Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

FOMCとは何か、FOMC開催日程【2021年版】

連邦公開市場委員会(FOMC)は、すべてのトレーダーの経済カレンダーの中で重要な日です。年に8回開催されるこの会議は、すべてのトレーダーにとって準備すべき重要なイベントです。

米国経済の先行きを占う重要な指標の一つであるこの会議は、例年、開催の前後で市場に大きな動きをもたらします。

では、この経済イベントをトレーディング戦略の一環として最大限に活用するにはどうすればよいのでしょうか。

まずは、FOMCで何が問題になっているのか、話し合いでどのようなチャンスが生まれるのかを十分に把握することが大切です。

FOMCとは何か、FOMCでは何をするのか、FOMCではどのような取引機会があるのか、2021年と2022年の最新のFOMCの日程など、事前に計画を立てるために必要な情報をまとめました。

FOMCとは

連邦公開市場委員会(FOMC)は、連邦準備制度の金融政策決定機関です。FOMCは、7人の総務会メンバーと12の準備銀行のうち5人の総裁の計12人で構成されています。

取締役会の議長はFOMCの議長を務め、ニューヨーク連邦準備銀行の総裁は委員会の常任理事であり、副議長を務めます。他の準備銀行の総裁は、FOMCの残りの4つの投票権を持つ役職を持ち回りで務めます。投票権を持たない者も含め、すべての準備銀行の総裁はFOMCに出席し、議論に参加し、経済と政策オプションの評価に貢献します。

米連邦準備制度理事会(FED)は、法律により、最大雇用と物価安定というマクロ経済目標を達成するために金融政策を実施しています。通常、FOMCは経済見通しの変化に応じて短期金利の水準を調整することで政策を行います。また、2008年以降、FOMCは政策手段として、財務省証券および連邦政府機関が発行または保証する証券の大量購入(量的緩和)を行い、長期金利の低下による金融環境の改善を図り、景気回復を支援しています。

FOMCのメンバー

委員会は12人の投票権を持つメンバーで構成されています。委員長をはじめ、議会で任命された6名の総裁が含まれます。また、副議長と4人の地域連邦準備銀行総裁も含まれます。副議長は永久的な役職で、地域の総裁は持ち回りでFOMCの1年任期を務めます。

議長

ジェローム・H・パウエルは、2018年2月5日、2022年1月31日までの4年間の任期で、FOMCおよび連邦準備制度理事会の議長に就任しました。同氏は2012年5月25日からFRBの理事を務めています。

パウエルはFRBに参加する前、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の下で財務省高官を務め、超党派政策センターの客員研究員、1997年から2005年までカーライル・グループのパートナーを務めました。ジャネット・イエレンの後任としてFRB議長に就任しました。

副議長

副議長職は常にニューヨーク連邦準備銀行の総裁が務めます。2018年6月からは、ジョン・ウィリアムズ前サンフランシスコ連銀総裁がその座に就いています。

アナリストは、会議の結果を予想する目的で、FOMCメンバーを金融のタカ派とハト派に分類することがあります。

>> 現在のFOMC全メンバーのリストを見る。

FOMC会合

FOMCの日程は、約6週間ごとに1回、年間8回の会合を予定しています。また、経済・金融情勢を見直すため、必要に応じて予定外の会合を開くこともあります。

FOMCは、各定例会合後に、委員会の経済見通しとその会合での政策決定をまとめた政策声明を発表します。議長は、各FOMC会合後にプレス・ブリーフィング(会見報告)を行い、FOMCの政策決定について議論し、その背景を説明します。また、議長は各四半期の最後に予定されているFOMC会合後の記者会見で、各FOMC参加者から提出された経済予測についてそれぞれ4回ずつ議論します。

各FOMC会議の議事録は、各定例会議終了後3週間後に発行され、FOMC会議の完全な議事録は会議の5年後に発行されます。

会合内容

毎回、FOMCの定例会合では、7人の理事と5人の連邦準備銀行総裁が米国の金融政策について議論し、決定します。最終的には、既存の経済データを検証し、それを踏まえてどのような介入が必要かを決定するという2つの大きな目的があります。

委員会の決定は、家計支出、企業の固定投資、インフレ率、雇用の伸びなどの膨大なデータを考慮して行われます。委員会は完全に非公開で行われますが、重要な決定事項は委員会終了後すぐに記者会見で発表されます。

FOMCが通過してから3週間後に議事録の全文が公開されます。FOMCは最終的に、金利を上げ下げすることで経済を安定させようとします。

豊富な経済データを使うことで、委員はマネーサプライと目標インフレ率2%との関係で、インフレを促進させたいのか、遅らせたいのかを評価します。

今年またはY期間終了までに、X回の利上げまたは利下げをFOMCが予定します。

FOMCの日程

FOMC発表日経済予測の概要
2021年9月22日YES
2021年11月3日NO
2021年12月15日YES
2022年1月26日NO
2022年3月16日YES
2022年5月4日NO
2022年6月15日YES
2022年7月27日NO
2022年9月21日YES
2022年11月2日NO
2022年12月14日YES
2023年2月1日NO


各会議の日程は、その直前の会議で確認されるまでは暫定的なものです。

FOMCの日程の詳細については、連邦準備制度理事会の公式ウェブサイトをご覧ください。

FOMCの役割

FOMCは、連邦準備制度理事会と協力して、金融政策の4つの手段である、預金準備率、公開市場操作、割引率、超過準備金への利子をコントロールします。FOMCは、その会合でフェデラルファンドレートの目標範囲を設定します。理事会は、割引率と必要準備金を設定します。

FOMCは、最大の雇用と安定した価格を達成するためにツールを使用しています。そのためには、失業率とインフレ率を管理しなければなりません。

ジョー・バイデン大統領は、FRBがその目的を拡大し、人種的・経済的格差の是正を含めることを望んでいます。議会が連邦準備法を改正し、FRBがこれらをその範囲に含めることを要求することを望んでいます。バイデン氏は、小切手決済の迅速化、低所得者層への支援強化、雇用方法の多様化をFRBに求めています。

FRBの経済目標

FRBの目標インフレ率は長期的に2%です。 毎年2%ずつ物価が上昇することを望んでいます。そうなれば、人々はインフレを期待します。そうなると、人々はインフレを期待し、後で買うよりも今買おうという気持ちになります。穏やかなインフレ率は需要を喚起し、それは経済成長にとって良いことなのです。

2020年8月27日、FRBはインフレ率が2%を持続的に下回っていた場合、2%以上のインフレ率を容認すると発表しました。

FOMCは、もはや失業率の明確な目標を持っていません。2020年の景気後退以前、失業率はインフレを誘発することなく歴史的に低い水準にありました。その代わり、FRBは現在、単一の失業率目標に頼るのではなく、幅広い情報を検討しています。

FRBが金融政策を実施する方法

失業率を下げるために、FOMCは拡張的な金融政策を行います。これは通貨供給量を増やすことで経済成長を促進し、金利を下げることで経済成長を促し、失業率を下げるものです。

経済の成長が早すぎると、物価が上昇してインフレになります。インフレに対抗するために、FOMCは収縮的金融政策をとります。そうすると、お金がより高価になり、経済が減速します。景気が悪くなると、企業は顧客を失い、価格を上げることができなくなります。顧客を獲得するためには、価格を下げる必要があるかもしれません。これがインフレとの戦いです。

委員会は、FF(フェデラルファンド)レートの目標値を設定して金利を調整します。これは、フェデラルファンドに対して銀行が請求する金利です。銀行は、フェデラルファンドの融資を利用して、FRBが定めた準備金の要件を満たすだけの資金を確保します。銀行はこの準備金を地元の連邦準備銀行に預けるか、現金で金庫に保管しなければなりません。

2020年3月15日、危機的状況にある経済をさらに支えるために、総務会は準備金をゼロに引き下げました。

FOMCはフェデラルファンドレートの目標値を設定しますが、実際には銀行が自らレートを設定します。FRBは公開市場操作によって銀行に目標値に合わせるよう圧力をかけます。 FRBは加盟銀行から証券(通常は財務省証券)を購入します。FRBは金利を下げたいときには、銀行から証券を購入します。その代わりに、銀行の準備金を増やし、銀行が望む以上のフェデラルファンドを提供します。銀行はこの余分な準備金を貸し出すために、フェデラルファンドレートを下げます。

逆に、金利を上げたいときには、FRBは銀行の準備金を有価証券に置き換えます。これにより、貸し出し可能額が減り、銀行は金利を上げざるを得なくなります。

2008年の金融危機に対処するため、FOMCは公開市場操作を大幅に拡大しました。これを量的緩和(QE)と呼びます。FRBはその目的を達成するために、大量の財務省証券や住宅ローン担保証券を購入しました。 世界的な健康危機による不況に対抗するため、2020年3月にQEを復活させました。

FOMCはどのような影響を与えるのか?

FOMCはトレーダーにとって最も重要な日とされていますが、その理由はただひとつ、金利です。

FOMCは、3つの政策手段を用いて、米国の連邦資金金利を上下させることができます。

この中央のレート変更は、FXレートや債券価格など他の金利にも波及し、トレーダーに大きな影響を与えます。

FOMCの影響を受ける市場は?

FOMCは、非農業部門雇用者数レポートと並んで、米国経済の健全性を示す重要な指標となっています。トレーダーは、委員会の決定を利用して、自分の取引戦略の大まかな背景を知ることができるかもしれません。FOMCの決定は、特にこれらの特定の取引商品に直接影響を与えます。

  • ドルインデックス:FOMCが利上げを決定した場合、需要が高まり、ドルの価値が上昇する可能性があります。
  • :金利上昇によるドル高が進行すると、金の価値が下がる可能性があります。トレーダーは、FOMCの結果が米国経済のネガティブな見通しを示した場合、金は価値を維持する安定した資産とみなされるため、金に集まる可能性があります。
  • インデックス:金利が上昇すると株価が押し下げられる可能性があるため、米国のインデックスは投機的な動きをする可能性があります。
  • 債券:金利の上昇により、債券は全体的に下落する可能性があります。

米国経済は世界最大の経済大国であるため、FOMCの決定の影響は世界中に及びます。

世界中のトレーダーは、世界経済の動向を示す指標として、また、世界の他の中央銀行がどのようにインフレ政策を調整するかを知るために、この決定に注目しています。

金利がFXに与える影響について、詳しくご紹介します。

FOMCはどのような取引機会をもたらすのか?

FOMCとそれに続く政策声明は、米国経済の状況を明確に示す指標となります。この発表は通常、株式、債券、金などの商品など、あらゆる分野で市場に大きな動きをもたらします。

その結果、長期トレーダーは、金利の上昇または下落、債券購入または量的緩和の拡大、インフレの上昇または低下の予想、および全体的な経済見通しに基づいて戦略を再構築することができます。金利上昇を予想するトレーダーは、銀行や金融株のエクスポージャーを増やし、公益事業や債券などの高配当セクターのエクスポージャーを減らすことができます。

経済の見通しやインフレの方向性をめぐるFOMCの議論や発表は、成長株からバリュー株への
乗り換えを意味することもあります。バリュー株は、経済の不確実性が高い時期に、より安定した長期投資ができるため、投資家に好まれる傾向があります。一方、成長株は、より強い経済状況の下で良好なパフォーマンスを示す傾向があります。また、発表前や発表直後の市場のボラティリティを利用して、デイトレードのチャンスもあります。

トレーダーは、FOMCの発表のトーンを分析することで、メンバーの中にハト派よりもタカ派が多いかどうか、またそのバランスが前回の会合から変化しているかどうかを判断することができます。タカ派はインフレと成長に取り組むために金利の上昇を好み、ハト派は成長とインフレを支えるために金利の低下を好むとされています。

FOMCでのトレードに役立つ5つのヒント

  1. 会合の開催日を知る:連邦準備制度理事会(FRB)のウェブサイトでFOMCのスケジュールを確認しましょう。政策発表や記者会見の時間、議事録が発表される日時などを確認しましょう。定期的にウェブサイトをチェックし、予定外の会議が発表された場合に備えて、連邦準備制度理事会のツイッターフィードに登録しておきましょう。
  2. 発表前に戦略を練る:市場の期待値を探るためアナリストの意見やメディアのコメンテーターを読みましょう。最近の経済・財務実績、過去の会合でのコメント、利上げ・利下げに関する最新のFOMCの予想を分析します。自分自身に次のような質問を投げかけてみましょう:利下げまたは利上げが行われた場合、自分はどのように反応するか、決定次第で戦略を変更する準備ができているか?
  3. ボラティリティに対応する:フォワードガイダンス(前もって将来の金融政策の方針を先に表明すること)があるため、FOMC発表前後のボラティリティは過去に比べて少ないかもしれませんが、それでも存在し、重要な意味を持つことがあります。例えば、金利が変更されたり、利下げや利上げの期待が満たされなかったりした場合に取引できるように準備しておきましょう。発表に対する市場の初期反応が収まるのを待ち、事態が落ち着いてから本当の方向性を見極めましょう。
  4. リスク管理を理解する:FOMCでの取引では、リスク管理の基本を忘れてはいけません。これは、ストップロスとテイクプロフィット注文を使用することを意味し、1回の取引で資本の1%以上を持たないようにするFX資金管理ルールの重要性も同様です。
  1. 長期的な目線を持つ:発表当日にトレードする必要はありません。FOMCで決定されたことが経済や市場に影響を与えるには時間がかかることがよくあります。長期的なトレード戦略を継続し、他のトレーダーに流されて軽率なトレードをしないようにしましょう。

まとめ

FOMCの決定にまつわるボラティリティは、潜在的な取引機会の源となります。特にデイトレーダーは、FOMCの前後に起こる変動を最大限に利用して戦略を立てることができます。

発表の数週間前になると様々な憶測が飛び交いますが、これは市場がどちらの結果にも対応できるようになっていることを意味しています。長期的な取引パターンを好む人は、FOMCの決定が経済に完全に影響を与えるまでにかなりの時間がかかる可能性があることを心に留めておく必要があります。

それぞれの会議を考慮した取引戦略を立てることで、どのような結果になろうとも、トレーダーはその動きを最大限に利用することができるかもしれません。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles