Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

為替ヘッジとは

為替ヘッジは、金融投資家や企業が国際的なビジネスを行う際のリスクを排除するために行われます。為替ヘッジは、為替リスクの影響を抑えるための保険に例えられます。このガイドでは、為替ヘッジとは何か、その仕組み、また、為替ヘッジをして投資すべきか、為替ヘッジをしないべきかについて説明します。

為替ヘッジとは

通貨ヘッジとは、ポートフォリオ・マネージャーが、投資対象の外国通貨の動きに対するリスクを削減または排除することです。このリスク低減は、通常、ポートフォリオ内で保有する通貨と反対方向に動く金融商品を購入することで実行されます。

株式債券などの海外の金融商品に投資することで、大きなリターンを得ることができ、ポートフォリオの分散化を図ることができます。しかし、その一方で、為替レートの変動というリスクがあります。為替レートはポートフォリオのリターンに大きな影響を与える可能性があるため、投資家は必要に応じてこのリスクをヘッジすることを検討する必要があります。

通貨の変動から利益を得たり、保護したりするためには、従来は、通貨の先物フォワード(先渡契約)オプションを取引したり、FX口座を開設したり、通貨そのものを購入したりする必要がありました。これらの戦略は比較的複雑なため、一般の投資家には普及していませんでした。一方、為替リスクを軽減したいと考える個人投資家にとって、為替連動型ファンド(ETF)は理想的なヘッジ手段といえます。

為替ヘッジを行うことで、投資家は海外市場のローカル・エクイティ・リターンを狙うことができますが、その方法は思ったよりも簡単でコスト効率も高いかもしれません。

為替ヘッジの理解

日本円が外国の通貨に対して変動すると、日本人全員が何らかの影響を受けます。例えば、アメリカからテレビを買う場合、米ドルに対して円が高くなれば、そのテレビを買うのに必要な金額は少なくなります。逆に円安になった場合は、同じテレビを買うのにより多くの円が必要になります。この原則は、米国株やETF(Exchange Traded Fund)を含む、外貨が関係するあらゆる金融取引や投資に適用されます。

為替ヘッジを理解する一番の方法は、為替レートが通貨のリターンにどのような影響を与えるかを理解することです

為替レートの変動は、ある通貨の他の通貨に対する価値の変化が、資産の価値の上昇または下降につながり、リターンに影響を与える。投資家が国内の資産を購入する場合、その資産の価値が上がるかどうかだけが変数となります。しかし、海外に投資する場合は、為替レートの影響も考慮しなければなりません。基本的な機能は比較的単純で、になれば、その分だけ外貨を買える量が減り、購買力が低下します。また、になれば、より多くの外国通貨を買うことができ、購買力が高まります。

例えば、(架空の)EUの衣料品会社「Paris Prints」に投資したいとしましょう。この会社の株は50ユーロで取引されているので、現在のユーロ/円のレートが130であれば、株の購入に6,500円(50×130)を支払うことになります。仮に100株購入した場合、初期投資額は650,000円となります。

しかし、2日間は注文が実行されません。Paris Printsの株価は変わっていませんが、FXのニュースで円がユーロに対して安くなりました。つまり、新しい為替レートが132であったとき、6,600円と為替の影響でより高い株式を購入することになります。

資産の価値は変わりませんが、現地通貨が下落しているため、海外投資は購入コストが高くなります。このように、外貨建て資産を保有する場合、通貨リスクが存在するため、適切に管理する必要があります。

基本的に、投資家には2つの選択肢があります。

  1. 通貨ヘッジなし(為替変動にさらされる)
  2. のうち、通貨ヘッジされているもの

通貨ヘッジの目的は、日本の投資家が通貨価値の変動の影響を受けずに、原資産の価値変動のみに基づいてリターンを受け取ることができるように、為替変動の影響を軽減または排除することです。

海外資産のリターン+為替レートの変化=トータルリターン

為替リスクをどのようにヘッジするか?

ヘッジ戦略を個人の財務目標に効果的に適合させるには、考慮しなければならない変数があまりにも多くあります。しかし、通貨リスクを適切に管理し、目標に沿うようにするために利用できる商品や原則があります。それは以下のようなものです。

  1. 特化型ETF
  2. CFD
  3. 為替予約
  4. オプション

為替リスクを管理する上で重要なことは、外国為替のリスクのバランスをとるためにFXポジションを持つことです。もちろん、追加のポジションをとるということはリスクを負うことになるということです。FXロックポジション自体にも異なる要件があります。

特殊なETFによる通貨リスクのヘッジ

あまり一般的ではありませんが、為替リスクをヘッジする方法として、通貨専門のETF(Exchange Traded Fund)への投資があります。通貨ETFの機能は他のETFと同じですが、株式債券を保有するのではなく、原資産である通貨に連動する通貨現物やデリバティブ商品を保有し、その通貨の動きを反映させます。例えば、「The iShares MSCI Japan ETF」、「ProShares UltraShort Euro ETF」、「PowerShares DB US Dollar Index Bullish Fund」などが挙げられます。

トレーダーは、必要なヘッジに応じてこれらのETFをロングまたはショートで購入し、通貨(または複数の通貨)のボラティリティから投資やキャッシュフローの価値を守ることができます。

通貨ヘッジ型ETFには、単一通貨型と複数通貨型の2種類があります。単一通貨建てのETFは、より一般的なものです。

例えば、iシェアーズのMSCIジャパンETF(EWJを見てみましょう。ヘッジなしのETFは、最近の16ヶ月間で11%のリターンでした。一方、ヘッジ付きのETFは30%のリターンでした。偶然ではありませんが、同じ期間に米ドルは円に対して14%上昇しました。振り返ってみると、もしどちらかを買わなければならないとしたら、ヘッジ付きのファンドを選ぶのが当然のように思えます。当時の日本は、米国以上のデフレに苦しんでいました。

マクロ経済政策が間接的に円安につながり、現在に至っています。

ある会社の円建てヘッジ付きETFがヘッジなしのETFよりも優れていれば、他の円建てETFもそうなると考えるのが妥当でしょう。例えば、ウィズダムツリー・インベストメント・インク(WETF)のジャパン・ヘッジド・エクイティ・ファンド(DXJ)であり、保有銘柄は、標準的な日本の多国籍企業です。トヨタ(TM)、三菱UFJフィナンシャル(MTU)などです。2014年、このファンドの純資産価値(NAV)は10%上昇しました。4 同じような体質のヘッジなしのファンドに投資していたら、円高のおかげで5%も減っていたでしょう。

CFDによる通貨リスクのヘッジ

CFD差額決済は、外国為替リスクをヘッジするために使用できるデリバティブです。CFDポジションを建てる際、トレーダーは原資産である通貨を所有する必要はありません。CFDヘッジは、ポジションを開いた時から閉じる時まで、資産(この場合は通貨)の価格差を交換することに同意することで機能します。市場がトレーダーの予測した方向に動けば利益を得ることができ、逆に動けば損失を被ることになります。

CFDポジションは、ヘッジされる資産の通貨リスクを相殺するために使用できます。CFDはレバレッジ商品であるため、ヘッジを行うために必要な資金はわずかです。さらに、ヘッジは現金決済で閉じることができるため、取引に伴う潜在的な資金支出を抑えることができます。

先物為替予約による通貨リスクのヘッジ

先物為替予約(FEC)は、個人が将来のために現在の為替レートを固定することを可能にするデリバティブです。先渡契約の利点は、現在の正確な値を固定することで、個人の資産を為替レートの変動から守ることができることです。先渡契約を購入する際のコストとベネフィットは購入時にわかり、先渡契約の為替レートは金利差を用いてスポットレートを割り引いて計算されます。

オプションによる通貨リスクのヘッジ

オプションとは、あらかじめ決められた日に、あらかじめ決められたレートで通貨を交換する権利を与えるものであり、義務ではありません。オプションにはプットコールがあります。プットオプションは通貨の下落から、コールオプションは通貨の上昇からオプションの買い手を守るものです。このような戦略の利点は、プレミアムを支払うことで、個人が不利な動きから身を守ることができることにあります。

海外びの資産をどのようにヘッジするか?

為替リスクは、海外の不動産資産に影響を与え、通貨の価値が不利になった場合には、そのリターンを損なう可能性があります。

海外不動産の売却をヘッジする一般的な方法は、不動産の売却が確定した直後に、先物為替予約などのFXデリバティブを使って売却額を確定することです。これは、売却額(およびそこから得られる収入)が確定した時点の為替レートを固定することで、得られるリターンを確実なものとし、為替レートの不利な動きから保護するというものです。

しかし、不動産価格をヘッジするために、CFDなどの他のデリバティブ商品を使用することもできます。この戦略では、FXの通貨ペアのCFDポジションを開設し、そのポジションの利益が不動産のリターンの減少と均衡するか、部分的に減少するようにします。

例えば、6ヶ月後にスペインの不動産を売却する予定だとします。現在のユーロ/円の為替レートが130であれば、245,000ユーロの不動産は3,185,000円の価値があります。しかし、ここでは円がユーロに対して高くなり、海外投資の価値が下がるのではないかと心配しています。

外国為替のリスクをヘッジするために、EUR/JPYの CFDのショート(円を買い、ユーロを売る)を行うことにしました。EUR/JPYの1枚の契約は100,000ユーロの価値があるので、245,000ユーロの不動産の為替リスクのバランスを取るためには、2.45枚の契約に相当するリスクを取る必要があります。海外のFXトレーダーの場合、1枚の契約は1ポイントあたり10ユーロに相当するので、2.45枚の契約は1ポイントあたり24.50ユーロになります。あなたはEUR/JPYを現在の買値(売値)130で売りのポジションをオープンします。

ショートのCFD取引を行った後、円がユーロに対して強くなった場合、CFDポジションの利益が不動産の価値の損失をいくらか軽減してくれます。EUR/JPYの価格が下落した場合は、アスク(買い)価格の128で取引を終了することにしましょう。FX市場は200pips有利に動いたことになり、4,900ユーロ(200×24.50ユーロ)の利益を得ることができます。

同時に、このEUR/GBPの価値の下落により、不動産の価格にも悪影響が出ています。新しいスポット価格の128では、スペインの別荘は215,110ユーロとなり、4,900ユーロの損失となります。この損失は、ショートCFDトレードの利益によってヘッジされたことになります。

予想が外れて円高にならなかった場合、CFD取引の損失は不動産売却時の為替レートで一部相殺されます。

海外での給料をどうやってヘッジするか?

海外勤務の場合の通貨ヘッジは、ヘッジが継続的なキャッシュフローに対するものになるため、より複雑になります。これは、リスクがより長い時間枠で存在することを意味し、したがって、投資家はより大きなリスクとボラティリティにさらされることになります。

リスクを嫌う方には、自分の年俸を計算して、通貨の変動に対して給与全体をカバーするブロックヘッジを取ることが可能です。例えば、先渡契約では、今、通貨を購入し、12ヶ月後に支払うことになります。この方法は、為替レートの確実性を高めることができますが、「オーバーヘッジ」のリスクもあります。

リスクに対しアクティブな方は、「ローリング・ヘッジ」を利用して、ダウンサイド・リスクを防ぎつつ、通貨リターンの最大化を図ることができます。これは、先物やオプションなど、有効期限のあるヘッジ商品を組み合わせて使用する戦略です。時間が経過し、有効期限に達すると、同じ条件で新しいポジションを開設しますが、満期日は新たに設定します。ポジションサイズは、為替レートが有利に動くか不利に動くかによって増減させることができます。

為替ヘッジありか、なしか

通貨ヘッジあり

2011年から2015年にかけて、海外の市場や資産に資金を投入した国内投資家は、この期間の大半で長期的に下落していた円安の恩恵を受けました。このような状況では、投資家は円高の(外国)通貨で資産を保有していたため、為替ヘッジは有利ではありませんでした。

為替ヘッジなし

しかし、通貨安は、投資ポートフォリオのプラスのリターンを引き下げたり、マイナスのリターンを悪化させたりします。例えば、2000年1月から2009年5月までS&P500に投資していたカナダ人投資家のリターンは、カナダドルベースで-44.1%(S&P500の米ドルベースのリターンは-26%)となりましたが、これは通貨安(この場合は米ドル)で資産を保有していたためです。

例えば、2008年下半期のS&P/TSX総合株価指数のパフォーマンスを見てみましょう。この期間、S&P/TSX総合株価指数は38%下落しました。これは、商品価格の急落とすべての資産クラスの世界的な売りを受けて、世界の株式市場の中でも最悪のパフォーマンスとなりました。この間、カナダドルは対米ドルで約20%下落しました。この期間にカナダ市場に投資していた米国の投資家は、この6ヶ月間のトータルリターン(簡略化のために配当金を除く)が-58%となったことになります。

この場合、為替リスクを最小限に抑えながらカナダ株に投資したいという投資家は、通貨ETFを使って投資することができました。

為替ヘッジありか、なしか

為替ヘッジの有無を決定する際には、ヘッジなしの期待リターン、ヘッジコスト、ポートフォリオのリスクへの潜在的な影響を考慮することをお勧めします。

また、ヘッジを行わない場合、株式投資の方が国債投資よりも分散効果が高いことも忘れてはなりません。金融市場が緊迫しているときには、特定の通貨が安全な避難場所となり、必要なときにこそ株式から大きな分散効果を得ることができるのです。

為替ヘッジのまとめ

通貨リスクは、特に為替変動が激しい時には、利益を急速に損なう可能性があります。そのため、投資、不動産の売却、商業的な購入、収入を得るなど、海外市場に身を置く際には、為替リスクを考慮する必要があります。為替変動のリスクを許容し、それを利用したいと考える人もいるでしょう。また、そのような不確実性を避けたいと考える人もいるでしょう。いずれにしても、個人の目的が損なわれないように、為替に関連するリスクを考慮する必要があります。

為替リスクのヘッジを始めるには、FXトレーダーが従うべきいくつかのステップがあります。それは、以下の通りです。

  1. 財務目標と基礎を理解する
  2. どこにFXリスクがあるのか、そしてそれが目標にどのような影響を与えるのかを明らかにする
  3. リスクの定量化、ストレステスト、シナリオ分析を実施する
  4. 適切なリスク許容度を判断する
  5. 自分のリスク許容度に合ったヘッジスタイルと戦略を見つけ、財務目標に合わせる
  6. この戦略に適切なヘッジング商品をマッチさせる
  7. 状況の変化に応じて、ヘッジ戦略を監視、評価、修正する

通貨ヘッジを始める準備ができたら、FX口座を開設してください。しかし、まずはリスクのない環境で戦略を立てたいという方は、FXデモ口座を作成することができます。

よくある質問

通貨ヘッジとは何か?

通貨ヘッジとは、通貨または外国為替(FX)リスクが海外投資の収益に与える影響を軽減するために考案された戦略です。為替ヘッジには、先渡契約、スポット契約、外貨オプションなどの方法があります。

なぜ企業は為替ヘッジをするのか?

このような企業は、ヘッジを重ねて希望の平均化を図り、為替レートの影響を和らげます。また、将来の収益の大部分を占める平均為替レートがわかるため、より効果的な予算を組むことができます。 

為替ヘッジはどのような場合に行うべきか?

先進国の通貨リスクをヘッジすることで、10年間ではわずかなプラスまたはマイナスのリターン、5年間ではより大きな利益または損失、1年間ではさらに大きな利益または損失を得ることができます。すべての通貨の損益を回避したい場合は、厳格なヘッジ戦略に沿って、それを維持する必要があります。

企業はどのように為替リスクをヘッジしているのか?

海外市場へのリスクを持つ企業は、多くの場合、通貨スワップの先渡契約でリスクをヘッジすることができます。また、多くのファンドやETFも為替予約を利用して通貨リスクをヘッジしています。通貨先渡契約(カレンシーフォワード)は、購入者がある通貨に対して支払う価格を固定することができます。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles