Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

200日移動平均線とその使用方法

200日移動平均線(SMA)は、トレーダーや市場アナリストが長期的な市場の動向を判断するための重要なインジケーターと考えられています。移動平均線は、トレンドが上昇しているのか下降しているのかをトレーダーに教えてくれますし、潜在的なサポートやレジスタンスのエリアも特定してくれます。

200日移動平均線とは

200日移動平均線は、長期的なトレンドを分析・把握するためのテクニカルインジケーターです。基本的には、過去200日間の終値の平均値を表す線で、あらゆる資産に適用することができます。

ソースMT4

200日移動平均線は、優れたトレンドフォローの指標として、FXトレーダーに広く使用されています。価格が常に200日移動平均線の上で推移している場合、これは上昇トレンドの市場と見ることができます。常に200日移動平均線の下で取引されている市場は、下降トレンドであると考えられます。

200日移動平均線の計算方法

200日移動平均線は、過去200日分の終値をそれぞれ加算し、200で割ることで算出できます。

200日移動平均の計算式=[(1 + 2 …. + 200)/200]

一日ごとに新しいデータが作成されます。それぞれの日のすべてのデータを合計すると、チャート上では連続した線になります。

200日移動平均線の使用方法

200日移動平均線は、様々な方法で使用できるため、人気が高まっています。

200日移動平均線をサポート・レジスタンスとして使う

200日移動平均線は、FX市場の重要なレベルを特定するために使用することができます。FX市場では、価格が200日移動平均線に近づいたり、跳ね返ったりして、既存のトレンドの方向に進むことがよくあります。したがって、200日移動平均線は、動的なサポートラインまたはレジスタンスラインとみなすことができます。

以下は、EUR/USDチャートで価格が200日移動平均線に接近し、跳ね返された例です。

200日移動平均線の使用方法

トレーダーは、市場が上昇傾向にある場合、価格が200日移動平均線から跳ね返ってきたらロングを狙います。同様に、下降トレンドの市場では、価格が200日移動平均線から跳ね上がったら、ショートエントリーを狙います。ストップロスは、上昇トレンド(下降トレンド)において、200日移動平均線の下(上)に置くことができます。

移動平均線クロスオーバー

長期的なトレンドを確認した後、トレンドの強さを評価します。これは重要なことです。なぜなら、トレンドが弱まっているときは、トレンドの反転を示唆している可能性があり、既存の取引を終了する理想的なタイミングだからです。

21日移動平均線、55日移動平均線、100日移動平均線などの短期移動平均線を取り入れることで、より短い期間の直近の価格変動を把握することができるため、トレーダーは既存のトレンドが息切れしているかどうかを判断することができます。

下のGBP/USDチャートでは、比較的速い移動平均線が、上昇トレンドが反転する可能性を示唆していることがわかります。21日移動平均線(緑)が55日移動平均線(黒)を横切り、100日移動平均線(青)と200日移動平均線(赤)を下向きに交差しています。これらはすべて、200日移動平均線が弱気のシグナルを示唆する前に現れる弱気のシグナルです。

200日移動平均線をトレンド確認として使う

200日移動平均線を利用した最も簡単な戦略の1つは、200日移動平均線を使用して市場を見ることです。トレーダーは一般的にこの方法で市場全体のトレンドを分析し、長期的なトレンドの方向にのみ取引を行うようにします。

下図のNZD/USDチャートでは、市場は長期間にわたって200日移動平均線の上で取引されています。これは、市場が上昇トレンドにあることを意味しており、トレーダーは市場へのロングエントリーのみを探すべきでしょう。以下の例では、ストキャスティクスを使用していますが、トレーダーは、インジケーターやその他のエントリー基準を設ける必要があります。

ゴールデンクロス/デッドクロス

200日単純移動平均線は、50日移動平均線が200日移動平均線の下にクロスする現象を「デスクロス」と呼び、弱気相場になることを示唆するほど、重要なトレンド指標とされています。

同様に、50日SMAが200日SMAの上にクロスすることを「ゴールデンクロス」と呼びますが、これはその銘柄が「ゴールデン」であること、つまり一旦クロスするとほぼ確実に株価が上昇することを意味しています。

25日移動平均線は、上記の平均線と組み合わせて使われることが多いです。

SMAとEMAの比較

200日単純移動平均(SMA)には、予言の自己実現的な側面もあるかもしれません。多くのトレーダーやアナリストがこの指標を重要視しているため、200日単純移動平均が強く機能するのです。

しかし、トレーダーの中には、指数移動平均(EMA)を好む人もいます。単純移動平均は、指定された期間の平均価格として計算されますが、EMAは直近の取引日をより重視します。つまり、指数移動平均は最近の価格に高い値を与え、単純移動平均はすべての値に等しい重みを与えるのです。計算方法の違いはありますが、テクニカルアナリストはEMAとSMAを同じように使用して、トレンドを見極め、買われすぎ、売られすぎの市場を特定します。

200日移動平均線のまとめ

  • 200日移動平均線は、あらゆる市場の長期的なトレンドの方向性を示す指標として広く採用されています。
  • 200日移動平均線は多くのトレーダーに採用されているため、予言の自己実現と考えられます。
  • 200日移動平均線を利用して、長期的なトレンドの方向性を確認し、移動平均線からの跳ね返りで取引を可能にします。
Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles