土曜日, 6月 25, 2022
Forex Trading MasterClass

EMA vs SMA – EMAはSMAよりも優秀なのか?

ほとんどすべてのトレーダーが移動平均線を使用します。しかし、すべてのトレーダーがEMAとSMAの違いを理解しているわけではありません。EMAはSMAより優れているのでしょうか?それでは、一緒に移動平均線について考えてみましょう。

外国為替市場(FX)をはじめとする金融市場は、需要と供給の差によって動きます。したがって、市場で生き残るためには、個人トレーダーは大口が何をしているかをフォローする必要があります。移動平均線は、選択された直近のローソク足の数の平均価格を提供するテクニカル指標です。最も使われている移動平均の種類はEMAとSMAです。

SMAとは

SMAとは、単純移動平均線のことです。単純移動平均とは、過去数本のローソク足を単純に計算したものです。値の合計を値の数で割ることで得られます。単純移動平均線の計算式は以下の通りです。

単純移動平均=(P1+P2+P3+P4+…+Pn)/n

MT4またはMT5の取引プラットフォームを使用している場合でも、単純移動平均線は常に無料で使用できます。単純移動平均線は、お使いの取引プラットフォームのデフォルトインジケーターとして搭載されています。

EMAとは

EMAはExponential Moving Averagesの略です。SMAとは少し違います。チャートにプロットされている場合は、EMAの計算方法が異なります。EMAの計算式(クリックすると詳細が表示されます)は以下の通りです。

EMA=前日のEMA+K(当日終値-前日のEMA)

EMAとSMAの大きな違いは、SMAは ‘n’ 期間内(nは日数)のすべての価格を扱うことです。一方、EMAは ‘n’ 個の価格のうち、直近の価格をより大きく反映します。

では、EMAとSMAの違いは何でしょうか?どちらの移動平均線を使うべきなのでしょうか?

EMA SMAの違い

先に見たように、EMAとSMAはどちらも重要なトレンドフォローの指標であり、プロのトレーダーのほとんどがこの2つを使っています。どちらが優れているかは、トレーダーの戦略によって異なります。

シンプルでありながら、テクニカル分析に大きな影響を与える指標です。EMAは直近の価格に大きな比重を置いているため、一部のトレーダーに好まれています。

しかし、SMAよりもEMAを優先する前に考慮しなければならない要素が他にもあります。

EMAは最新の値動きに注目

SMAは、ある期間における通貨ペアの平均価格です。例えば、過去20日間の毎日の終値を加算し、その値を20で割ることで、20日移動平均を算出することができます。数値が再計算されると、新しいデータが利用可能になります。”単純移動平均線 “と呼ばれています。

このEMAとSMAの基本的な計算に加えて、EMA(指数移動平均)は、新しい市場データを正確に反映させるために、現在の価格に重みを与えるという要素を加えています。そのため、EMAとSMAの違いは、長期的に見て最も顕著なものとなります。

そのため、デイトレーダースキャルパーなどの短期トレーダーには、SMAよりもEMAの方が良い結果をもたらします。しかし、スイングトレードやポジショントレードを行うトレーダーは、SMAの使用を好みます。

SMAでゴールデンクロスを測定

先に見たように、SMA(単純移動平均線)は、より大きい時間足で効果を発揮します。したがって、ゴールデンクロスは、短期移動平均線と長期移動平均線の挙動を判断することで得られます。

ゴールデンクロスは、短期の移動平均線が長期の移動平均線とクロスするときに発生するローソク足のパターンです。最もよく使われる移動平均線の値は、短期的なトレンドを示す50SMAと、長期的なトレンドを示す200SMAです。時間足が大きいということは、出来高が多く、トレンドの信頼性が高いということを意味します。そのため、短期の方向性と一致した場合、確率は高くなります。

例えば、EURUSDのような通貨ペアでは、50日移動平均線と200日移動平均線のクロスオーバーにより潜在的な市場トレンドを予想することができます。

SMAでゴールデンクロスを測定

上の例では、日足のタイムフレームで50SMAが200SMAとクロスし、強い弱気のトレンドが始まっていることがわかります。

EMAの方が反応性に優れている

ご存知のように、移動平均線はトレンドの指標であり、従来の静的なサポートラインやレジスタンスラインに比べて、より正確なトレンドを読み取ることができます。そのため、短期トレーダーやデイトレーダーのほとんどがこの指標を使用しています。

トレーダーはEMAをダイナミックな指標として使用します。通貨の価格はジグザグに動くので、価格は上下動を繰り返しながらも、さらにその方向に動くことになります。そのような相場状況では、EMAの中でも特に20EMAがサポートラインやレジスタンスラインとして有効に働きます。そのため、これらのレベルから拒絶された場合は、トレンド継続の取引機会となります。

EMAの方が反応性に優れている

上の画像では、日足のタイムフレームでEURUSDの下降相場が見られます。価格はネックラインで跳ね返され、さらに、20EMAのレベルも拒否していることがわかり、下降の可能性が高まっています。その結果、価格は少なくとも1:2のリスクリワードレシオに基づいて下降に転じました。

EMA・SMAのまとめ

以上、EMAとSMAを比較してきましたが、5分、15分、30分、1時間、4時間といった小さい時間足で市場を分析する場合は、EMAの方がSMAよりも優れているということが言えます。一方、SMAは4時間足、日足、週足など大きい時間足でトレンドを予測するのに適しています。

したがって、短期的なデイトレーダーであれば、まずは、100や200のSMAを使って市場全体の状況を確認し、その後、何らかの取引を行う際には、水平方向のサポートラインやレジスタンスラインに加えて、20EMAをダイナミックなレベルとして使用することができます。

その一方で、移動平均には、デメリットもあります。ご存知のように、市場はその流れに沿って動くので、移動平均を使って価格を予想しようと思うと、ラグが生じてしまうことがあります。そのため、トレード戦略においては、移動平均線以外の方法を用いて、全体の確率を高めることができます。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles