買うよりも、レンジのレジスタンスラインで売ることを選択すべきです。下降トレンドでは、買いよりも売りの方が利益を生む確率が高いことがわかります。トレンドが上昇し、三角持ち合いパターンが形成された場合は、トライアングルパターンのサポート付近での買いを推奨します。

サポートの近くで買ったり、レジスタンスの近くで売ったりすることで利益を得ることができますが、サポートやレジスタンスが保持されるという保証はありません。したがって、そのラインが生きていることかどうかの確認をすることを心がけてください。

サポートエリアの近くで買う場合は、サポートを確認し、価格がそのエリアの高値を突破したら買います。価格がこのような動きをしたときは、価格がまだサポートエリアが生きていることを示し、価格が上昇する段階にあることを示しています。概念は同じくレジスタンスラインでの売りにも適用されます。レジスタンスエリアの近くでエリアの構築を待ち、価格がそのエリアの安値を下回ったら、ショートをエントリーします。

買いの場合は、サポートラインの数pips下にストップロスを置き、売りの場合は、レジスタンスラインの数pips上にストップロスを置きます。

ラインの構築を待っている場合は、買い時にはその数ピップ下にストップロスを置きます。売りの場合は、ストップロスをその数ピップ上に置きます。

エントリーする際には、エグジットポイントであるターゲットを設定してください。ロングをした場合は、強いレジスタンスラインに到達する直前に利益を確定することを心がけてください。ショートをした場合は、価格が強いサポートラインに到達する直前にエグジットしましょう。もちろん、マイナーなサポートラインやレジスタンスラインであってもエグジットを検討しても良いでしょう。例えば、上昇トレンドのチャネルの下限ラインでロングをする場合は、チャネルのトップで売ることを検討してください。

場合によっては、マイナーなサポートラインやレジスタンスラインの場合はエグジットしてしまうのではなく、ブレイクアウトが発生した後まで持ち越せば、より多くの利益を得ることができるかもしれません。例えば、大きな上昇トレンドの中で三角形のサポートラインの近くでロングをしている場合、三角形のレジスタンスラインを突破して上昇トレンドが終了するまで取引できる可能性もあります。

また、古いサポートが新しいレジスタンスになることもありますし、その逆もあります。これは常にそうとは限りませんが、ブレイクアウトのような非常に特殊な条件ではうまく機能する傾向があります。

ここでは、サポートとレジスタンスの取引戦略トップ3をご紹介します。

1.    レンジ取引

レンジ取引は、サポートラインとレジスタンスラインのエリア内で行われ、トレーダーはサポートラインで買い、レジスタンスラインで売ることになります。サポートラインとレジスタンスラインは必ずしも完璧なラインではないことに注意してください。時には、完全なラインではなく、周りにノイズが発生することもあります。トレーダーは、取引範囲を特定する必要があります。すなわち、サポートとレジスタンスの領域です。

トレーダーは、価格がサポートラインで跳ね返ったときにロングでエントリーし、価格がレジスタンスレベルの近くになったときにショートでエントリーします。また、価格がそのラインをブレイクする可能性があることを覚えておく必要があります。  だからこそ、ロングするときはサポートの下にストップロスを置き、ショートするときはレジスタンスの上にストップロスを置くべきなのです。

2.    ブレイクアウト取引

レンジの後、価格はブレイクアウトし、新しいトレンドを開始します。トレーダーは通常、サポートラインの下とレジスタンスラインの上にあるブレイクアウトに追随して、利益を得ようとします。

しかし、トレーダーはその前に良く考えてから行動しなくてはいけません。初心者のように価格がサポートラインをブレイクし、慌ててすぐにショートをするのではなく、FXのトップトレーダーは下降のモメンタムを判断するために、市場の反応(サポートまたはレジスタンスに向かってのプルバック)を待ちます。

3.    トレンドライン取引

トレンドライン取引戦略は、サポートまたはレジスタンスのトレンドラインを使用する戦略です。トレーダーは、下降トレンドではいくつかの高値、上昇トレンドではいくつかの安値を結ぶ線を引くだけです。トレンドが強い場合、価格はトレンドラインで跳ね返り、トレンドの方向へ動きます。この場合、トレーダーはトレンドに沿ったエントリーポイントを探します。

サポートとレジスタンスのインジケータートップ3

FXで使用するためのテクニカルインジケーターはたくさんあります。今では多くのFXトレーダーが、MT4MT5を選んでいます。しかし、市場には過大評価された取引ツールやインジケーターが多く存在しているのも事実です。多くの場合、初心者トレーダーは使用するツールの判断を誤ることがあります。

フィボナッチ

フィボナッチは、テクニカルトレーダーの間で非常に人気のあるツールであり、13世紀に数学者レオナルド・フィボナッチによって研究されたものです。

プライスアクショントレーダーは、潜在的なサポートラインとレジスタンスラインとしてフィボナッチリトレースメントまたはフィボナッチエクスパンションレベルを使用しています。非常に多くのトレーダーは、これらの同じレベルを見て、エントリーをしたり、ストップを配置したりしています。このような理由からサポートとレジスタンスレベルは、”予言の自己実現”になる傾向があります。トレーダーはまた、利益を確定するレベルとしてフィボナッチエクスパンションを使用しています。

多くのトレーダーが売買注文を出したり、利益を確定したりするためにこれらのレベルを見ているので、このツールはうまく機能する傾向があります。

ピボットポイント

ピボットポイントは、チャートの方向性や潜在的なサポートラインとレジスタンスラインを決定するために使用できる重要なツールです。ピボットポイントは、前回高値・安値・終値を使用して、将来のサポートラインとレジスタンスラインを推定します。この点で、ピボットポイントは先行指標であると言えるでしょう。ピボットポイントには、少なくとも5つの重要なポイントがあります。

ピボットポイントは、もともとフロアトレーダーがキーレベルを設定するために使用されていました。現代のデイトレーダーのように、フロアトレーダーは短期的な視点を持ち、非常に動きの速い環境で取引をしていました。そのため取引日の初めに、前日の高値・安値・終値を見て、現在の取引日のピボットポイントを計算します。このピボットポイントをベースに、さらに計算して、サポート1、サポート2、レジスタンス1、レジスタンス2を設定します。これらのレベルは、その後、一日を通して取引を行うために参考にされます。

移動平均線

移動平均線は、動的なサポートライン/レジスタンスラインとしても使用できます。一般的には、25日移動平均線200日移動平均線、50日移動平均線が最も人気がありますが、若干変更することができます(フィボナッチ数を利用するためにそれぞれ21と55など)。

上の例では、55日移動平均線が最初は価格の上で推移しており、レジスタンスラインとなっていることがわかります。市場が反転すると、55日移動平均線はサポートラインのように機能し始めました。これらのラインは、市場が現在のトレンドを継続する可能性が高いのか、それともブレイクアウトに近いのかをトレーダーが判断するのに役立てることができます。

新たなサポートラインとレジスタンスラインに対する売買判断

サポートとレジスタンスは動的なものであり、それに基づいた取引判断も動的なものでなければなりません。上昇トレンドでは、最後の安値と最後の高値が重要です。前回と比較し、価格が安値を付けた場合は、トレンド反転の可能性を示していますが、価格が新たに高値を付けた場合は、上昇トレンドが継続していると判断できます。トレンドに乗っている時は、強いサポートラインとレジスタンスラインに遭遇することがよくあります。最終的には突破できるかもしれませんが、それには時間がかかり、何度もトライする必要があります。

チャート上に主要なサポートラインとレジスタンスラインをマークします。例えば、価格が強いサポートラインやレジスタンスラインを突破した後、それを超えて動きが続いた場合など、重要性がなくなったら削除してください。

また、チャート上で現在および関連するマイナーサポートとレジスタンスラインをマークします。これらは、現在のトレンド、レンジ、チャートパターンを分析するのに役立ちます。これらのマイナーレベルは、新しいマイナーサポートとレジスタンスエリアが形成されると、迅速に重要性を失います。新しいサポートとレジスタンスエリアを描き続け、価格がそれらを突破した場合は、もはや重要性のないサポートラインとレジスタンスラインと捉えることができるため、削除します。

もしあなたがデイトレードをしているのであれば、今日に焦点を当て、前日のサポートとレジスタンスがどこにあったかを把握することに囚われすぎないようにしましょう。あまりにも多くの情報を見ようとすると、情報過多に陥りやすくなります。今、何が起こっているかに注意を払い、今日のサポートラインとレジスタンスラインが形成されたらマークしましょう。

サポートとレジスタンスを利用して取引できるようになるには、多くの練習が必要になります。まずは、FXデモ口座でトレンド、レンジ、チャートパターン、サポート、レジスタンスを確認する作業を行います。そして、目標値とストップロスを設定して取引をする練習をしましょう。サポートとレジスタンスを使用した取引方法で数ヶ月間利益が出てから、リアルマネーで取引することをお勧めします。

まとめ

学んだこと:

  • サポートラインとは、これ以上の価格の下落を阻止するような十分な買い手がいて、価格を上に反転させることができる価格水準のことです。
  • レジスタンスラインとは、これ以上の価格の上昇を阻止するような十分な売り手がいて、価格を下に反転させることができる価格水準のことです。
  • サポートラインとレジスタンスラインは、価格が何度もストップしそうなポイントに水平線を配置することで機能します。
  • サポートとレジスタンスは、ローソク足を利用して描画することもできます。
  • サポートラインがレジスタンスラインになり、レジスタンスラインがサポートラインになることもあります。
  • 価格がサポートやレジスタンスを突破したように見えても、反対方向に再び反転するような偽のブレイクアウトに注意してください。
Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles