Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

FXの予想

HomeFXの予想

為替予想 【8月23日~8月27日】:小幅な値動き

パウエル議長がジャクソンホールに出席することにより、FRBが流動性を取り戻す準備ができているのか、少なくとも流動性を増やすのをやめる準備ができているのかについての説明があるでしょう。ジャクソンホールでのリスクイベントに向けてドルは買われ続けるはずでしょうが他の通貨は苦戦を強いられるかもしれません。

FX予想【2021年改訂版】:米ドルの予想を修正する時期

FRBの早期引き締めへの期待から、年末のユーロドル予想を下方修正しましたが、21年下期は全般的にドル安になると予想し、1.23を目標とします。このような堅調な環境下では、ローカルなストーリーが展開され、タカ派的な中央銀行に支えられた通貨(G10ではCAD、NZD、NOK、EMではBRL、MXN、RUB)がアウトパフォームする可能性があります。

Japanese FXでは2022年第3四半期に最初の利上げがあると見ている

2020年4月以降、ドルは弱気になるという予想を立てていましたが、よりポジティブな中期的シナリオを説明したいと思います。その中心となるのは、米連邦準備制度理事会(FRB)の超金融緩和政策からの出口戦略が、発表される可能性があることです。

FRBの引き締めサイクルが予想より早まったことは、2021年末のユーロ/米ドルの予想1.28が高すぎたことを意味します。しかし、11月と12月はドルにとって季節的に弱い月であり、ユーロ圏の回復が計画通りに進むと仮定すれば、EUR/USDは依然として1.23付近まで上昇するはずでしょう。22年第2四半期は、ドルがより広範に上昇する時期であり、米国のイールドカーブがフラット化する時期と一致します。

1.17-1.23は、今後6ヶ月間のユーロ/米ドルの大まかな取引レンジとなる可能性があります。結局のところ、FRBのテーパリングが必ずしもドルの引き上げを意味するわけではありません。この落ち着いた環境では、ローカルなストーリーが展開される可能性があります。最近、調整のあったコモディティ通貨はまだ上昇するはずです。ノルウェーは年内に2回の利上げを行う可能性があり、カナダとニュージーランドもそう遠くないうちに利上げを行うかもしれません。これらの国では、年内に対ドルでサイクルの最高値を更新する可能性があります。

また、発展途上国では、ブラジル、メキシコ、ロシアの為替市場において、前倒しの引き締めサイクルがあるため、最近の調整のあと、これらの通貨のパフォーマンスは向上するでしょう。一方アジア圏の通貨はCovid-19の影響を受け、人民元を含むこれらの通貨は、最近の損失を回復するのに引き続き苦労するかもしれません。

 2021年FXの予想

私たちの2021年FXの予想しは、ドルが一般的にほとんどの通貨に対して5〜10%下落すると見ています (FX 予想)。

FXの為替相場予想 まとめ

  • 2021年の為替レートは、パンデミック後の世界的な回復に向けて、どれだけ早く信頼が高まるかに左右されるような年になるでしょう。2020年はFX市場が荒れ狂う年となり、貿易加重指数で年初来高値を更新することはありませんでした。
  • 投資家は、クレジットスプレッドカーブに沿ってドルから離れるように促されていることは明らかです。ここでは、積極的な財政政策と金融支援策が確かに役立っています。
  • 2021年は、トランプ大統領の2年間の保護主義とその後の1年間のCovid-19危機によって変動してきたFX市場が、ドルの引力が薄れて軌道に乗る年になるでしょう。
  • ただし、ドルが即座に売られることはなく、欧米両国のCovid-19の動向がそれを見守ることになるでしょう。また、世界の通貨ペアに対する主なリスクは、世界経済の出口戦略に失敗したり経済政策を早々に終了したりすることが挙げられます。

FX予想 – キーポイント

当社のFX見通しは、北半球が特に今年の冬のCovid-19の問題に直面しながらも、強気のスタンスを維持すると予想します。その過程において非常にリフレ派のFRB政策により、回復サイクルの初期段階ではドルが一般的には売られるということを強調したいと思います。ドルが弱気となる要因は2つあります。第一に、政策立案者がインフレ期待値を上昇させるような十分な財政・金融政策の支援を行うこと、第二に、米国の実質金利がマイナスになるようにFRBが政策金利を据え置くことです。このような非常に緩い米国の金融政策に加えて、ホワイトハウスの保護主義的な政策が撤回されれば、その他の国の通貨は再び息を吹き返すことができるはずです。では、より強い通貨を誰が受け入れるのでしょうか。それは中国です。中国当局は7月以降、人民元高を受け入れています。市場の自由化により、ドル/人民元(USD/CNY)は6.30に到達するはずです。デフレと闘い、経済をCovid-19年以前の水準に戻すという大きな課題に直面しているユーロ圏の政策立案者は、ユーロ高に寛容ではないのは確かです。しかし、2021年には、予防的に保有していた米ドルの保有から新興市場への流出が予想され、ドル安傾向が顕著になり、ECBはユーロドル(EUR/USD)に対して1.25での攻防をしなければならなくなることを示唆しています。 ヨーロッパ地域では、EU:UK貿易協定がポンドをささやかにサポートすると予想しています。しかし、ポンドのボラティリティが低下したことで、他でより大きな動きが見られるかもしれません。スイスフランは回復が遅れていますが、北欧諸国がいつものように回復の先頭に立つことを期待しています。CEE(中東欧)地域では、通貨高を容認する数少ない中央銀行に支えられたCZK(チェココルナ)を引き続き支持します。2021年はキャリートレードの需要が高いことから、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)の高利回り通貨に対する需要も高いと考えられます。これらの通貨が高利回りであるのには理由があります。政策の転換によりトルコリラはある程度安定する可能性があり、ルーブルもバイデン大統領就任後の初期段階ではアウトパフォームする可能性があります。ランドは資金流入を呼び込むでしょうが、すぐに反転してしまう危険性があります。リフレ政策により、2021年にはイールドカーブの急カーブとコモディティ価格の上昇が話題になるでしょう。ドル圏のコモディティ通貨の中では、カナダドルの比較的魅力的なレートと原油価格の回復により、ドル/カナダドルは1.23まで上昇すると予想されます。また、豪ドルNZドルもサポートされた状態が続くと思われます。ラテンアメリカでは、比較的安定した政治に支えられたコロンビアペソが好ましいといえます。また、人民元が順調に上昇していることに加えて、韓国ウォンは、EMのベンチマーク指数が重くのしかかっていることもあり、非常に好調に推移する可能性があります。もちろん、すべてはコロナウイルス危機から一刻も早く脱出できるかどうかにかかっています。

FX2021年の見通し:再び軌道に乗る

  • トランプ大統領の保護主義政策、そしてCovid-19という世界的な悲劇という形で3年間の混乱を経て、世界経済は2021年にはよりバランスのとれた世界的な成長を取り戻し、軌道に乗ることが予想されます。サプライチェーンに多少の傷跡はあるものの、世界の貿易量は回復すると見られています。
  • このような環境であれば、金融政策はFX市場にも影響が及ぶはずです。2020年は、ドルが金融システムにおいて中心的な役割を維持し、FRBが世界の金融情勢において極めて重要な役割を果たすことを示しました。2021年のFRBの政策は明確に見えています。経済をリフレし、クレジットスプレッドカーブに沿って投資家を強気にさせ、ドル安に持っていくでしょう。
  • ゼロまたはマイナスの金融政策金利を特徴とする先進国では、実質金利がより大きな役割を果たすことになります。景気の信頼回復とインフレ期待の高まりに最も成功した国は、実質金利がさらにマイナスになり、通貨安になるでしょう。
  • 世界的な回復と非常にリフレ派のFRB政策は、いずれも米国が世界全体で低金利で通貨を流出できるようになることを示唆しています。これにより、米国からの強力なポートフォリオの流出、ドルの5~10%の大幅な下落、新興市場への強力な資金流入(中国が人民元の強さをより受け入れている)につながると考えられます。

FX市場の理解を複雑にしすぎないことが重要です。はっきりしているように見えるのは、世界の金融市場とドルは過去3年間で2つの重要なテーマによって動かされてきたということです:2018/19はトランプ氏の大規模な減税/FRB政策の強化と保護主義がすべてだったのに対し、2020年はCovid-19に支配されてきました。 どちらも一時的にドル高をもたらしたが、2021年にはその両方が終わりを迎えることになりそうです。ジョー・バイデン氏のもとでルールに基づいた国際秩序への回帰の見通しを大幅に過大評価したり、Covid-19の影響を過小評価したりしない限り、2021年(特に第2四半期以降)はよりバランスのとれた世界的な成長のための良い年になるはずです。 グローバル市場2021年の見通し:夜明け前の暗闇の中、マクロチームは世界のGDPが2020年の-5%から来年は4.7%に回復すると予測し、世界の貿易量(前年同期比)は今夏に見られた-15%から5%に回復すると予測しています。 Covid-19を制御できるかが北半球で最大のリスクとなっていますが、2008/09年の世界金融危機の影響とは異なり、ほとんどの政策立案者は緊縮財政の話をしていません。その代わりに、さらなる財政プログラムと緩い金融政策が準備されています。現在、多くの大国で成長とインフレのためにGDPの100%を超える公的債務負担を追い込む戦略をとっています。 2021年には、リフレ政策、イールドカーブの急カーブ、資産価格の上昇について多くのことを耳にすることになるでしょう。FXブログとしての私たちの仕事は、これらの目的を達成するために最も成功していると思われる国を特定し、その結果が国際的なポートフォリオの流れやソブリンリスクの認識にどのように影響を与えるかを見極めることです。

FX市場:現在地はどこか

通貨の対ドルでの年間のパフォーマンスを見てみると、3月の損失を完全にリカバーした通貨がいくつかあり、年間の対ドルでは強さを発揮しています。これらの通貨には、欧州通貨(EURを含む)のほか、CNYやKRWなども含まれます。 しかし、多くの新興国通貨は今年も大きく下落しており、その主な原因はコモディティ価格の下落にあります(結局、ブレントは前年同期比で約35%下落しています)。下落している通貨の中には、財政問題(例:ブラジル)や、トルコリラや南アフリカランドのような伝統的な国際収支の弱さに悩まされているものもあります。 図1. 【FX 予想】   年間の対ドルでの通貨の動き。一部の通貨は他の通貨よりも回復している(%) fx 予想 一般的に、高利回り通貨のパフォーマンスは、外部環境、特に米国の金融政策の設定に大きく左右されます。過去10年間のEM(新興国市場)における大きなの下落は、2013年の「テーパリング(量的緩和縮小)」や2015年の最初の利上げ見通しなど、FRB政策の引き締めの見通しによって引き起こされてきました。 では、2021年の世界のFX市場にとって、FRBの政策はどのような意味を持つのでしょうか?

強いリフレ

世界の政策立案者はCovid-19の影響を最小限に抑えたいと考えており、成長のためにすべての政策を決定しています。彼らの目的を市場に納得させることに成功したかどうかは、イールドカーブの形状から判断することができます。 図2.  【FX 予想】 米国の政策決定者がリフレに成功した場合、ドル安になるはず fx 予想 米国貿易加重指数 米国2-10年債カーブ(rhs反転) 図2は、米国財務省の2-10年物国債のイールドカーブと広義のドルインデックスとの関係を強調したものです。一般的に、イールドカーブが平坦な場合、つまりFRBが金融引き締め政策でブレーキをかけている場合や、景気後退の懸念が高まっている場合は、ドル高と関連しています。急なイールドカーブは、(2008/09年のような)リフレ政策を反映したもので、一般的にはドル安と関連しています。 米国債2-10年債カーブは、3月の安値から約60bp急騰し、現在は約71bpとなっています。当社の金利戦略チームは、このカーブは2021年には100bp付近まで急峻化し、ドル安と一致すると見ています。1.00%または1.25%の米国財務省10年債利回りは、外部環境にとってそれほど大きな脅威ではないはずであり、2021年の「ゴルディロックス(適温相場)」投資環境の感覚(Covid-19が鎮圧されたと仮定した場合)に拍車をかけることになるでしょう。

実質金利:勝者がすべてを手にする

先進国市場では、多くの中央銀行がゼロに近い、あるいはわずかにマイナスの金利で対応しています。BoE(イングランド銀行)RBNZ(ニュージーランド準備銀行)などは、金利をマイナス圏にすると脅していますが、銀行システムへの影響つまり名目金利の動きは小幅であると示唆しています。その代わりに、実質金利の世界での動きが重要になるでしょう。 図3.  【FX 予想】 米CPIとインフレ期待は上昇に向かう fx 予想 米CPI前年比(%) 米国の10年インフレ期待値(%) 図4.  【FX 予想】 実質FRB資金はドル安になるように設定 fx 予想 実質金利 貿易加重指数(rhs) 経済が軌道に乗り、インフレがより正常なレベルに戻ると投資家を納得させることができた中央銀行(および政策立案者)は、実質マイナス金利をさらに深掘りすることになります。米国の消費者物価指数が来年夏には2.6%に戻るとの予測(米国の10年物インフレ指数付き国債から算出したものを参照)は、インフレ期待を引き上げる可能性が高く、実質金利をさらに低下させる可能性が高いことを図3と図4で示しています。世界経済が再び軌道に乗れば、米国の10年物インフレ期待は2018年初頭に見られた水準(2.00~2.20%台)に戻り、実質金利の水準は2010~12年の環境を特徴づけた-2%台に引き戻される可能性があります。FRBは、アベレージ・インフレ・ターゲットという新しい金融政策戦略を考えれば、このような結果は成功であると考えるでしょう。要するに、経済が自律的な拡大に戻り、インフレ期待の上昇に成功したと投資家を納得させることができた政策立案者は、実質金利がさらに低下し、通貨安になるという報いを受けることになるのです。勝者がすべてを手にするのです。

2021年:キャリートレードの年

一部の推計では、今年は中央銀行の資産購入額が 6 兆ドルに達すると言われています。米国の実質金利がますますマイナスになり、投資家のドル離れが進む中、キャリー・トレード、すなわち名目為替レートが先物価格ほど低下しないことを前提に利回りを求めるトレードへの注目度が高まると予想されます。この傾向は、FXインプライド・ボラティリティのレベルの低下を伴うものと思われます。結局のところ、ボラティリティ売りはキャリートレードのもう一つの形態にすぎません。一部のFX積立マネジャーが、FXボラティリティの短期取引を行うことで、低利回り積立ポートフォリオのリターンを向上させようとしていることは、よく知られています。 実質金利が最も高い(インプライドリスクが最も高い)場所を見ると、一般的にEM(新興国)通貨が目立ちます。ベトナムとエジプトの実質金利が高いことに加えて(どちらの国も時として大規模な切り下げが行われることがある)、中国元は驚くほど高いスコアを示しています。また、アジア全般、そして私たちのお気に入りの名目低利回り通貨の一つである、ドルベアトレンドでは常に好成績を収めているILSにも注目したいと思います。 図5.  【FX 予想】 FXランドスケープ全体の実質金利(政策金利から最新の前年同期の総合インフレ率を差し引いたもの) fx 予想

2021年:EMへのフローには絶好の年

新興国市場は、2021年には、特にCovid-19の財政破綻に対処するために、課題を抱えることになるでしょう。しかし、ここで私たちが言いたいのは、米国の金融政策が非常に緩くなったことで、投資家はより利回りの高い新興国市場を積極的に求め、より多くのリスクを取るように促されているということです。 最近、新興国市場へのフローが戻ってきているにもかかわらず、11月中旬までのIIFのデータによると、新興国市場へのポートフォリオ・フローは依然として730億米ドル減少しています。最近の新興国市場への回帰は始まりに過ぎないと考えています。このような新興国への移行は、一般的にドル安と関連しており、2021年にユーロドル(EUR/USD)を上昇させる要因の一つとなる可能性があります。つまり、新興市場ではドル売りが、ECBからの新規マネーの刷り込みを上回っているということです。 図6. 【FX 予想】 FX 予想 EMポートフォリオ・フロー(6M合計、10億米ドル) 貿易加重指数(RHS反転) 2021年に投資家が保守的なポートフォリオの見直しを行うとしたら、どの新興国通貨が最も恩恵を受けるべきでどこに投資をすれば良いのでしょうか。先に実質金利との関連性について述べましたが、新興国市場の主要な債券・株式インデックスの国別ウェイトも重要になります。 図 7 と図 8 では、ブルームバーグのEM現地通貨建て債券インデックスとiシェアーズの MSCIEM株式ETFの2つの主要なインデックスのウェイトを示しています。どちらも北アジアのFXに対する強いウェイトを示しており、BIS(国際決済銀行)のFX取引量データでウェイトを調整すると、MYR、IDR、SAR、ILSなどの通貨も際立っています。 これが2021年にUSD/CNY6.30に向かって下降すると見る一つの理由です。 ドル/EM通貨についても同じことがいえます。 図 7.   【FX 予想】EM現地通貨建て債券ベンチマークにおけるウエイト fx 予想 EM現地通貨建て債券インデックスのウエイト(%)       ターンオーバー調整済みウェイト 図 8. 【FX 予想】EM株ベンチマークにおけるウエイト fx 予想 iシェアーズMSCI EM ETF FXのウエイト(%) ターンオーバー調整済みウェイト

バリュエーションの考え方

最後の考慮すべきポイントは、バリュエーションです。G10の均衡為替レート(BEER)モデルを更新したところ、構造的に過大評価されているスイスフランを除けば、対ドルに置いてどの通貨でも、このバリュエーションを理由に上昇は制限されるべきであることがわかりました。実際、オセアニア通貨はまだ過小評価されているように見えます。 図9. 【FX 予想】 G10通貨の   行動均衡為替レート(BEER)モデル G10 vs USD実質的な為替レートのズレ vs BEERの公正価値 fx 予想 + 1.5標準偏差 位置ズレ

各国通貨2021年の見通し:総括

セルサイド(アナリスト)FXブログとして、どうしても外せないのがFXの見通しです。私たちは企業の財務担当者や意思決定者から、為替相場はどこに行くのか、その理由は何か、という質問を常に受けています。 上記で詳述した考えに基づき、2021年にはドルは全面的に下落すると予想していますが、2018/19年に見られた予防的なスイスフランの買いの巻き戻しがある程度解消されると考えていますが、2021年にはCHFが最も流動性の低い通貨となる可能性があります。 実際には、これは欧州を中心とするドルインデックスが2021年に約4~5%下落することを意味しています。後述のセクションで説明するように、これはG10ではNOKがアウトパフォームし、2020年の損失を事実上キャッチアップすることになるかもしれません。 EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)では、以下のような要因が考えられます。(1) EUR/USDラリー(CZK)のハイベータ(値動きの激しい)化や、現地の高利回りに支えられた回復(RUB)などの要因により、先物に対して8~9%台に近い上昇を見せる可能性があります。ブラジルレアルは、ラテンアメリカでは一番上昇していますが、これも主にキャッチアップのためです。また、中国の政策当局者が認めた為替の柔軟性の拡大と、USD/CNYの年末の為替見通しが6.30となったことで、アジアのFXにとって非常にポジティブな環境となっています。 図 10. 【FX 予想】 対ドルでのFXトータルリターンの予測、2021年末のFX先物市場の価格から割り引いたもの fx 予想

FX 予想 I 為替予想

2021年ドル円の予想: 100円 2021年南アフリカランドの見通し:全員が為替の強さを享受する訳ではない 2021年トルコリラの見通し 2021年ロシア・ルーブル円の見通し 2021年ユーロドルの予想 2021年ポンド円の予想:落ち着きを取り戻す 2021年カナダドルの見通し:上昇トレンドは止まらない 2021年NZドルの見通し:上昇トレンドは止まらない 2021年豪ドルの見通し:上昇トレンドは止まらない 2021年人民元の見通し:PBoCがコントロール不能に 2021年メキシコペソの見通し: パンデミック後の課題への対処 2021年スイスフランの見通し:スイスフランの強さに陰り

FX 予想 – ソース:

Monetary policy in the United States – https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy.htm Monetary policy – https://www.ecb.europa.eu/mopo/html/index.en.html World Economic Outlook Reports – https://www.imf.org/en/publications/weo OECD Economic Outlook – https://www.oecd.org/economic-outlook/ Global Outlook – https://www.worldbank.org/en/publication/global-economic-prospects Investment Outlook 2021 – https://www.credit-suisse.com/microsites/investment-outlook/en.html 2021 Economic Outlook – https://www.barrons.com/articles/why-2021-may-at-last-be-the-year-of-the-great-rotation-51606870661 Fed Issues Economic Assessment And Forecast For 2021 – https://www.npr.org/2020/12/16/947261107/fed-issues-economic-assessment-and-forecast-for-2021 Global Economic Outlook – https://conference-board.org/topics/global-economic-outlook 2021 Global Economic Outlook – https://www.morganstanley.com/ideas/global-economic-outlook-2021 マクロ予測 :為替・金利 :マーケット :日経電子版 – https://www.nikkei.com/markets/kawase/page/?uah=18C50800 参考為替相場 – 経済・産業レポ – https://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.html AI外貨予測 – https://www.jibunbank.co.jp/products/ai_foreign_deposit/forecast/

- Advertisement -spot_img
Latest Articles