fbpx
Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

ドル円の見通し【10月4日~10月9日】

 USD/JPYスポットドル円今週の予想ドル円 今週のレンジ予想ドル円 1ヶ月の目標予想
111.06穏やかな強気110.50 – 112.00112.00
ドル円の見通し【10月4日~10月9日】

米ドル(USD):ドルが勢いを増すか?

  • 中央銀行と投資家の双方が、インフレと、それに対する中央銀行の計画を鑑み、ドルは年初来高値を更新しました。特に米国では、タカ派のFOMCメンバーとエネルギー価格の高騰が、これを後押ししています。最近のドル高には、米国の短期金利の動向が大きく影響していると考えています。今週はこの2つのテーマが注目されます。1つ目は、金曜日の非農業部門雇用者数(当社では45~50万人増と予想)が、FRBが11月にテーパリングを発表し、2022年後半に引き締めを行う軌道に乗るのに十分かどうかです。私たちは「イエス」と予想しています。2つ目は、OPECが月曜日に供給量を日量40万バレル増やすかどうかです。ここでも「イエス」と考えていますが、ガソリン価格の高騰は、もうしばらく続きインフレ懸念を再燃させるでしょう。
  • テクニカル的には、ドルは大きくブレイクアウトしそうな勢いであり、米国の雇用統計が好調であれば、その傾向はさらに強まるでしょう。また、米国の債務上限問題の進展にも注目したいところです。12月初旬までの政府資金を確保するための暫定法案が署名されましたが、上院での瀬戸際政策により、業績予想が下方修正されている時期には、リスク資産の誤算につながりやすいと言えます。今週は中国が休場のため、不動産セクターの課題に関するニュースは少ないかもしれません。しかし、中国人民銀行は、商品の輸入を確保するために通貨を強くする傾向にあります。こ中国人民銀行の政策は今、世界の模範となっており、他の国もそれに追随するかどうかを見てみましょう。

円(JPY):日本はエネルギー政策に関して間違った方向に進んでいる

  • 日本の次期首相は岸田文雄氏に決定しました。岸田氏は、日本円にマイナスの影響を与えるアベノミクスを支持し、継続性の高い候補者と見られています。現在の日本円へのネガティブな印象は、エネルギー価格の高騰によってさらに強まっています。日本の交易条件は急激に悪い方向に向かっており、貿易赤字が伝統的な純利益の黒字を損なっていることから、まもなく日本の経常収支が悪化することが予想されます。
  • ドル円(USD/JPY)は先週、突然112円まで高騰しました。エネルギー価格が上昇し、ドルが強気を維持すると考えられることから、111円以下ではドルの需要が出てくるはずです。10月は一般的に株式市場がやや好転し、11月はさらに好転すると予想できるため、ドル円は上昇していくでしょう。

ドル円予想:112.00までマイルドに強気

ドル円予想【8月23日~8月27日】

 USD/JPYスポット今週のドル円予想ドル円 今週のレンジ予想ドル円 1ヶ月予想
109.84穏やかな弱気108.80 – 110.30110.00
ドル円予想【8月23日~8月27日】

ドルインデックス(DXY):挟み撃ちのようにして上昇

  • ドルは、FEDがテーパリングに動いていることと、コロナウイルス2-デルタ株を背景に世界の成長見通しが再評価されていることが相まって、上昇しています。今週は、カンザスシティ連銀が木曜と金曜にジャクソンホールシンポジウムを開催するため、前者が非常に注目されます。大方の予想では、早ければ9月に発表され、10月に開始される可能性のあるテーパリングの決定について、FRBが明らかにすると思われます。テーパリングサイクルの長さにも注目が集まり、一部のFOMCメンバーは直近の2014年よりも早いテーパリングサイクルを推奨しています。ジャクソンホールでのイベントに向けて、ドルは買い戻されることが予想されます。現地の経済カレンダーには、8月のPMI、7月の住宅販売、2QのGDP改定値、2Qの個人消費がありますが、これらはすべてジャクソンホールのイベントの影に隠れてしまうはずです。
  • 以上のように、幅広いドルの動向は、世界のリスク環境によっても左右されます。中国が現地の株式市場を支えるような政策を発表しない限り、北アジアの資産市場が著しく不振であることから、世界の新興外国為替市場は圧力を受け、ドルは買われ続けるでしょう。現段階では、中国の規制当局が依然として民間セクターを整理する雰囲気を持っていることから、そのような支援は期待できそうにありません。最近では、Evergrande(中国企業)に債務問題を自力で解決するよう指示しました

円(JPY):FX市場と非相関

  • 日本円は、ドルのリスク回避の動きによく耐えています。日本円を支えているのは、(a)日本円はFX市場や人民元との相関性が低いこと、(b)投機家がすでに日本円のショートポジションを持っていることです。世界的に成長率予想が下方修正されたことや、全般的にリスクセンチメントが脆弱であることから、キャリートレードが引き続き圧力を受けているため、今週も日本円はサポートされるでしょう。
  • 昨年3月の高値から12%下落した円の実効為替レートは、現在上昇に転じています。そろそろCNH/JPYクロスレートは、急激な下降に見舞われるかもしれません。
ドル円予想【8月23日~8月27日】
Source: MT4

#ヘッドアンドショルダーズボトム
#チャートパターン
#一目均衡表
#トレンドライン
#フィボナッチ fx

2021年ドル円の予想: 100円

日本円(JPY)がセーフヘブン通貨としての地位にあることが、2020年のFX市場のボラティリティを牽引しており、年初にはCovid-19のパンデミックが経済危機に火をつけたことで価値が急騰しました。ここでは、2021年のドル円の予想を詳細にご紹介します  (ドル円 予想)

ドル円 予想

1. 米ドル2021年の見通し:下降トレンドへ

  • 2020年は、金融システムがいまだに米ドルに大きく依存していることを教えてくれました。2021年が落ちついた場合は、予防的な米ドル買いが解消されるはずです。
  • ホワイトハウスでの政権交代は、トランプ氏の積極財政/金融/保護主義時代の下で見られた2018、2019年のドル高が反転することを示唆しています。
  • 回復サイクルの早期の段階においてFRBの平均インフレ目標のシフトは以下を意味します:
    (1) 実質金利がマイナスへ
    (2) イールドカーブが急峻に
    (3) ドル安に


>> 2021年FXの予想:再び軌道に乗る

驚くべきことに、基軸通貨であるドルは、2020年初に近い位置で年を終えているように見えます。始値終値だけを見れば、何も変化がない様にも見えますが1年を通して見たときの荒れた動きから教訓があると考えています。

第一に、ドルが世界の金融システムの中心であることに変わりはないということです。3月のドル市場の混乱は、世界のFXに大混乱をもたらしました。

時間はかかりましたが,FEDは米ドルへ迅速にアクセスできる手段として、世界の中央銀行とドルスワップラインを再締結することで再び米ドル市場の課題に対処することに成功しました。当時指摘したように、FRBはこのような問題に対処してきた実績があり,FRBのドルスワップライン(ピーク時には約 4,500 億米ドル)の緊急利用は,3月のドルを急騰させる上で大きな役割を果たしたことは間違いありません。

今後、FRBは再び米国のプライムマネーマーケットファンドと、それがどのように市場のボラティリティを高めたのかについて質問を投げかけており、これは新たな規制を意味する可能性があり、2020年3月の出来事が繰り返される可能性は低いといえます。

図1. 【ドル円 予想 】2020年の中央銀行のFRBドルスワップラインの利用状況

ドル円 予想: 2020年の中央銀行のFRBドルスワップラインの利用状況

FRDとの間のドル・スワップ残高(RHS、10億ドル)
FRDの貿易加重ドル

3月のドルの急騰は、ドルが世界で最も重要な資金調達通貨であることを再認識させる結果となりました。つまり、ある程度の平常状態に戻れば、ドル売りに圧力がかかる可能性があるということです。

BIS(国際決済銀行)の統計は、ここでいくつかの情報を提供しています。世界の金融システムにおける米ドル預金の重要性について、BIS の報告によると、2020年第2四半期の米ドル負債(主に預金)は全体の52%を占めていました。これは危機の勃発に伴い、20年第1四半期に1.6兆米ドルも急増したためです。しかし、投資家や企業の財務担当者が世界的な回復に自信を持つようになるにつれ、2021 年には、これらの予防的な米ドル保有のさらなる巻き戻しが行われると予想されます。このことは、ドルの下降トレンドにさらに拍車をかけることになるでしょう。

図2. 【ドル円 予想 】 BISが報告している銀行負債の通貨別内訳(2020年2Q)

ドル円 予想: BISが報告している銀行負債の通貨別内訳(2020年2Q)

図3. 【ドル円 予想 】 BISが報告している米ドル建て銀行負債(2020年2Q、US$tr)

ドル円 予想: BISが報告している米ドル建て銀行負債(2020年2Q、US$tr)

予防的なドル買いの巻き戻しは、世界的な活動の回復に大きく牽引されるはずであり、INGマクロチームは第2四半期以降の動きに注目しています。世界のGDPは2020年の-5%から2021年には4%以上に回復すると予想しています。一般的に世界的な成長があれば、米ドル預金から資金が引き出され、ドル安が進行するとされています。

図4.  【ドル円 予想 】 世界の成長が回復しているので、ドルは下落する可能性が高い(前年比%)

ドル円 予想: BISが報告している米ドル建て銀行負債(2020年2Q、US$tr)

米ドルインデックス前年比増減率
世界のGDP前年比

米国外でお金の流れをより良くするためには、アメリカの政権交代が必要といえます。FXトレンドの理解を容易にするため、トランプ政権とドルの関係を振り返っていきます。

  • 2017年は米政権の落ち着きとユーロ圏の復活でドル安に。
  • 2017年の大幅な減税に加え、2018年3月以降に保護主義を打ち出すと、翌2018/2019にドル高になった。

米国の国力の強化と貿易国への圧力が相まって、米国とその他の国との間に成長率と金利のくさびが生じ、ドルが上昇しました。バイデン政権下でのルールベースの貿易システムへの回帰と、議会が分裂していることを考慮した財政面での例外主義の緩和は、2021年のドル下落への道を開くことになるでしょう。

ドルを離れて新興市場に向かう資金の流れは、FRBのラエル・ブレイナード氏を次期米財務長官に任命することで裏付けられると考えています。彼女は、国際派の民主党財務長官(ロバート・ルービン、ラリー・サマーズ、ティム・ガイトナー)に続くことになるでしょう。

図5.  【ドル円 予想 】 米国の急なイールドカーブは、一般的に米ドル安を意味する

ドル円 予想: BISが報告している米ドル建て銀行負債(2020年2Q、US$tr)

米連邦準備制度理事会(FRB)の貿易加重ドル
米国2-10年債イールドカーブ(RHS反転bp)

図6.  【ドル円 予想 】 USD:中期的に安くなっていく模様

ドル円 予想: BISが報告している米ドル建て銀行負債(2020年2Q、US$tr)

実質取引 加重USD乖離 BEER公正価値からの乖離
+/- 標準偏差±1.5

保護主義色の薄れた新政権と世界経済の回復は、ドル下落の2つの重要な材料となります。3つ目はFRBの政策です。今年の夏、FRBが 平均インフレターゲットに切り替えたことで、投資家がドルを売ったのは正しかったと考えています。この話はまだ先の話であり、2021年にはさらに市場の方向性を変える可能性があると考えています。

ほとんどの投資家は、世界経済がリセッションから脱却し、早期の回復段階に入ったと考えています。Covid-19をコントロールでき、政策立案者が(財政・金融の両方で)回復が持続可能であると市場を納得させることができれば、インフレ期待は高まり、実質金利はより深くマイナスの領域に移行するでしょう。

一般的に、リフレの時期やイールドカーブの急峻化はドル安と関連しています。このような傾向は、以下の点に大きく左右されます。(1) 世界経済が再び不況に陥らないか(2) FRBがバランスシートを早期に縮小させて先制的な引き締めを行わないか、あるいは利上げの話をしないか、にかかっています。実際、FRBは利上げで資産バブルを破裂させることには消極的なようで、それは規制当局に任せることになるでしょう。

当社独自の均衡為替レート(BEER)モデルを用いた評価ベースでは、ドルは下落する余地が十分にあります。そして、非常に低い米国の金利は、中央銀行の準備管理者の商業的・政策的関心と一致し、2020年の世界的な脱ドル化のトレンドを加速させる可能性があります。要するに、2021年はドルの下降トレンドに拍車がかかるように見えるのです。

米ドルインデックス (DXY) 2021年予想

  • Q1 2021: 90.80
  • Q2 2021: 89.60
  • Q3 2021: 89.00
  • Q4 2021: 87.90

2.ドル日本円の見通し:100円

  • ドル円の下落は免れないと予想しています。米国の実質金利がマイナスになっていることから、ドル円は100円を割れる可能性があります。
  • 日本の政策立案者は、この水準に少しは慣れてきたのかもしれません。貿易動向を見ると、現在はドル円よりも中国人民元円(CNY/JPY)の方が重要なのかもしれません。
  • 2021年はキャリートレードをしやすい環境になると予想しています。一般的には、それは日本円にとってマイナスになるでしょう。しかし、2021年は米ドル建てのキャリートレードが盛んになるはずです。

今回の米国の選挙結果を受けて、円の価格に微妙な変化があったことは、円ウォッチャーならお気づきでしょう。リスク資産が軒並み上昇したにもかかわらず、ドル円は安値を更新しました。言い換えれば、ドルの下降トレンドが、資金調達通貨としての円の伝統的な役割に取って代わったということです。

この話を後押ししているのは、保守的な投資(主に米ドル建て)から、海外のより魅力的なリターンに向けての投資への資金の流出であると考えています。ドル離れが、この傾向を後押ししているのは、米国当局が成功し、マイナスの実質利回りで報われるだろうとの見方からです。

事実上、3月以降の米国の実質利回りの下落にドル円が追いついてきたのです。これまでは、実質利回りに連動して、ドル円が100円を割り込むことが一般的でした。

図7.  【ドル円 予想 】 USD/JPYと10年物米国債:日本国債の実質差

ドル円 予想: BISが報告している米ドル建て銀行負債(2020年2Q、US$tr)

10年物US-JPの実質差(RHS、インフレスワップでデフレーションしたもの)

図8 . 【ドル円 予想 】米国債10年利回りの見通し

ドル円 予想: 米国債10年利回りの見通し

10年 USDスワップレート
見通し

米国の実質利回りの魅力低下は、日本の投資意欲にも表れているようです。3月には、日本の大手資産運用会社が今年は外国債券市場に特に魅力を感じないだろうとの見解を示しました。外国債券(FTSE WGBI ex-JPY)の日本国債に対する加重利回りの優位性は、年初の120bpから現在は40bpに低下しています。そして、日本の外債買い(ローリング52週合計を見て)は、過去12ヶ月間で約40%下落しています。

金利戦略チームの見通しでは、来年の米国債利回りは緩やかに上昇するとしていますが、名目利回りの上昇は、米国のインフレ期待の上昇を上回ることはないと予想しており、米国の実質利回りは依然としてマイナスであり、ドルと米国債は魅力的ではありません。ドル円が100円台で動くとの予想が現実のものとなれば、FXトレーダーは「日本は介入するのか?」と疑問に思うでしょう。しかし、実際には、震災後にドル円が80円台になった2011年後半以降、日本政府は介入していないのが現状です。

図9. 【ドル円 予想 】 1990年以降の日本のFX介入

ドル円 予想: 1990年以降の日本のFX介入

FX介入買い(RHS、JPY tm)

日本の貿易パターンの変化と人民元の重要性の高まりに対して介入の問題に関連すると思われる追加要因が一つあります。以下で、過去 15 年間の日本の貿易ウェイトの変化(BIS のデータを使用)を紹介している通り日本円の貿易加重指数(TWI)における人民元のシェアは、わずか 10年程の間に 19%から 32%に上昇しました。

図10.   【ドル円 予想 】日本の貿易ウエイトはCNYにシフトしている

ドル円 予想: 日本の貿易ウエイトはCNYにシフトしている

図11.  【ドル円 予想 】 対米ドルでは円高、対TWIではあまり変化なし

ドル円 予想: 対米ドルでは円高、対TWIではあまり変化なし

日本円貿易加重平均

つまり、ドル円のトレンドは最近下降しているが、日本円TWIはそれほど動いていないということです(図表 11 参照)。日本の関心はドル円と同様に人民元円(CNY/JPY)に向いていると言ってもよいでしょう。人民元の自由化が進み、世界貿易が回復してドル人民

元 (USD/CNY) が来年6.30まで上昇するという予想が正しく、CNY/JPYが横ばいであれば、ドル円は一時的に100を割り込む可能性がありますが、通常、日本の介入は起こらないでしょう。

>> こちらもお読みください。急激な円高の分析

ドル円(USD/JPY)2021年の見通し – ドル円 予想 

  • Q1 2021: 102
  • Q2 2021: 102
  • Q3 2021: 102
  • Q4 2021: 102

ユーロ円 (EUR/JPY) 2021年の見通し – ユーロ円予想 

  • Q1 2021: 122
  • Q2 2021: 124
  • Q3 2021: 125
  • Q4 2021: 128

>> 2021年ユーロドルの予想

中国人民元/円(CNY/JPY) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 15.45
  • Q2 2021: 15.69
  • Q3 2021: 15.81
  • Q4 2021: 16.19​

>> 2021年人民元の見通し:PBoCがコントロール不能に

ポンド/円 (GBP/JPY) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 139
  • Q2 2021: 142
  • Q3 2021: 143
  • Q4 2021: 145

>> 2021年ポンド円の予想:落ち着きを取り戻す

スイスフラン/円 (CHF/JPY) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 113.33
  • Q2 2021: 113.33
  • Q3 2021: 112.10
  • Q4 2021: 110.90

2021年スイスフランの見通し:スイスフランの強さに陰り

豪ドル/円 (AUD/JPY) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 76.5
  • Q2 2021: 77.7
  • Q3 2021: 77.5
  • Q4 2021: 78.5

>> 2021年豪ドルの見通し:上昇トレンドは止まらない

ニュージーランドドル/円 (NZD/JPY) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 0.70
  • Q2 2021: 0.72
  • Q3 2021: 0.72
  • Q4 2021: 0.73

2021年NZドルの見通し:上昇トレンドは止まらない

カナダドル/円 (CAD/JPY) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 80.31
  • Q2 2021: 81.6
  • Q3 2021: 82.26
  • Q4 2021: 82.93

2021年カナダドルの見通し:上昇トレンドは止まらない

トルコリラ/円(JPY/TRY)2021年の見通し:

  • Q1 2021: 14.17
  • Q2 2021: 13.78
  • Q3 2021: 13.25
  • Q4 2021: 12.75

2021年カナダドルの見通し:上昇トレンドは止まらない

ランド/円(ZAR/JPY) 2021年の見通し:

  • Q1 2021: 6.69
  • Q2 2021: 6.80
  • Q3 2021: 6.58
  • Q4 2021: 6.37

2021年南アフリカランドの見通し:全員が為替の強さを享受する訳ではない

メキシコペソ/円(MXN/JPY) 2021年の見通し:

  • Q1 2021: 5.15
  • Q2 2021: 5.18
  • Q3 2021: 5.10
  • Q4 2021: 5.10

2021年メキシコペソの見通し: パンデミック後の課題への対処

ドル円 予想 – ソース:

金融政策 – https://www.boj.or.jp/mopo/index.htm/
Monetary policy – https://www.ecb.europa.eu/mopo/html/index.en.html
World Economic Outlook Reports – https://www.imf.org/en/publications/weo
OECD Economic Outlook – http://www.oecd.org/economic-outlook/
Global Outlook – https://www.worldbank.org/en/publication/global-economic-prospects
Investment Outlook 2021 – https://www.credit-suisse.com/microsites/investment-outlook/en.html
2021 Economic Outlook – https://www.barrons.com/articles/why-2021-may-at-last-be-the-year-of-the-great-rotation-51606870661
Fed Issues Economic Assessment And Forecast For 2021 – https://www.npr.org/2020/12/16/947261107/fed-issues-economic-assessment-and-forecast-for-2021
Global Economic Outlook – https://conference-board.org/topics/global-economic-outlook
2021 Global Economic Outlook – https://www.morganstanley.com/ideas/global-economic-outlook-2021
マクロ予測 :為替・金利 :マーケット :日経電子版 – https://www.nikkei.com/markets/kawase/page/?uah=18C50800
参考為替相場 – 経済・産業レポ – https://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.html
AI外貨予測 – https://www.jibunbank.co.jp/products/ai_foreign_deposit/forecast/

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles