Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

NZドルの見通し【10月4日~10月9日】

 Nzd/Jpy スポットNZドル円今週の予想バイアスNZドル円 今週のレンジ予想NZドル円1ヶ月の目標予想
0.6834穏やかな弱気0.6740 – 0.68800.7100
NZドルの見通し【10月4日~10月9日】

NZドル(NZD):利上げに対する言い訳はもう必要ない

  • 8月の会合で金利を据え置いて以来、ニュージーランド準備銀行の当局者のコメントは、今週中に25bpの利上げが行われることを強く示唆しています。8月にはニュージーランドでロックダウンが発表されたため、政策担当者は引き締めの引き金を引くことができませんでしたが、これで最初の利上げを遅らせる「言い訳」はなくなったようです。8月の会合以降に発表された唯一の重要な発表は、第2四半期の活動データで、これは予想を上回る好調な結果となりました。我々は以前、50bpの利上げのリスクを指摘していましたが、最近のクリスチャン・ホークスビー副総裁のコメントは、より緩やかな利上げを明確に示唆しています。
  • 市場では現在、来週の利上げ確率が80%程度となっており、RBNZが期待通りの結果を出せば、NZDは緩やかにサポートされる可能性があります。市場は、RBNZの経済見通し(特に最近のCovid規制を考慮したもの)を注視し、政策金利が2023年後半に2%に達するとするRBNZの予測との整合性を保つことになるでしょう。また、RBNZが住宅インフレ(9月には前年同期比27.8%に達した)を抑制する目的で、ローン比率(LVR)規制のさらなる強化を示唆するかどうかも注目されますが、市場が金融引き締めの必要性に疑問を抱くほどではないでしょう。しかし、RBNZ会合によるニュージーランドドルへのポジティブな影響は、来週のリスク環境の悪化によって相殺される可能性があります。ここでは、豪ドルとは異なり、ニュージーランドドルは国内商品の輸出によって売り圧力を緩和することができません。

NZドルの見通し:ニュートラル

NZドル予想【8月23日~8月27日】

 Nzd/Jpy スポット今週のNZドル円予想NZドル円 今週のレンジ予想NZドル円1ヶ月予想
74.80穏やかな弱気73.33 – 75.8978.1
NZドル予想【8月23日~8月27日】

NZドル(NZD):RBNZの利上げ延期はNZDにとって最悪のタイミング

  • ニュージーランドでは激動の1週間となりました。ニュージーランドでは、先週末に1件の感染が確認された後、政府がデルタ型の感染拡大を防ぐために超厳格なアプローチを発表しました。これにより、ニュージーランド準備銀行は、ほぼ確実と思われていた利上げを控えることになりました。これらの出来事は、プロシクリカル通貨にとって最近では最悪の週の一つであり、必然的にキウイドルの下げ幅を拡大させ、0.70を決定的に破り、現在0.6800レベルに迫っています。
  • RBNZの利上げ見通しは市場の予想よりもタカ派的であり、利上げサイクルが遅れていることを示しており、今のところ実際には疑問視されていません。しかし、これは長い目で見ればNZDにとってプラス要因となります。今のところ、APAC地域のセンチメントが悪化していることや、ニュージーランドで全国的なロックダウンが火曜日まで延長されていることを考えると、下降リスクは依然として大きいでしょう。

2021年NZドルの見通し:上昇トレンドは止まらない

ニュージーランドドルは非常に割安であり、世界的な回復が進む2021年も上昇すると思われます。RBNZ(ニュージーランド準備銀行)と通貨高への嫌悪感がNZドルの見通しの主なリスクであることに変わりはありませんが、これ以上の利下げはないと予想しています (NZドル 見通し)

2021年がリフレとなるとすれば、値動きの大きいカナダドル豪ドル、ニュージーランドドルは高値圏で推移することになりそうです。また、AUDとNZDは、リスク選好の流れにより3月の安値から反発したことで大きな上昇となりましたが、まだまだ魅力的なバリュエーションであると考えています。 その理由は以下の通りです。
(1) 実質為替レートに優位性がある。
(2) 商品先物の見通しが良い。
(3) 地政学的にも貿易摩擦に対してもリスクが低い。
(4)さらなる金融緩和の可能性が低いことから、2021年にはカナダドルはオセアニア通貨よりも安全な通貨であることが示唆されている。

>> 2021年FXの予想:再び軌道に乗る

2021年NZドルの見通し:RBNZの対応次第

ニュージーランドは2020年のCovid-19のパンデミックへの取り組みの成功例として取り上げられていましたが、その代償として、非常に厳しい国境管理により、収益性の高い観光産業が短期的には回復する余地がなく、オークランド(GDPの約3分の1を占める地域)では厳しい封鎖措置が経済回復を抑制していました。しかし、オーストラリアと同じような季節や地理的条件を考慮しても、ニュージーランドは感染対策(図1)の割に感染者がほぼゼロに近いという素晴らしい状況を維持しています。

経済データの面では、ニュージーランドは非常に複雑な状況といえます。第2四半期の経済活動の落ち込み(前年同期比12.4%減)はオーストラリアの2倍であり、先進国の中でも最大級となっています(OECD諸国の平均は-10.6%)。それでも、大規模な雇用支援制度が失業率を抑制しており、第2四半期にはかなり悪化していた失業率は第3四半期にはわずか5.3%にまで抑制できました。参考までにOECD諸国の完全失業率は第2四半期にパンデミック前の水準を3%上回ってピークを迎え、第3四半期には7.60%となりました。ニュージーランド準備銀行(RBNZ)は失業率のピークを6.2%と予測しています。

多くの先進国と同様に、ニュージーランド政府も2023~24年度までにGDPの19.5%、GDPの11.3%程度のウイルス対策政策を実施するなど、実質的な財政刺激策を実施しています。カナダやオーストラリアで強調されているように、ニュージーランドも同様に、国内消費は順調に回復すると思われますが、輸出部門は長期的な逆風に直面することになるでしょう。ニュージーランドは国境が完全に閉ざされているため、GDPの5.8%、間接的には4.3%を占める観光産業の回復には不利な状況にあります。しかし、乳製品、食肉、林業などの主要輸出品目の価格は、世界的なリフレが進展し、オーストラリアの鉄鉱石の場合とは異なる状況になれば、2021年まではかなり良い状態で推移する可能性があります。

RBNZがNZドルの上昇を抑制する要因となっています。RBNZの景気刺激策には、1000億NZドル相当の資産購入プログラムや当面の間は利上げを行わないとの公約が含まれています。しかし、数カ月前からマイナス金利の可能性をほのめかしており、マイナス金利(NIPR)は政策の一部であり、真剣に検討中であることを明示的に示唆していました。21年上半期には市場はマイナス金利への移行を大方予想していましたが、11月に入ってからは、RBNZは弱気の姿勢に転じました。銀行への低金利融資を導入したにもかかわらず、2021年には経済活動と雇用の低迷がそれほど顕著ではないと予測されたことから、市場はマイナス金利導入を慎重に考えるようになった様です。我々は、ニュージーランドのNIPRの予想には長い間消極的でしたが、最近のRBNZによるタカ派的なシフトにより、2021年を通じて0.25%の政策金利を維持すると確信しました。ただし、マイナス金利への移行の準備が進んでいたことも無視できませんし、このシナリオがゼロとは言い切れないのも事実です。言い換えれば、NZドルは2021年にマイナス金利に直面する可能性が最も高いコモディティ通貨であることに変わりはなく、金融政策関連のダウンサイドリスクを最も大きく背負っている通貨であることに変わりはありません。

図1.  【NZドル見通し】ニュージーランドの規制指数と比較的抑制された感染者数

nzドル 見通し

G10の規制指数
NZの規制指数
G10のCovid-19感染者数(RHS)
NZのCovid-19感染者数(RHS)

図2. 【NZドル見通し】マイナス金利の可能性が薄れる

nzドル 見通し

NZ インプライドレート (%)
RBNZ 11月政策会合

今後、RBNZが量的緩和を調整・拡大し、さらなる刺激策を講じる可能性がないとは言えません。経済見通しが大幅に悪化した場合だけでなく、単にNZドル高に対するRBNZの嫌悪感が要因となる場合もあります。今のところ、RBNZは通貨が輸出の回復を妨げていると強調していますが、NZドルがこれ以上上昇すれば、RBNZがより厳しい姿勢に転換しても不思議ではありません。さらなる量的緩和(私たちの見解では最も可能性が高い)、イールドカーブコントロール(YCC)への転換、マイナス金利導入に加えて、為替介入が行われる可能性もあります。RBNZがスイススタイルの為替介入を開始するシナリオも無視できません(スイスフランショックについてはこちらをご覧ください)。RBA(オーストラリア準備銀行)の反応とオセアニアの「通貨戦争」のリスクは、十分な下落要因になるかもしれません。

2021年のNZドル見通しをネガティブにする最大の要因は、RBNZの更なる行動だと考えていますが、ニュージーランドドル/ドル(NZD/USD)の0.70水準ではマイナス金利と為替介入は行われないと予想しています。良心的なリスクセンチメントとともに、NZドルは中期的な割安感(図3)潤沢な資金(図4)を頼りに、高値が更新される見込みです。21年第4四半期のNZD/USDの目標は0.73であり、AUD/NZDは年内の大半を1.05~1.07のレンジで推移し、21年第4四半期の目標は1.05であると予想しています。

NZドル/円(NZD/JPY)は、21年第4四半期は74.5~75.00を予想しています。

図3. 【NZドル見通し】

nzドル 見通し

図4. 【NZドル見通し】

nzドル 見通し

NZドル 見通し

NZドル/ドル(NZD/USD)2021年の見通し

  • Q1 2021: 0.70
  • Q2 2021: 0.72
  • Q3 2021: 0.72
  • Q4 2021: 0.73

NZドル/円 (NZD/JPY) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 71.4
  • Q2 2021: 73.44
  • Q3 2021: 73.44
  • Q4 2021: 74.46

ユーロ/NZドル (EUR/NZD) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 1.71
  • Q2 2021: 1.69
  • Q3 2021: 1.71
  • Q4 2021: 1.71 

2021年南アフリカランドの見通し:全員が為替の強さを享受する訳ではない
2021年トルコリラの見通し
2021年ロシア・ルーブル円の見通し
2021年ドル円の予想: 100円
2021年ユーロドルの予想
2021年ポンド円の予想:落ち着きを取り戻す
2021年カナダドルの見通し:上昇トレンドは止まらない
2021年NZドルの見通し:上昇トレンドは止まらない
2021年豪ドルの見通し:上昇トレンドは止まらない
2021年人民元の見通し:PBoCがコントロール不能に
2021年メキシコペソの見通し: パンデミック後の課題への対処
2021年スイスフランの見通し:スイスフランの強さに陰り

NZドル 見通し – ソース:

Monetary policy RBNZ – https://www.rbnz.govt.nz/monetary-policy
Monetary policy – https://www.ecb.europa.eu/mopo/html/index.en.html
World Economic Outlook Reports – https://www.imf.org/en/publications/weo
OECD Economic Outlook – http://www.oecd.org/economic-outlook/
Global Outlook – https://www.worldbank.org/en/publication/global-economic-prospects
Investment Outlook 2021 – https://www.credit-suisse.com/microsites/investment-outlook/en.html
2021 Economic Outlook – https://www.barrons.com/articles/why-2021-may-at-last-be-the-year-of-the-great-rotation-51606870661
Fed Issues Economic Assessment And Forecast For 2021 – https://www.npr.org/2020/12/16/947261107/fed-issues-economic-assessment-and-forecast-for-2021
Global Economic Outlook – https://conference-board.org/topics/global-economic-outlook
2021 Global Economic Outlook – https://www.morganstanley.com/ideas/global-economic-outlook-2021
マクロ予測 :為替・金利 :マーケット :日経電子版 – https://www.nikkei.com/markets/kawase/page/?uah=18C50800
マーケットアウトルック – 米ドル/円 – https://www.nomura.co.jp/market/report/outlook/ex_ed.html
参考為替相場 – 経済・産業レポ – https://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.html
AI外貨予測 – https://www.jibunbank.co.jp/products/ai_foreign_deposit/forecast/

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles