水曜日, 8月 17, 2022
Forex Trading MasterClass

1分足スキャルピング手法

テンポの速い相場の動きが好きで、できるだけ早くトレードに参加したいという方には、この1分足スキャルピング手法は非常に興味深いものになるかもしれません。FXスキャルピングでは、日足チャート上でトレードの設定が行われるのを何日も待つのではなく、売買シグナルが出た時に、1日に複数回のトレードを行うことができます。 さらに、すべての取引は一日の終わりまでに決済されるため、一晩中取引を保持するリスクがなく、一日の終わりまでに利益または損失を正確に計算することができます。

次の行では、1分単位の時間枠で、シンプルでありながら効果的なFXスキャルピング手法を取り上げます。 この手法は、トレンドフォローと平均値反転の両方に基づいているため、誤ったシグナルを最小限に抑えることができます。 それでも、長い目で見て成功したいのであれば、厳しいリスク管理ルールを適用して、FX口座の一部だけをリスクにする必要があります。

このスキャルピング手法は24時間使用できますが、通常、ボラティリティがある市場で最良の結果が得られます。 そのため、ニューヨークとロンドンのセッションが重なる時間帯でスキャルピングすることを推奨しています。これらの数時間のFX時間(21時から1時まで)は、スキャルパーにとって非常に重要で最低の取引手数料と最高の流動性を提供します。また、ほとんどの米国市場でのリポートはニューヨークセッションの早い段階で発表され、市場のボラティリティを生み出し、取引の潜在的な利益を高めます。

スキャルピング手法は、2つの移動平均線と1つのオシレーターを使います 。FXチャートに適用するインジケーターとその設定は次のとおりです。

  1. 50EMA
  2. 100EMA
  3. ストキャスティクスの設定(5,3,3)

>> 最良の移動平均線の期間とクロスオーバー戦略

1分足FXスキャルピング手法の概要

1分足 FXスキャルピング手法について3つのステップをみてみましょう。

ステップ1: 短期間のトレンドを特定する

2つの移動平均線を使用し、1分足の時間枠で現在のトレンドを把握します。50EMAは過去50分の平均価格を計算し、100EMAは過去100分の平均価格を計算します。50EMAは100EMAよりも速く動き、価格変化に素早く反応することを意味しています。

50EMAの早い方が100EMAの遅い方を上回った場合は、平均価格が上昇し始めており、上昇トレンドが形成される可能性が高いことを反映しています。 同様に、50EMAが100EMAを下回ると、平均価格が下落し始め、短期的な下降トレンドが形成されようとしていることを示しています。短期トレンドの方向性でしかトレードしません。

コツ: 単純移動平均線(SMA)ではなく、指数平滑移動平均線(EMA)を使用します。 EMAは単純移動平均線よりも最近の価格変動に素早く反応します。

 ステップ 2: 戻しを待つ

1分足チャートで遅い方のEMAと速い方のEMAの位置から短期トレンドを見極めたら、あとは移動平均線への戻しを待つのみです。価格は強い上昇または下落の後に平均値に戻る傾向がある為、このステップは重要です。戻しを待つ事は、強い価格変動の直後にロングポジションまたはショートポジションでエントリーするのを防ぎます。利益確定のあとは、持続的な動きの後に価格を反転させることが多く、フェイクシグナルや損失につながる可能性があります。

ステップ 3: ストキャスティクスが売られ過ぎ/買われ過ぎを示す上/下に移動するのを待つ

最後に、ストキャスティクスは最後の決め手の役割を果たし、高確率の取引のみを行うことができます。 ストキャスティクスは、直近の値動きの強さに応じて0~100の間で変動するオシレーターです。 通常、80以上は、直近の上昇波動が強すぎるので、下落波動が期待できることを示唆しています。この市況は通常買われ過ぎを意味しています。

同様に、20を下回る場合は、直近の下落の動きが強すぎる為、上昇の動きが切り替わる可能性があることを示唆しています。この市況は売られ過ぎを意味します。ストキャスティクスは、価格がEMAへの戻しを完了した後、通常、直近の価格の動き(プライスアクション)の結果として買われ過ぎ、売られ過ぎとなります。

>> 詳細については、無料コースを受講して下さい:FX トレードマスタークラス

買い設定例

1分足で私達のFXスキャルピング手法での買い設定を以下のチャートで説明します。チャートの中で何が起こったのか、ひとつずつ見ていきましょう。

  1. 50EMAが100EMAを越えました ー 左から1つ目の矢印は、より速い50EMAがより遅い100EMAの上でクロスしていて、EURUSDペアが1分足チャートで上昇トレンドに入っていることを示しています。速いEMAの上にある限り、トレンドの方向だけを見てトレードするために、このチャートでは買いのチャンスだけを探すことにします。
  2. 価格がEMAに戻し、ストキャスティクが80を下回る ー 次の2本の赤い矢印は、移動平均線への戻しを示しています。 50EMAが100EMAを上抜けてからは、ストキャスティックスが買われすぎて、移動平均線への戻しが始まった。
  3. 買いシグナル ー 戻しにより、ストキャスティクスが20を下回り、売られすぎの市場環境を示唆しています。ストキャスティクスが再び20を越えると、買いシグナルに転じます。

売り設定例

以下のチャートは、当社の1分足スキャルピングシステムで出た売りシグナルの一例です。 もう一度、売り設定の方ので要点をみてみましょう。

  1. 50EMAが100EMAを下回りました ー これは、過去50分間の平均価格が急落していることから、同ペアが下落トレンドに入っていることを示しています。その後は、50EMAが100EMAを下回ったままであれば、売りチャンスのみを狙うことにします。
  2. 戻し ー ストキャスティクスが20以下(売られすぎの状態)になり、価格が強い下降を終えた後、価格は移動平均線への戻しを形成し始めました。同時にストキャスティクスが20を超え、買われ過ぎの相場となりました。
  3. 売りシグナル ー 価格が戻しを終え、ストキャスティクスが80を下回り、市場はもう買われすぎていないことを示した後、売りポジションに入ることができます。

他のFX手法と同じように、このスキャルピング手法も100%ではありません。EMAのクロスオーバールールに基づいてトレンドを特定したら、ストキャスティクスのオシレーターがかなりの期間、買われすぎや売られすぎの相場状況にとどまる可能性があることに注意が必要です。非常に強いトレンドを示しています。

上記の戦略に従ったFXトレーダーは、ストキャスティクスオシレーターが売買シグナルを出す前に、最初の相場の動き(と利益)を見逃してしまうことがあります。しかし、このフィルターは、長期的には利益のある取引の可能性を高めると考えています。  利益を逃すことになりますが、ストキャスティクスのオシレーターをベースにしたフィルターを使うことで、偽シグナルの数を大幅に減らすことができます。

規律が重要

スキャルピングは、多くの衝動的で規律のないテクニカル分析トレーダーを惹きつける、テンポの速い取引スタイルです。スキャルピングの技術をマスターするには、トレーダーは非常に規律が必要です。スキャルピングとスイングトレードの大きな違いは、相場の分析に関わる時間軸です。

スイングトレード戦略をスキャルピングにも適用(微調整が必要)できますが、スキャルピングでは、スイングトレードの数時間、数日ではなく、瞬時に売買の判断をしなければなりません。これがスキャルピングを難しくさせます。長期の時間枠で利益が出ていない場合、スキャルパーになる必要があるでしょうか?

短い決定時間に加えて、スキャルピングはまた、短期的な時間枠で避けられない特定のリスクを伴います。スイングやデイトレードよりもはるかに高い取引コストが発生する可能性があり、市場のノイズは収益に大きな影響を与える可能性があります。

Cristian Cochintuhttps://japanesefx.com/about/
Cristian Cochintu is a highly experienced trader, author, and analyst. Cristian’s extensive experience in developing trading strategies using cross markets analysis and his edge in predicting economic surprises is recognized all over the world. His unique insights about FX are translated today into multiple languages. The Japanese version of his blog - japanesefx.com - is devoted to helping FX traders trade intelligently, profitably, and for a long time. Cristian has studied the markets from many angles and has earned first and advanced degrees in economics, finance, and business. Throughout his career, Cristian has published market analysis and educational articles that have helped thousands of traders master the currency markets. Cristian is also one of the authors of investing.com, fxstreet.com, and other financial publications.

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles