月曜日, 5月 16, 2022
Forex Trading MasterClass

カップアンドハンドルチャートパターンのトレード方法

チャートパターンは、通貨ペアの価格が、三角保ち合いダブルトップダブルボトムヘッドアンドショルダー、そして今回はカップアンドハンドルなど、ある特定の動きをするときに発生します。これらのパターンは、視覚的なトレード方法と言えるでしょう。FXやその他の市場において、論理的なエントリーポイント、リスク管理のためのストップロスポイント、そして利益確定のポイントを提供してくれます。

ここでは、カップアンドハンドルとは何か、どのようにトレードするか、そしてFXトレードで利益を上げるために注意すべき点などをご紹介します。

カップアンドハンドルパターンの形成

カップアンドハンドルパターンは、その名の通り、ティーカップとハンドルの形に似ています。これは、強気の継続パターンです。つまり、上昇トレンド中に発生し、一定のレジスタンスを抜けて新たに上昇することを示唆しています。カップ型の部分はV字型ではなく丸みを帯びており、最低でも約7週間かけて形成され、その右側は出来高が少ない時に形成されます。

多くのローソク足チャートパターンと同様に、下の図に示されているこのパターンは、大衆トレーダーの行動を描くものになっています。

カップアンドハンドルパターンの形成

ステージ1

カップアンドハンドルパターンの前には必ず上昇トレンドが存在します。上昇トレンドが長ければ長いほど、潜在的な買い手の数は減り、テクニカルの強いレジスタンスラインやニュース、あるいは上昇トレンドを促進する新しい良いニュースが無いなどの理由で、枯渇してしまいます。新しい買い手の不足と、売り手の不足により、レジスタンスラインが形成され、売り手がそれ以上の上昇を阻止します。

ステージ2

このペアは、買い手の利食いや空売りなどの売りにより一旦、価格を下げていきます。この売りによって、カップの左側にある下降トレンドが形成されます。売り手がいなくなると、下落が止まり、カップの左側が完成し、価格が安定してカップの底を形成します。カップの左側を形成する下降トレンドは、通常、先行する上昇トレンドの3分の1から3分の2を戻します。理想的には、できるだけ滑らかな丸みを帯びていることが望ましいのですが、それは売り手が着実に減っていることを反映しているからです。

ステージ3

その後、価格はフラットな取引レンジで動きます。売り手がいなくなった価格で、価格は安定します。このペアを保持して残っているのは、短期で売らない長期的な買い手であり、買いが再開したらポジションを追加して、カップの右側を形成する上昇トレンドを促進させます。

ステージ4

サポートが確立されたことを買い手が認識し、ある時点で買いが再開されます。これは、一般的なFXファンダメンタルズにポジティブな変化があり、市場全体のセンチメントが好転し、バーゲンハンティングによって買いが再開されることが要因です。そのため、価格が過去の高値に戻り、カップの右側が形成されるのです。カップが形成されるまでの時間が長ければ長いほど、レジスタンスが確立されていることになり、パターンが完成してこのレジスタンスが決定的に破られたときには、新たな高値更新のシグナルが強くなります。

ステージ5

この旧高値で大きなレジスタンスラインに当たったときに起こる売り圧力により、一時的な戻しが発生します。底値で買った人は利益を確定し、頂上付近で買って保持していた人は売って利益を得ようとします。しかし、最近の高値まで上昇したというファンダメンタルズの変化の事実に基づき、浅い戻し(カップの安値までの距離の約3分の1以下)の後に再度新しい買い手が入ってきます。これにより、価格は直近の高値(カップの縁)に戻り、短期的なダブルトップ(より大きな強気のカップアンドハンドルパターンの一部であるため強気)または強気のヘッドアンドショルダーパターンが形成されます。

ステージ6

このレジスタンスレベルを決定的に上抜けすると、矢印で示された新たな上昇トレンドのシグナルとなります。その後の上昇トレンドは、その前の上昇トレンドとほぼ同じ長さになることが多くあります。

FXカップアンドハンドルのトレードのエントリー方法

FXカップアンドハンドルのトレードのエントリー方法

ハンドルが形成されるのを待ちます。ハンドルは、多くの場合、横ばいまたは下降チャネルまたはトライアングルの形をしています。価格がFXチャネルやトライアングルの頂点を上抜けたら買います。価格がハンドルから外れると、パターンが完成したとみなされ、価格は上昇すると予想できます。

価格の上昇が期待できるとはいえ、必ずそうなるとは限りません。少し上昇してから下落することもあれば、横ばいで推移することもありますし、エントリー直後に下落することもあります。このような理由から、損失を限定する逆指値注文が必要となります。

ストップロスの設定

ストップロスの設定

逆指値は、カップアンドハンドルからのブレイクアウトで買った後、価格が上昇せずに下落した場合ための注文です。逆指値は、価格が大きく下落してパターンが無効になった場合にポジションをカットすることで、リスクを管理する役割を果たします。

逆指値はハンドルの最安値の下に設定します。価格がハンドルの中で何度も上下に揺れ動いた場合は、直近のハンドルの安値の下に損切りを置くこともあります。

ハンドルはカップの上半分で発生しなければならないので、ストップロスはカップの下半分以下にあってはなりません。例えば、ドル/円(USD/JPY)のカップが95.00と94.00の間で形成されているとします。損切りは、カップの半分の位置である94.50より上にする必要があります。もし、ストップロスがカップの半値より下にある場合は、その取引を避けます。理想的には、ストップロスはカップの上部3分の1の位置にあるべきなのです。

ハンドルとストップロスをカップの上3分の1(または上半分)に配置することで、ストップロスがエントリーポイントに近くなるので、トレードのリスク・リワード比を向上させることができます。損切りはトレードのリスク部分を表し、ターゲットはリワード部分を表します。

ターゲットや利益の出るエグジットポイントを選ぶ

ターゲットや利益の出るエグジットポイントを選ぶ

カップの高さがいくつであれ、ハンドルのブレイクアウトポイントにその高さを加えます。その高値がターゲットとなります。例えば、カップが100ドルから99ドルの間で形成され、ブレイクアウトポイントが100ドルであれば、ターゲットは101ドルとなります。

カップの左側と右側の高さが違うことがあります。保守的なターゲットの場合は小さい方の高さを使用し、ブレイクアウトポイントの上に追加します。また、アグレッシブなターゲットの場合は、大きい方の高さを使用します。

フィボナッチリトレースメント/エクステンションを使用することもできます。エクステンションツールをカップの安値からカップの右側の高値まで引き、それをハンドルの安値までつなぎます。1.000(100%)は保守的な価格目標を表し、1.618(162%)は非常にアグレッシブな目標となります。とにかく、ターゲットは1.000から1.618の間に置くようにしましょう。

デイトレードで、その日の終わりまでに目標に到達しなかった場合は、その日の市場が閉まる前にポジションを決済します。トレーリングストップロスは、目標値に近づいたものの、その後再び下落し始めたポジションから自動で抜け出すために使用できます。

カップアンドハンドルのまとめ

  • カップの底を形成中には休止期間、つまり安定期があり、価格は横ばいで推移するか、丸い底を形成します。これは、価格がサポートレベルを見つけ、それを下回ることができなかったことを示しています。ブレイクアウト後に価格が上昇する確率が高まります。
  • 価格が下落した後、急激に上昇するV字型のボトムでカップを形成することがあります。この種のカップを好むトレーダーもいれば、避けるトレーダーもいます。V字型のボトムを好むトレーダーは、下降トレンドの急激な反転であり、パターンの右側で買い手が積極的に介入したことを示していると考えます。V字型のボトムでの取引を好まないトレーダーは、ボトム付近で価格が安定しなかったため、再度価格が下がってそのレベルを試す可能性があると主張します。いずれにせよ、価格がハンドルを上抜けば、上向きのシグナルとなります。
  • トレンドが上昇していて、そのトレンドの途中でカップアンドハンドルが形成された場合、全体的なトレンドが買いシグナルであるという利点が加わります。この場合、カップアンドハンドルによりトレンドが回帰することを期待できます。さらに確証を得るためには、カップの底が上昇のトレンドライン移動平均線などの長期的なサポートラインと一致していると良いでしょう。
  • 下降トレンドの後にカップアンドハンドルが形成された場合、トレンドの反転を示唆している可能性があります。このパターンが実際に反転する可能性を高めるためには、カップアンドハンドルに向かう下降波動が小さくなることです。カップアンドハンドルに向かう下降波が小さくなれば、売りが先細りしている証拠となり、価格がハンドルを上抜けた後の上昇の可能性が高まります。
Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles