Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

カナダの経済指標

Homeカナダの経済指標

カナダの状況を評価するためには、以下のマクロ経済指標が使用されます。

Average Weekly Earnings(平均週間利益)

この指標は、週労働時間数に基づいて計算した平均給与の変化の動態を示します。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST
  • 公表:カナダ統計局

BOC 金利決定

カナダ銀行が設定したレートで、他の金融機関(商業銀行)はそれに基づいて独自の融資/預金金利を設定します。金利を下げる決定は、インフレ圧力を増加させながら経済成長に拍車をかけることができル一方、金利の上昇にはインフレを下げるだけでなく、経済成長を減速します。

カナダ銀行の金利決定は金融市場に大きな影響を与えてます。金利の変動は、消費者ローン、住宅ローン、ボンドレートの金利に直接影響を与えます。

  • 公表頻度:年8回
  • 公表日時: 09:00 EST
  • 公表:カナダ銀行

Building Permits(建築許可)

この指標は、建設が許可された新しい建築プロジェクトの数を反映します。建築許可は、建設過程の最初のステップであるので、この指標は不動産市場を評価するために広く使用されます。このように、指標の成長は、建設部門の成長を反映します。また、建設プロジェクトには高支出が必要なために、この指標は、企業と消費者の楽観主義を反映します。さらに、それは経済全体の先行指標として機能することができます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(報告月の第1週)
  • 公表:カナダ統計局

稼働率(Capacity Utilization)

カナダの製造企業が生産能力(工場と機械)を使用する程度を測定します。これは、経済の総需要の指標として機能します。高い稼働率は、リソースに高い需要があることを反映しており、これがインフレ圧力を発揮します。高い稼働率は、また新たな設備投資につながる可能性があります。

  • 公表頻度:季刊
  • 公表日時: 08:30 EST(報告期間の約2ヶ月半後)
  • 公表:カナダ統計局

消費者物価指数(Consumer Price Index、CPI)

消費者物価指数は、世帯が購入した商品やサービスの小売価格の変化を測定します。指数には、食品、衣類、教育費、健康、輸送、ユーティリティやレジャーの価格レベルが含まれています。この指標は毎月計算される、国のインフレの主な指標です。これは、インフレ率の最も重要な指標と考えられています。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:各月の20 日頃
  • 公表:カナダ統計局

コアCPI(Core CPI)

コアCPI指標は、消費者品目におけるインフレの計算ですが、電気、燃料、食料などのモバイルインフレコンポーネントは含まれません。これらの3つの価格は状況や季節要因の数に応じて迅速に変わる可能性があるため、インフレの明確な指標を得るためには使われません。従ってCPI とともに、インフレが報告期間にわたってどのように変化したかを理解するのに役立つコアの値を見ることができます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:各月の20 日頃
  • 公表:カナダ統計局

Current Account(経常収支)

国際収支統計は国と残りの世界との間の全ての金融取引の会計記録で、国際収支の最も一般的な形式です。国の収益が支払いを超えた場合、経常収支は黒字です。支払いが収益を超えた場合、経常収支は赤字です。国際収支は、国の全ての外国との経済操作を貨幣価値で表します。

それは貿易、要素所得と現金給付のバランスの和です。国際収支上のデータの公表は、カナダドルに大きな影響を持っており、市場はこの指標に高い重要性を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST
  • 公表:カナダ統計局

住宅着工件数(Housing Starts)

毎月現れる建物の数を示す指標です。建設の開始は将来の建設の基礎を築くと考えられています。この指数は、建設部門の経済活動の先行指標です。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:15 EST(参照月の次の週)
  • 公表:カナダ統計局

国際安全保障取引(International Transactions in Securities)

この指標は、国への外国資本の流入と国からの流出の差を示します。この指標は、カナダ投資とカナダドルに対する外国人の需要を評価するのに役立ちます。正のバランスは、出るよりもより多くの資本がカナダに入っていることが明らかにします。これは、通貨成長のシグナルです。負のバランスは、経済動向の悪化とカナダドルレートの下落を反映します。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(報告期間の2ヶ月後)
  • 公表:カナダ統計局

アイビー購買担当者指数(Ivey Purchasing Managers Index)

この指標は産業部門の事業活動の水準を反映しています。異なる地域やセクターからの150人以上のマネージャーが、前月と比較した購入のレベル(高い、低いまたは同じ)を評価するように求められます。50以上の値は購入の増加、50以下の値は減少を示します。

この指標は、ビジネス楽観と測定し、経済成長を予想するのに使用することができます。企業は商品やサービスの需要に応じて購入し、支出を増加させます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(報告期間の翌月の平日の4日目)
  • 公表:リチャードアイビービジネススクールカナダ購買管理協会

労働生産性(Labor Productivity)

この指標は、カナダの労働者の平均生産性レベルを測定します。これは、GDPを労働時間の数で割ることによって計算されます。スキルとより高い教育レベルを持つ労働者の可用性は、通常、生産性の向上に伴う要因です。高い生産性が同じ母集団のための高出力化を可能にするため、労働生産性の成長は通常、健全な経済の印として見られています。

この指標の上昇値も経済成長と高いコストを伴うインフレ圧力の補償につながることができます。中央銀行は強い成長時に金利を引き上げる必要がないため、生産性の伸びに関連した経済発展がインフレにつながりません。

  • 公表頻度:季刊
  • 公表日時: 08:30 EST
  • 公表:カナダ統計局

Leading Indicators(先行指標)

先行指標の組み合わせによって計算された加重平均は、経済の状態を予測します。先行指標には、製造指図、失業給付の申請、通貨供給量、平均週間労働時間、建築許可、基礎となる株式の価格、耐久財受注、及び、消費者信頼感指数が含まれます。

比較のための基本値(100)は、初期の1992のものです。100を超える各ポイントは、1992の値と比較して1%の改善率を示します。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の3週間目頃)
  • 公表:カナダ統計局

製造業調査出荷(Manufacturing Survey Shipments)

この指標は製造品の出荷量を追跡します。これによって、製造企業が市場の要求を満たしているかどうかを評価することができます。指標の成長はカナダの経済活動が増加したこと、その減少は、事業活動が低下していることを示唆しています。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の中旬)
  • 公表:カナダ統計局

新築住宅価格指数(New Housing Price Index)

この指数は新築住宅価格の変化を反映し、CPIの一部です。住宅価格の上昇は、消費者の需要と不動産市場の成長の増加を示唆しています。同時に、景気拡大に伴う高い不動産価格は、多くの場合、インフレ圧力につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(参照月の次の週)
  • 公表:カナダ統計局

New Vehicle Sales(新自動車販売)

この指標は、新車の販売量を測定します。これは、経済見通しを評価するために使用されています。販売のレベルがより高いほど、国内のニーズが高いです。カナダドルへの影響はほとんどありません。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の中旬)
  • 公表:カナダ統計局

Overnight Rate Target(翌日物金利誘導目標)

これは、カナダ銀行が短期預金の市場の平均レートとして望む金利です。カナダ銀行の翌日物金利誘導目標は国の主要な金利で、大手金融機関の関係において主なレートです。一夜市場の金利のレベルを制御するために、カナダ銀行は翌日物金利誘導目標を中央とする0.50のいわゆる動作範囲を設定します。

高い金利は消費者金融の成長を削減し、経済成長の鈍化につながる貯蓄の成長を刺激します。レートの成長は通常、資本流入の増加や中期的な国の通貨の成長につながります。しかし、成長率が経済成長率の高さに基づいていない場合は、それは長期的には経済の停滞と為替市場への悪影響につながる可能性があります。

  • 公表頻度:年8回
  • 公表:カナダ銀行

Payroll Employment(給与雇用)

この指標は、一定期間中に作成され、失われた職の数を示していますこの指標は、労働市場の膨張率(労働需要の増加や新たな雇用の創出)または制限(人員削減)のいずれかを実証し、労働市場における雇用のダイナミクスを追跡します。雇用の増加は、通常、大規模な消費と支出を伴います。同時に、高い雇用、支出と消費のレベルは、銀行の金融政策に影響を与えるインフレ圧力の増加につながることがあります。カナダ銀行は金利を上昇させた場合、カナダドルは上昇します。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 07:00 EST(報告期間の次の月の第1週)
  • 公表:カナダ統計局

生産者物価指数( Producer Price Index、PPI)

生産者物価指数は基準期間と比較して原材料および中間消費財の平均価格変動を測定します。商品が小売レベルに達する前に起こる価格の変化が分析されるため、消費者が、後に完成品のために直面することになるインフレ圧力の早期指標を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST
  • 公表:カナダ統計局

原材料価格指数(Raw Materials Price Index)

これは、産業別に購入された原材料の価格変動を測定する複合指標です。この指標は、膨張構成要素を監視し、将来の大手製造コストの指標、ならびに産業及び PPIの増加/減少の成長の動態を予測するために使用することができます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST
  • 公表:カナダ統計局

Retail Sales(小売売上高)

この指数は小売売上高の変化を計測します。これは、消費者支出の重要な指標であり、消費者物価指数の計算に使用されます。売上高の増加は、今後の消費者の信頼と成長をシグナルしますが、より高い消費はインフレ圧力につながることがあります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の中旬)
  • 公表:カナダ統計局

自動車を除いた小売売上高(Retail Sales Excluding Motor Vehicles)

この指標は、国の小売売上の約25%を占める、自動車を除いた小売売上高を示します。これは、消費者支出の重要な指標であり、消費者物価指数の計算に使用されます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の中旬)
  • 公表:カナダ統計局

Trade Balance(貿易収支)

貿易収支は、単に報告月の商品やサービスの輸出量と輸入量との差です。

正の貿易収支は経済状態が良いことを意味し、貿易収支は黒字の状態にあります。負の貿易収支(赤字)は国の信頼と信用力の国の通貨の為替レートなどの経済プロセスに悪い意味で反映されます。貿易収支は、指標が解除された国の通貨単位で直接測定されます。したがって、カナダの貿易収支はカナダドルで測定されます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST
  • 公表:カナダ統計局

失業率(Unemployment Rate)

労働人口のうちの、失業中で積極的に雇用を求めている人口のパーセンテージです。低い失業率は、より個人所得と大きな消費につながり、良好な経済状態を示します。しかし、経済成長と、そのような増加した支出はインフレ圧力を増大することがあります。一方、高い失業率は、消費の低下と低経済成長につながります。失業率は、カナダの労働市場の中で最も注目される指標の1つです。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 07:00 EST (月の第1週)
  • 公表:カナダ統計局

Unit Labor Cost(単位労働コスト)

この指標は、(インフレ調整後の)商品の価格は労働成分の変化の動態を示します。同指標がユーロに弱い影響しか与え何ユーロ圏とは異なり、カナダで発表されたこの指標は、労働市場の状態の強力な指標であると同時にカナダドルに大きな影響を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST
  • 公表:カナダ統計局

卸売在庫(Wholesale Inventories)

この指標は、倉庫での在庫の変化のダイナミクスを反映します。卸売在庫の測定は卸売販売データに基づいています。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST
  • 公表:カナダ統計局

卸売販売(Wholesale Sales)

この指標は卸売レベルでの期間の総売上高を測定します。指数の成長は、小売レベルでの高い消費者の需要が期待されていることを示す良い重要なシグナルであるため、国の通貨にプラスの影響を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の中旬)
  • 公表:カナダ統計局

経済指標情報

- Advertisement -spot_img
Latest Articles