Thursday, August 5, 2021

米国の経済指標

Home米国の経済指標

米ドルでの操作は市場での全てのトランザクションの大半を占めるため、マクロ経済指標のリストは非常に大きいです。

アトランタ連銀指数/アトランタ連邦準備銀行の管轄下にある州での製造業の指数

この指数は、アトランタのメーカーの現在の経済状況の方の態度に対する調査の結果を表します。負の数値は、景気減速の兆候です。指数は、国家レベルでの事業活動の指標の公表後に公表されているため、市場への影響はあまりありません( ISM指数)。この指数の値の成長は、ドルの成長に有利な要因です。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 09:00 EST(月の10 日以降)
  • 公表:アトランタ連邦準備銀行

Average Hourly Earnings(平均時給)

平均時給は、絶対値として、また前期に相対した指数として表されます。これは、人件費の増加に関連する潜在的なインフレの指標です。 市場への影響は大きいです。基本的な金利の上昇への期待で、指数の上昇はドルの割合の増加につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の第一金曜日に非農業部門雇用者数と同時発表)
  • 公表: 労働統計局

平均週間労働時間(Average Workweek)

この指標は月の平均週間労働時間を示します。市場への影響は事実上ありません。これは、国の雇用の長期的な分析に使用され、景気サイクルの様々な段階における労働市場の状況の「良い」指標です。これは、後に公表される鉱工業生産及び個人所得のような指数の重要な指標の1つと考えられています。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の第一金曜日に非農業部門雇用者数と同時発表)
  • 公表: 労働統計局

Beige Book(ベージュブック)

ベージュブックは、連邦準備制度の経済レビューです。これは、12 米国連邦準備銀行によって調製されます。レビューは工業生産、サービス、農業、金融機関、労働市場と不動産市場をカバーします。 市場への影響は限られています。金利変化の可能性の噂が市場に表示されると、レビューの賃金や物価の状態に関係した部分に注意が払われます。レビューはすでに経済で確立している傾向を確認する観点からも有用です。

  • 公表頻度:年8回
  • 公表日時:14:00 EST(連邦公開市場委員会(FOMC)の次回会合の2週間前の水曜日)
  • 公表:連邦準備制度理事会

建築許可(Building Permits)

この指標は新しい住宅の建設のための発行された建築許可の数を示します。建設は銀行融資を必要とするため、この指標は主要な金利の変動に非常に敏感です。これらのデータは、不動産市場の特質に伴い季節変動にさらされています。建築は住民の収入と直接関係しているため、建設の増加は、幸福度の上昇と経済の健全な発展を特徴付けます。 市場への影響は限られています。指標値の成長は、通貨にプラスの影響を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の第3週間目に住宅着工件数と同時発表)
  • 公表:米国国勢調査局及び米国住宅都市開発省(HUD)

企業在庫(Business Inventories)

数ヶ月にわたる企業在庫の増加は、経済の停滞を示す可能性があります。市場への影響はほとんどありません。しかし、そのダイナミクスの着実な傾向は、市場に大きな影響を与えます。指数の成長は、ドルにマイナスの影響を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の中旬)
  • 公表:米国国勢調査局

稼働率(Capacity Utilization)

この指標は国の経済の生産能力の利用度を示します。85%のレベルは、経済成長とインフレの間の良好なバランスを示します。これを超えるレベルは経済のインフレの原因になります。 市場への影響は限られています。指標の伸びは、国の通貨の成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 09:15 EST(月の中旬に工業生産指数と同時発表)
  • 公表:連邦準備制度理事会

Chicago PMI Index(シカゴPMI指数)

シカゴPMI指数は、シカゴの購買管理者の調査に基づいています。この指数は、製造指図の状況や倉庫で製造された製品や在庫の価格を含んでいます。45〜50以下の数値は景気減速を示します。 この指標はISM指数の公表直前に公表されるので、注目度が高いです。また、ISM指数の予測が可能になるため、市場に大きな影響を与えます。この指数の成長は、ドルの成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の最後の平日)
  • 公表:シカゴ購買管理協会

建設支出(Construction Spending)

建設支出指標は前期間に対してコストの絶対値として表されます。建設は銀行融資を必要とするため、この指標は主要な金利の変動に非常に敏感で、データは、不動産市場の特質に伴い季節変動にさらされています。建築は住民の収入と直接関係しているため、建設の増加は、幸福度の上昇と経済の健全な発展を特徴付けます。 市場への影響は限られています。指標値の成長は、通貨にプラスの影響を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の最初の平日)
  • 公表:商務省内国勢調査局

消費者信頼感指標(CCI)

この指数は、消費者の楽観を測定しようとする試みで、1967年から計算されています。その基準値は100です。指数は、5,000家族の月次調査に基づいて算出されます。

  • 前期と比較した家族の財政状況
  • 家族の財政状況の年内の予想
  • 年内の経済の事業環境の評価
  • 予想失業と景気後退の見積もり
  • ホームショッピング(服、家具など)の評価

消費者信頼感は経済の実際の状態を反映することができないため、市場に与える影響は中程度ですが、伝統的に、雇用の動向と経済の一般的な状態を予測するために使用されます。指数の伸びは国民経済へのプラス要因であり、ドルの成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の20 日以降)
  • 公表:NY ベースのコンファレンスボード

消費者信用(Consumer Credit)

消費者信用指標は、クレジットカード、個人ローン、雇用による米国クレジットシステムの範囲を反映する、消費者の需要の指標です。この指標の重要性は、消費者がニーズを満たすためにローンを組むことを恐れていないことを示唆することです。しかし、指標値はしばしば改訂され、クリスマスと新年にかけて伸びるなどの季節変動が大きいです。 市場への影響は限られています。指数の成長は国民経済へのプラス要因であり、ドルの成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:15:00 EST(月の7日)
  • 公表:連邦準備制度理事会

消費者物価指数(Consumer Price Index、CPI)

消費者物価指数は商品及びサービス品目の小売価格の変化を定義します。CPIは食料とエネルギー産業にを含まない場合により信頼性が高いと考えられています。輸入品やサービスの価格は指数の計算に考慮されます。消費者物価指数は国のインフレの主な指標です。 この指数はPPI(生産者物価指数)とともに分析されるべきです。経済が正常な状態で発症した場合、CPI と PPIの増加は国の主要な金利の上昇につながることがあります。通貨への投資の魅力はより高い金利で増加するので、これはドルの成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の中旬)
  • 公表:労働統計局、労働省

経常収支(Current Account)

経常収支は国への支払い額と国外への支払い額の比率です。国への支払いが他の国や国際機関への支払いを超えた場合は国際収支はプラス(黒字)で、逆の場合はマイナス(赤字)です。剰余金(または赤字の減少)は国の通貨の成長に有利な要因です。市場への影響は限られています。

  • 公表頻度:季刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の中旬)
  • 公表:連邦準備制度理事会

Durable Goods Orders(耐久財受注)

耐久財受注(DGO)は、比較的長期的な商品のため発注の指標です。車、家具、家電製品などの耐久財には3年以上の持続が期待されています。 この指標は、現在の経済状況への消費者の信頼感を表すため、市場のために重要です。耐久財は高価であるため、それらの受注数の増加は、消費者のそれらにお金を払う意欲を示します。したがって、この指標の成長は、経済発展のための肯定的な要因であり、国の通貨の成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(第4週)
  • 公表:米国国勢調査局商務省内国勢調査局

Employment Cost Index(雇用コスト指数)

雇用コスト指数は、賃金と失業給付で構成されています。これは、経済のインフレ過程の存在の指標として機能することができます。雇用コスト指数は、その金融政策を決定する連邦準備制度によって密接に観察される指標の1つです(これによって暗示されたものは大きいです)。 基本的な金利の上昇への期待で、指数の上昇はドルの割合の増加につながります。これは、中/長期予測のために使用されます。

  • 公表頻度:季刊
  • 公表日時: 08:30 EST(公表月の20 日以降)
  • 公表: 労働統計局

中古住宅販売件数(Existing Home Sales)

中古住宅販売を測定します。消費者の楽観主義(消費者の信頼)と高価なものを購入する能力についての洞察を与えることができます。これらのデータは、不動産市場の特質に伴い季節変動にさらされています。建築は住民の収入と直接関係しているため、建設の増加は、幸福度の上昇と経済の健全な発展を特徴付けます。 市場への影響は限られています。指標値の成長は、通貨にプラスの影響を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の20 日以降)
  • 公表:全米不動産協会

輸出物価(Export Prices)

この指標は月の輸出物価の変化を反映し、インフレの指標です。市場への影響は限られています。基本的な金利の上昇への期待で、指数の上昇はドルの割合の増加につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(毎月10 日頃に輸出物価と同時発表)
  • 公表: 労働統計局

製造業新規受注(Factory Orders)

この指標は、業界の耐久財と非耐久財の必要性を示します。製造業新規受注には耐久財(すべての受注の50%以上)と非耐久財の受注が含まれます。非耐久財には、食品、衣料品、軽工業品や耐久消費財で動作するように設計された製品が含まれます。耐久財には3年以上の持続が期待されています。これらには車や家具が含まれます。 市場への影響は限られています。指数の成長は国民経済へのプラス要因であり、ドルの成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の1日)
  • 公表:商務省内国勢調査局

Federal Budget(連邦政府予算)

この指標は、所得と米国の支出の比率を示します。収入が支出を超えた場合に余剰が発生します。支出が収入を超えた場合には負のバランス(赤字)が発生します。 市場への影響はほとんどありません。通常、これは、長期的な経済分析のために使用されます。財政赤字は、生産者物価指数( PPI)、消費者物価指数(CPI)、通貨供給量(M1、M2、M3 )などの他の指標との関連で考慮されています。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:14:00 EST(月の20 日)
  • 公表:連邦議会予算事務局

FFレート(フェデラルファンドレート)

フェデラルファンドレートは連邦準備制度のメンバー 銀行間の取引で使用されている金利です。フェデラルファンドレートは、公開市場委員会によって規制されています。 高い金利は消費者金融の成長を削減し、経済成長の鈍化につながる貯蓄の成長を刺激します。レートの成長は通常、資本流入の増加や中期的な国の通貨の成長につながります。しかし、成長率が経済成長率の高さに基づいていない場合は、それは長期的には経済の停滞と為替市場への悪影響につながる可能性があります。

  • 公表頻度:年8回
  • 公表日時:14:15 EST(通常火曜日)
  • 公表:連邦準備制度理事会

GDP Deflator(GDPデフレーター)

これは GDPの(価格での)現在値 屠蘇の基本値(基本期間の価格)への比率です。これはGDPの値のインフレコンポーネントをを反映します。GDPと同時に公表されます。市場への影響は大きいです。この指数の上昇は基本金利の上昇への期待によってドルレートの増加につながります。

国内総生産(Gross Domestic Product、GDP)

国内総生産(GDP)生産の使用された要素の生産国に関係ない、一定期間内に生産された財やサービスの市場のコストです。米国市民の収入や外国から受け取った企業は指数計算に考慮されません。 GDPは国の経済活動の重要な指標です。その主なコンポーネントは、消費者支出、投資、財・サービスの純輸出と政府支出をしています。 GDP成長率は景気の上昇を伴い、ドルが強化する傾向があります。

  • 公表頻度:季刊(事前、改訂及び最終の3つの値に分割)
  • 公表日時:8:30 EST(報告期間の次の月の第3週か第4週)
  • 公表:商務省内国勢調査局

Help-Wanted Index(求人指数)

求人指数は新聞に公表された労働者雇用の広告の量を特徴付けます。1987年がベースとみなされ、その値が「100」です。指数分析には移動平均が使用されます。移動平均が数ヶ月にわたる指数トレンド変化を示す場合には、労働市場の変化状況の徴候である可能性があります。また、インデックスは、国のさまざまな地域の経済情勢の可能な変化についての知見を与えることができます。 市場への影響はほとんどありません。主要な地域新聞の限られた数だけが考慮されているため、指数の影響は限定されています。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の最終木曜日)
  • 公表:協議委員会

住宅着工件数(Housing Starts)

住宅着工件数指数は新しい家の数を測定します。建設は銀行融資を必要とするため、この指標は主要な金利の変動に非常に敏感です。これらのデータは、不動産市場の特質に伴った季節変動にさらされています。建築は住民の収入と直接関係しているため、建設の増加は、幸福度の上昇と経済の健全な発展を特徴付けます。 市場への影響は限られています。指標値の成長は、通貨にプラスの影響を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の第3週間目に建築許可と同時発表)
  • 公表:米国国勢調査局及び米国住宅都市開発省(HUD)

輸入物価(Import Prices)

この指数は、1ヶ月間の輸入物価の変化を反映しています。これは、インフレの指標です。輸入品やサービスのための消費者物価指数(CPIの価格計算が考慮されているので、この指標は、消費者品目の小売価格の変動の全体像での輸入価格の寄与を説明します。 市場への影響は限られています。基本的な金利の上昇への期待で、指数の上昇はドルの割合の増加につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(毎月10 日頃に輸出物価と同時発表)
  • 公表: 労働統計局

鉱工業生産(Industrial Production)

鉱工業生産指数は、国家経済の状態を反映した主要指標の1つで、国の工業生産の変化と公共サービスを測定します。 市場への影響は大きいです。生産の伸びは、国の通貨の成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 09:15 EST(月の中旬)
  • 公表:連邦準備制度理事会

ISM Index(ISM 指標)

ISM指数(供給管理協会指数、旧NAPM – 購買部協会)は、事業活動の指標です。 通常、50以上の値は拡張、50以下の値は収縮の指標と考えられています。通常、ISM が60に近づくと、投資家は景気過熱の可能性、インフレ上昇と連邦準備銀行による対応策(金利引き上げ)を心配し始めます。40以下の値は不況の伴う協議を伴います。 ISMは失業率のデータが発表される直前に公表され、多くの場合、労働統計局によってデータを絞り込むために使用されます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の最初の平日)
  • 公表:供給管理協会

新規失業保険申請件数(Jobless Claims (Initial Claims))

失業保険申請には2種類あります。5年間で初めて給付を申請した場合の新規申請と総数(失業保険申請件数)です。初期申請はより重要です。どちらも、失業保険申請件数の週ごとの変化を示します。 これらの数字は、常にイベントの実際の状態を反映せず、時々、連邦政府や現地の祝日などの短期的な要因によって歪められています。この指標によって、次回の非農業部門雇用者数が洞察できることがあります。月に失業保険申請件数の値が一貫して減少した場合、非農業部門雇用者数が増加する可能性があります。市場への影響は限られています。失業保険申請件数の数の削減は、ドルの成長に有利な要因です。

  • 公表頻度:週刊
  • 公表日時: 08:30 EST(木曜日)
  • 公表:米国国勢調査局労働省

Leading Indicators Index(先行指標指数)

先行指標は、製造指図、失業給付の申請、通貨供給量、平均週間労働時間、建築許可、基礎となる株式の価格、耐久財受注、消費者信頼感指数各指数の加重平均です。この指数は、次の 6 ヶ月の経済の発展を特徴付けると考えられています。 大ざっばに言うと、3 ヶ月連続の指標の負の値は経済の減速を示す指標です。市場への影響は限られています。これは、指数の公表が事実上全ての主要な指数が既に公開された、報告期間の一か月後にされるという事実によるものです。指数の成長は、ドルの成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の初め)
  • 公表:NY ベースのコンファレンスボード

Money Supply(通貨供給量)

通貨供給量は、国のマネーストックの尺度です。M1は、現金通貨、要求払預金、トラベラーズチェックなどの最も流動性の高いリソースが含みます。M2は、M1と定期預金( $100,000以下)及び他の高流動性預金を含みます。M3はM2と高額定期預金を含みます。 M1、M2 及び M3の数値は、通貨供給量の週ごとの変化を示します。それらの中で最も重要なものはM2です。市場への影響は事実上ありません。

  • 公表頻度:週刊
  • 公表日時:16:30 EST(木曜日)
  • 公表:連邦準備制度理事会

新築住宅販売件数(New Home Sales)

新築住宅販売件数指標は、販売された新しい一戸建て住宅のデータを提供します。指標値は、国の基本的な金利に関連している不動産担保ローンの金利が上がると伸びる傾向があります。これらのデータは、不動産市場の特質に伴った季節変動にさらされています。新築住宅販売件数の分析には移動平均が使用されます。 市場への影響は限られています。指標値の成長は、通貨にプラスの影響を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の1日)
  • 公表:米国国勢調査局

Non-farm Payrolls(非農業部門雇用者数)

非農業部門雇用者は雇用統計に記録されている労働者の総数を表します。 これは国の雇用の変化を示す非常に強力な指標です。この指標の成長は雇用の増加を特徴づけドルの成長につながります。これは、市場を動かす傾向のある指標と考えられています。値の月20 万の増加が 3.0%のGDPの増加に相当するという経験則があります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の最初の金曜日)
  • 公表:労働統計局、労働省

個人所得(Personal Income)

この個人所得指標には、従業員の賃金、賃貸収入、配当金、社会保障給付などが含まれ、個人消費と共に批評されます。 市場への影響は限られています。この指数の変更は、人々の購買力の状態を特徴付けます。通常の支出レベルでの指標の成長は国民経済のために良い要因である小売売上高の増加につながり、ドルの成長につながる可能性があります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の20 日)
  • 公表:経済分析局

個人消費(Personal Spending)

個人消費は、個人のニーズを満たすための支出の変化を反映しています。この指数には、耐久財、非耐久財、サービスに対する支出の3つの要素が含まれています。小売売上高指数は、耐久性と非耐久財の消費量を示します。サービス消費の過程は比較的一定の速度で変化するので、指標のその値は多くの場合予測可能です。したがって、この指数の予測値からの大規模な偏差のみが、国の通貨のレートに影響を与え得ます。 市場への影響は限られています。指数の成長は国民経済へのプラス要因であり、ドルの成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(毎月20 日頃に個人収入と同時発表)
  • 公表:経済分析局

Philadelphia Fed Index(フィラデルフィア連銀指数)

フィラデルフィア連銀指数は、フィラデルフィアのメーカーを対象とした現在の経済状況の質問調査の結果に基づいています。負の数値は、景気減速の兆候です。 市場への影響は限られています。この指標はISM指数の公表直前に公表され、祖の値の予測に使用できるので、注目度が高いです。指数の成長は、ドルの成長につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の第3木曜日)
  • 公表: フィラデルフィア連邦準備銀行

生産者物価指数(Producer Price Index)

生産者物価指数は業界で生産される消費者品目の価格の変化を測定します。この指数は、投入価格(半製品、部品など)と産出価格(完成品)の2つの部分から構成されています。産出価格には人件費が含まれており、人件費の変化に関連するインフレへの洞察を提供します。PPIは食料とエネルギー産業を含まない場合により信頼性が高いと考えられています。輸入品やサービスの価格は指数の計算に考慮されません。 市場への影響は大きいです。基本的な金利の上昇への期待で、指数の上昇はドルの割合の増加につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(非農業部門雇用者数公表の次の週.)
  • 公表: 労働統計局

生産性(Productivity)

生産性指数は1労働時間のごとの生産量を測定します。この指標は、インフレ率と算出の成長の予測に有用です。生産コストの増加が労働生産性の上昇と相対的に増加し、生産コストの増加が起こりにくい場合は、インフレを引き起こすことはありません。 市場への影響は大きいですが、指数は、随時誤解を招く可能性があるため、慎重に注意されるべきです。例えば、経済停滞期間の製造業の就業者数の減少は、生産性の向上につながります。これは、ストライキのために発生することもあります。指数の成長は国民経済へのプラス要因であり、ドルの成長につながります。

  • 公表頻度:季刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の10 日)
  • 公表:労働統計局、労働省

実質所得(週当たりの平均賃金)

実質所得指数インフレを考慮して計算されます。インフレの影響をなくすために、計算は基準年の1982年に対して行われます。これは、絶対値として、また前期に相対した指数として表され、増加した人件費に起因するインフレ圧力の指標として機能することができます。 市場への影響は限られています。基本的な金利の上昇への期待で、指数の上昇はドルの割合の増加につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の中旬に消費者物価指数と同時発表)
  • 公表: 労働統計局

Redbook(レッドブック)

レッドブックレビューは、大手スーパーマーケットの小売売上高の研究の結果です。毎週火曜日に公開されます。月の最初のレビュー(月の最初の火曜日)は、前月と今月の最初の週、2 回目のレビューは、前月と今月の最初の2週間を比較する 等です。したがって、レビューの全体像は、月の最後のレビュー(月の最後の火曜日)のみに形成されます。 市場への影響はほとんどありません。数値がかなりの変動を示し、レビューが限られた数の店にのみ関係するためです。 公表頻度:週刊 公表日時:10:30 EST(火曜日) 公表: レッドブックリサーチ

Retail Sales(小売売上高)

この指標は、小売業における販売量の変化を示します。これは、個人消費や需要を特徴付けます。小売売上高の結果では、(自動車や家庭用品などの)耐久財は個人消費の約1/3 であり、約2/3は非耐久財です。 指数の成長は国民経済へのプラス要因であり、ドルの成長につながります。市場への影響は限られており、主に中、長期的です。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の中旬)
  • 公表:商務省内国勢調査局

Trade Balance(貿易収支)

貿易収支は、輸出の合計値と輸入の合計値との差です。この指標は経常収支の一部です。正の貿易収支は、国際市場での国の財の需要だけでなく、国はそれが生成する全てを消費しないという事実を示します。負の貿易収支は、国がそれ自身の商品と一緒に外国製品を消費することを示唆しています。 米国の貿易赤字が輸出の増加により減少した場合、ドルの需要が増加し、その成長を刺激します。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の3週間目の火曜日か木曜日)
  • 公表:商務省内国勢調査局

Unemployment Rate(失業率)

失業率は生産年齢人口に対した失業者の数です。非農業部門雇用者数と同時に公開されます。一般的に、失業率の分析は、非農業部門雇用の値を反映した数値の文脈で行われます。例えば、失業率の増加に伴った非農業部門雇用の成長は、経済の農業部門などでの失業の増加を示します。 市場への影響は大きいです。指数の低下は、基本金利の上昇への期待をもってドルレートの増加につながります。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時: 08:30 EST(月の最初の金曜日)
  • 公表:労働統計局、労働省

Unit Labor Cost(単位労働コスト)

この指数は、生産装置の製造に関連するコストを特徴付けます。これは、経済の効率性を示す重要な指標です。それは賃金の増加に伴うインフレ圧力の良い指標です。典型的に、この指標の分析は生産性の値を反映した数値の文脈で行われます。 市場への影響は大きいです。生産性の上昇に伴う単位労働コストの伸びは、キー金利を引き上げる必要性につながることがあり、これはドルの成長のプラス要因です。

  • 公表頻度:季刊
  • 公表日時: 08:30 EST(毎月10 日に生産性と同時発表)
  • 公表:労働統計局、労働省

University of Michigan Consumer Confidence Index(ミシガン大学消費者信頼感指数)

ミシガン大学消費者信頼感指数は、現在の経済状況で消費者の信頼の調査です。調査は、米国ミシガン州大学によって行われます。それは消費者の消費要望を分析します。この指数は、消費者心理の先行指標です。 市場への影響は限られています。指数の成長は、ドルの成長につながります。

  • 公表頻度:月2回
  • 公表日時:10:00 EST(月の第2週(予備)と2週間後(最終))
  • 公表:ミシガン大学

卸売在庫(Wholesale Inventories)

卸売在庫指数は、卸売業者と小売業者の関係を特徴付けますl。市場への影響は限られていますが、これらの分野の、経済全体に投影することができる傾向についてのアイデアを提供します。大量の倉庫内の商品は経済の停滞の存在を示すことがあります。そのダイナミクスの着実な傾向は、市場に大きな影響を与えます。指数の成長は、ドルにマイナスの影響を与えます。

  • 公表頻度:月刊
  • 公表日時:10:00 EST(月の10 日頃)
  • 公表:米国国勢調査局
- Advertisement -spot_img
Latest Articles