金曜日, 9月 30, 2022
Forex Trading MasterClass

おすすめのトレード本 2021版

デイトレードの本は、戦略、リスク管理、心理学、そしてテクニカル分析について多くのことを教えてくれます。残念ながら、書店の店員さんはデイトレーダーでは無いため、おすすめの本を探してもらうのは困難です。この記事では、初心者のためのおすすめのデイトレード本、特定の資産に関する最新情報、そして個々のニーズに合わせた手法を説明しています。

これらの本は、デイトレードを始めたり、手法を完璧にするための豊富な情報を提供したりしていますが、経験は最高の師であるという一番大切なことを忘れないでください。

おすすめのデイトレード本:

初心者デイトレーダーにおすすめの本

トレードを始めたばかりのデイトレーダーとしては、基本的な取引や分析の考え方を綴った本や、チャートの見方を教えてくれる本などが良いでしょう。

1.‘デイトレード’ by オリバー ベレス (著), グレッグ カプラ  (著), Oliver Velez (原著), Greg Capra (原著), 林 康史 (翻訳), 藤野 隆太 (翻訳)

‘デイトレード’ by オリバー ベレス (著), グレッグ カプラ  (著), Oliver Velez (原著), Greg Capra (原著), 林 康史 (翻訳), 藤野 隆太 (翻訳)

最強のトレーダー養成機関「プリスティーン」が、勝者のセオリーを初公開! デイトレーダーとして成功するための心構えを凝縮した一冊です。

特徴は、皆が本当は気付きつつも忘れてしまいがちな事を、表現を変えながら執拗に繰り返し述べている点。本書によって、迷いの罠から逃れ、より信念を持って売買できるようになります。

例えば、「株式を取引するのではなく、人を取引する」という教訓。多くの初心者が、一つひとつのトレードに必ず相手がいることを認識していない。株式を買うたびに、誰かがその株式を必ず売っている。株式を売るたびに、誰かがその株式を必ず買っている。問題は「どちらが、より賢いのか」という点であり、マーケットの機微を知って、賢い側に立てるように鍛えるアドバイスをする。 『金持ち父さん』の訳者による、歯切れのいい文体も魅力です。

2. FXデイトレード・スイングトレード’ by キャシー・リーエン  (著), 深美 智彦 (翻訳)

FXデイトレード・スイングトレード’ by キャシー・リーエン  (著), 深美 智彦 (翻訳)

18歳の若さでニューヨーク大学大学院を卒業し、大手投資銀行JPモルガンで最前線を張ってきた天才トレーダー、キャシー・リーエンがFX短期売買の王道を伝授!

マクロFXトレードの女王。NY外国為替市場の関係者は、彼女のことを畏敬の念をこめて、こう呼ぶ。「このわたくしが、すべてを教えてさしあげます。小手先の手法も邪道なトレードも必要ございません。」

3. ‘先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)’ by ジョン J.マーフィー  (著), (編集), 日本興業銀行国際資金部 (翻訳)

‘先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)’ by ジョン J.マーフィー  (著), (編集), 日本興業銀行国際資金部 (翻訳)

「テクニカル分析の大きな力の一つは、その普遍性にある。

時間、市場環境を問わずに適用ができる。日計りのトレーディングにも、数年にわたるトレンド分析にも有効なのがテクニカル分析である。

金・石油・大豆等の伝統的商品先物にも、通貨・金利・株式先物指数等の金融先物にも利用できる。

また、テクニカル分析をもってすれば市場間あるいは国際間の境界線を渡ることはいとも簡単である」(本書序文より)

著者の言葉どおり、本書は日本語版の刊行から四半世紀を経た今日でもトレーダー達のバイブルとして熱烈な支持を受け続けている。

テクニカル分析の基本理念、チャートの描き方をはじめ、チャート・パターン、出来高と建玉、移動平均、オシレーター、ポイント・アンド・フィギュア・チャート、エリオット・ウェーブ、サイクル理論等、チャート分析に必要なノウハウを、やさしく、そして長年にわたり市場で揉まれてきた正確でこなれた邦訳によってわかりやすく解説する。

戦略やチャートの理解を広げるデイトレード本

デイトレードの基本に触れ、実際にお金を稼ぐための準備ができたら、これらの詳しい取引戦略とチャートガイドをチェックして詳しいください。

4. ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ” by 及川圭哉

ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ" by 及川圭哉

本書は、トレーダー集団Fxism(エフエックスイズム)主宰者、及川圭哉によるガチで稼ぐためのデイトレードFXの本です。

著者の手法は、「10通貨ペアの値動きを比較し、ユーロ・ポンド・ドルの相関関係を分析する」という独自のもの。日本円のからまないポンドドル(英ポンドと米ドル)、ユーロオージー(ユーロと豪ドル)も立派な取引ターゲットとなる、かなりオリジナルな投資技術です。

「稼げないトレーダーは去るのみ」というエグいFX業界で、及川さんは10年以上、第一線のプロトレーダーとして君臨。トレードの様子をYouTube上でライブで公開し続け、2018年12月13日には、27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ”を披露したこともあります。

FX口座はどこで開設したらいいの? ローソク足って何? といったような、ど素人向けの一般論は省き、及川流の投資技術だけ詰め込みました。本気で学びたい初〜中級者、専業投資家になりたい人、現役の専業投資家に大変オススメできる内容になっています。素人レベルの話はもういい! ガチで稼げるようになりたいFXトレーダー、必見の1冊ができました。

5. FX 5分足スキャルピング――プライスアクションの基本と原則 (ウイザードブックシリーズVol.228) by ボブ・ボルマン  (著), 長尾慎太郎 (監修), 井田京子 (翻訳)

FX 5分足スキャルピング――プライスアクションの基本と原則 (ウイザードブックシリーズVol.228) by ボブ・ボルマン  (著), 長尾慎太郎 (監修), 井田京子 (翻訳)

本書は、トレーダーを目指す人だけでなく、「裸のチャート(値動きのみのチャート)のトレード」をよりよく理解したいプロのトレーダーにもぜひ読んでほしい。ボルマンは、何百ものチャートを詳しく解説するなかで、マーケットの動きの大部分は、ほんのいくつかのプライスアクションの原則で説明でき、その本質をトレードに生かすために必要なのは熟練ではなく、常識だと身をもって証明している。

本書は、概念やトレードテクニックを驚くほど隠さず公開している。これはプライスアクションの仕組みに関する総合的な教材であり、そのなかには連続した6カ月間(2012年3月~2012年8月の全取引日)のユーロ/ドルの5分足チャートも含まれている。396枚に及ぶ解説付きチャートを示した第9章だけでも、ほかのトレード本では見ることができない日中のマーケットを分析した膨大なデータベースになっているだろう。本書では、主にユーロ/ドルの5分足チャートを使ってさまざまなテクニックを紹介しているが、プライスアクショントレードは、どんなマーケットでも、どんな時間枠でも、どんなトレード環境でも応用可能だとボルマンは強調する。そのことを示すため、まとめの章では、いくつかの人気の銘柄や時間枠でボラティリティが低い状況が続いた場合(今日のマーケットではよくあること)の対処方法も紹介している。

本書は、トレードでの実践に必要な細部まで広く鋭く目配りしつつも非常に分かりやすく書かれており、すべてのページに質の高い情報があふれている。FXはもちろん、株価指数や株や商品など、真剣にトレードを学びたいトレーダーにとっては、いつでもすぐに見えるところに常備しておきたい最高の書だろう。

 6. 高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ) by マーセル・リンク  (著), 長尾慎太郎 (監修), 山下恵美子 (翻訳)

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ) by マーセル・リンク  (著), 長尾慎太郎 (監修), 山下恵美子 (翻訳)

高確率な押し・戻り売買と正しくオシレーターを使って、運やツキでなく、将来も勝てるトレーダーになる!

夢と希望を胸にトレーディングの世界に入ってくるトレーダーのほとんどは、6カ月もしないうちに無一文になり、そのキャリアを終わらせる。この世でこれほど高い「授業料」を払う場があるだろうか。こうした高い授業料を払うことなく、最初の数カ月を乗り切り、将来も勝てるトレーダーになるためには、市場での実績が証明されたプログラムが不可欠である。本書はこのような過酷なトレーディングの世界で勝つためのプログラムを詳しく解説したものである。

トレーディングの現実を著者独自の観点からあぶり出し、短期トレーダーと長期トレーダーたちによる実際の成功例や失敗例をチャートとケーススタディを通じて検証する本書は、まさにトレーディングの生きたガイドブックといえるものである。 本書のテーマは以下のとおりである。

成功するトレーダーたちに共通する10の特徴を知り、それを身につけるための方法 トレーディングという勝負の世界で感情をコントロールするための方法 トレンド、ブレイクアウト、リバーサルなどを見つけるためのテクニカル分析の手法 効果が市場で実証されたシグナルに基づき、常にベストな仕掛けと手仕舞いのタイミングを計る方法

「ニュースでトレード」する方法――ニュースがすでに価格に織り込み済みかどうかを見抜くことが大切

損失が拡大する前に悪いトレードを手仕舞う方法

最高のトレーダーは、勝算があると思ったときにだけトレードを行う。本書では、低確率な状況と高確率な状況とを見分け、高確率な状況下でのみトレードする方法を紹介する。多くのトレーダーの弱点と陥りやすい過ちを指摘するだけにとどまらず、こうした欠点を理解し克服することでそれらを有利に活用する方法についても解説する。

「悪いトレーダーはいない。悪いのはトレードである」とは言い尽くされた言葉ではあるが、事実でもある。悪いトレードを行わないようにすることも、勝つための条件のひとつである。そのためには、悪いトレードを見抜く目を養わなければならない。本書ではその方法を提示する。それと同時に、チャート、トレーディングのヒント、市場の各状況におけるトレーダーの実例をふんだんに取り入れ、トレーダーに自問自答すべき問題を随所で投げかけながら、市場を自分のものにするための知識とツールを余すことなく伝授する。これらの知識とツールを組み込んだ独自のトレーディングプログラムを手に入れたあなたの勝率は飛躍的に伸び、エリートトレーダーへの仲間入りも夢ではなくなるだろう。こんなパワフルな本がこれまでにあっただろうか。

デイトレード心理学に関する本

チャート分析の知識、正しい考え方を持っていないと壁にぶち当たる可能性があります。トレーディング心理を理解し、自信を持ってトレードをすることが大切です。

7. ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理 by アレキサンダー エルダー  (著), 福井 強 (翻訳)

ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理 by アレキサンダー エルダー  (著), 福井 強 (翻訳)

『ザ・トレーディング』は、個人投資家、機関投資家を問わず、世界中のトレーダー・投資家にバイブルとして読み親しまれてきた「現代の古典」の全面改訂版です。新たな研究とテクニックが追加され、さらに内容が充実したこの改訂版は、今日のような動きの速いマーケットにも適合する秀逸な良書となっています。長期間をかけてその有効性が実証されたコンセプトは、現代のトレーダーに健全なトレーディングの実現をもたらします。

※本書は、2000年8月にパンローリングから刊行された『投資苑』を大幅に加筆・改定し、新たな章を設けた内容で、完全新訳です。

8. ゾーン — 相場心理学入門 by マーク・ダグラス (著), Mark Douglas (著), 世良 敬明 (翻訳)

ゾーン — 相場心理学入門 by マーク・ダグラス (著), Mark Douglas (著), 世良 敬明 (翻訳)

恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、

ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!

さて、その方法とは?究極の相場心理を伝授する!

マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家はいるだろう。しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?

たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったとしても、決断力に乏しく失敗を恐れていては、再起不能のミスを犯してしまう可能性が常にあるのだ。実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と矛盾した信念を抱いている。そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年以内に、資金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。

マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。約20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するために、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。

ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の強化にある。そしてそのためにはトレードを確率的視点から考察し、適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構え」を持つ必要があると主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケットが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。「自分」が次にどうしたよいか知っているのだ。そこには決定的な違いがある。

本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかにし、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示されている。ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを明確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を本書から理解すれば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当の現実を受け入れられるようになるだろう。

本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心理状態を習得できる。「ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。

9. 規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ) by マーク・ダグラス (著), 関本博英 (翻訳)

規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ) by マーク・ダグラス (著), 関本博英 (翻訳)

ロングセラー『ゾーン』の熱心な読者によるリクエストにお応えして刊行が急遽決定! トレーディングは心の問題であると悟った投資家・トレーダーたち、必携の書籍! 本書を読めば、マーケットのあらゆる局面と利益機会に対応できる正しい心構えを学ぶことができる――心の世界をコントロールできるトレーダーこそが相場の世界で勝者になれるのだ!

トレードの成功は素晴らしい戦略よりも心のあり方によって決まる!

トレードのダイナミズムの専門家であるマーク・ダグラスは本書のなかで、多くのトレーダーが相場で成功できない理由として、その心のあり方にスポットを当てている。 筆者自身の苦いトレード経験によって得られた教訓をもとに、一般社会でうまく機能する考え方が相場の世界ではまったく通用しない理由が明らかにされている。負けトレードをもたらすのは心の世界に深く蓄積された古い信念や考え方であり、それらの「大掃除」をしないかぎり、トレードで成功することはできない。本書ではこうした心のバリアを克服する方法と、トレードに臨むときの正しい心のあり方が詳しく述べられている。心の世界をコントロールしてコンスタントに利益を上げている数少ない勝ち組トレーダーの仲間入りをするには、本書で述べられた体系的なアプローチを一歩ずつマスターしていくことである。

「トレードでの勝敗の80%は心のあり方によって決まり、トレードの手法や戦略の貢献度はわずか20%にすぎない」――ファンダメンタルズやテクニカル分析の知識がそれほどなくても、心の世界をコントロールできるトレーダーは相場の世界で勝者になれる!

本書を読めば、マーケットのあらゆる局面と利益のチャンスに対応できる正しい心構えを学ぶことができるだろう。商品取引の豊富な経験を持ち、トレードのダイナミズムのエキスパートでもあるマーク・ダグラスは、トレードの成否を決定する核心的な問題に真っ正面から切り込んでいく。ダグラスによれば、相場の世界とは一般社会のようにいろいろな制約に邪魔されることなく、「自由に自分を表現できるところ」である。そのためには恐怖心をなくすというメンタルスキルを修得し、本書に述べられた体系的なアプローチを一歩ずつ実践していくことである。

おすすめのデイトレード本に学ぶ

学習をせずにデイトレードを始めたいとは思わないでしょう。FXの本から成功への道筋をつけ、そして、経験から、FXで成功するための正しい知識と考え方を身につける事ができるでしょう。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles