Saturday, November 27, 2021
Forex Trading MasterClass

チャート分析

Homeチャート分析

本を理解するためには、言葉を読めるようになる必要があります。楽譜を理解するには、音符が読めなければなりません。値動きを理解するには、チャートを読めるようになる必要があります。 トレーダーはチャートを利用して価格の動きを見て、取引をするタイミングを判断します。FXチャートにはいくつかの種類がありますが、どれも過去の価格や現在の価格など、基本的には同じ取引情報を表示しています。最も人気のある種類は何か、どのように構築されているのか、FXチャートの読み方などをご紹介します。

FXチャート分析とは

FXチャートとは、一定の時間軸で描かれた価格の並びのことです。チャート上では、縦軸(Y軸)が価格を表し、横軸(X軸)が時間を表します。価格は、横軸の左から右に向かって描かれており、直近の価格の動きが一番右にあるものを指します。 テクニカルアナリスト(チャート専業で取引している)は、チャートを使って様々な商品を分析し、今後の値動きを予測しています。 プロのトレーダーはほぼチャートのみを使用しますが、チャートの使用はテクニカル分析だけに限定されていません。チャートは、特定の期間における通貨の価格変動を読みやすくグラフ化したものであるため、ファンダメンタルズアナリスト(経済指標を使用して取引を行う人)にも大いに役立ちます。グラフィカルな値動きの記録は、価格に重要なイベントの影響を確認するのにも役立ちます。また、一定期間のパフォーマンスを評価することができるのでそれが相対的に見て高値なのか安値なのか、またはその間にあるかどうかを確認することもできます。

外国為替チャートでわかること

為替のチャートでは、トレンドや他の一般的な為替レートのパターンを観察することができます。これらは将来の為替レートの動きを予測する上でとても価値があります。 チャートパターンには、以下のようなものがあります。

また、外国為替チャートは、市場が以前に反転して上向きになる時の為替レートのレベル等をレベルを教えてくれます。これらはサポートレベルとして知られており、市場が下に向かっているときにサポートを見つけることができます。 同様にチャートは市場が以前に下降トレンドに反転した為替レートを示しています。売り手は、市場が上向きの動きの時にそこを抵抗帯と見てポジションをとるので、抵抗レベルになる傾向があります。 プロのテクニカルアナリストの中には、エリオット波動の原理を用いて波動パターンを特定するために、為替レートの動きの全体的な構造に注目する人もいます。 この理論では、価格はあるトレンドの方向に3つの波でそのトレンドを修正しながら合計5つの波で移動します。時には5つの波動が終了した後に三角保ち合いが発生し、再度トレンドが発生する傾向があります。また、フィボナッチのエクステンションとリトレースメントで価格を計算することもできます。これはフィボナッチ比率に基づきトレンドの拡張、修正傾向を予測したものです。

FXチャートの読み方

多くのタイプのFXチャートが存在します。ここでは、3つの異なるカテゴリに分類されたいくつかのチャートを紹介します。

  • 基本チャートの種類:ティックチャート、ラインチャート、バーチャート
  • 中級チャートの種類:ローソク足チャート
  • 上級チャートの種類:平均足、練行足、ポイントアンドフィギュア

基本チャートの種類

このカテゴリーのチャートは、その名の通り、とてもシンプルなチャートです。ここでは、ティックチャート、ラインチャート、バーチャートの読み方を学びます。

ティックチャート

ティックチャートは、その名の通り市場が動くたび、ティックするたびにデータが描画されます。これは、目盛りチャートに固定の時間軸がないので、短期トレーダーは瞬間の値動きに集中することができます。サポート、レジスタンス、トレンドはすべてティックチャートで表示されます。 例えば、MT4でティックチャートを見たいときは、気配値表示で該当する通貨ペアをダブルクリックします。 左側に表示されているティックチャートに加えて、右側に取引や注文を入力できるボックスがポップアップします。ティックチャートには、アスク(買い)側を示す赤い線と市場のビッド(売り)側を示す青い線があります。 >> MT4の使い方

ラインチャート

ラインチャートは、期間ごとの為替レートを直線で描画します。これらのチャートは、ほとんどの場合、終値を基準にしていますが代わりに高値、安値、または始値で描画することができます。 ラインチャートは為替相場の動きを比較的単純化したものなので、チャート上で全体的なトレンドなどチャートパターンを把握するために利用することができます。ラインチャートは、ティックチャートとは異なり、一定のトレード期間を持つトレーダー向けです。

バーチャート

バーチャートは、各時間帯の高値、安値、始値、終値を表示します。高値と安値は垂直線で結ばれており、始値は小さな左の水平ダッシュで表示されます。終値は、右の水平ダッシュで示されています。 バーチャートは、ラインチャートやティックチャートとは異なりますが、より多くの情報を提供します。ラインチャートと同様に、バーチャートもまた、X軸上に一定の期間を持っています。 バーチャートは、最初の期間のレンジがその後の期間のレンジと分けられているため、為替レートのギャップを認識するのに特に便利です。また、市場がチャートパターンの重要なレベルを超えてクローズしたかどうかを確認するのにも便利で、それがブレイクアウトのシグナルとなることもあります。 >> バーチャートの読み方

中級FXチャートの種類

トレーダーなら、テクニカル分析とその仕組みについて聞いたことがあると思います。面白いことに、取引のことを考えるとき、即座にウォール街を思い浮かべる人がいます。 確かにテクニカル分析はアメリカから来たものです。 でも、それはほんの一部です。 いわゆる欧米式のテクニカル分析は、ほとんどがチャートパターンを用いています。FXチャートのパターンは、ヘッドアンドショルダー、上昇下降ウェッジ、ダブル・トリプルボトム、カップウィズハンドル、丸め天井・底、アセンディング・ディセンディングトライアングルなどがこのタイプのテクニカル分析に属します。 また、現在でも使われているメジャーなトレード理論は、アメリカで生まれたものです。しかし、繰り返しになりますが、テクニカル分析の全てがアメリカから生まれたわけではありません。 日本人は1800年頃からかなり先の将来の価格を予測するためにあるパターンを使用していました。彼らはローソク足を使って価格の動きを記録し、時間の経過とともに繰り返される可能性の高いパターンを作りました。 これがローソク足チャートです。そして、今日ではFXトレーダーにとって必須の選択肢となっています。

ローソク足チャート

当然のことながら、ローソク足チャートはローソク足を使用します。ローソク足チャートはバーチャートに似ています。

期間内のすべての値動きを表示する: 高値、安値、始値、終値。

ローソク足には、実体とヒゲの2つの要素があります。

実体

これは、始値と終値の間のプライスアクションです。実体と呼ばれ、通常、赤色(下落)と緑色(上昇)があります。 ローソク足の実体の長さによって、多くの情報を得ることができます。

ヒゲ

ローソク足には上ヒゲ、下ヒゲ、またはその両方があります。 ヒゲもまた、値動きがどうであったかについての重要な手がかりをくれます。特に、将来の価格がどうなるかという点です。 ローソク足のヒゲを持つ実体は、パターンを理解する上で重要な要素です。日本のローソク足のパターンは、テクニカル分析に革命を起こし、欧米でも有名になりました。 欧米のトレーダーがすぐに日本のパターンを受け入れたことは間違いないことでしょう。その効率の良さから、日本のパターンはすぐに他のFXチャートのパターンを凌駕してしまいました。 ここでは、ローソク足のチャートパターンの中でも特に有名なものをご紹介します。

  • 明けの明星、宵の明星
  • 童子
  • 弱気の包み線、強気の包み線
  • たくり線、ピンバー
  • 切り込み線、被せ線

>> ローソク足チャートの読み方

上級FXチャート

高みを目指すトレーダーのために、上級の取引チャートをご紹介します。 それは平均足、練行足、ポイントアンドフィギュアです。 トレーダーは、偽のブレイクアウトを排除し、トレンドに乗るためにこれらの種類のチャートを使用しています。 このカテゴリーのFXチャートのうち、2つのタイプは日本から来ています。もう一つは、世界で最も古いトレード理論の一つを使用して、あらゆる取引チャートのフィルタリングをしています。

平均足

日本語で「平均値」の意味を持つ平均足チャートは、トレンドを見つけやすくします。また、伝統的なローソク足よりも「優れたローソク足」とも呼ばれ、プロのトレーダーには最適なローソク足です。 4つ以上の異なる基準を使用して、現在と以前のローソク足の始値、安値、高値、終値を平均化する数式を使用しています。 ここでは、どのように正確に各ローソク足を計算するかについて詳細には触れませんが、表示方法は通常のローソク足チャートとは全く異なります。 >> 平均足の読み方

練行足

日本語で「レンガ」が派生したもので、通貨ペアの値動きを測るのが練行足です。これはポイントアンドフィギュアと似たような概念で作成されています。 つまり、練行足は、価格があらかじめ定義された一定の値幅を移動した場合にのみ、チャートに新しい「レンガ(足)」を追加します。これが練行足の鍵となりますが、適切な値幅をどこに設定すべきなのでしょう。 自明の通りすべての通貨ペアが同じようなボラティリティを持っているわけではありません。中には、他のものよりもボラティリティが高いものもあります。 例えば、GBPUSDはAUDUSDペアよりもボラティリティが高いのが通常です。また、AUDNZDと比較した場合のGBPCHFも同じくボラティリティが高くなっています。 そこで値幅の大きさを決定するために、ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)を使用します。 値動きがその値幅を超えた場合、チャートに別のレンガ(足)が追加されます。ここでは、同じGBPUSDにレンガ(足)を追加しています。 このタイプのチャートの利点は分析された期間がはるかに大きいということです(5年以上)。このチャートは、2013年から2019年までの全体の値動きをカバーしています。 >> 練行足の読み方

ポイントアンドフィギュア

ポイントアンドフィギュアは、練行足に似ています。市場にボラティリティがあるときにのみ、足を追加します。 ポイントアンドフィギュアを構築するには、同じATRを使用するのが好ましい方法です。○と×の縦列だけで構築されたチャートとして知られているポイントアンドフィギュアは、練行足よりもさらに時間が圧縮されています。 この記事で紹介したチャートには、ポイントアンドフィギュア法を使用した場合の過去2年半の値動きが含まれています。 練行足との違いは、ポイントアンドフィギュアチャートが縦に「×」や「○」で構成されていることです。 FXトレーダーがこの手法を好む理由は、トレンドの予測度の高さからです。練行足やポイントアンドフィギュアを使えば大きなトレンドを見逃すことはまず無いので、スイングトレードやスキャルピングよりも長期トレードをする人に向いています。

おすすめのFXチャートはどれか

この質問に正解はありません。しかし、おそらくベストアンサーは各トレーダーのテクニック次第だということです。 例えば、スキャルピングを考えてみましょう。スキャルピングをする人は、1日に何度もトレードします。 さらに、非常に小さな市場の動きをターゲットにしています。スキャルパーとは、アルゴリズム取引を人間の裁量で行うものに相当します。 スキャルパーは、ティックチャートや1分足チャートだけを使用するだけではありません。彼らは、1時間足の時間枠までを使って、反転を見極めたり、小さなトレンドに乗ったりしているのです。通常、スキャルパーは大きな金額で取引を行います。 個人トレーダーの大多数はスキャルパーです。そして、ほぼ全ての個人トレーダーがローソク足チャートを使用しています。 スイングトレーダーは、デイトレードを保持します。より辛抱強いタイプである彼らは、価格が目標に到達するまで待つことが多くあります。 戦略にもよりますが、ローソク足チャートや平均足チャートはスイングトレードに最適です。 最後に、長期のFX投資家は時間を見方に付けます。一般的に、投資家は資金力のあるFX口座を持っています。 短期での取引パフォーマンスはあまり関係が無いのです。 この要素がなくなったことで、長期的なトレンドを掴みやすくなります。時間が問題にならないときには、練行足やポイントアンドフィギュアが最適です。

結論

取引に使用するFXチャートの種類にかかわらず、大事なことが一つあります。それはAIがますます進化するにつれて、私たちが今日知っているようなテクニカル分析も進化していくということです。 そのため、今後新しいタイプのチャートが登場する可能性が高いのです。そして、おそらく、市場のボラティリティが時間の経過とともにどのように進化していくかによって、チャートが読みやすさ、わかりやすさが変わっていくのではないでしょうか。 今日の個人トレーダーには、ローソク足チャートがおすすめのFXチャートです。それがベストチョイスというわけではありませんが、多くの戦略やセオリーを駆使するトレーダーにとっては十分な情報を得ることができるチャートだと言えます。 最後に、取引で使用しているプラットフォームで紹介したFXチャートを表示できなくても問題はありません。MT4MT5場合は、プラットフォーム上にいくつかの指標やテンプレートをアップロードすることで簡単に使用できるようになります。 結局のところ、どのようなFXチャートタイプが自分のスタイルに適しているのかは、各トレーダー次第です。チャートの数だけありとあらゆる戦略があるのです。

- Advertisement -spot_img
Latest Articles