Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

スイスフランの見通し【10月4日~10月9日】

 CHF/JPY スポットスイスフラン円今週の予想スイスフラン円今週のレンジ予想スイスフラン円1ヶ月の目標予想
xxxxxx – xxxx
スイスフランの見通し【10月4日~10月9日】
  • 米国株の下落に加え、ユーロ圏のインフレ率の上昇がユーロにプラスの影響を与えなかったことから、EUR/CHFは1.0800レベルを下回り、1ヶ月ぶりの安値圏に突入しました。リスク資産にとっては厳しい環境が続く可能性があるため、今週のリスクバランスは依然として下向きに傾いていると思われます。
  • 週末に注目したいのは、イタリアで行われる4大都市(ローマ、ミラノ、ナポリ、トリノ)を含む自治体の投票の数々です。マーケットの視点では、パンデミックの影響と政府の再編成を受けて、ユーロ受容派の右派政党がどのような結果を出すかが注目されます。これらの右派政党が強い結果を出せば、月曜日のBTP市場、ひいてはEUR/CHFに影響を与える可能性がありますが、次の総選挙はまだあまりにも遠い(2023年)ため、今のところは政治的リスクがある程度蓄積されていると考えられます。国内では、SNBが現在の政策構成に変更を加えると考える理由を示さなかったことから、9月のKOF指標とCPIの数値がスイスフランに与える影響は非常に小さいと思われます。

スイスフラン予想【8月23日~8月27日】

 Chf/Jpy スポット今週のスイスフラン円予想今週のスイスフラン円のレンジ予想スイスフラン円1ヶ月予想
119.80穏やかな弱気116.20 – 118.60119
スイスフラン予想【8月23日~8月27日】

スイスフラン(CHF):需要あり

  • EUR/CHFは、狭いレンジではあるが、かなりのボラティリティーを示しています。正直なところ、夏の薄商いの中で何が原因なのかを知ることは難しいが、リスク回避の流れの中で、日本円とスイスフランは明らかにFXのアウトパフォーマーとなっています。ジャクソンホールのイベントを前にしたディフェンシブなポジションは、CHFの需要を維持していることを示唆しています。
  • いつものように、市場はSNB(スイス国立銀行)がスイスフラン高に抵抗しているかどうかを知りたがっています。先週のスイスフランのサイトデポジットのデータは30億スイスフランの増加を示しており、SNBが1.0700付近に関心を持っていた可能性を示唆しています。今週もSNBは警戒を怠らないと予想されるが、11月の安値である1.0660/80まではより強固な防衛策は見られないでしょう
スイスフラン予想【8月23日~8月27日】
Source: MT4

#ヘッドアンドショルダーズボトム
#チャートパターン
#一目均衡表
#トレンドライン
#フィボナッチ fx

2021年スイスフランの見通し

‘スイスフラン 予想’:

  • デフレ率は前年比1.2%、貿易加重ベースでスイスフランは史上最高値を更新しており、SNB(スイス中銀)がマイナス金利や介入政策から転換する可能性は低いとみられます。
  • 2021年のECBのバランスシートの成長率に合わせるためには、SNB1,800億~2,000億スイスフランの介入をしなければならない可能性があり、アメリカの怒りを買うリスクがあります。
  • SNBは、2021年までにより良い条件が戻ってくることで、予防的なCHFの保有がある程度解消され、EUR/CHF1.15まで戻ってくることを期待しています。

>> 2021年FXの予想:再び軌道に乗る

2021年スイスフランの見通し:スイスフランの強さに陰り

今年のドルの弱気傾向は、SNBにさらなる問題をもたらしました。CHFはすでに欧州通貨に対して強かったのに加え、ドル・フラン(USD/CHF)の下落は、CHFの名目貿易加重指数がこれまで以上に高く押し上げられたことを意味しています。

実質貿易加重指数(TWI)があまり動いていないことは、SNBにとっては慰めにならないかもしれません。スイスフランが国際貿易において競争力を維持していることを意味するとはいえ、実質貿易加重指数(TWI)がこれほど低い理由は、スイスのデフレにあります。現在、スイスの消費者物価指数は前年比1.2%減で推移しておりますが、2023年夏までには0.5%まで上昇すると予測されています。

図1.   貿易加重ベースでスイスフランは引き続き高値を更新

スイスフラン 予想

名目貿易加重指数(スイス)
名目貿易加重指数(ユーロ)
実質貿易加重指数(スイス)
実質貿易加重指数(ユーロ)

そのため、SNBがマイナス金利と大規模な為替介入という政策を変更する準備ができている可能性は低いと思われます。

SNBにとっての課題は、ECBがPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)の下で計画されたユーロの流動的供給を実行することで、為替介入への更なる需要が発生する可能性があることです。ここでは、12月にECBからさらに4,000億~5,000億ユーロの注入が見込まれており、金利戦略チームは、ECBのバランスシートが現在の59%から66%に拡大すると予想しています。

ECBは量的緩和がEURを弱める可能性があると考えているため、この点は重要といえます。SNBはまた、量的緩和が為替レートに与える影響を認めています(スイスフランショックについての詳細はこちら)。結局のところ、SNBはECBが最初に量的緩和を行ったことを理由に2015年1月に1.20ユーロ/スイスフランのレートを放棄しました。

以下では、相対的なバランスシートの拡大(ECB対SNB)とユーロ・スイスフラン(EUR/CHF)の間には、緩い関係があるように見えることを強調しています。ECBの拡大はSNBの拡大を上回っており、おそらくEUR/CHFに影響を与えているといえます。2021年のECBの拡大に合わせるためには、SNBが約1,800億スイスフランの通貨を購入する必要があり、これは莫大な額になると予想しています。

図2    EUR/CHFとECB/SNBのバランスシートの比較

スイスフラン 予想

比率:ECB/SNBバランスシート(反転、rhs)

図3   スイスが操作可能な位置にいる

スイスフラン 予想

為替介入 (対GDP比)
経常収支(対GDP比)
二国間貿易(億米ドル)

スイス
米国債許容範囲

SNBからの大規模なFX買いが続けば、スイスは間違いなく米国財務省の通貨操作国指定の3基準に抵触することになるでしょう。実際、スイスはすでにワシントンの監視リストに登録されています。しかし、今のところ、SNBは、為替介入に制限を受けるような兆候を見せていません。

12月にECBの量的緩和が上乗せされる可能性が高いこと、ECBのバランスシートが前倒しで拡大する可能性が高いこと、そして冬に向けて欧州がロックダウンに苦しんでいることを考えると、EUR/CHFは今後3~6カ月間、圧力がかかる状態が続くと予想しています。

しかし、2021年に向けてさらに先を見据えると、世界的な成長と世界の貿易量の回復が、EUR/CHFの圧力を奪い始める可能性があります。結局のところ、2018年3月にトランプ大統領が世界との貿易戦争を開始する直前、EUR/CHFは1.20付近で取引されていました。

EUR/USDが2021年まで1.25エリアに向かって上昇するという我々の見解が正しければ、EUR/CHFは1.15エリアまで上昇するはずです。一般的に、EUR/CHFはユーロドルのトレンドと正の相関がありますが、Covid-19の影響で、EUR/CHFは夏のEUR/USDのラリーに対応することができませんでした。

EUR/CHF についての議論には、欧州統合とソブリン債危機の再来の見通しについての見解も含まれなければなりません。しかし幸いなことに、欧州の政策立案者は 2008/09年の世界金融危機から教訓を学んでいます。

(1) 南欧に実質的に利益をもたらす 1.8兆ユーロのEU復興基金を合意。

(2) PEPPの下でユーロ圏周辺債の積極的かつ前倒しの買いを実施。ユーロ圏周辺債がEUR/CHFを圧迫することはないとの見方。

(3) 2021年8月は、イタリア大統領の在任期間、最後の半年間が始まることに配慮。

この期間中、大統領は憲法上、国会を解散することを禁じられています。また、下半期のEU資金による政治的利益(「選挙の盾」)を享受するため、現在のPD(民主党)、5SM(五つ星運動)連立政権のメンバーが、上半期の早期選挙を希望する可能性は低いと考えられます。

スイスフラン 予想

スイスフラン/円 (CHF/JPY) 2021年の見通し – スイスフラン 予想

  • Q1 2021: 111
  • Q2 2021: 111
  • Q3 2021: 112
  • Q4 2021: 111

ユーロ/スイスフラン (EUR/CHF) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 1.08
  • Q2 2021: 1.10
  • Q3 2021: 1.12
  • Q4 2021: 1.15

ドル/スイスフラン (USD/CHF) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 0.90
  • Q2 2021: 0.90
  • Q3 2021: 0.91
  • Q4 2021: 0.92

ポンド/スイスフラン (GBP/CHF) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 1.22
  • Q2 2021: 1.25
  • Q3 2021: 1.27
  • Q4 2021: 1.30

豪ドル/スイスフラン (AUD/CHF) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 0.675
  • Q2 2021: 0.684
  • Q3 2021: 0.69
  • Q4 2021: 0.70

NZドル/スイスフラン (NZD/CHF) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 0.70
  • Q2 2021: 0.72
  • Q3 2021: 0.72
  • Q4 2021: 0.73

カナダドル/スイスフラン(CAD/CHF) 2021年の見通し

  • Q1 2021: 0.70
  • Q2 2021: 0.72
  • Q3 2021: 0.73
  • Q4 2021: 0.75

2021年南アフリカランドの見通し:全員が為替の強さを享受する訳ではない
2021年トルコリラの見通し
2021年ロシア・ルーブル円の見通し
2021年ドル円の予想: 100円
2021年ユーロドルの予想
2021年ポンド円の予想:落ち着きを取り戻す
2021年カナダドルの見通し:上昇トレンドは止まらない
2021年NZドルの見通し:上昇トレンドは止まらない
2021年豪ドルの見通し:上昇トレンドは止まらない
2021年人民元の見通し:PBoCがコントロール不能に
2021年メキシコペソの見通し: パンデミック後の課題への対処

スイスフラン 予想 – ソース:

SNB Monetary Policy Strategy – https://www.snb.ch/en/iabout/monpol
Monetary policy – https://www.ecb.europa.eu/mopo/html/index.en.html
World Economic Outlook Reports – https://www.imf.org/en/publications/weo
OECD Economic Outlook – http://www.oecd.org/economic-outlook/
Global Outlook – https://www.worldbank.org/en/publication/global-economic-prospects
Investment Outlook 2021 – https://www.credit-suisse.com/microsites/investment-outlook/en.html
2021 Economic Outlook – https://www.barrons.com/articles/why-2021-may-at-last-be-the-year-of-the-great-rotation-51606870661
Fed Issues Economic Assessment And Forecast For 2021 – https://www.npr.org/2020/12/16/947261107/fed-issues-economic-assessment-and-forecast-for-2021
Global Economic Outlook – https://conference-board.org/topics/global-economic-outlook
2021 Global Economic Outlook – https://www.morganstanley.com/ideas/global-economic-outlook-2021
マクロ予測 :為替・金利 :マーケット :日経電子版 – https://www.nikkei.com/markets/kawase/page/?uah=18C50800
マーケットアウトルック – 米ドル/円 – https://www.nomura.co.jp/market/report/outlook/ex_ed.html
参考為替相場 – 経済・産業レポ – https://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.html
AI外貨予測 – https://www.jibunbank.co.jp/products/ai_foreign_deposit/forecast/

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles