Saturday, November 27, 2021
Forex Trading MasterClass

FXデイトレード:どれくらい稼げる?

多くの人がFXデイトレードを好むのは、資本金が最低限で済むからです。FXは1日24時間取引が可能で、FXブローカーが提供するレバレッジにより、大きな利益を得る可能性があります。 FXデイトレードは非常に変動が激しく、経験の浅いデイトレーダーは多額の資産を失う可能性があります。

次のシナリオでは、リスクを抑えたFXデイトレードの手法を用いて、その可能性を示しています。

FXデイトレードのリスク管理

成功しているFXデイトレーダーは皆、リスク管理をしています。

第一に、各取引のリスクを小さく抑える必要があります。具体的には損失は全体の資産の1%以下にするのが一般的です。これは、3,000ドルの口座を持っている場合、1回の取引で30ドル以上を失うべきではないことを意味します。まだまだ小さい損失に見えるかもしれませんが、損失は積み重なりますし、どんなに優れた戦略であっても損失が連続することはあります。そのため、最小の損失にすることが大切なのです。リスクは、以下のセクションで説明するストップロス注文を使用して管理することが可能です。

FXデイトレードの攻略法

戦略には多くの要素が絡みます。様々な方法で利益を上げることはできますが、勝率とリスク/リワード比が大切になります。

勝率

勝率は、トレード数に対しての勝ちトレードの数を表しています。100回のトレードで55回勝ったとすると、勝率は55%になります。必須ではありませんが、50%以上の勝率を保つことが理想的であり、55%は目標値となります。勝率を上げることは、多くのFXデイトレーダーにとって重要な要素の一つとなります。

リスク/リワード

リスク/リワードは、一定の利益を得るためにどれだけのリスクを負っているかを示すものです。負けトレードで10pipsの損失を出したとしても、勝ちトレードで15pipsの利益を上げたら、負けトレードで損失を出しているよりも勝ちトレードで大きな利益を上げていることになります。これは、たとえ勝率が50%だったとしても、利益を得ることができることを意味します。

利益を出すことができる優秀なトレーダーにとって、勝率が高いということは、リスク・リワードの柔軟性が高く、勝率が低いということは、リスク・リワードが良いということです。

仮説シナリオ

あるトレーダーが5,000ドルの資本金を持っていて、取引ごとのリスクは資本金の1%、50ドル、そして勝率が55%であるとします。(逆指値注文によって管理が可能です)このシナリオでは、逆指値注文は5pips離れたポイントに、ターゲット目標は8pips離れたポイントに置きます。

つまり、このトレードの場合のリワードは、リスク(8pipsを5pipsで割ったもの)の1.6倍になるということです。大切なことは、リワードはリスクもよりも常に大きくあるべきということです。

FXの通貨ペアが比較的アクティブな時間帯(最適なFXの取引時間を参照)に2時間程度、時間を作ることができれば、通常5回程度のラウンドターントレード(エントリーとエグジット)を行うことができます。1ヶ月に20取引日ある場合、1ヶ月に平均して100回の取引を行っていることになります。

レバレッジ

海外FXの大きなレバレッジと異なり、日本では主要通貨ペアに対して最大25:1のレバレッジをブローカーが提供しています。通常、デイトレーダーにとっては25:1のレバレッジで十分と言えます。例えばトレーダーが5,000ドルを持っており、25:1のレバレッジを使えば、最大125,000ドルのポジションを持つことができます。つまり、5,000ドルの資産で、それ以上の金額で取引をすることができるのです。

FX会社は手数料を取らない代わりに、ビッドとアスクのスプレッドを大きくしているのが一般的です。そのため、デイトレで利益を出すことが難しくなります。一方、ECNブローカー(電子通信ネットワークを介して通貨市場へのアクセスを提供する)はスプレッドが非常に小さいため、利益を出しやすくなります。ただし、10万ドルの取引ごとに2.50ドル程度の手数料がかかります(5ドルのラウンドターン)。

取引通貨ペア

USD/CADのような通貨ペアをデイトレするとします。この場合、1pipの動きは標準ロット(10万通貨単位)で10ドルの価値があります。5pipsのストップロスを設定すれば、負けトレードでも、1回の取引での損失リスクを50ドルに抑えることができます。勝ちトレードでは80ドル(8ピップ×10ドル)の利益を生み出すことができます。

以下の試算は、FXのデイトレーダーが100回のトレードを実行することで、1ヶ月でどれくらい稼げるのか表したものです。

  • 55回のトレードで利益:55 x $80 = $4,400
  • 45回のトレードで損失:45 x $50 = $2,250

手数料が発生しない場合、合計損益は$4,400-$2,250=$2,150となります。

手数料が発生する場合、さらに$500をマイナスして、$1,650となります。

利益が$1,650と仮定すると、その月の口座の利率は33%(1,650ドルを5,000ドルで割ったもの)となります。これは非常に良いリターンです。このリターンは長期で大きな意味を持つことは想像できると思います。

スリッページでの損失

特に市場の動きがゆっくりになり、レンジの期間が長くなると、良いトレード機会を見つけることが難しくなります。

一方、急激な動きが発生した場合のFXスリッページは避けられません。逆指値注文を使用した場合でも、予想以上に大きな損失が発生することがあります。これは非常に動きの速い市場でよく発生します。

スリッページ(主要な経済指標の発表等により発生する)を考慮し、利益を10%低く見積もることをおすすめします。これにより利益を1ヶ月あたり1,485ドルにすることになります。

上記のシナリオは、ストップロスとターゲット、資本金、スリッページ、勝率、ポジションサイズ、手数料等に基づいて調整できます。

まとめ

このシンプルなリスク管理戦略を用いコツを掴めば、FXデイトレードでは勝率55%でも月に20%以上のリターンを得ることが可能であることを示しています。ただし、順調にこのように稼ぐことができることを期待してはいけません。一見、単純なようですが、現実はもっと難しいのです。

それでも、勝率、リスク/リワード比率がまともであれば、レバレッジを駆使して月に5%から15%を稼ぐことができます。しかも、始めるのに大きな資本金が必要ありません。

よくある質問

おすすめのFXデイトレードプラットフォームは?

メタトレーダー4(MT4)は、FXの投機で最も有名なオンライン取引プラットフォームです。Mac、Windows、モバイルアプリでダウンロード可能です。国内のFX業者は少なく、海外FXの業者に広く使用されています。

おすすめのFXデイトレード口座は?

最適なFXデイトレード口座(ブローカー)は、リスク許容度、初期資金、取引時間の長さなど、いくつかの要因によって決まるでしょう。MT4のデモで試してみて、スプレッドスリッページ、逆指値注文、マーケットの約定率を比較してみましょう。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles