水曜日, 1月 26, 2022
Forex Trading MasterClass

平均足のテクニック – 日本のサムライアート

平均足とは

平均足(へいきんあし)は、英語で「Heikin-Ashi」で知られています。平均足は、FX取引の際にローソク足チャートと併用することで、相場のトレンドを見極めたり、将来の相場を予測したりすることができます。ローソク足チャートを見やすくし、トレンドを分析しやすくなります。例えば、平均足チャートを使って、トレンドが継続している間はポジションを持ち続け、トレンドが終わったり反転したりしたときのエグジットするタイミングを知ることができます。相場がトレンドになっているときに利益が出ることがほとんどなので、トレンドを正しく予測することが必要です。

平均足の背後にある考え方は、プライスアクションを滑らかにするというものです。その結果、ローソク足に見られるノイズの多くは、平均足チャートで除去されます。

ご覧のように、2種類のチャート分析には顕著な違いがあります。それは、平均足が価格を決めるために、複雑な数式を使用しているからです。

平均足の公式

それぞれの平均足には、始値、終値、高値、安値があります。したがって、平均足の公式には4つのセグメントがあります。

始値=(前日の平均足の始値+前日の平均足の終値)÷2

高値=当日高値

安値=当日安値

終値=(当日始値+当日高値+当日安値+当日終値)÷4

平均足の計算方法

  1. 最初の平均足のローソクを確定するために1期間を使用します。具体的には、最初の平均足の終値が確定する際に、高値、安値、始値、終値を使用します。始値と終値を使用して、最初の平均足の始値を作成します。期間の高値が最初の平均足の高値となり、安値が最初の平均足の安値となります。
  2. 最初の平均足が確定したことで、計算式ごとに平均足のローソクを計算し続けることができるようになりました。
  3. 次の終値を計算するには、その期間の始値、高値、安値、終値を使用します。
  4. 次の始値を計算するには、始値と終値を使用します。
  5. 次の高値を計算するには、現在の期間の最高値、または現在の期間の平均足の始値または終値を選択します。
  6. 次の安値を計算するには、現在の期間の最安値、または現在の期間の平均足の始値または終値を選択します。
  7. ステップ5とステップ6では、平均足の始値と終値が期間の始値と終値と同じではないことを覚えておいてください。平均足の始値と終値は、3と4で計算しました。

平均足ローソクの読み方

平均足は通常のローソク足と非常によく似ていますが、いくつかの点で異なります。
ローソク足のようなパターンは、平均足には存在しませんが、チャーチスト達は別の角度から貴重な情報を導き出します。実体の長い陽線の平均足は、2日間の強い買い圧力を示しています。実体の長い陰線の平均足は、2日間にわたる強い売り圧力を示しています。小さな平均足のローソク足や、上下のヒゲが長いローソク足は、過去2日間の価格の均衡を示しています。

平均足と練行足の違い

平均足のチャートは、2つの期間の平均値をもとに構築されています。練行足は、一定の大きさの動きのみを表示します。つまり、練行足にも時間軸はありますが、その動きのみで決定されるのです。平均足では期間ごとに新しいローソク足が形成されますが、練行足は、価格が一定量動いたときにのみ、新しい足を形成します。

平均足のトレンド

これまでも解説してきたように、トレンドの見極めのしやすさは、平均足チャートを使う大きなメリットの一つといえます。平均足チャートを使えば、トレンドの強さとプライスアクションを自信を持って見分けることができます。ここでは、平均足の価格グラフを使って、強気・弱気トレンドの例を見てみましょう。

強気の平均足トレンド

一見すると、強気の平均足トレンドは、普通のローソク足のトレンドと同じように見えます。しかし、下図の平均足のトレンドは主に強気のローソク足によって構築されており、ローソク足のヒゲがないことに気づくでしょう。価格が上昇しているときには、下ヒゲをほとんど作らないのです。

下図の平均足チャートでは、強気のトレンドが出ています。

青色でマークされている上昇傾向を見てください。基本的には大きなローソク足であることに注目してください。これは、この強気トレンドが非常に強いことを意味します。

弱気の平均足トレンド

弱気の平均足トレンドは、強気のトレンドと逆方向を向いています。また、主に弱気のローソク足によって構築されています。強い弱気トレンドの場合は、上ヒゲがほとんどありません。では、弱気の平均足のトレンドがどのように現れるのかを見てみましょう。

上図は、弱気トレンドの平均足チャートです。上の画像の青でマークされているのが下落トレンドです。弱気の場合、上ヒゲがないことを確認してください。これは、下落の勢いが非常に強いことを示しています。

平均足のパターン

ここでは、今最も注目されている平均足のチャートパターンについて解説していきます。

童子とコマ

通常のローソク足と同じように、平均足の童子やコマは反転の伏線として使用することができます。平均足の童子やコマは、通常のローソク足と同じように捉えることができます。童子とは、始値と終値がほぼ同じである小さなローソク足のことです。価格の動きが少ないことを示す、小さな上下のヒゲがあります。

コマは、小さな実体と長い上下のヒゲを持っています。高値から安値への動きが大きいにもかかわらず、終値がほとんど変化せずに始値付近で終了しています。これは、反転を予感させることを暗示しています。

平均足を使用している場合、下降トレンド中の童子やコマは、すぐに強気への転換のサインとみなされるべきではありません。これは、下降トレンドの中での停滞を示しているに過ぎません。確かに停滞はトレンド転換の第一歩になります。しかし、方向転換(トレンド反転)の確認は必要です。チャートにおいて下降トレンドの中で童子やコマを見つけたら、それはトレンドの反転のシナリオをベースにレジスタンスレベルを確認する準備が必要です。

一般的なチャートパターン

一般的なチャートパターントレンドラインは、平均足のチャートでも応用できます。平均足は、同じローソク足が連続した場合、トレンドになりやすいのです。

三角持ち合いパターンは、平均足のチャートにもよく見られます。ここで重要なポイントは、プライスアクションが突破した方向についていくことです。平均足がパターンの上のレベルをブレイクした場合、これは上昇が拡大する可能性が高いことを示唆しています。三角持ち合いの下のレベルをブレイクした場合は、新たな弱気の動きが始まると予想されます。

もう一つ、平均足のチャートでよく見かけるパターンが「ウェッジパターン」です。ウェッジパターンには「上昇ウェッジ」と「下降ウェッジ」の2種類があります。

ここで重要なのは、上昇ウェッジが弱気のポテンシャルを持っているということです。これに反して、下降ウェッジは強気のポテンシャルを持っています。

平均足戦略

今回の記事では、買い手の思考を見ていきます。

ステップ1: 下方への強い動きを確認する

これから見ていくのは、一般的なテクニカル分析と平均足を組み合わせて、具体的な取引のアイデアを探し始める方法です。

平均足の簡単な使い方の一つとして、ローソク足の色が変わった時の逆張り取引があります。

まずは、弱気トレンドか、下値を切り下げる動きが強いかどうか。

注※平均足チャートは、スムーズな動きをする傾向があります。これは、バーのレンジを平均化するという計算の仕方によるものです。

上のEUR/USDチャートでは、一般的なテクニカルであるダブルボトムをつけています。

2つの安値がほぼ同じレベルで形成されています。これは伝統的な強気の反転シグナルです。

平均足の戦略は、ポジションをとる前にもう一つ条件を確認する必要があります。以下を参照してください。

ステップ2: 平均足のバーの色が弱気(赤)から強気(緑)に変わるのを待つ

価格が上昇に転じようとしていることを示す最初の兆候は、緑の平均足が現れたときです。平均足の色が変わるためには、強い圧力が必要です。これは、通常のローソク足の色が変わったときよりも、はるかに信頼性の高いシグナルになります。色が変化したら、取引をする時間かもしれません。

ここで大事なことは、単純にテクニカル分析を使用して、平均足チャートで反転の可能性のあるゾーンを見つけることです。

プライスアクションを読むスキルを用いて、潜在的なトレードを見極めます。そして、平均足のチャートを確認して、取引を実行します。

ステップ3:最初の強気の平均足は、前よりも大きな実体を持っている必要がある

特に平均足のチャートを使っている場合、大きな上昇の実体は、大きな取引シグナルを示唆します。このアプローチは、利益が比較的小さくなるという弱点がありますが、実体を持つ強気の平均足を見るまで待つのが良いでしょう。

平均足の売買戦略は、すべての売買条件を満たしたときに行われることが望ましいのです。つまり、エントリー戦略の条件を整えるということです。以下を参照してください。

ステップ4:次の平均足が確定した時に買う

エントリー方法は非常にシンプルです。
逆張りなので、全てが整ったら買いのチャンスの時期を待ちます。反転することが予想されたら次の平均足の始値でEUR/USDを買えば良いのです。

ストップロスをどこに置くか?これは、平均足戦略を確立するために設定する必要があります。以下を参照してください。

ステップ5:最初の強気の平均足の下にストップロスを配置する

平均足の本当に素晴らしい点の一つは、ストップロスを配置するためのポイントが明確であるということです。

平均足はトレンドの継続を示唆する傾向があるため、ストップロスの位置を狭くすることができます。単に平均足の下にストップロスを配置することができるのです。

最後に、利益をどこで取るかの定義も必要です。以下を参照してください。

ステップ6:前の終値を割ったら利益を確定する

平均足トレードでは、通常のローソク足よりもずっと長くポジションを持つ傾向があります。平均足を使ってトレードするときには、これをぜひ活用したいところです。FXのポジションを通常よりも長く持つことが重要です。

下図のようにストップロスを狭く配置できるので、このトレードで利益を出すには少しの損切りで済むことになります。

注** 上記は、当社の平均足取引システムを使用した買い取引の例です。売りの場合も同様のルールを使用してください。下図は、実際の売り取引の例です。

MT4用の平均足インジケーター

平均足のチャートを表示させる方法としては、MT4のチャートを利用する方法があります。MT4プラットフォームには、平滑化された平均足インジケーターが内蔵されています。それを表示させるには、以下の通り項目をクリックするだけです。

挿入 > インジケーター > カスタム > 平均足をクリックすると、

MT4のインジケーターが元の価格チャートに置き換わります。

MT4のデフォルトの平均足の色が、弱気の場合は赤、強気の場合は白になっているケースがあります。チャートの背景に白などの非常に明るい色を使用している場合は、平均足のアドオン設定を開いて、強気のローソク足の色を緑に変更するか、他の色をお好みの色に変更してください。

まとめ

通常のローソク足とは異なり、平均足は、落ちるナイフをキャッチする時に有効となります。平均足のチャートを使用する大きな利点は、リスクリワード比率を向上させることができることです。これにより、リスク許容度が格段に上がります。また、日本のローソク足とその使い方練行足カギ足ポイント・アンド・フィギュアのトレーニングにもなります。

平均足の手法は、最高の逆張りトレード戦略の一つであり、私たちのトレードをスマートにしてくれます。通常のローソク足チャートで発生するノイズに困っているのであれば、平均足FX戦略に切り替えるべきです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立ったと思ったらこの記事を是非シェアしてください。

出典:

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles