Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

ユーロドルの見通し【10月4日~10月9日】

 EUR/USD スポットユーロドル今週の予想ユーロドル今週のレンジ予想ユーロドル1ヶ月の目標予想
1.1600穏やかな弱気1.1500 – 1.16501.1500
ユーロドルの見通し【10月4日~10月9日】

ユーロ(EUR):ECBのハト派が熱を帯びる

  • ユーロ圏のインフレ率は、9月に前年同期比3.4%、コア・インフレ率は1.9%に上昇しました。欧州中央銀行は、このインフレ率の上昇を予想していましたが、ここまでの上昇は予想していなかった様です。これまでのところ、ハト派はインフレ率の上昇を一過性の要因とみなし、過剰反応を戒めています。今週は、コアなハト派であるラガルド氏やレイン氏を含む、多くのECBスピーカーの意見を聞くことができます。さらに、PEPPの「再調整」を発表した9月のECB会合の議事録も見ることができます。通常、この議事録は非常に平凡なもので、市場の反応を促すことはほとんどありませんが、特に一部のメンバーはすでにインフレ予測が低すぎることを懸念していたため、今回はより厳しい目で見られることになるでしょう。
  • データ面では、10月のPMI発表やいくつかの投資家のセンチメント指標を幅広く見ることができるはずです。また、今週は、ハト派的なECBが欧州の他の中央銀行と比べてどうなのかを見ることになるでしょう。いつものように、チェコ国立銀行は木曜日に75bpの利上げを行いました。今週の焦点はポーランドに移ります。もともとハト派的な中央銀行は、今年後半にインフレ率が前年比7.0%に達し、政策金利が0.10%になるという事態に直面する可能性があります。我々は、ポーランドが大きな金利サイクルの期待を裏切るのではないかと考えています。ユーロドル(EUR/USD)に話を戻すと、1.1500は大きなサポートゾーンであり、米国のNFPが良い結果を出し、ECBのハト派が姿勢を変えない限り、今週は試される可能性があるでしょう。

米ドル(USD):ドルが勢いを増すか?

  • 中央銀行と投資家の双方が、インフレと、それに対する中央銀行の計画を鑑み、ドルは年初来高値を更新しました。特に米国では、タカ派のFOMCメンバーとエネルギー価格の高騰が、これを後押ししています。最近のドル高には、米国の短期金利の動向が大きく影響していると考えています。今週はこの2つのテーマが注目されます。1つ目は、金曜日の非農業部門雇用者数(当社では45~50万人増と予想)が、FRBが11月にテーパリングを発表し、2022年後半に引き締めを行う軌道に乗るのに十分かどうかです。私たちは「イエス」と予想しています。2つ目は、OPECが月曜日に供給量を日量40万バレル増やすかどうかです。ここでも「イエス」と考えていますが、ガソリン価格の高騰は、もうしばらく続きインフレ懸念を再燃させるでしょう。
  • テクニカル的には、ドルは大きくブレイクアウトしそうな勢いであり、米国の雇用統計が好調であれば、その傾向はさらに強まるでしょう。また、米国の債務上限問題の進展にも注目したいところです。12月初旬までの政府資金を確保するための暫定法案が署名されましたが、上院での瀬戸際政策により、業績予想が下方修正されている時期には、リスク資産の誤算につながりやすいと言えます。今週は中国が休場のため、不動産セクターの課題に関するニュースは少ないかもしれません。しかし、中国人民銀行は、商品の輸入を確保するために通貨を強くする傾向にあります。こ中国人民銀行の政策は今、世界の模範となっており、他の国もそれに追随するかどうかを見てみましょう。

ユーロドル見通し:1.1500までの弱気傾向が続く

ユーロドル予想【8月23日~8月27日】

 Eur/Usdスポット今週のユーロドル予想ユーロドル今週のレンジ予想ユーロドル1ヶ月予想
1.1673穏やかな弱気1.1600 – 1.17501.1700
ユーロドル予想【8月23日~8月27日】

ユーロ(EUR):8月のPMIが明るい話題になるか

  • ドルの強さがユーロ/ドルの上昇を阻害しています。プロシクリカル(景気に連動して株価が上下する)な通貨であるユーロは、世界的な景気後退懸念の影響を受けているが、ユーロのキャリートレードが解消されたことで、若干のサポートを得ている可能性があります。ジャクソンホールに向けて、今週は1.1600が明確なサポートラインとなりそうです。
  • 国内では、月曜日のPMI速報値と水曜日のドイツIfo社の発表が注目されます。最近の業界調査では、サプライチェーンの混乱が22年第2四半期まで続く可能性があると予想されています。また、中国のニュースは悪化の一途をたどっており、市場は製造業景況感指数の軟化を覚悟しているかもしれません。また、木曜日にはECBが7月21-22日に開催した会合の議事録を発表します。ここで投資家は、ECBが9月9日の会合でPEPPをどうするかについての手掛かりを探します。今後3年間のECBの引き締め幅はわずか5bpと想定されているため、この議事録がユーロの金融市場金利をこれ以上低下させるとは考えられません。

ドルインデックス(DXY):挟み撃ちのようにして上昇

  • ドルは、FEDがテーパリングに動いていることと、コロナウイルス2-デルタ株を背景に世界の成長見通しが再評価されていることが相まって、上昇しています。今週は、カンザスシティ連銀が木曜と金曜にジャクソンホールシンポジウムを開催するため、前者が非常に注目されます。大方の予想では、早ければ9月に発表され、10月に開始される可能性のあるテーパリングの決定について、FRBが明らかにすると思われます。テーパリングサイクルの長さにも注目が集まり、一部のFOMCメンバーは直近の2014年よりも早いテーパリングサイクルを推奨しています。ジャクソンホールでのイベントに向けて、ドルは買い戻されることが予想されます。現地の経済カレンダーには、8月のPMI、7月の住宅販売、2QのGDP改定値、2Qの個人消費がありますが、これらはすべてジャクソンホールのイベントの影に隠れてしまうはずです。
  • 以上のように、幅広いドルの動向は、世界のリスク環境によっても左右されます。中国が現地の株式市場を支えるような政策を発表しない限り、北アジアの資産市場が著しく不振であることから、世界の新興外国為替市場は圧力を受け、ドルは買われ続けるでしょう。現段階では、中国の規制当局が依然として民間セクターを整理する雰囲気を持っていることから、そのような支援は期待できそうにありません。最近では、Evergrande(中国企業)に債務問題を自力で解決するよう指示しました。

ユーロドル 掲示板

Source: MT4

#ダブルトップ
#トレンドライン
#一目均衡表
#フィボナッチ fx
#チャートパターン

2021年ユーロドルの見通し

2021年には、予防的に保有していた米ドルと日本円から新興市場への資金流出が予想され、ドル安傾向が顕著になり、ECBはユーロドル(EUR/USD)に対して1.25での攻防をしなければならなくなることを示唆しています。ここでは、2021年のユーロドルの詳細な予測をご紹介します  (ユーロドル 予想)。

2021年ユーロの見通し:良いニュースも悪いニュースも

  • EURは良いニュースもありますが、悪いニュースもたくさんあります。軟調な米ドルの動きが顕著になることによりユーロドルは、2021年には25前後で推移する見通しです。
  • 今年のEUとECBの措置により、来年はユーロのリスクプレミアムが積み上がる可能性が低くなりました。EURがより早く強化されたとしても、ECBができることはあまりありません。
  • 対ドルでは、ユーロは冬以降のユーロ圏や世界的な景気回復の恩恵を受けるはずですが、欧州のFX通貨(スカンディナヴィア通貨同盟であれCEEであれ)には遅れを取るはずです。

>> 2021年FXの予想:再び軌道に乗る

単独では魅力的な話はない…

ユーロ単独では、魅力的な話はありません。経済はCovid-19の第二波と関連する制限的な措置によって打撃を受けており、弱々しい成長の見通しは今四半期と来期に続くと考えられ、ユーロ圏の経済は来年の米国の成長を遅らせる可能性があります。

ユーロ圏のインフレ見通しは依然として暗いといえます。見出しのCPIは2%目標を慢性的に下回ったままで、現在はマイナス圏にあります。現実的には、金融政策の延長線上でCPIが2%目標に戻る可能性は低く(図1)、インフレ率が2%水準を超えるという概念は現時点では幻想のように見えます(したがって、ECBがFRBのように平均インフレ率目標を採用することは、現時点ではあまり関係ないように見えます)。経済の弱さと消費者物価指数への下振れリスクにより、ECBは12月に再度の緩和を示唆するに至りました。

ドルの見通しは悪くなる

表面的には、これは共通通貨にとって魅力的な絵ではありません。しかし、我々の見解では、米ドルの弱さの話の方が大きいからといって、ユーロドル見通しをポジティブにすべきではないと考えています(米ドルのセクションを参照)。ユーロ圏の消費者物価指数が低い(そして、消費者物価指数が大幅に上昇する見込みは限られている)ことの副産物として、ECBがさらなる利下げに消極的であることに加えて、ユーロ圏の実質為替レートが安定していることが挙げられます。これは米ドルとは対照的で、実質金利は(来年、経済とCPIが回復し)よりマイナスに転じるはずです。

冬以降のユーロ経済の回復を期待して

経済面では、ユーロ圏の短期的な見通しはいいとはいえませんが、厳しい冬の後の経済の堅調な回復が期待され(図2)、その後ユーロ圏の成長見通しが(最近の格下げに続いて)再評価されることは、主に対ドルではこの通貨にとってプラスとなるはずです。さらに、ユーロ圏は世界的な成長を牽引する大規模な開放経済地域であるため(G10の中で最も開放的な経済圏の一つ)、厳しい冬の後の世界貿易の回復から恩恵を受けることになるでしょう。

12月のECB緩和への期待が高い

また、今後のECBの緩和は、ユーロとユーロドルへの影響は限定的であると予想しています。10月のECB会合でのラガルド総裁の非常にハト派の発言を考えると、ECBが市場の期待を上回ることは難しいでしょう。ここでは、2019年9月のECB会合が目安となり、ECBは会合前の高い期待を超えられず、預金金利の引き下げとQE(量的緩和)の再開にもかかわらず、EUR/USDを押し下げることに失敗しました(図21)。利下げや意味のある大規模な量的緩和(5,000億ユーロをはるかに超える)が行われない限り、今後のECBのユーロへの緩和の影響は限定的になる可能性が高いでしょう。

ECBがユーロ高を防ぐのは難しい

また、ECBが来年、1.25レベルへのユーロドルの緩やかな上昇を防ぐことができるとは考えていません。経済成長の見通しが改善している環境の中で、秩序ある形で徐々に上昇していくのであれば、ECBはそれを見越しておくべきでしょう。緩やかなユーロドルの上昇は、今夏のユーロドルの急騰とは対照的であり、3ヶ月間に渡ってECBの口頭介入が行われたことになります。

図1. 【ユーロドル 予想】  ユーロ圏CPIが目標に戻る可能性は低い

ユーロ圏CPIが目標に戻る可能性は低い

EZ CPI
CPI 予想
ECB目標

図2. 【ユーロドル 予想】 ユーロ圏のGDPは厳しい冬を経て反発へ

GDP (% QoQ、年)

ユーロドル 予想

仮にユーロ高がより顕著になり、前倒しのユーロ高が見られたとしても、ECBが実際にできることは、口頭での介入とフォワードガイダンスの強化のみでしょう(口頭での介入は、最終的には具体的な行動に続く必要があるため、両者の効果は限定的となります。現時点ではECBの政策正常化の可能性が低く、再プライシングの余地は限られています)。12月にはQEプログラムの延長が予定されており、利下げは好ましい選択肢ではなさそうなので、ECBができることはあまりないように思われます。大規模な米ドル安が進行しているため、ECBがユーロドルの上昇を手なずけるのは難しいでしょう。

リスクプレミアムの積み上げ範囲が限られている

また、実存的な懸念と財政的な懸念のどちらかに関連して、ユーロリスクプレミアムが上昇する余地は限られていると見ています。前者については、ラガルド総裁の最初の修羅場の後(主に3月の記者会見では、周辺国国債の売却とユーロリスクプレミアムの上昇につながった)、新しいリーダーシップの下でのECBは安全策を提供するために存在することが明らかになっています。

後者については、特にIMFやOECDなどの国際機関や投資家自身が財政支出の拡大を求める中で、新EU予算とEU復興基金の組み合わせにより、当面の間は財政的な懸念は収まっています。EU予算とEU復興基金はまだ合意に至っていませんが、近いうちに妥協点が見つかることを期待しています。

ただし、ユーロリスクプレミアムの再出現を防ぎ、ユーロドルの強さがポジティブに捉えられ、ドルの弱さによる利益を得るための準備をしておく必要があります。

バリュエーションはさらなるユーロ高の障害にはならない

バリュエーションについては、ユーロドルは短期的、財務的に公正価値に沿って取引されていますが、中期的なBEERの公正価値をオーバーシュートし始めています。しかし、図4で明らかなように、オーバーシュートは意味のあるものではなく、標準偏差1.5の範囲内に収まっています。このことは、中期的にユーロドルがさらに強くなることを可能にしています。長期的な見通しとしては、購買力平価の公正価値は逆で、長期的にはユーロドルは過小評価されたままです。全体的に見て、バリュエーションはユーロドルの更なる強さの障害にはならないと考えています。

図3.  【ユーロドル 予想】 2019年9月のECB大規模緩和はユーロの価値を大きく下げた

ECB会合

2019年9月のECB大規模緩和はユーロの価値を大きく下げた

EUR/USD 
10y Bund, rhs

図4.  【ユーロドル 予想】バリュエーションはEURの強さをより強くするためのものではない

EUR/USDの公正価値の様々なイテレーション(短期金融公正価値、中期BEER公正価値、長期PPP公正価値)から離れたミスバリュエーション

バリュエーションはEURの強さをより強くするためのものではない

短期モデル
中期モデル
長期モデル
+ 1.5標準偏差
評価損

ドルに対しては上向きだが、欧州通貨に対してはさらに下げ幅を拡大

特異な要因は、それ自体では、強いユーロを指し示すものではないということです。しかし、顕著なドルの弱気トレンドは、同じく元気のないユーロを相殺し、ユーロドルの上昇予想につながるほどのものであるといえます。

2021年ユーロドルの見通し

ユーロ/ドル(EUR/USD) 2021年の見通し – ユーロドル 予想

  • Q1 2021: 1.20
  • Q2 2021: 1.22
  • Q3 2021: 1.23
  • Q4 2021: 1.25

ユーロ/円(EUR/JPY) 2021年の見通し – ユーロ 円 予想

  • Q1 2021: 122
  • Q2 2021: 124
  • Q3 2021: 125
  • Q4 2021: 128

>> 2021年ドル円の予想: 100円

ユーロ/ポンド(EUR/GBP) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 0.88
  • Q2 2021: 0.88
  • Q3 2021: 0.88
  • Q4 2021: 0.88

>> 2021年ポンド円の予想:落ち着きを取り戻す

ユーロ/スイスフラン (EUR/CHF) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 1.08
  • Q2 2021: 1.10
  • Q3 2021: 1.12
  • Q4 2021: 1.15

>> 2021年スイスフランの見通し:スイスフランの強さに陰り

ユーロ/元 (EUR/CNY) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 7.92
  • Q2 2021: 7.93
  • Q3 2021: 7.93
  • Q4 2021: 7.88

>> 2021年人民元の見通し:PBoCがコントロール不能に

ユーロ/豪ドル (EUR/AUD) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 1.60
  • Q2 2021: 1.61
  • Q3 2021: 1.62
  • Q4 2021: 1.62

>> 2021年豪ドルの見通し:上昇トレンドは止まらない

ユーロ/ニュージーランドドル (EUR/NZD) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 1.71
  • Q2 2021: 1.69
  • Q3 2021: 1.71
  • Q4 2021: 1.71

>> 2021年NZドルの見通し:上昇トレンドは止まらない

ユーロ/カナダドル (EUR/CAD) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 1.52
  • Q2 2021: 1.53
  • Q3 2021: 1.53
  • Q4 2021: 1.54

>> 2021年カナダドルの見通し:上昇トレンドは止まらない

ユーロ/トルコリラ (EUR/TRY) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 8.64
  • Q2 2021: 9.03
  • Q3 2021: 9.47
  • Q4 2021: 10.00

>> 2021年トルコリラの見通し

ユーロ/ルーブル (EUR/RUB) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 85.2
  • Q2 2021: 87.8
  • Q3 2021: 92.3
  • Q4 2021: 91.3

>> 2021年ロシア・ルーブル円の見通し

ユーロ/メキシコペソ (EUR/MXN) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 23.76
  • Q2 2021: 24.03
  • Q3 2021: 24.60
  • Q4 2021: 25.00

>> 2021年メキシコペソの見通し: パンデミック後の課題への対処

ユーロ/ランド(EUR/ZAR) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 18.30
  • Q2 2021: 18.30
  • Q3 2021: 19.07
  • Q4 2021: 20.00

>> 2021年南アフリカランドの見通し:全員が為替の強さを享受する訳ではない

ユーロドル 予想 – ソース:

Monetary policy – https://www.ecb.europa.eu/mopo/html/index.en.html
World Economic Outlook Reports – https://www.imf.org/en/publications/weo
OECD Economic Outlook – http://www.oecd.org/economic-outlook/
Global Outlook – https://www.worldbank.org/en/publication/global-economic-prospects
Investment Outlook 2021 – https://www.credit-suisse.com/microsites/investment-outlook/en.html
2021 Economic Outlook – https://www.barrons.com/articles/why-2021-may-at-last-be-the-year-of-the-great-rotation-51606870661
Fed Issues Economic Assessment And Forecast For 2021 – https://www.npr.org/2020/12/16/947261107/fed-issues-economic-assessment-and-forecast-for-2021
Global Economic Outlook – https://conference-board.org/topics/global-economic-outlook
2021 Global Economic Outlook – https://www.morganstanley.com/ideas/global-economic-outlook-2021
マクロ予測 :為替・金利 :マーケット :日経電子版 – https://www.nikkei.com/markets/kawase/page/?uah=18C50800
参考為替相場 – 経済・産業レポ – https://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.html
AI外貨予測 – https://www.jibunbank.co.jp/products/ai_foreign_deposit/forecast/

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles